一章 森の中

第3話 ステータス

 とにかく、俺は進むことに決めた。だけど、今は12歳らしい。


 16歳の頃とは違い、十分には体を動かせない。だから、今はお地蔵さんから教えてもらったステータスを確かめるのが最善だと思って、目を閉じ、頭の中で



『ステータスを見たい』



そう、考えた。

 するとすぐさま、閉じているはずの目に何かが映る。おそらくこれがステータスなんだろう。


--------------------------------------------


-ステータス-


name:アリム


EXP:0


HP :10/10 MP :10/10


A:5

C:5

D:5

W:5

S:5


STP:10


-スキル-


SK1)


[E(X):火術]Lv - [E(X):水術]Lv -

[E(X):風術]Lv - [E(X):土術]Lv -

[E(X):念術]Lv - [E(X):癒術]Lv -

[E(X):強化術]Lv - [E(X):弱化術]Lv -


SK2)


[剣技★]Lv - [体技★]Lv -

[槍技★]Lv - [弓技★]Lv -


SKP:10


称号: -

印: -


--------------------------------------------


 なるほど、なるほど。異世界に来たから、もしや…と思っていたんだけど、予想道理ゲームっぽい。

 それに名前がアリムになっている。これは俺が……えっと、前世か?まぁ、とにかく、前のとこでドラグナーストーリーとかで使っていたユーザーネームそのまんま。


 これがこれからの一生の名前か。まぁ、おかしくはないし、気に入ってるからいいんだけどね。


 ネームの下は経験値だね。やっぱりこの三文字をみるとレベル上げをしたくなる。

 わかってくれる人も多いんじゃない?そんなことない?


 ……で、HPとMPは安定か。その他はAが攻撃、Dが防御、Sが素早さだと思うんだが、CとWはなんだろう?STPとやらもかなり気になる。

 ここら辺をもっと詳しく見たいんだけど………



【コレは貴方のステータスです。特殊なSKや印などがない限り、他人のステータスを見ることはできません。】



 …オォ。詳しくでてきた。

 詳しく見たかったら詳しく見たいって思えばいいのかな? 

 じゃ、とりあえずステータスの説明を一通り詳しく。



【nameは名前です。

EXPは貴方の獲得した経験値です。HPは体力で、体力が0になると気絶します。また、そのHPにより気絶した状態で最大HPの1%(小数点以下繰り上げ)ダメージ以上受けると、死んでしまうので注意して下さい。】



 ほう、体力0になっても仲間がいたりしたらなんとかなるのか。



【MPはマジックポイントです。SK1か一部のSK2発動時に消費します。MPが0になると、最大MPの半分が回復するまでの間、A~Cが三割減、SとWが半減となります。】



 おいそれとMPを0にはできないね。ステータスが下がるとか下手したら死につながる。



【Aは攻撃力です。通常攻撃や、SK2の威力等に影響します。

 Cは器用度です。SK2の技術系等の一部のものや、手先の器用さが問われる行動に影響します。稀に、器用さにより威力が上下する攻撃系スキルもあります。

 Dは防御力です。防御力はありとあらゆる全ての耐性に対し、影響を与えます。

 Wは魔法力です。SK1の威力やMP回復速度に影響します。

 Sが素早さです。ありとあらゆる速さが求められる行動に影響します。】



 あの二つは器用さと魔法力か。

Dのありとあらゆる耐性って……多分、そのまんまの意味だよね…。Dを上げれば攻撃や魔法、毒とかにも耐性がつくのか。



【STPはステータスポイントです。

自分のステータスに好きに割振れますが、一度振ったら振り直すことは困難です。

STPは1pで選択したステータスが1上昇します。HP、MPは1pで2上昇します。

ステータスはこの世界の人間全員伸びが一緒で、1Lv上がるごとにHP、MP、STP、SKPが10上昇、その他が5上昇します(勿論、アイテム等による例外はあります)。

一定のレベルを過ぎると1Lvごとに加算されるステータスが増えます。

ですので、STPの割り振り方で個人個人の特徴がでるでしょう。

よく考えて振りましょう。】



 ふぇ~すげ。STPで個人差がでるんだ。コレは考えないと…。例えば魔法使い的なの目指すのだったらWとMPに、戦士とか目指すんだったらAやDやHPに、盗賊だったらCとSって感じ?

 なるほどねー。奥が深い。

 次はスキルを見てみよう。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます