第116話 動き出す闇

 ここは闇にまみれた場所。そこには人間でも魔物でもない者がいた。

 彼らは悪魔。悪魔神サマイエルの復活を夢見て策謀する者達。


 道化のような悪魔…メフィストファレスはほくそ笑んでいた。


 彼は策士だ。自分の作戦がうまくいくことが喜びである。



 メフィストファレスは思う。


 欲多き人間を使い、生贄に使うメフィラド王国の姫カルア、そして魔神復活の道具を作成できる、赤髪の少女アリムを攫ってくる作戦は失敗してしまった。

 その時はつい、その人間を苦痛を与えた末に殺してしまったが別に問題は無い。

 人間達の間でも大問題となる程の騒ぎにはならなかったようだ。


 作戦がうまくいかなかった事以外では、彼は然程慌てていない。

 なぜなら、サマイエルが勇者に封印されてから300年も待ったのだ。アリムという少女が出現するのを……。

 悪魔にとっては然程長い年でもないが。


 その間にいくつも策は立ててある。次の作戦はうまくいきそうなのだ。

 自然と笑みが出るのも仕方がないとも言える。




「アモンさん、作戦の日のメフィラド城内の兵量を予測してくださいねぇ」



 彼は半フクロウ半人のような見た目の魔物、アモンにそう言った。

 彼は強くはないが、悪魔間の要職に着いている。なにしろ彼がアリムの登上を予測したのだ。

 彼の能力、サマイエルの復活には必要不可欠だと言っても過言ではない。



「ふむ、わかりましたぞ」



 そう言って彼は目を閉じ静かに呼吸をした。

 

 しばらくして、一枚の紙が渡された。そこには兵の配置が完璧にかいてあった。



「ありがとうございます、アモンさん」



 この紙をみて、作戦が成功することを確信した。余裕だとすら考えた。


 あの時は、送り込んだサンダーバードと戦闘中だったアリムがファウストに気づいたから失敗した。

 一度に攫うのは無理だった。


 ……ならば別々に攫えばいいのだ。



  行動を起こすのは一週間後。4日後に姫を攫う。そのさらに2日後、今度はアリム・ナリウェイをさらう。


 国から、少女が二人も消えた時、王はどのような表情をするのだろうか?

 目の前で友達のカルア姫が無残に生贄にされる時、赤髪の少女はどのような反応をするのだろうか?

 人間共どのようにおどってくれるのだろうか……?




「ほんとぉーに、楽しみですねぇ……くひひひうはははひひひひひゃーっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっ!!!……………………………ハァ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます