第105話 レベルの限界

 ふぅ、美味しかった。俺はミカに『美味しかった』と言うとあからさまに嬉しそうにする。

 可愛い。


 食べおわったところで俺らはステータスを確認することにした。



「ミカ、じゃあステータスを確認しようか」

「……そうね、どうなってるんだろう」


 

 お互いに[トズマホ]に表示し見せ合う。



--------------------------------------------


-ステータス-


name:ミカ・マガリギ


Level : 243


EXP:8056000


HP :12600/12600

MP :12620/12620 (10)


A(攻撃力):6300

C(器用度):6400

D(防御力):6300

W(魔法力):6300

S(素早さ):6300


STP:14190


-スキル-


SK1)


[B:氷炎の槍斧召喚術]Lv 1

[E(X):火術]Lv 2 [E(X):水術]Lv 1

[E(X):風術]Lv - [E(X):土術]Lv -

[E(X):念術]Lv - [E(X):癒術]Lv -

[E(X):強化術]Lv - [E(X):弱化術]Lv -


SK2)


[弓の豪★★★]Lv MAX

[真・料理★★★]Lv MAX

[剣技★]Lv - [体技★]Lv -

[槍技★]Lv -


SKP:12824


称号: [神速成長]

   [超人]


印: -


--------------------------------------------


--------------------------------------------


-ステータス-


name: アリム ・ナリウェイ


Level : 255(MAX)


EXP:9200000


HP : 16000/16000 (1000)

MP : 16505/16505 (1200)


A(攻撃力): 8540 (1400)

C(器用度): 8500 (1000)

D(防御力): 8000 (1000)

W(魔法力): 8200 (1200)

S(素早さ): 8600 (1600)


STP:10400


-スキル-


SK1)


[A(X):雷術・極]Lv MAX

[C: 水剣召喚術]Lv 2 [D(X):火術・改]Lv 0

[D(X):水術・改]Lv 1 [D(X):風術・改]Lv 0

[D(X):土術・改]Lv 0

[E:シャボン]Lv MAX

[E(X):念術]Lv - [E(X):癒術]Lv 2

[E(X):氷術]Lv - [E(X):石術]Lv -

[E(X):強化術]Lv - [E(X):弱化術]Lv -


SK2)


[アイテムマスター★★★★★]Lv MAX

[剣極奥義★★★★]Lv MAX

[性別変換★★★]Lv MAX

[体技★]Lv -[槍技★]Lv -

[弓技★]Lv -


SKP:15010


称号

[「楽しみ」のダンジョン攻略者]

[神速成長]

[Sランク魔物討伐者]

[モンスタージェノサイダー]

[超人]

[創造神の力を持ちし者]

[頂点]


[虹の王の森]


--------------------------------------------




 俺ら二人はしばらく、互いを見つめたまま無言となった。


 先に喋ったのは俺だ。



「え………っと、もうレベル上げ終わり……かな?」


 

 それにつられ、ミカも言う。



「そ…そうね、もう終わりでいいんじゃないかな」



 そんなことを話し合っていた途端、頭の中にメッセージがきたんだ。



【レベルが上限に達しました。称号[頂点]を取得しました。レベルが上限に達したことにより、コマンド[転生]が解放されます]



 俺は一旦、ミカとの話を中断し、[転生]を調べた。



【転生をすると、レベルが1になります。しかし、STP・SKP、スキルにより上がったステータスは残ります。その他、様々な特典があります。過度してしまった分の経験値は、転生後は反映されませんので、ご注意ください】



 これ一回ミカに相談してみよう。



「ねぇ、ミカ」

「なにかわかったの? 転生について」

「うん、それがね、レベル1から一部を残してやり直すって内容だった」

「なに残すの?」



 俺は[トズマホ]で詳しくみせた。



「……なるほど、転生すればする程、強くなるのね」

「うん、そうみたい」

「じゃあすれば?」

「そうする。でも、またレベル上げ続けることになるけどいいの?」



 ミカはしばらく考えたあとこういった。



「もともと1週間の予定だったじゃない。その間、好きにすれば。私も付き合うわ」

「本当?」

「うん、私も強くなりたいし。そのかわり、デート、忘れないでね」

「うん、じゃあ転生するね。レベル1に戻っちゃうから、暫く一緒に来てくれない?」

「勿論よ」


 

 俺は[転生]をした。

 なんだか力が抜けた感じがする。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます