魔法使いと亡霊

「わかりやすくていい……」


剣を抜きながら、テラントが前に出る。

ユファレートも同感だった。

隣にいるシーパルもそうだろう。


ティアたちと別行動をし、魔術師組合へ向かう道すがら。

時刻は零時を回った頃。

遮ったのは十人以上の男たちだった。


警官たちでも、暴動している市民たちでもない。


微かに鼻につく腐敗臭。

荒れ果てた肌。

『コミュニティ』の兵士である。


争いはあちこちで起きている。

市民と市民が殺し合っている場面もあった。

戦闘になっても目立たない。


『コミュニティ』の兵士たちをただの一般市民と周囲は勘違いするかもしれないが、正当防衛を主張するのは難しくない。


武器を手に、襲い掛かってきているのだから。


正面から向かってくる者。

左右に展開する者。

三方から攻めてくるか。


テラントが踏み出し、右腕を振った。


槍の柄ごと、兵士の体を叩き割る。


いつもの魔法道具は、ユファレートの祖父ドラウに預けてある。


借り物の剣だと言うが、なかなかの斬れ味のようだ。


「ライトニング・ボール!」


シーパルが放った光球が、右から迫ってきていた兵士を弾き飛ばし。


「ライトニングボルト!」


ユファレートが撃ち出した電撃が、左の兵士二人を貫く。


市民や住居に被害が出ないように調整しなければならないため、派手な魔法は使いにくい。


テラントの斬撃で撥ね飛ばされた兵士に、後続の足が止まる。


シーパルの光球が、更に一人を倒した。


その時点で、すでに兵士たちは逃げ腰になっていた。


混乱の中に紛れていく。

無理には追えない。

市民に犠牲が出ることになる。


「いくぞ」


剣を収めたテラントの言葉に、シーパルと二人頷く。


苦戦はしなかった。

それは、三人揃っていたからだ。


ホルン王国北部でオースター孤児院を攻めてきた兵士たちとは違い、挙動は滑らかだった。


それだけでも、グリア・モートが入念な準備をしてきたことが窺える。


魔術師組合を目指した。

騒ぎが大きい所には、できるだけ近付かなかった。


病院の裏を通った。

負傷者が、続々と搬送されているようだ。


表通りの方は、もっと混雑しているだろう。


手伝いたいと思ったが、テラントに止められた。


病院に運び込まれているのだ。


一国の首都だけあって、ミムスローパは医療施設も設備も充実している。


魔法医も、少なくはない。

手伝わなくても、助かる者は助かる。


暴動を止めることを、優先するべきなのだろう。


それが、死傷者を減らすことになる。


テラントがいてくれて良かった。

ユファレートやシーパルだけなら、治療の手伝いに向かっていただろう。


暴動は、更に激しくなっていた。

放火などもされている。

炎が、闇に絡み付いているように見えた。


悔しさに、身が震える。

生まれ育った街なのだ。

故郷が、目茶苦茶にされている。


進むうちに、静かになってきた。

魔術師組合が近い。

静かなのは、この辺りに争いがないからだ。


商人組合と、なんらかの取り引きがあったのだろう。


すでに、協力の約束をしたのかもしれない。


魔術師組合の門は閉ざされ、武装した魔法使いたちが見張りに立っていたが、張り詰めた様子はない。


襲われる心配がないとわかっているのだろう。


ユファレートたちがすぐ近くに来るまで気付かないほど、緊張感がない。


「……あなたたちは?」


問われて口を開きかけるテラントを、ユファレートは制した。


「わたしは、ユファレート・パーターです」


「ユファレー……では、あなたは……」


ドラウ・パーターの孫娘として、ユファレートの容貌も名前も、ミムスローパの魔法使いたちには知れている。


「祖父ドラウ・パーターの使いとして参りました。組合長に会わせてもらえませんか?」


見張りたちが、顔を見合わせる。


「ですが、時間が時間ですし……」


「それは、出直せという意味でしょうか?」


怒りを隠さず、ユファレートは言った。


腹が立つ。


魔術師組合組合長は、組合本部の内部に住居となる部屋を持ち、家族共々生活しているはずだ。

安全圏から、この街の混乱を眺めるつもりなのか。


「あなたたちの眼や耳は飾りですか? 事態は一刻を争います。今すぐ、組合長に取り次ぎなさい。さもなくば、魔術師組合は王家から離反したと見做します。これは、祖父ドラウ・パーターの発言ととってもらって結構です」


また、見張りたちが顔を見合わせる。


遠慮がちにユファレートに視線を向け、そして一人が建物の中へ入っていった。


シーパルに肩を叩かれる。

それで、いくらか気持ちが落ち着いた。


待つ。数分か、数十分か。

苛立っているユファレートには、数時間にも感じられた。


見張りだった者を引き連れ建物から出てきたのは、三十代半ばほどの小男だった。

細い眼に、白い肌をしている。


「魔術師組合組合員の、ヨーゼフと申します」


もったいつけるような仕草を交え、恭しく自己紹介をする。


「組合長は?」


「中でお待ちですよ。あなたも、どうぞ中へ」


「……」


話し合いに応じるつもりか、罠があるのか。


唾を呑み込んでから、ユファレートは頷いた。


数歩進んだところで、背後に見張りの者たちが割り込む。


テラントとシーパルを、遮っているのだ。


「規則により、夜九時以降は、組合員以外の方が建物に入ることはできません」


丁寧に、ヨーゼフが言う。


この街に暮らしてきたユファレートは、一応魔術師組合に所属していた。


ドラウの元で修業を行っていたので、組合を訪れることはほとんどなかったが。


「ユファレート・パーターさんはともかく、あなた方は組合員ではありませんね?」


「それは……」


シーパルが、言葉を詰まらせる。


「ドニック王国魔術師組合に、ヨゥロ族の組合員はいません。そちらの方に至っては、魔法使いでさえもなさそうだ」


テラントの鍛え上げられた体躯に腰の剣を見て、魔法使いだと思う者はそうはいないだろう。


「でも……」


シーパルは、喰い下がる理由を捜しているようだ。


ユファレートたちを分断しにきているように思える。


もしそうなら、罠である可能性が非常に高い。


「……いいよ。シーパルたちは、先に行って」


だがユファレートは、そう言った。


明確に、商人組合とは口にしなかった。


ヨーゼフや見張りの魔法使いに聞こえる。


魔術師組合と商人組合が結託しているのは、まず間違いないだろう。


今のところ、商人組合が暴動の中心である。


商人組合を止めれば、魔術師組合も動けなくなるかもしれない。


「ユファレート……」


「大丈夫だから」


いざとなれば、長距離転移の魔法で家に帰ることができる。


先程の襲撃は、家を出てしばらくしてからのことだった。

多分、外に見張りがいたのだ。


家を制圧されている可能性もある。


その場合は、家に転移するのは危険であるが、おそらく大丈夫だろうとユファレートは考えていた。


無人の屋敷を押さえることに、余り意味はない。


そんなことに人員を割くくらいなら、もっと混乱が増長するように人を配置する。


『コミュニティ』の目的は、ユファレートたちを倒すことではなく、ドニック王国を自分たちのものにすることなのだから。


シーパルの肘の辺りをテラントが掴み、ユファレートのことを見つめてきた。

互いに頷く。


そして、シーパルとテラントは東へ駆け出した。


(わたしも、必ず追うから)


胸中で、去り行く二人に呟く。


道は、適当に誰か捕まえて、案内してもらえばいいだろう。


「それでは、中に」


恭しくヨーゼフが言う。


含み笑いが混ざっているように、ユファレートには聞こえた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


ドラウ・パーターと名乗れば、閉ざされた門さえも開く。


ミムスローパの街の外、街道を見下ろせる丘陵で、ドラウは待った。


計算に狂いがなければ、そろそろのはずだ。


(来たかな……?)


いくらか視力の衰えた眼を細め、地平を見遣る。


軍勢の姿。

明かりを消していないのは、奇襲を仕掛ける意思がないことの表れだろう。


総勢二万。

だが、二万の軍勢が完全に一塊になって進軍することはないだろう。

いくつかの部隊に分けるはずだ。

最低でも、前軍と後軍くらいには分ける。


ミムスローパ付近は反乱軍にとっては敵地であり、奇襲を警戒して本隊は先鋒から離すはずだ。


地方で盗賊団とやり合った程度の経験しかない者に、兵法を無視して進軍するだけの度胸がある訳がない。


見える軍は、二、三千に思えた。

まずはこれを蹴散らし、本隊と合流させる。


部隊の収容と再編成には、手間が掛かる。

元が混合の軍ならば、尚更である。

半日は時間が稼げるはずだ。


「エス」


静かに呼び掛ける。


『……なにかね?』


気怠そうな、エスの声。


「指揮官と副指揮官のデータの転送を」


『私は今、クロイツにより能力の大半を封じられている。すまないが……』


「できないとは言わせないよ」


泣き言など聞きたくはない。


「君は、クロイツ以外の二十四人を喰らった。クロイツに力を封印されても、まだまだ余力があるはずだ」


『……』


「全力を尽くすと、君は言った。半端な協力でドニック王国が奪われるような事態になったら、僕は君を許さないよ」


エスの本体がどこにあるか知っている。


残された時間と引き換えに、エスをこの世から消滅させることも不可能ではない。


脳に刺激を感じた。

映像が頭に浮かぶ。


三人の男たち。

指揮官に、二人は副指揮官だろう。


三人の軍勢における位置、そしてドラウとの距離まではっきりと表示される。

音声まで、耳に響いた。


(届く……!)


距離を計算して、ドラウはそう判断した。

足下に、魔法陣を展開させる。


何十年とこの国で生きてきた。

そして、『コミュニティ』と争い続けてきた。


有りとあらゆる事態を想定して、様々な仕掛けを準備し、対策を練ってきた。


ドニック王国の国土全域に、魔法陣はいくつも仕込んである。


魔法陣は、空の状態に影響を受ける。


月や星の位置は、申し分ない。


魔法陣が、蒼く強く輝く。


強化するのは、魔法の効果範囲、精度、最大速度、加速度。


威力は、人をなんとか殺せる程度まで絞る。


殺戮する必要などない。

威力を絞ることにより、魔力の温存にもなる。


辿るべき軌跡が、脳内にはっきりと描かれる。

これは、エスの力によるものだ。


『リーザイの亡霊』の助力があって初めて可能な、超遠距離からの超精密狙撃。


翳した掌の先に、空間を軋ませながら闇を拒絶する光が生まれる。

収束する。


「ティルト・ヴ・レイド!」


光が尾を引く。

それは、一条の光芒。

加速し、音速を超えて突き進む。


軍勢の中に、魔法使いがいるかもしれない。


魔法が放たれたと察知するのは、魔法が炸裂してからになるだろう。


つまり、初撃は防御も回避も、普通の魔法使いには絶対に不可能。


ソフィアの『邪眼』のように先を視る力か、ザイアムの『ダインスレイフ』のような防御力場がなければ、絶対に防ぐことはできない。


光芒が、指揮官の頭部を破砕する。


ドラウは休まなかった。

続けて、二発目三発目と光芒を放つ。


咄嗟の判断力がある魔法使いが相手にいたら、魔力障壁を発生させるはずだ。

それも、自分の周りだけだろう。

自身を危機に曝してまで、副指揮官を守る者がいるとは思えない。


それでも一応、今度は魔力障壁くらいなら貫けるだけの威力を込めた。


光芒が、副指揮官たちの上半身を消し飛ばす。


近くにいた者にも、害は及んだはずだ。


せめて死なないでくれ、とは思う。


それ以上は、情けを掛ける余裕もない。


「指揮官と副指揮官がやられたぞ!」


エスが、叫びのような音声を届けてくる。


ドラウは、背後に炎の壁を高々と発生させた。

演出である。


「あそこを見ろ! ドラウ・パーターだ!」


「ドラウ・パーターが、王都の防衛をしてるぞ!」


そして、退却の鐘が鳴り響いた。


おそらくは、エスの仕業だろう。

叫びも鐘も。


夜の闇の中では、指揮官と副指揮官たちが狙撃されたと完璧に把握できた者は、まずいなかったはずだ。


この距離で、ドラウ・パーターだと判別できるはずがない。


人など、米粒くらいの大きさにしか見えない距離だ。


退却の鐘は、指揮官の指示でしか鳴らすことはできない。


勝手に打つのは、明確な軍令違反である。


軍勢を恐慌に陥れ退却させるために、声と鐘の音を発生させた。


悲鳴を上げながら逃げていく。

そこで、エスが見せてくれていた映像は消えた。


肉眼で、退却していく部隊を確認する。


波が引くかのような勢いだった。

敢えて踏み止まるという者はいない。


(これで半日……もしかしたらもっと、時間を稼げたはず……)


ドラウは咳き込んだ。

口から流れ出てくるものがある。


ハンカチを取り出し、口元を拭った。


『……食道にできた瘤の一つが破裂したな。余り無茶はしないことだ。残された時間が、更に縮まることになる』


ハンカチが何色に染まったか、夜でもわかる。

ドラウは、それを捨てた。


こんな物、孫たちには見せられない。

志気に関わる。


「時間は、稼いだ……」


目眩を感じながら、ドラウは声に出して言った。


この間に、街の暴動を止める。

ユファレートたちが、どこまでやってくれるか。


街が落ち着いたら、グリア・モートを討つ。

反乱軍を退ける。

ハウザードを止める。


疲れていた。

ここまでの移動に、魔法も使用したのだ。

そして超遠距離からの超精密狙撃三連発。


それでも、十年前なら疲労を感じることはなかった。


やらなくてはならないことが、山ほどある。


疲れている暇などあるか。

ドラウは、自分に言い聞かせた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


珍しく、王の居室に召し出された。


長年ドニック王国に仕えてきたグリアにも、余り記憶にないことである。


深夜だが寝衣ではないピサロスに、グリアは膝をついた。


「このような時間に、いかがなさいました

、陛下」


部屋には、グリアとピサロスしかいない。


ピサロスはまだ三十代だが、肌は衰え五十くらいに見えた。


多くの勢力と、神経を削り付き合ってきた。


積もった心労が、外見にも影響を及ぼしている。

この十年で、かなり痩せた。


「……モートよ。セルミグラとインツァロの軍は、どうなった?」


「余り気になされますな、陛下。ミムスローパには、五千の守兵がおります。反乱軍ごとき、見事に撃ち破ってみせるでしょう」


「……民の暴動の方は、どうなっておる?」


居室からも、街に点いた炎は見えるはずだ。


「それも、気になされますな。じきに、鎮まることでしょう」


「モートよ……」


深く、ピサロスは溜息をついた。


「お前の狙いは、私であろう……」


「……なんのことでしょうか?」


冷笑を浮かべ、グリアは聞いた。


「これ以上、民を巻き込むな。これは、私からの最後の命令だ……」


間もなく殺されると、わかっているのだろう。


ピサロスが死ねば、国民の憎悪の対象は、キオエラ王子に移る。


キオエラはまだ若く、どこまで堪えられるか。


だがそれでも、一旦民心は落ち着くだろう。


キオエラへの愛情はあるが、それ以上に民のことを重んじる王だ。

だから、死ぬ覚悟ができる。


だがそれは、もう少し先の話だ。


この反乱は、もっと大きくなる。

街は荒廃する。


最高潮に達した時に、ピサロスには死んでもらう。


すでに、ピサロスの周りの者はほぼ全員手懐けてある。


グリアを討とうという忠義の臣もいたが、すべて返り討ちにした。


先々代の王の時代から、少しずつ王家の力を剥いでいったのである。


新聞社も情報屋も押さえてある。

王は悪でグリアが善という構図が、市民の頭の中にはできあがっている。


「モートよ……」


「なにも心配はいりません、陛下。あのドラウ・パーターも、反乱鎮圧のために協力してくれております」


「ドラウ・パーターが……」


「明日にでも、すべて終わるでしょう。陛下はなにも御心配なさらず、お休みください」


ピサロスは、このところ体調を崩していた。


精神的な疲れからだと、グリアは思っていた。


恭しく頭を下げ、グリアは退室した。


(ドラウ・パーターか……)


廊下を歩みながら、呟く。


そう、あとはドラウ・パーターなのだ。

あの男が、どう動くか。


だがドラウ・パーターとはいえ、今から局面を打破できるのか。


二万の軍勢の殲滅など、できないだろう。


精々、足止めまでが限度のはずだ。


多くの組合が、『コミュニティ』への協力を約束している。


その潜在的戦力は、二万どころではない。


ドラウ・パーターといえども、どうしようもないはずだ。


(最後は、私の勝ちだな、ドラウ・パーターよ……)


ドラウ・パーターは、病を患っている。

もう、長くないはずだ。


今回が、彼の最後の戦いになる。


グリアも、歳が歳だった。


何十年も掛けて計画したことが、実を結ぼうとしている。


終わってしまえば、充足感から心が枯れ果ててしまうような気がする。


だから、グリアにとってもこれが最後の戦いだった。


これまでに、何度もドラウ・パーターとは戦った。


魔法使いとして勝利したと感じたことは、ただの一度たりともない。


いつも、ドラウ・パーターの方が上手だった。


眼の上のたん瘤。

グリアにとってのドラウ・パーターは、まさにそれだった。


それでいて、嫌いではない。

同じ魔法使いとして、尊敬さえしている。


だが、今回だけは勝たせてもらう。


魔法使いとしては勝てなくても、謀略でなら勝てるのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます