第7話 生きていくために

 とりあえず、ナイフみたいなのがないと始まらない。

 旧石器時代よろしく、打製石器でも作ればいいのかもしれないけれど、石を打って形づくるってこと以外は作り方がよくわからない。

 だから、2匹の齧歯類の骨を削って何か作ることにした。


 まず、イタチとウサギから前歯を引っこ抜いた。そしてウサギの歯でイタチの尖っている歯削って、さらに尖らせる。そのイタチの歯を使い、ウサギの腹を開けた。

 やっぱり時間がかなりかかっちゃった。


 俺は肉の解体方法や食べれる部位などは詳しく知らない。だから、なんか食べれそうなところだけを削ぎ落とす、というよりかは引き千切ったりした。

 そうこうして肉を入手した。この肉は後でいただこう。


 肉を削ぎとっていくと、ウサギの大きな骨が見えてくる。やっぱり、骨のサイズもかなりでかい。どこの部位の骨かはわからないけども。

 その骨をなんとかして根元から折り、てにいれることに成功した。

 ………手が血だらけで、物凄く獣臭い。


 ウォーターボールを手のひらに作り、それで手と採取した骨を洗った。それでも手が獣臭い……。

 仕方ないだろう。


骨を石や歯で削ろうと思ったけど、辺りはすでに夕暮れ。

 だから、そこらへんの枝や落ち葉を集め、記憶の片隅に残っている焚き火の作り方どうりに、石と枝を組み合わせて、フレイムボールで火をつけた。



ぐぅ~



 ……………そういえばこの世界に来てから何も食べていないや。怒涛のような1日だったし、仕方がなよね。


 手頃な枝にウサギの肉を指し、焼いて食べた。正直、くそまずい。血抜きを忘れていたし、獣臭い。ただ、これしか今のところ、食物はないので我慢するしかない。


 ちなみにウサギとイタチの残りの死骸は歩いて30秒くらいのところに置いてきた。腐ってハエが来ても困るし。

 いや、この世界にハエがいるかはわからないけどさ。


 そういえば、体に先ほどから違和感を覚える。肉を食べた始めたころからだろうか?

 こう、体調不良とかではなく、なんとなくホッとするような、悪くはない違和感。

 ………そう、レベルアップした時と似た感覚。


 俺はすかさずステータスを確認した。



【SK2、「解体★」を習得しました】



 なんか文が浮かび上がってきた。

成る程、あの感覚は新スキルが増えた時の感覚なのか。覚えとこう。

 ちゃんと、SK2の欄に「解体★」が増えている。詳しく見てみた。


--------------------------------------------


解体


★ SKP:0/30


Lv1: SKP-3

Lv2: SKP-7

Lv3: SKP-12

Lv4: SKP-15

Lv5: SKP-22

Lv6: SKP-30


--------------------------------------------


 ………今、丁度SKPは3残っている。俺は解体に3振り、レベル1を習得した。


 こう……なんだろうか……?

 今だったらうまく解体できる気がする………。

 スキルがあるとないとじゃ、こんなに違うもんなのかな?

 ……さっきのウサギ、まだ取れるところ沢山あったな……。

 勿体無いことした。勿体無いお化けでないかな?


 その後、採取した骨でナイフを作ることに努め、妥協できる形にまでしたら、木によりかかって、眠りについた………。



 こうして、俺のアナズムでの生活、1日目が終わった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます