閑話 第一話〜の主要人物紹介

 第一話~第百八十三話までの、登場人物の設定です。

 また、ここで初めて明かされる設定もあります。


-----------------



●アリム・ナリウェイ(成上 有夢)


 本作の主人公。

 学校に登校中に、マンションから落下してきた花瓶が頭にあたり死亡。

 その直後、『幻転地蔵』の力により、アナズムに転送された。

 大の家庭用RPG好きであり、同じ場所の周回や魔物討伐となると尋常じゃない精神力を発揮する。ゲームのプレイスタイルは、レベルを上げて圧倒的な力で殴る派。

 ゆえに、地道なプレイに対する根気はあるが、プレイングは上手くない。ちなみに、ネットゲームはやった事が無い。そのため、スキルに関してはかなり戸惑っていた。

 また、金に対してケチである。アナズムに転送されてからは、主にミカのためだったら惜しまなくなった。

 年齢は16歳の高校2年。アナズムに来てからは12歳。

 本来は男だが、スキルの力で普段は100人居れば100人は振り返るような赤短髪黄眼の美少女になっている。

 自身が少女となることは周りからチヤホヤされるし、ミカ等とお風呂に入っても問題なしという自分にとっての好条件なので、大抵は少女のままである。

 少女となっても心の奥深くは男のまま。それが文として現れてるのがこの物語でもある。

 二つ名は[天の魔剣少女]

 主要スキルは『アイテムマスター』『ダークマター・クリエイト』



●ミカ・マガリギ(曲木 美花)


 有夢の幼馴染。

 本作のヒロインである。

 有夢が死んだ後、しばらく自室に引きこもって自分を責めたり、後悔していたが、翔等の強い説得により、有夢の分も前を歩こうと決意し、学校に登校しようとしたところ、トラックに轢かれて死亡した。

 その直後アナズムに転送され、ラハンド経由でアリムと再会し、その再開した場で自分の気持ちを告白した。

 有夢と美花は現在恋仲である。別れるとかそういう気配は未来永劫一切無さそうだ。

 自分では気づいておらず、表にも出さないが狂おしいほどの大の有夢好きである。というよりか、有夢の死後、より一層有夢への愛情が悪化した。

 年齢は16歳の高校2年。アナズムに来てからは12歳。

 見た目は緑長髪水色眼の美少女。

 主要スキルは『太陽と月の神弓咆』



●火野 翔


 有夢の親友。

 有夢と美花とは付き合いが長い。

 有夢と美花の恋路を全力で応援しているが、正直言って自分も彼女が欲しかったり…はあんまりしていない。

 有夢と比べてがっしりとしているが、見た目は年相応。わりと恋愛小説好きだったりする。

 正義感が非常に強く、他人の命、人とのつながりを大切にしていて、他人が傷つくのを見ると、自分が傷つくより心が痛くなるのだとか。

 まるでスポーツ漫画やバトル漫画の主人公のような性格。



●成上 叶


 有夢の弟。中学二年生。

 絶賛中二病中だが、根はかなりしっかりしている。

 ゲームの趣味は兄と違い、ひたすらレベル上げをするのではなく、じっくりと考察するタイプ。

 家庭用RPGに置いて、自身で発見したゲームの裏技や攻略法なども結構あるのだとか。

 幼馴染の桜のことを、心底気にかけている。

 心配だという意味でも、恋愛的な意味でも。



●曲木 桜


 美花の妹。中学二年生。

 幼少期のアクシデントにより、眼鏡がなければ生活に大きな支障が出るほど目が悪い。

 髪の毛は、よく二つ結びでおさげにしている。

 叶によく、厳しい言葉でツッコミを入れたりしていてるかなりのツンデレ。

 本当はただの幼馴染でしか無いはずの自分を、よく面倒見てくれる叶に心底感謝しているとともに、自分といることで叶に迷惑がかかっていないか深く考えて、眠れないこともしばしばある。

 


●ルイン・メフィラド


 メフィラド王国第二皇子。

 Cランクパーティ、セインフォースのリーダーでもある。

 アリムを森で見つけた、金髪のイケメン。



●カルア・メフィラド


 メフィラド王国姫。

 アリムが初めての友達、ミカが二人目の友達。

 メフィストファレスに一度誘拐されるも、アリムによって救出される。



●ティール・メフィラド

 

 メフィラド王国第一皇子。

 メフィラド一族特有のステータスを閲覧できるスキルを持っている。

 ちなみに、ルインとカルアはそのスキルを持っていない。

 なお、ステータスを閲覧できる者は王位を継承できないことになっている。



●国王(ケルム・メフィラド)

 

 メフィラド王国国王であり、元、冒険者パーティ、聖なる四銃士のメンバーでSSSランカーだった。

 その強さが認められ、王家に婿養子として嫁いだが、妃であるカルナ・メフィラドが、カルアを産むんでから2年後に亡くなってしまった。

 しかし、それはメフィストファレスによって仕組まれたことであった。

 主に召喚魔法を扱う。



●オルゴ・キングス


 メフィラド王国騎士団長の息子であり、セインフォースの一人。

 ルイン達とは幼馴染である。

 かなりガタイがよく、身長もたかい。



●リロ・ガリオン


 メフィラド王国大臣の娘であり、セインフォースの一人。

 ルイン達とは幼馴染である。

 ルインに気がある。

 


●ミュリ・ホーラン


 メフィラド王国大司祭の娘であり、セインフォースの一人。

 ルイン達とは幼馴染で、オルゴに恋愛感情を抱いている。

 オルゴはその事に気付いてないように見せかけて、実は気付いている。



●オラフル・ガリオン


 メフィラド王国の大臣兼参謀。元、聖なる四銃士のメンバーでSSランカーだった。

 国王達とは一桁の年齢からの仲である。

 リロの父親。

 得意とする魔法は『重力』で、この国で使えるのは彼ひとり。



●ゴルド・キングス


 メフィラド王国騎士団長。元、聖なる四銃士のメンバーでSSランカーだった。

 国王達とは一桁の年齢からの仲である。

 オルゴの父親。

 主に剣術スキルを扱う。

 劍術スキルの星4を3つ所持している。

 

 


●クリス・ホーラン


 メフィラド王国大司祭。元、聖なる四銃士のメンバーでSSランカーだった。

 国王達とは一桁の年齢からの仲である。

 ミュリの父親。 

 主に回復・補助魔法を扱う。

 クリスが使う補助魔法は重ね掛けしてもリスクが少ない。



●ウルト・ラストマン


 宿屋『光』の店主。

 だがしかし、その正体は3年前に奴隷解放と奴隷制完全撤廃をした、SSSランカーのラストマン。

 ラストマンとして活動する際は、まるで特撮ヒーローのような姿になる。

 通称[不死身のヒーロー]

 主要スキルは『クリーチャーマスター』



●ギルマーズ・ヘラクレア


 SSSランカーであり、メフィラド王国最大のパーティチーム、ピースオブヘラクレイスのリーダー。部下からも、それ以外からも信頼は厚い。

 武器コレクターでもある。

 通称[武神]

 主要スキルは『バトルマスター』



●パラスナ・ネルヴァン


 SSSランカー。

 ローブのフードで普段、頭を隠している。

 実は獣人の兎族である。ワケあってウルト以外には耳を見せたくない。

 ウルトとパラスナは実は結婚前提で付き合っている。

 通称[森羅万象の大魔導士]

 主要スキルは『マジックマスター』



●ガバイナ・ドラグニア


 Aランカー。

 ラストマンとともに、奴隷制度撤廃をした奴隷解放組の一人。

 外見にそぐわず、実はまだ20代である。

 先祖代々騎士出身で、その家系は兄が継いだため、彼は冒険者となっている。



●ラハンド・アッシュ


 大会前までBランカーだったが、大会で活躍したためAランクとなった。

 Aランクパーティ、フィストアイアンのリーダー。

 ラストマンと共に奴隷制撤廃をした奴隷解放組の一人。

 スキンヘッドな上、右顔半分に額から目の下に刺青があるため、周りからかなり危ない人だと思われているが、そんなことはない。

 ちなみに、まだ20代である。

 ラハンドとは幼馴染。



●ゴッグ


 奴隷解放時、ラハンドに助けられた元奴隷。

 マーゴの双子の兄。

 ちなみに、人族ではない。

 冒険者適性年齢になった後は、冒険者となりフィストアイアンに入る。

 ラハンドをまるで父親のように慕っている。

 作中で彼女がいると言っていたが、あれは嘘。



●マーゴ


 奴隷解放時、ラハンドに助けられた元奴隷。

 ゴッグの双子の妹。

 冒険者適性年齢になった後は、冒険者となりフィストアイアンに入る。

 将来の夢はラハンドと結婚すること。



●バッカス・デュソース


 SSランカー。

 ラストマンと共に奴隷制撤廃をした奴隷解放組の一人。

 冒険者なのだが、それと同時にアナズムの酒ブランド、トップクラスの酒造主でもある。

 自身も酒マニア。

 ウルトとは幼い頃からの付き合い。

 主要スキルは『リクウェア・マーチレス』『体撃酒狂奥義』『黄金触域』

 酒狂奥義は、いわゆる酔拳。



●アーキン


 メディアル商人組会幹部。

 小太り。

 かなりのやり手。



●グレープ


 メディアル商人組会幹部。

 いつも奇抜なファッションしている。

 かなりのやり手。



●マネ


 メディアル商人組会会長で、エルフ(魔族)

 容姿は25歳程だが、エルフという長齢種族の特権とスキルが相乗しているため、実年齢は見た目の年齢の6倍以上。



●アギト


 アリムとミカが冒険者登録したギルドの受付。



●クニック&ホナード


 腕利きの武器屋と加冶屋。



●ジーゼフ・ピピー


 ピピー村の村長。

 代々、ピピー村の村長の座はピピー家の血筋の者が継ぐことになっている。



●ガーベラ・ピピー


 ピピー村の村長夫人。

 ジーゼフと16歳離れている。

 王都に娘が行っていて、孫もいる。



●カイム・スピーチャー


 武闘大会など、いろんなメフィラド王国の行事を司会する、名司会者。

 前の武闘大会が終わった後、『アリムちゃんを愛でる会』というのを設立した。

 なお、ガバイナ以外の、アリムと対戦した冒険者は全員それに入っている。

 ちなみに美術スキルもカンストしており、たまにアリムを盗撮なりぬ、盗写実している。



●ファウスト・ハンス


 Sランカー。

 大会でのセクハラやイカサマをして、冒険者全員から嫌われていた。

 メフィストファレスと契約し、Sランク並の強さを手にしていたが、アリムとカルアを攫ってくるというその契約内容を失敗し、メフィストファレスに殺されてしまった。

 なお、冒険者になった理由は、奴隷解放組の活躍により奴隷商を辞めざるをえなくなり、仕事がなくなったからである。

 生き返る予定は全くない。

 


●メフィストファレス(愛長 光)


 神の気まぐれ(本人談)地球からアナズムにやってきた地球人。

 地球ではラブロングサーカス団の団長兼道化師をしていた。実はゲーム大好き。

 彼は地球に帰りたいがため、予言ができる悪魔に頼った結果、悪魔神の部下となり、自身も悪魔となった。悪魔になったことにより性格が変わり、ためらいもなく、人を絶望させた上で殺すような、残虐な性格になってしまったのだ。

 アリムのおかげで無事に帰還した……とアリムは思っているが…?

 主要スキルは『強制契約』『煙体質』



●ルシフエイル(ヘレル・ベンサハル)


 300年前に悪魔神が復活した際の、ブレイブの称号を持つ勇者。

 しかし悪魔神サマイエイルを封印した後、エル・メフィラドという、自身の婚約者の復活を条件に、メフィストファレスと契約をし悪魔となった。

 彼は契約内容を失敗し、死亡したがアリムがアムリタを使い、エルとヘレルは生き返った。





------



皆様!

Levelmakerの閲覧、深く感謝致します。

あと数十話で第一部を終了し、第二部へと移行しますことを、事前にここで連絡いたします。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます