一本の矢

二百で、二万五千の軍勢に敵うはずがない。


叩き潰されずにすんでいるのは、デリフィスが率いる傭兵団を、敵が甘く見ているからだろう。


視界の隅で目障りに駆け回っているだけの存在でしかなく、警戒の中心にあるのは防壁に拠るミムスローパ守備隊と、居もしない山の伏兵である。


傭兵団を潰そうと陣形を崩せば、防壁や山から横腹を衝かれることになると考えている。


傭兵団に対しては、申し訳程度に軍を動かすだけだった。


だから、ここまで押し潰されずに持っている。


たいした成果は上げていない。

敵中を、ただ必死に逃げ回っているだけのようなものである。


少なくとも、敵の指揮官の眼にはそう映っているだろう。


ノクセという者が、ミムスローパ守備隊の四百を率いて傭兵団に協力を申し出てきた。


国境に送られるような精兵とは違うが、曲がりなりにもドニック王国正規軍である。


反乱軍へ与えられる圧力は、五倍になったと言っていいだろう。


それでも、二万五千を揺るがすほどのものではない。


何時間戦い続けてきたのか。

北国ドニックでは、日が沈むのが早い。

あと一、二時間もすれば、空は夕闇に染まり始めるだろう。


相手をしているのは、主に反乱軍の前衛だった。


敵の本陣は、ずっと先にある。

目測だが、歩数で八百ほどは離れているか。


そこまでに、何千という敵が溢れている。


三千ほどだった本陣は、二千ほどになっていた。


一千は、傭兵団に当てるために本陣から離したのか。


目障りな連中を潰す気になってきたのだろうか。


馬を失ったのか、ハンクが己の足で駆けていた。


敵の騎兵を払い落とし、馬だけをハンクに渡した。


「悪ぃ!」


吐く息は荒く、鞴のようである。


限界を超えている。

傭兵たちは、特にだ。


剣を振って合図を出し、騎馬隊を一つにした。


敵の本陣。八百歩。何千もの敵。


一気に迫ることなど不可能だった。


逃げ回りながら、デリフィスは敵の前衛の背後、本陣の前を剣で指した。


「これより、全軍で敵中を突破し、敵の前衛と本陣の間に陣を敷く」


「……」


ハンクが絶句する。


敵の真っ只中に橋頭堡を築くようなものだ。

全方位からの攻撃に曝されることになる。


「……勝てるのか?」


「わからん。だが勝つ」


「……へっ」


不敵にハンクが笑う。

ここで逃げ出すような腰抜けならば、最初からデリフィスの話に乗りはしない。


傭兵たちは、全員がそうだろう。


負ければ、死。

ミムスローパを守れば、栄誉が待っている。


伝令を、歩兵隊とノクセが指揮するミムスローパ守備隊に出した。


先頭で、デリフィスは馬を駆った。


すぐ背後には、ハンクがついている。


矢。剣を遣い払い落とす。


敵がくる。

デリフィスが剣を振ると、頭上を越えていった。


駆ける。前衛を突き破った。

前衛と本陣の間で、手綱を引く。


ハンクはついてきていた。

騎馬の傭兵たちも、ノクセが率いるミムスローパ守備隊も。

歩兵たちは、やや遅れていた。


敵が迫る。

前からも、後ろからも、左右からも。


牽制のため、前面に騎馬を並べた。

指揮はハンクである。


ノクセの部隊には、後方に陣を組ませ、歩兵隊を収容させた。


集まった歩兵たちには、堅陣を組ませる。


ノクセの部隊を三つに分け、左右にも回した。


デリフィスと歩兵隊を、騎馬隊とノクセの部隊で囲んだ陣となる。


敵の本陣。見える。

あと三百歩か、三百五十歩か、四百歩か。


煌びやかな鎧に身をつつんでいる。敵の指揮官。大軍に守られている。


ハンクを呼んだ。

腰の弓を奪う。

かなりの剛弓である。

矢は、一本だけ残っていた。


「俺を守れ」


それだけ言って、デリフィスは敵の指揮官を見据えた。

弓を引く。


陣に衝撃が走った。

左右の陣と敵の先頭が、接触したのだ。


後方。反転した敵の前衛がぶつかってくる。


ハンクとノクセが巧みに兵を動かし、凌いでいた。

それでも、もって数十秒だろう。


敵の指揮官だけを見つめる。


矢。当たるはずがない。

いや、当たる。


デリフィス・デュラムだ。

呟く。


戦うことしかできない。

戦場で、できないことなどない。


敵の指揮官。他の者は見えない。

矢を、放っていた。

自覚したのは、半瞬後だった。


敵の指揮官に、命中するはずだった。


偶然だろう。

指揮官に馬を寄せた兵に、矢は当たった。


外れた。

だが、届いた。

当たるところだった。


敵の本陣に、さざ波が起きた。

揺れる。

敵全体が、動揺した。


たった六百に、二万五千の軍を率いる大将が討ち取られる寸前になったのだ。


勝機。

デリフィスは、弓を捨て剣を天に突き付けた。


腹から、声を上げる。


「続け!」


剣を振り下ろす。

駆ける。


ハンクが続く。騎馬隊が、ミムスローパ守備隊が、歩兵隊が。


左右と背後から攻め立てられていたが、前衛を突破していた分、前は空いていた。


敵の本陣。二千の敵。

敵へ迫った。


背後からは、敵に迫られている。

だが、圧力が弱まった。


ミムスローパの防壁の門が開いている。


新たに出撃する、一千ほどのミムスローパ守備隊。


一本の矢は、敵軍だけでなく防壁まで揺り動かした。


もう、後ろは振り返るな。

前だけを見ろ。


先頭で駆けた。

誰も、デリフィスについていけない。


束の間、デリフィスは単騎だった。


単騎で、二千の敵の中に飛び込む。


遅れて、ハンクが馬を乗り入れる。


騎馬隊が、ノクセが率いるミムスローパ守備隊が、歩兵隊が続く。


背後から圧力。

敵から追撃されている。


だが、更にその背後を出撃したばかりのミムスローパ守備隊に衝かれている。


追いながら追われる形となり、背後の敵が混乱しているのが伝わる。


敵の指揮官。見える。

殺し尽くせ。

叫んだ。


邪魔する者を、斬り払っていく。

六百で固まり、指揮官へ迫った。


弱兵ばかりの反乱軍の中でも、本陣だけはまともに戦える者を集めていた。

だが、一本の矢で揺れている。


敵の指揮官に、届く。

待っていろ。


しかし、敵の指揮官は背中を向けていた。


腰抜けめ。


六百の突撃に、二万五千の指揮官が逃げ出した。


山が動くかの如く、二万五千が退いていく。


六百とミムスローパから出撃したばかりの一千で、二万五千をとにかく押しまくった。


二キロほど後退させたが、敵の指揮官は討てなかった。


すぐ逃げ出す腰抜けでなければ、首を取ることができていた。


デリフィスは追撃をやめさせ、ミムスローパの街の防壁まで全軍を退却させた。


加わったばかりの一千はともかく、六百は限界だった。


特に傭兵たちには、駆けながら倒れる者も出てきている。

デリフィスも、満身創痍だった。


反乱軍も、動けない。

懸命に態勢を立て直しているところだろう。


ノクセを通じて、一千を率いた部将たちが挨拶にきた。


傭兵たちの戦い振りを、ずっと見ていたのだ。


六百の周囲を、一千で囲ませた。


戦い続けた六百は、敬意を表されなければならない。


二万五千が、崩れたのだ。

立て直し再び進軍するには、早くても一日は掛かる。


デリフィスたちも、疲れきっていた。


ざわめきが起きた。

まさか、新手だというのか。

西の地平に、一万ほどの軍影が見えた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


城への潜入は、容易かった。

方々で混乱が起きているのだ。


魔法も炸裂している。

ドラウが光を屈折させ姿を隠す魔法を使用しても、誰も気付かない。


壁に凭れながら、城の内部を進む。


歯を舐めて唾液を出し、それを呑み込んだ。


胸の息苦しさが、少しましになる気がするのだ。


グリア・モートと正面から戦う力は、残っていない。


彼ほどに魔法を熟知した者なら、微弱な魔力の波動も感知するだろう。


姿を隠し接近することもできない。


遠距離からの狙撃。

ドラウが考えているのは、それだった。


ただ遠距離から魔法を放っても、グリア・モートに通用するはずがない。


ユファレートとその仲間たち。

最初にグリア・モートと接触するのは、誰になるか。


彼らだけではおそらく、グリア・モートとその部下たちに勝てない。

人数が違い過ぎる。


それでも、注意を引くことはできる。


グリア・モートから、遠距離狙撃に対応するだけの余力を奪ってくれれば。


『君には本当に感心するよ』


エスの声。


(……諦める訳には、いかないだろう?)


どんな状態だろうと、この国を諦める気にはならない。


戦うことをやめたら、終わってしまう。


『いや、そうではない、ドラウ・パーター。間もなく、ハウザードとルインが接触する』


(ハウザードが……)


『彼の目的が、読めたよ。そして、君の目的も。ようやく合点がいった。君がなぜ、師のように、家族のように彼と接していたのか。彼に、なにを仕込んでいたのか』


(……)


答える気にはならなかった。


(師の、ように……?)


違う。


(家族の、ように……?)


違う。


(仕込んだ……?)


違う。そんなことではない。


ハウザードという少年が、孤独だった。


少年の孤独を、消し去ってやりたいと思った。


ドラウにも、同じような時期があったのだから。


魔法を暴発させ、両親を殺め、孤児院に引き取られ。

みなから恐れられ、孤独だった。


似た境遇のストラームがいて、二人になっても、やはり孤独だった。


二人で、一つの孤独を共有していただけだ。


だが、あの人がいた。

ドラウとストラームを引き取り、親として守り、師として導いてくれた。


ドラウとストラームは、孤独ではなくなった。

支えてもらった。


あの人のように、ハウザードという少年から孤独を消し去りたかった。

そこに、打算などない。


師のように、ではない。

家族のように、ではない。


師であり、家族である。

それは、今でも変わることのないことだった。


◇◆◇◆◇◆◇◆


ドラウの屋敷を出て、庭と繋がる林をハウザードは歩いた。


除雪装置がミムスローパの街にはあるが、恩恵は道でしか受けられない。


まだ少年であるハウザードには、雪が積もる林の中を歩くのは一苦労だった。


夕暮れの林の奥で、なにかが動いた。

逃げていく。


宛てがわれた部屋にいた時に、ふと窓から林を見ると、人影が見えたのだ。

それで、なんとなく林に入った。


逃げていったのは、誰だろう。

追う気にはならなかった。

用があるなら、また来るだろう。


『コミュニティ』の者だろうか。

あの組織は、ハウザードがおかしな気を起こさないか心配しているはずだ。


クロイツの部下かもしれない。

クロイツならば、遠くにいるハウザードを見ることができるだろうが、それでも人を送ったりしそうだ。


ストラーム・レイルの仲間である可能性もある。


あの英雄と呼ばれる人は、きっとハウザードのことを壊したくて仕方ないはずだ。


「寒い……」


ハウザードは呟いた。


寒いのは、苦手だった。

体が震える。

すると、なぜか無性に怖くなる。


一人ぼっちであるかのような気分になるのだ。


不意に、肩を叩かれた。

振り返ると、ドラウがいた。


外出したハウザードに気付き、追ってきたのだろう。


言葉は無く、安堵の見え隠れする表情でドラウは頷いた。


ドラウの痩せた、だが大きく暖かい手に引かれ、屋敷へと戻る。


玄関口では、ユファレートがそわそわと歩き回っていた。


ハウザードとドラウの二人がいなくなったことで、不安に駆られたのかもしれない。


別に、ちょっと外に出ただけだった。

散歩ほどの時間も経過していない。

それでも、心配したのだろうか。


今度はユファレートに引っ張られ、居間に連れていかれた。


ドラウが雇う給仕たちが、食事の準備を始めている。


いつもの席に座らされる。

まだ、夕食まで時間があるのに。


ハウザードの席。

冷え性であるハウザードのための、一番日当たりの良い席。


もう暗いから、余り意味はないけど。


でもその席は、なぜか暖かく感じられた。


雪で少し濡れた頭を、ユファレートがタオルで拭いてくれる。


なんだか恥ずかしくなり自分ですると言ったが、ユファレートは許してくれなかった。


にこにこしている。


ハウザードも、穏やかな気分になっていた。


見える所にドラウとユファレートがいる。


それが、ハウザードの気持ちを満たしてくれる。


ずっと三人でいられることはない。


いつか、『コミュニティ』へ戻らなければならない時がくる。


だけど。


願わくは、今この時間が。

少しでも、少しでも長く。


◇◆◇◆◇◆◇◆


眼を開く。

腐った大地が、どこまでも続いているかのようだった。


充満する瘴気。

元々は、破壊の魔力である。

これが、あらゆる魔法を阻害する。


よって、この地への転移などは難しい。


例え、クロイツのような魔法使いであってもだ。


遠方から覗き見ることもできないだろう。


この地の影響を最小限に抑えることができるとしたら、瘴気で磨かれた『器』を持つ者か、あるいは。


ハウザードは、眼を細めた。

歪む大気の向こう、小さな人影。


(あるいは、瘴気に非常に近い存在か……)


破壊の魔力を充満させた、張本人。


遠く、小さな人影が消えた。

ハウザードのすぐ近くへと転移する。


長い前髪の少年。


「……ルイン」


知ってはいる。


口を利くのは、初めてとなるはずだ。


「ハウザード。よくぞ……」


ルインが、喜色を浮かべる。


「よくぞ完成させた。私のために……」


「……」


寄ってくる。

手を、上げた。


「もらうぞ、その『器』」


胸に触れられた。

と、その手が沈み込む。


ハウザードの中に、入ってきているのだ。


悍ましい。

だが、快感に近いものもある。


ハウザードの中で、ルインが拡がる。


奪おうとしている、この『器』を。


ハウザードという存在は、失われる。


充満する瘴気。

クロイツでも、見えないはずだ。

今、ここで起きている出来事は。


(クロイツ、にも、見られていない……)


消えていく。

自分自身が。


それでも、ハウザードはルインの腕を掴んだ。


ハウザードと繋がっている、その腕を。


「捕まえた……」


「……ハウザード……?」


「今、私とお前は一つだ。この状態なら、絶対に外さない……」


この瞬間のために、ドラウから力を受け継いだ。


『器』に成れるほどの、ハウザードという者の素質。

ドラウ・パーターの教え。

鍛え続けた、強靭な魔力。


『ルインクロード』さえも、破壊してみせる。


そして、未来を残す。

ドラウとユファレート、二人の未来を。


「……そうか。やはり裏切るか、ハウザード」


「……いつまでこの世界に居座るつもりだ。もう充分生きただろう? 消えろ。旧人類が残した災厄め」


引き出していく。全ての魔力を。


零距離から、破壊の力を叩き込む。


ルインの体が、蒼い炎に包まれた。


一つになっている、ハウザードの体も。


「……そうか。共に滅びるつもりか、ハウザード」


「……どうかな? 私は『ルインクロードの器』だ。耐えきれるかもしれないな」


全身に亀裂が入っているかのような激痛が、ハウザードを襲う。


「……滅ぶ? 滅びるのか、私が? お前が、私を滅ぼすというのか、ハウザード?」


「ああ、滅びろ、ルイン。……いや、お前はルーアと呼ぶべきなのか……?」


ルーアという少年については、調べた。


興味があったのだ。

ハウザードとマリアベルの存在がなければ、あの少年が『器』となっていたのだから。


似ている、と思った。


ハウザードには、ドラウとユファレートがいた。


同じようにあの少年には、ザイアムとティアという少女がいた。


だからあの少年の気持ちは、よくわかる。


自分の存在を犠牲にしてまで、ティアという少女を救った。


よくわかる。


空っぽでしかない者の、家族となってくれたのだから。


二人のためならば、自分の存在と引き替えにしても、『ルインクロード』は破壊してみせる。


ルインが、笑っている。

蒼い炎に包まれ、存在を弱めながらも、笑っている。


もっと、出力を上げろ。

滅ぼせ。


オーバ・レセンブラとして、ハウザードとして、世界的犯罪者となった。

もう、二人の元へは戻れない。

それでも、二人は居場所を残してくれている。


二人の未来のために、壊せ。


ルインが、力を注ぎ込んでくる。


瘴気のような、意味を消失させるような、そんな破壊の力。


ハウザードという中身を、消しに掛かっている。


先に滅びるのは、『器』か『中身』か。


(私は、覚えている……)


二人から掛けられた、一つ一つの言葉を。

些細な出来事も。


この程度で消えてしまうような、柔な思い出ではない。


意識を蹂躙されながらも、ハウザードは叫んだ。


◇◆◇◆◇◆◇◆


騒ぎのどさくさに紛れて城へ侵入したルーアとティアを待っていたのは、エスだった。


その案内で、グリア・モートの元へと向かう。


外では、日が傾いていた。

遠くの喚声と廊下に響くルーアたちの足音が、不協和音を奏でる。


「……なんかさ、誰にも会わないね」


逆にそれが不安なのだろう、ティアは表情を曇らせている。


「人と会わない道を選んでいる」


また怪しい能力を発揮しているのか、エスが言った。


白い背中に、ルーアは半眼を向けた。


「ほんと、なんでもありだよな、あんたって……」


「そうでもない。現在私は、ほとんどの力を封じられている状態だからな」


「……封じられて?」


「クロイツにより」


(……クロイツ)


微かな電流が体を通ったような気がした。


少しだけ記憶している、その存在。


問題は、顔を合わせた場所と時間だった。


ミジュアの第九地区、街が壊れた日。


聞き覚えがない名前なのか、ティアは走りながら器用に小首を傾げている。


「思うように、能力を使用できない。複数の能力を併用することも難しい。殺害される寸前のピサロスを、グリア・モートの元から逃亡させたが、そのために使用していた能力も解除した」


「それって……」


「やがてピサロスは捕らえられ、グリア・モートの前に引きずり出される」


「なあ。俺たちに構うよりも……」


「立ち止まるな」


エスの声が鋭くなる。


「計算した。いくら私が支援しようとも、遅かれ早かれピサロスは捕らえられる。君たちを一刻も早くグリア・モートの元へ連れていくことが、ピサロスのためになる」


「……他の連中は?」


「最も先行しているのは、ユファレート・パーターだ。彼女がピサロスを助けることを、私は期待している。だが、グリア・モートにはおそらく勝てまい」


「……」


「六十年以上修練を積んできたグリア・モートにも、魔法使いとして劣っていない。だが、相性が悪い」


「『悪魔憑き』、だったな……」


グリア・モートは『悪魔憑き』。

その情報は、ドラウから得た。


生身の人間とは、耐久力に違いがあり過ぎる。


「そしてなにより、ユファレート・パーターは連戦となる。対してグリア・モートは、万全の状態で迎え撃つことができる。ヨーゼフやジャミンといった者たちも、合流する。ユファレート・パーターだけでは勝てない」


「ユファ……」


ティアが呟いている。


「あとの奴らは?」


「テラント・エセンツとシーパル・ヨゥロは、戦闘不能となった」


「……なんだと……?」


前を行くエスが、軽く振り返る。

立ち止まるな、と言いたいのだろう。


「死亡した訳ではない」


「ドラウの爺さんは?」


「……彼は、遅れる」


『期待はするな。ドラウ・パーターに、戦う力は残っていない』


その台詞は肉声とは異なり、直接脳で響いた。


ティアを横目で見てみるが、聞こえてはいないようだ。


ドラウの病気のことは、孫であるユファレートも知らない。


ティアに聞かせないようにしたのは、エスなりの気遣いかもしれない。


「だから私は、君たちの案内を優先している」


ユファレートの後に続けるのは、ルーアとティアしかいないということだろう。


「できれば、戦闘前にユファレートと合流したいけどな」


「無理だ。ちょうどここからだが、わかるかね?」


「……?」


変な感じがした。

荒波に揺れる船の甲板にいるかのように、足下が安定しない。

視界も歪んでいた。

息苦しく、手足が痺れる。


「……なんだ?」


「グリア・モートの、オリジナルの魔法だよ。人体の感覚を狂わす類いのね。玉座の間の周囲一帯で発動されているようだ」


「……そんな魔法があるのか」


「彼もまた、一角の魔法使いということだ。ドラウ・パーターは、長年に渡りドニック王国の各地に魔法陣を仕込んできたが、グリア・モートもまた、決戦に備えあらゆる魔法を発動させる準備を進めていた」


「これは、グリアの所に辿り着くのも難しいな……」


ともすれば、自分がどこを向いているのかも、わからなくなりそうだった。


直線の廊下を歩くだけで、道に迷ってしまいそうである。


魔法の構成がいまいち理解できないため、解除することもできない。


「逆に、遠ざかることも困難だ。だから、ピサロスを城外へ逃がすこともできなかった」


「なるほどね……」


ピサロスを助けに行けないということは、殺しに行けないということでもある。


悪逆の王ピサロスを殺害するという手柄を、暴徒たちに横取りされることもなくなる。


「この魔法は、なんとか私が解析しよう。そして、君たちをグリア・モートの元まで連れていく。だが……」


「……そうか、ユファレートなら」


「そう。それが、ユファレート・パーターに追い付けない理由。彼女の魔法を解析する力は、魔法を使えない私よりも遥かに上だ」


ユファレートならば、すぐにこの魔法を理解する。

そして、正しい道を見付ける。


魔法の発生源、つまりグリア・モートの居場所まで探知できるだろう。

そうなれば、一直線に向かえる。


「……ねえ。ユファに待ってもらう訳には……」


「それでは、ピサロスが殺されてしまうな、ティア・オースター」


「あう……」


視界が歪み気持ち悪いのか、ティアは顔をしかめていた。

一層表情が険しくなる。

ユファレートが心配なのだろう。


(自分のことをもっと心配しろって思うけどな……)


夜も、ユファレートを迎えに行くため独りで引き返したりした。


城から、そして最も危険な存在であるグリア・モートから遠ざかる行為でもあるため敢えて止めなかったが、やはり危険は危険だろう。


側にいても、見えない所にいても、周囲の者を心配させる女である。


「解析が済んだ。付いてきたまえ」


「ああ」


「君は嫌かもしれないが、私の肩でも掴んでいた方がいいと思う」


「……そうだな」


微妙に抵抗したくなったが、素直にルーアは頷いた。


天井が降ってくる錯覚に襲われている。


エスの白い肩に、手を置いた。

体温がある。

それがなにか、奇妙なことに思えた。


(それにしても……)


ティアが、防寒着の裾を掴んでくる。


(こいつと突入か……)


ティアには悪いが、心許ない。


エスには火力というものがなく、ドラウには期待できないという。


テラントとシーパルは戦闘不能に陥り、デリフィスは街の外である。


ユファレートが健在のうちに戦闘参加しなければ、ルーア一人で敵全員を相手しなければならなくなる。


(まあ、それでも潰すけどな……)


街が壊されてから、まだ四半日ほどしか過ぎていない。


あの光景は、ルーアの脳裏に熱く残っている。


ミジュアの第九地区での体験を、嫌でも思い出した。

あの時は、なにもできなかった。


肩に置いたルーアの手を、エスが一瞥した。


体温が上がっているのを、ルーアは感じた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます