第11話 VS.大きな犬の魔物

 俺は非常に驚いた。なんだ?あの犬。デケェ。超デケェ。動物園のライオンぐらいの大きさあるぞ………。いや、ネコ科じゃないけど。


 …勝てるか? あれに…。

 無理に戦わなくてもいいんだよな? でもどうする? 経験値うまいぞ~、多分。

 今は少しでもレベル上げがしたい。

 …倒すか。よし、倒そう。


 俺はまず、射程ギリギリのところから、小さい方3匹を処理するためウォーターボールをLvMAXで4つ放つ。もう1つは大犬にあてるため。

 ウォーターボールがレベルMAXになっているおかげか、小さい方は全部倒せた。今、レベルが5に上がった。

 ポイント割り振りはあとあと。


 ウォーターボールを当てたから、向こうもこちらに気づいている。うわ、ウォーターボールで倒せるのか?こいつ?

 いままで対峙してきたどの魔物よりも強いのは、たしか。



「グルルルルルルルルルルルルルゥ」



 大犬はあからさまに俺に敵意を向けているな。正直怖い。



「ワオーーーン!」



 大犬はそう吠えた刹那、こちらに突進してきた。

 かなり早い。


 牽制で、ウォーターボールLv2を撃つが、かわされてしまった。

 そのままの勢いで、奴は噛みつこうとしている。だが、少し距離をとり、かわすことに成功した。

 相手がまた再度、突っ込んでくる。また噛みつく気だな? んなもん受けるか。

 かわしt……


______________え? 木?


_______しまった!気づかなかっt



ガブウゥゥゥ!




「グ"ァ"ァ"ァ"ァ"ァ"ァ"ッーーーー!!」



 脇腹に感じる、物凄い痛み。ヤベぇよ…。いてぇよ…。

 くそっ…周りをよく見てなかったっ……!


 大犬は手応えがあり、自分が優勢だと悟ったのか、余裕だと言わんばかりの目をしている。

 ……何か、何か無いか?このままではやられてしまう。考えないと、考えないと!


 ………そうだ。

 レベルが5に上がったんじゃねえか。じゃあ、あれを解放できる。

 水術・改、そのレベル1をっ………!!


 俺は相手が余裕ぶっているあいだに、SKP10を急いで水術・改に振った。前回2ポイントふってるから、今回で12ポイント。

 俺は新しい魔法を覚えた。


 余裕ぶるのをやめ、トドメをささんとばかりにその犬は助走をつけて、こちらに突進してきた。

 その覚えたての魔法を俺は発動させる。



「ウォーターエミッション!」



 目の前、正確には指定した場所に魔法陣が展開され、それと同時にそのすごい量の水が勢いよく大犬に放射される。



ズシャーーーーーッ!!!!



 勢いよく向かってきた犬は反対方向に吹き飛んだ。



「…やった…か?」



 いや、まだ。



「グァ……グルルルルル……」



 まだ生きている。ウォーターエミッションは打ててあとギリギリ2発。



「グォォォォォォォォッ!」



 奴は吠えた。目がマジだよ…。あと2発でいけるか?

 相手はまた突進しようとしている。

 俺はもう一度、ウォーターエミッションを撃つ。

 魔法陣が指定した場所、奴の腹下にあらわれた。

見事、水流ヒットし、一瞬、水流で持ち上がる。

 きいてはいるようだがまだ倒れない。

 今度は爪でひっかくように攻撃してきた。かわすのに失敗し、ふくらはぎに喰らってしまった。



「………っ!!」



 今はもう、痛みで歩くことも十分にはできないだろう。ということは逃げることもできない。

 倒すしかない。


 俺は最期のつもりでもう一度ウォーターエミッションを撃った。

 今度の指定場所は相手の頭上、ハンマーのように水流を叩きつけてやる。


ズシャーーーーーッ!


 狙ったどうりの場所にヒットした。


おれの中ではこれで勝ちたかった。



「グゥ…………グァァ……」



 奴は、まだ立ち上がる。

 俺のMPは撃てる分だけは、まうない。こうなったら、接近戦をするしかない。


 おれは、痛む足を引きづりながら、相手に近づく。相手も、フラフラになりながら俺に近づく。

 骨ナイフをポケットから探して_____________


 大犬の脇腹を刺した。


 と、同時に肩を噛みつかれた。俺はそこで意識を失う。





レベルアップの温かい感覚に包まれて_______



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます