闇へ

ハウザードの名前を聞いた瞬間だ。


頭の中がぐちゃぐちゃになって、なにがなんだかわからなくなった。


気が付いた時には、逃走するアルベルトと兵士を追い掛けていた。


ハウザードは、オースター孤児院へ超遠距離からの魔法狙撃を行おうとしているらしい。


(させない……!)


嫌でも思い出してしまう光景がある。


アスハレムの整然とした街並の中で、ハウザードはその強大な力を奮ったのだ。


融解する建物。路面。


炎に包まれ、踊り狂うかのように悶えて息絶えていく人の影。


光に呑まれ、跡形もなく消し飛ばされる人々。


大地に刻まれた顎に転落していく、警官たちの恐怖に歪んだ表情。


(させない……あんなこと、もう二度と……!)


絶対に、止めてみせる。


ハウザードが、自分よりも強力な魔法使いだとはわかっている。


おまけに、ユファレートは疲労していた。


それでも、暴挙は止めなければならない。


妹だと思ったことなどない、と言われた。


その言葉を思い出すたび、胸が裂けそうになる。

心が軋む。


だけど、ユファレートは知っているのだ。


仲間の誰もが、信じないかもしれない。


だけど、ユファレートと祖父であるドラウだけは知っている。


ハウザードが、優しかったことを。


虚構の家族だったのかもしれない。


それでもユファレートにとっては、兄だった。


あの優しさだけは、きっと偽りではない。


(わたしが、止めるから……)


アルベルトと兵士は、逃げ続ける。


飛行の魔法で距離を詰めても、すぐに姿を隠される。


だが、完全に見失うことはなかった。


骨折した左腕の痛みが堪え難いのか、アルベルトは魔法で治療を試みる。


その魔力の波動で、居場所を知ることができるのだ。


追跡を続けた。

いつしか朝になっていた。

風が止まり、雪も降り止み、木々の隙間から青空が覗くようになっていた。


おかしい。

そう感じるようになった。


澄んだ空気が、冷静さを取り戻させたのかもしれない。


本当に、ハウザードがいるのだろうか。


ハウザードなら、正面から相手を叩き潰せばいい。


デリフィスとシーパルを同時に相手にしても、歯牙にもかけなかったのだ。


オースター孤児院を正面から破壊できるだけの力が、ハウザードにはある。


なぜわざわざ、アルベルトはハウザードがいることを告げたのか。


遠距離狙撃を企んでいるとして、ばらす利点はないだろう。


真実だったらならば。


(……嘘?)


なんのために、嘘を。


(わたしを、誘い出すため……?)


テラントもデリフィスも、背後にはいなかった。


橋を落とされ、分断されたのだ。

その上、ユファレートは飛行の魔法を駆使して移動していた。


ついて来ることなど、できないだろう。


追跡を始めてから、相当な時間が過ぎた。

引き返しても、合流は難しい。


残念ながら、道もよくわからない。


長距離転移の魔法を使えば、オースター孤児院へは戻れる。


だがあの魔法は、切り札だった。

疲労した今の状況で使えば、ほぼ全ての魔力を使い切ってしまうだろう。


戦力にならなくなってしまう。


シーパルは、眠り続けたままなのだ。


純粋な魔法使いは、ユファレートだけなのである。


まだ敵は大勢いるのに、魔力を使い切る訳にはいかない。


考えているうちに、足が止まっていた。


草木が擦れる音がした。

前方、兵士の姿。


ユファレートが動きを止めると、現れた。

やはり、誘いだったのか。


物音と同時に、魔力の波動を感じた。

背後からである。


回り込まれていた。

地の利は、向こうにある。


「フォトン・ブレイザー!」


「ルーン・シールド!」


光線を受け止めるとすぐに、ユファレートは駆け出した。


挟み撃ちにされている。

この位置はまずい。


走る途中で飛行の魔法を発動させた。


森を抜けた。

雪原が拡がっている。


雪原の先は、崖になっているようだ。


(やった!)


これだけ見通しが良ければ、敵を見失うことはない。


敵を視認できるなら、惑わされることもない。

全力で、叩くことができる。


雪原の中央に、飛行の魔法を解除して降り立つ。


振り返ると、森から出てくるアルベルトと兵士の姿。


ユファレートは、杖を向けた。

魔力の波動を感じたのは、その時だ。


「ガン・ウェイブ!」

「ファイアー・ボール!」


声が二つ。

咄嗟にユファレートが張り巡らせた魔力障壁を、爆炎や衝撃波が打つ。


(……っ!? どこから!?)


左右の斜め後ろ、魔法使いがいた。


アルベルト。いや、違う。

アルベルトと同じ顔をした者が、二人。


地面に穴を掘り、身を潜めていたのだろう。


前方からは、アルベルトと兵士。

囲まれている。


「まんまと罠に掛かってくれたな、ユファレート・パーター」


アルベルトではない、魔法使いの一人が言う。


「……くっ!」


そちらへ眼を向けた瞬間、視野の隅で兵士が雪を蹴るのが見えた。


「フォトン・ブレイザー!」


放った光線が、兵士を弾き飛ばす。


魔力を感じた。

明確な破壊の意志が込められた、殺意ある魔力。


「フォトン・ブレイザー!」

「ル・ク・ウィスプ!」

「ガン・ウェイブ!」


三者三様の魔法が、魔力障壁を揺るがす。


衝撃に、ユファレートは膝をついた。


(まずい……!)


兵士に構わず、包囲を脱することを考えるべきだった。


一度受け身に回ると、この状況からはそう抜け出せない。


何度も何度も、細かい魔法が放たれる。

反撃する暇がない。


雪煙が立ち込める。

疲労と衝撃で、呼吸が苦しい。


このままでは、集中が途切れた瞬間に死ぬ。


それよりも、魔力が尽きるのが早いか。


(どうすれば……?)


辺りを見回しても、アルベルトたちの姿は見えない。

雪煙で遮られているのだ。

それでも、魔力の波動で位置はわかる。


また、炎に包まれた。


正確な攻撃。

魔力の波動で、アルベルトたちはユファレートの位置を正確に知れるのだから。


ふっと、閃くものがあった。

かなり危険な賭けになるが、このままだとどうせ、嬲り殺しになるだけだ。


アルベルトたちの、魔力の癖を読んだ。


同じ外見のためか、同じリズムで魔法を放っている。


三人の魔法で、魔力障壁が揺れる。


次の魔法が発動されるまでの、わずかな猶予。


一か八か。


ユファレートは、魔力障壁の魔法を解除した。

同時に横に転がる。


アルベルトたちは、魔力を頼りにユファレートの位置を捉えていただろう。


これで、ユファレートを見失ったはずだ。


光線が、無駄に空間を貫き焦がす。


ユファレートは立ち上がると、すぐに魔力を引き出していった。


アルベルトたちに感知される前に、アルベルトたちよりも早く。


「フウグ・ガン・ウェイブ!」


ユファレートを中心に、全包囲への衝撃波が雪煙を吹き散らし地面を削り上げていく。


大魔法の反動に、腕が千切れたかのような錯覚を覚える。


アルベルトたちがどうなったかを確認することもなく、ユファレートは駆け出した。


意識が眩むのを感じながらも、飛行の魔法を発動させて包囲を脱出する。


光弾が右肩を掠め、ローブが破れる。

火傷に、血が滲む。


痛みと魔力の枯渇に、飛行の魔法を維持できなくなった。

雪の上に倒れ込む。


前方は、崖。

後方からは、アルベルトたち。


包囲からは抜け出せたが、倒せてはいない。

三人とも、無傷なようだ。


疲労と魔法の乱発のために偏頭痛を感じながら、ユファレートは立ち上がった。


次の魔法で決める。

決めなければ、もう戦えない。


右肩の痛みを忘れて、ユファレートは心気を統一させた。


実戦で使用するのは、初めてのことになる。


誰かに教わった魔法ではない。

ただ、そういう魔法があることを、ルーアから聞いた。


想像の中で構成を組み立て、その魔法を自分なりに扱えるようになった。


喰いしばった歯の隙間から、白い吐息が漏れる。


ユファレートの翳した手の先に、一抱えほどの光球が生まれた。


アルベルトたちが、魔力障壁を前方に張る。


強力な魔法だとしても、三人掛かりならば受け止められる。

そう考えただろう。


だが。


「フォトン・スコールド!」


それは、かつてラシィ・マコルという男が使用したという魔法。


光球の、転送。


障害物があると、転送は失敗する。


制御が難しく、細かい位置指定はできない。


転送先は限られる。

例えば、広大な敵の頭上。


転送された光球は、アルベルトたちの頭上を通り過ぎ、背後の中空に現出した。


転送の負荷に耐え切れず、光球は無数に分裂して弾け飛んだ。


それが、まるで雨のようにアルベルトたちに降り注ぐ。


一発一発には、たいした威力はない。


生身の人間を傷付けるのに、威力は必要ない。


死角からの、広範囲に及ぶ攻撃。

アルベルトたちには、初見だろう。

かわせるはずがない。


かわせるとしたら、余程魔力の流れを読むことに長けた者か、異常な身体能力の持ち主、ルーアのような戦闘マニアくらいなものだろう。


悲鳴が響いた。

三人が倒れ伏す。


アルベルトの後頭部や背中は、穿たれ変形していた。


だが、運がない。


ユファレートは、雪に座り込んだ。


アルベルトが、偶然盾になったのだろう。


一人は、脇腹を掠めただけのようである。


血が溢れてはいるが、致命傷ではない。


もう一人に至っては、無傷だった。


(ほんと、運がないわね……)


完全に、虚を衝いた。

ただ、運に見放された。


「ざ、残念だったな……」


額の汗を拭い、吃りながらも魔法使いたちが言う。

掌を向けてくる。


「ユファぁっ!」


声がした。まだ、運が残っていた。


飛行の魔法を発動させているルーアと、抱えられたティアの姿。


放り捨てるように、ルーアがティアを手放す。


雪上を転がりながら、器用にティアは懐から短剣を抜いた。


片膝をついた状態で、魔法使いたちに投げ付ける。


一人は、地面を転がり回避した。


もう一人、脇腹を負傷した方の魔法使いが、力場を発生させて短剣を弾く。


「ジャック、逃げろ!」


力場を維持したまま、仲間の名前を叫び警告する。


腕を振り上げた、ルーア。


「ライトニング・ボール!」


飛行の魔法を解除した直後だ。

それほどの威力は出せないのだろう。


だが、光球は的確に身を起こしたばかりの魔法使い、ジャックの胸に着弾した。

もんどり打つジャック。


「ジャック!」


もう一人の魔法使いが、駆け寄ろうとする。


魔力の波動を、さらに感じた。

ルーアたちよりも向こう、鮮烈な魔力の波動。


緑色の頭髪。青白い肌。


「ヴァイン・レイ!」


遠く離れていても、その声ははっきりと鼓膜を震わせた。


光の奔流が、まるで地団駄しているかのように大地を揺るがし、荒れ狂い、突き進む。


ジャックに駆け寄ろうとしていた魔法使いを、呑み込み消し飛ばした。


「シーパル……?」


「ユファ、大丈夫!?」


ユファレートの側で膝をついたティアが、右肩の負傷の具合を確かめている。


「……大丈夫、平気……」


ぼんやりと呟きながら、ユファレートはその男を見ていた。


穏やかな表情で、向かってきている。


「シーパル……?」


「うん。眼を覚ましたの……」


ティアの声は、心なしか震えていた。


「シーパル……」


声が、届く距離。


「ご覧の通りです」


にこやかに微笑み、シーパルは腕を拡げてみせた。


「御心配をおかけしました、ユファレート」


眼を覚ました。

シーパルを目覚めさせるためだけに、ロデンゼラーからここまで来たのだ。


傷口に、シーパルが掌を翳す。


「キュア」


温かい魔力が、流れ込んでくる。


泣き出しそうになっていることに、ユファレートは気付いた。


シーパルは、ユファレートを庇って凶刃に倒れたのだ。


戦闘の緊張感がなければ、泣き出していただろう。


シーパルも、ユファレートの治療を続けながら、眼は敵の魔法使いジャックに向けていた。


ルーアが、徐々に詰め寄っている。


「アルベルトだけではなく、ガンジャメまで……」


ジャックが、焼け爛れた胸を押さえながら呻く。


「ほほう。ガンジャメというのか。まあ、どうでもいいけど」


ルーアは、剣を抜いていた。

切っ先は、しっかりとジャックに向いている。


圧倒的に優位な状況だが、油断はしていない。

軽率に飛び掛かったりもしない。

丁寧に、距離を詰めている。


ジャックとしては、どうしようもないだろう。


「あと一人、いたよな? そいつは、どこにいる?」


確かにルーアの言う通り、アルベルトを助けにきた魔法使いは、三人だった。


ジャックに、死んだガンジャメとアルベルト。

他に、もう一人いるはず。


「もう一人、か……」


ジャックが、苦痛に脂汗を浮かべながらも、嗤う。


「……なんだよ?」


「連絡した」


意思の疎通ができる、とアルベルトは言っていた。


ジャックにも、同じ能力があるのだろう。


「来るのは、もう一人ではないがな」


眼球を動かす。


「そら、来たぞ」


視線の先、窪地に茂った林の入り口。


赤く染まった大剣を掲げた、大男の姿があった。


◇◆◇◆◇◆◇◆


アルベルトが死んだ。ガンジャメも死んだ。


連絡を入れてきたジャックも、負傷したようだ。


だが、ザイアムが指定した場所にルーアが来た。


ユファレート・パーターを、まず誘導させたのだ。


釣られるように、ルーアも現れた。


ザイアムに声をかけようとした時、すでに彼はサミーの隣に立っていた。


「……申し訳ありません。ルーア以外にも、三人……。ですが……」


「よくやった」


労いの言葉に、余り感情は込められていない。


その鋭い眼差しは、崖の方向だけを見ている。


「四年ぶり、か……」


呟くと、ザイアムは『ダインスレイフ』を抜き払った。


柄から伸びた管が、太い腕に突き立つ。

剣身が、赤く輝いた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


「ストラーム……?」


遠くに見えるその大男の姿に、ルーアは呟いた。


逞しい身体。

太く、だがしなやかな手足。


ストラーム・レイルだった。

だが、ストラームではない。


あの老雄にしては、若々し過ぎる。


そして、不必要なまでに伸ばした黒い頭髪。


巨大な剣を、大男が振り下ろす。


「う……」


発生した剣圧が、轟音と共に、雪も地面も空気も払いのけながら向かってくる。


「うおわあっ!?」


悲鳴を上げながら、ルーアは逃げていた。


受けようとしたら、防御ごと押し潰され、圧殺される。


完全に回避できた。

掠りもしていない。


だが、衝撃にルーアは地面を転がっていた。


(この技は……!)


恐怖が、込み上げてくる。


大男が、また大剣を振り上げる。


「……!」


衝動的に、ルーアは腕を上げた。


「ヴァイン・レイ!」


光が膨張し、大男へと突き進む。

その巨躯が、光の中に消えて見えた。


シーパルも、掌を向けていた。


「ヴァイン・レイ!」


同じく光の奔流が、大男のいた辺りで破壊を引き起こす。


相手が只者ではないかと感じ取ったか、さらにユファレートも光の奔流を被せるように撃った。


大男がいた位置で巨大な光の柱が立ち、空は焦げ、大地が飴のように溶ける。


真夏のような灼熱の空気に、汗が滲んだ。


(まさか……まさか……)


勝利を確信した、シーパルとユファレートの表情。


ルーアだけが、体を震わせていた。


(あいつなのか!? なんであいつが……!?)


慌てて逃げ去っているジャックとやらなど、どうだっていい。


喰い入るように、ルーアは渦巻く光を見つめた。


(ザイアム、なのか……!?)


なぜ、あのトイレも風呂も面倒臭がる怠惰な男が、オースター孤児院の攻囲に加わっているのだ。


激震の余韻が過ぎ去り、光が晴れる。

全身の肌が、泡立った。


向かってくる。ザイアムが。

何事もなかったかのように。


「なっ!?」


絶句しながらも、シーパルやユファレートが掌を向ける。


「やめろ!」


ルーアは、叫んでいた。


「戦うな!」


その台詞に、特にユファレートが非難の眼差しを向けてくる。


真っ先に反撃をしたのは、ルーアだったからだろう。

恐怖に駆られての行動だった。


だが、無駄な行為なのだ。


通用しないのだ、ザイアムには。

なにもかもが。

魔力の浪費にしかならない。


(どうする……どうする!?)


ザイアムは、ゆっくりとした足取りで迫りつつある。


見られているというのを、強く感じる。


どうすれば、この状況から抜け出せるのか。


逃げるしかない。

飛行か瞬間移動の魔法で。


だがそれは、ザイアムを刺激することにならないか。


魔法を発動させる直前に、あの技が来るのではないか。


魔法を発動させられたとして、ティアはどうする。


魔法を使えないティアでは、自力では逃げられない。


他人ごと、瞬間移動の魔法で転移はできない。


抱えていては、飛行の魔法の移動速度は極端に落ちる。


戦うという選択は、論外だった。


絶対に戦ってはならない相手がいる。


ストラームがそうだし、ソフィアもそうだろう。


極め付きが、このザイアムだった。


ソフィアが、一対一で絶対に誰にも負けない存在ならば、ザイアムは相手が誰だろうと何人だろうと、必ず勝ってしまう存在だった。


(ザイアムだぞ……どうする……?)


そして、疑問。


(なんで俺は、ザイアムのことを忘れていた……?)


なぜか、ここ何年か思い出すことがなかった。


思い出しかけたことはあった。

いつだったか、ユファレートとの会話。


『ティア』について、聞かれたのだ。


ルーアは、答えた。

『ティア』は、昔、世話になった人の娘だと。


世話になった人というのが、ザイアムだった。


だがなぜか、その名前も姿も思い出すことはなかった。


そのことを、疑問にも思わなかった。


ダンテ・タクトロスの『影』に捕われた時、幻視の中のその姿に、名前を呼び掛けた。


だがそのことも、忘れていた。

ストラームに、置き換えていた。


「ルーア、どうするの!?」


ティアに呼び掛けられて、ルーアは我に返った。


束の間だろうが、疑問に没頭していた。


今はとにかく、事態を打破しなければ。


逃げるしかない。

だが、ティアもいるのに、どうやってザイアムから。


背後は、崖である。


(オースター孤児院まで、なんとか逃げて……)


だから、どうやって。


オースター孤児院。ティアの部屋。いくつも置かれた、ぬいぐるみ。床の、魔法陣。


長距離転移。


「……ユファレート……長距離転移の魔法、使えるだけの余力はあるか?」


長距離転移の魔法で、オースター孤児院に帰還する。


発動までの時間は、シーパルと稼ぐ。


二人掛かりなら、ザイアムの技を一度か二度は受け止められるかもしれない。


「長距離、転移……? うん、まだなんとか、使えると思うけど、でも……」


「……なんだよ?」


話しているだけでも、息が切れる。


その圧力に、ザイアムから眼が離せない。


「四人の転移だと、発動までに、十分以上掛かる……」


「十分……」


ザイアムの攻撃を、そんな途方もない間、受け止められる訳がない。


他に手はないのか。

手詰まりなのか。


ザイアムが、見ている。

ルーアを、見ている。


(そうか……)


ルーアは、気付いた。


(狙いは、俺なんだな……)


狙われたのがルーアだったから、誰も死なずに済んだ。


ザイアムの技を、ルーアは知っていたのだから。


狙われたのがティアだったならば、疲弊したユファレートだったならば、久しぶりの戦闘で勘が鈍っているであろうシーパルだったならば。


ザイアムを知らない他の三人が狙われていたら、犠牲が出ていた。


(ザイアムがまず狙っているのは、俺……)


そこで、ルーアはようやくザイアムから眼を離すことができた。


視線を移した先、ティアが、ユファレートが、シーパルがいる。


(……こいつらに、価値があるか?)


自分の命と引き換えにしても、助けるだけの価値が。


疑問が浮かんだ直後だっただろう。

苦笑していた。


(今更、だよな……)


独りの旅だったはずだ。

独りで、ランディを追うはずだった。


そして、独りでなんでも解決できると粋がり、死んでいただろう。


この三人、そしてテラントとデリフィスがいた。


六人だったから、いくつものとてつもない危機を乗り越えてこれた。


誰か一人が欠けていただけで、旅は終わっていただろう。


(今更だよな……)


「ユファレート」


「……なに?」


緊張した、ユファレートの横顔。


「三人だ」


「……え?」


「三人でいい。三人を長距離転移させるのに、何分が必要だ?」


「三人、なら……七、八分かな?」


「五分で頼む」


「待って、待ってよ、ルーア! まさか……」


ティアが、興奮気味に叫ぶ。

掴み掛かってきそうなティアを、ルーアは手で制した。


「あいつの狙いは、俺だ。五分は、俺が稼ぐ」


「ルーア……?」


「シーパル、二人を頼む。あいつの攻撃を防ぐことができるのは、お前だけだ」


「ルーア、待ってよ、まさか……」


尚も喰い下がってくるティアの肩を、ルーアは押した。


「お前は、シーパルから絶対に離れるな。くっついてろ」


顎に垂れた汗を、拭う。


「心配すんな。お前らが逃げた後、ちゃんと俺も逃げるからよ」


嘘をついているつもりはない。


ザイアムは、魔法が使えないのだ。

上手く飛行や瞬間移動の魔法を発動させられれば、逃げられる。


ルーアが嘘をついたら、ティアはわかるという。

それ以上は、言ってこなかった。


嘘をついているつもりはない。

ただ、自信はない。


「……頼むぞ、シーパル」


もう一度言って、ルーアは必要以上に剣の柄を握り締めた。


そうしないと、手が震えて剣を落としてしまいそうだった。


「さぁて……」


わざと口に出して、ルーアはティアたちから離れて斜めに歩き出した。


ザイアムが立ち止まり、眼球だけを動かす。

ルーアを見ていた。


体の向きも変え、また歩き出す。

ルーアの方向に。

やはり、ルーアのことを第一に狙っている。


吐きそうなほどの圧力に、顔が強張る。


「ルーン・エンチャント……!」


込められた魔力に、剣が淡く輝く。


こんな物で、ザイアムの剣を一度でも受けられるのだろうか。


(本当に、ザイアムなんだな……畜生……)


様々な記憶と感情が、去来する。

押し殺して、ルーアはザイアムに集中した。


ある程度ティアたちと距離が開いたところで、斜めではなく後方に下がった。


ザイアムとの間合いは、充分にある。

剣の間合いではない。


ならば注意すべきは、『ダインスレイフ』の能力である、飛ぶ斬撃。


ザイアムが、顔の向きを変えた。

ティアたちへと。


「……!」


まずい。三人を攻撃させる訳には。

後退する足を止めた。


一瞬だけ、ザイアムへの意識が途切れたのだと思う。


はっとした時、近くでザイアムは『ダインスレイフ』を無造作に振り上げていた。


雪溜まり、魔法で焼け崩れた地面。


全てを無視して、生身の肉体で、一瞬で距離を零にしていた。


やはり無造作に、ザイアムが『ダインスレイフ』を振り下ろす。


「……!」


後方に跳び退いてかわし、さらに後転して、ルーアは間合いを取った。


また、汗が吹き出る。


剣の間合いの外だったはずだ。


(くそっ……!)


速いだけなら、鋭いだけなら、他にもいる。

どんな達人と比べても、なにかザイアムの斬撃は違う。


剣ではなく、別の物を振っているのではないか。


迫力に、体が縮み込む。

心が、潰れそうになる。


(くそっ! 今ので、死んでんじゃねえかよ、俺は!)


ザイアムが本気になっていたら、『ダインスレイフ』の力を使っていたら、追撃をしていたら、その気になっていたら、今のでルーアは殺されていた。


「……随分、反応速度が上がったな」


ザイアムの声。

嫌になるくらい、昔のままだ。


喋るのも面倒臭いとでもいうような、気怠そうな声。


「……四年、経ったからな。ちっとは成長するさ……」


「……そうか。私のことを、覚えていたか。いや、思い出したか?」


「……」


ザイアムは、動かない。


ルーアは、ゆっくりと後退した。


ザイアムが、口を開く。


「……なぜ、私に立ち向かう?」


視線を、またティアたちに向けた。


「彼らのためか?」


『ダインスレイフ』の切っ先も、三人に向ける。


まずい。


「ル・ク……!」


腕を上げたところで、ザイアムの姿を見失った。


気付いた時には、懐に潜り込まれていた。


突き出したルーアの腕を、異様な握力で握り締めている。


視界が、上下反転した。

次の瞬間には、雪の上を転がっていた。


「自分の価値を自覚しろ、と私は言ったはずだ」


声。


間合いを取らなければ。

もっと距離を。


「全てを犠牲にしてでも、お前は生き延びろと言ったはずだ」


「くそっ!」


転がりながら、瞬間移動の魔法を発動させた。


無理矢理な発動である。

正確な転移先は、自分でもよくわからない。


ただ、ザイアムからは離れるように転移したはずだ。


転移先は、陰っていた。

なにかが、太陽光を遮っている。


なにが。


ザイアムの大きな掌。

顔を掴まれる。


(ありえねえだろっ!?)


魔力を感知できないはずなのに、ルーア自身も正確に定めていなかった転移先を読み、瞬間移動よりも早く先回りをしていた。


物理的に有り得ない。


魔法発動前に、動いていたのか。

それは勘か、洞察力か。


「かっ!?」


地面に叩き付けるように、投げ飛ばされていた。


体がばらばらになったのではないか、というような衝撃。


「勝ち目がない相手とは戦うな、と言ったはずだ」


「うる……せえよ……」


追撃は、ない。


雪に剣を立て、ルーアは立ち上がった。


「なぜ、私に立ち向かう? お前だけなら、逃げられたはずだ」


「うるせえって言ってんだ、ザイアム……」


わかっている。

この男に挑むことがどれだけ愚かなことか、誰よりもルーアがわかっている。


昔のままだった。

その理不尽なまでの絶対的な力で、敵を蹂躙し、なにもかもを破壊する。


逆に、その力で全てを守ることもできるはずだった。


「なんでだよ!?」


堪らない気持ちになり、ルーアは唾を飛ばしていた。


「なんであんたは、あの日に限って、いなかったんだ!?」


「……」


ザイアムの表情は静かで、感情は見えない。


「あんたなら、『ティア』を守ることができた!」


「……そうだな」


「あんたがいたら、『ティア』は死なずに済んだ!」


「……ああ、そうだな」


「あんたがいたら、『ティア』は、今でも……!」


「……今でも?」


ザイアムが、一瞥した。

ティアの方を。

その仕草に、心がざらつく。


「ふざっ……!」


「……その可能性を、全く考えなかったか?」


「ざけんなっ!」


叫びと同時に、ルーアは飛行の魔法を発動させていた。

後方へと飛ぶ。


ザイアムは、追ってこない。


充分な間合いが開いたところで、飛行の魔法を解除して着地した。


剣の先で、簡易的な魔法陣を描いていく。


「やってやる……!」


ユファレートとシーパルと協力しても、届かなかった。


それでも、やってやる。


まだ、未完成の魔法。

制御力上昇の魔法陣の上でも、三回に一回くらいしか、標的に向かわない。


描く魔法陣は、威力強化の魔法陣。


それでも、必ず真っ直ぐザイアムへと行く。


『ダインスレイフ』の防御を貫く。


全力で、魔力を引き出していく。

後のことなど、知ったことではない。

全力を、ぶつけてやる。


生まれた光が、膨れ上がっていく。


制御不能なまでの力が、暴発寸前なまでに荒々しく暴れている。

空間が軋み、悲鳴を上げている。


ルーアの、限界以上の力。

見据えるのは、ザイアムだけだ。


「ティルト・ヴ・レイド!」


光芒が、全てを蒸発させ突き進む。


発動させてしまえば、防ぎようがない絶対的な力。


快感にも近いものが、背筋を貫く。

束の間、彼は力に酔いしれていた。


光の向こう、見えないはずのザイアムの姿が見えたような気がした。


体を捩り、『ダインスレイフ』を構えている。

渾身の斬撃。


大地が割れる。

大気が裂ける。

光芒が、弾き返される。


(ンな馬鹿な……!)


余波に、ルーアはたたらを踏んだ。


直撃はしていないはずだ。

直撃していたら、ルーアの体はなくなっている。


衝撃で脳震盪を起こしかけたか、視野がぼやける。

足下が、定まらない。


足下が、暗い。

影だ。

ザイアムの影。


『ダインスレイフ』を振り上げている。


反射的に、魔力を込めた剣を向けた。


ザイアムが、『ダインスレイフ』を振り下ろす。


剣は、一瞬も持たずに砕けた。

それが、妙にゆっくりに見えた。


破片が飛び散るのも、ゆっくりに見える。


向かってきているような気がした。


音がした。鈍い。

頭の中から、聞こえた。


視界の左が、赤い。

顔に、眼球に、剣の破片が刺さったのか。


悲鳴を上げたのかもしれない。


半分になった視界で、ザイアムを見ていた。


頑強な肉体。

太い腕。

『ダインスレイフ』。

『ダインスレイフ』の切っ先。


なにかが、体に潜り込んでくる。


『ダインスレイフ』の切っ先を、見失っていた。


赤い剣身は見える。

ルーアの胸から生えているようだった。


節くれだったザイアムの指。太い腕。


そうか。切っ先は、背中の方か。


血が、口から溢れ出てくる。

『ダインスレイフ』に、胸を貫かれたのか。


ザイアム。表情は、変わらない。


(ザイアム、だもんなぁ……)


勝てるはずなど、なかった。

わかっていたことだ。


(ああ、やべえ……。馬鹿なこと、言ったな……)


ティアも、ティアの家族も守る。

俺たちの誰も、死なない。


あんな恥ずかしい台詞、なんで言ってしまったのか。


折れた剣を、捨てた。

腕を上げて、ザイアムの顔に向ける。


致命傷だろう。

もう、余計なことは考えるな。


残された、あと何秒かの時間。

それは全て、この男の足止めのために使え。


それが、ティアたちの助かる可能性を少しでも上げることになる。


暗くなった。

朝だったはずだ。


いつの間に、夜になったのか。


腕を上げていられなくなった。


闇の中に、彼はいた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


赤い大剣が、ルーアの胸を貫いているようにティアには見えた。


だが実際は、脇の下を掠めただけに決まっている。


この大男が、エスが言っていたザイアムなのだろう。


エスが警戒するだけあって、確かにとてつもない威圧感のある男である。


それでも、ルーアならなんとかしてくれる。

これまでも、誰が相手でもそうだった。


だから、胸を大剣で貫かれたりしているはずがない。


ルーアが腕を、おそらくはザイアムと思われる大男に向ける。


これまで苦戦していたようだが、反撃が始まろうとしている。


ルーアの腕が、力無く垂れ下がる。


大男はルーアから眼を離すと、ティアたちの方へと顔を向けた。


大剣を、振る。

刃に付着した血を、切るように。


すっぽ抜けるかのようにルーアの体が飛び、ティアたちの近くの地面に転がった。


「……ルー……」


ごろりと転がったルーアの左眼の辺りに、折れた剣の破片が突き刺さっている。


口の端からは血が垂れ流れ、胸からは、血が溢れ出ていた。

土と雪が、赤く汚れていく。


「……嘘でしょ……」


ルーアは、動かない。

本当に、ぴくりとも動かない。


「や……」


息苦しい。

肩の辺りに変に力が入っていて、痛い。


ルーアが強烈な魔法を放った時からだろうか、地面にへたり込んでいた。


ルーアの体。


上手く立ち上がれない。

這うように、ルーアに近付こうとした。


肩や足を掴まれる。

ユファレートと、シーパルだった。


「放……してよ……。早く治療しないと……ルーアが……」


ユファレートの額は、汗でびっしょりだった。


口からは、呻きともしゃっくりとも取れる音が漏れている。


「早く……本当に……本当にルーアが……」


痛みがあった。

シーパルに掴まれた、肩からだ。


厚い防寒着を爪で突き破るつもりではないかというくらいに、強い握力で掴まれている。


噛み締めた唇から、血が滲んでいた。


シーパルの眼は、ルーアのこともティアのことも見ていない。


ザイアムの方を、凝視している。


ザイアムが、大剣を上げた。


赤い剣身。

それを伝う、赤い血。


赤い大剣が、振り下ろされる。


発生した衝撃波が、大地を砕く。

鼓膜が破られるような轟音と共に、突き進んでくる。


シーパルが、両手を複雑に組み合わせ突き出した。


「ザイン・アーラー!」


シーパルの前が、なにかにより歪んで見えた。


魔力による、不可視の盾か鎧だろうか。

それが、幾重にも重なっている。


衝撃波が、シーパルの防御魔法とぶつかった。


大地が揺れる。

衝撃が、衝撃で飛ばされた土塊が、防御魔法を叩く。


巻き込まれたルーアの体が、浮かび上がる。


(あ……)


手を伸ばすが、全く届かない。


眼の高さを、ルーアの体が通っていった。

崖の方へと向かい、転落していく。


「嫌……」


崖。深く、暗く、底が見えない。

ルーアが、吸い込まれていく。


「ユファレート! 早く……!」


シーパルの、切羽詰まった苦悶の声。


防御壁の方から、堅固な物がすり潰されている音が響く。


「早く……長距離転移を……!」


「わかっているわよっ!」


珍しく声を荒げるユファレート。


その足下から積層型の魔法陣が拡がり、ティアやシーパルまで包み込む。


改良したという、長距離転移の魔法陣なのだろう。


上空へ放り投げられたような感覚があった。


それも、体から意識だけ引き剥がされ、強引に投げ飛ばされたかのような。


視界と意識が一瞬途切れ、叩き付けられたかのような負荷が体と意識に掛かる。


次の瞬間には、周囲の光景が変わっていた。


譲ってもらったり買ったりして、こつこつと集めたぬいぐるみたち。


最も見慣れた部屋。

ティアの部屋だった。


部屋の中央、座り込む床に描かれていた魔法陣が、淡く輝いている。


部屋には、パナがいた。

椅子から、転げ落ちかけている。


「……あんたら!? いきなり……ああ、魔法かい……。心臓に悪い……」


物音を聞き付けたのか、部屋の扉が開く。


「ティアちゃあ!?」


隣の部屋の、ミンミだった。


ミンミの頭の上から、帰っていたのか、テラントの顔も見える。


デリフィスもいた。

やっぱり無事だった。


シーパルも目覚めてくれた。


これでルーアが無事ならば、やっといつも通りだ。


「ルーア……を……」


腰が抜けている。

這って進もうとした。


シーパルに、また肩を掴まれる。


強力な魔法を使った影響か、シーパルもユファレートも激しく息を切らせていた。


「シーパル……放して……」


「ティア……」


「早く、助けに行かなきゃ……。ルーア、あんな高さから……」


「駄目です、ティア……」


「放してよ! 急がないと、本当にルーアが……」


「ティア!」


怒鳴られて、ティアは身を竦ませた。


「駄目です……。なんでルーアが独りで戦ったか、考えてください……」


「……」


よくわからないが、ティアは口を押さえていた。


体の震えが止まらない。

歯の根も、合わない。


急に、目眩を感じた。

意識が傾く。


床が迫ってきた。

倒れたのだと、ティアは気付いた。


(あたし……)


エスに、止められた。

それでも、ロウズの村に、孤児院に向かった。


だって、自分の家族が、危機なのだから。


みんなも来てくれると、どこかで期待していたのかもしれない。


そしてやっぱり、みんな付いてきてくれた。


(あたしの、せいだ……)


みんなを巻き込んで、そして。


(あたし……の、せいで……ルーア……)


呼び掛けられている。

ユファレートか、パナか、ミンミか。

シュアの声にも聞こえる。


意識が遠退くのを、ティアは感じた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


ザイアムは、足場を選びながら崖の縁へと向かった。


後ろから、駆けてくる者がいる。

サミーだろう。それは、振り返らずともわかった。


『ダインスレイフ』とルーアたちの魔法により、足下はすっかり脆くなっている。


ザイアムは、慎重に眼下の崖を覗き見た。


視力はかなり良い方だが、底は見えない。


地図によると、確か川が流れているはずだ。


その川は、ロウズの村の地下を通る。


(ルーア……)


大きくなった。対峙した時は、まずそう思った。


四年前と比べると、随分身長が伸びていた。


拗ねたような顔付きは、幼い頃のままだった。


戦闘技能は、眼を瞠るほどに上がっていた。


元々、センスがあるのはわかっていたが、なによりも師が良かったのだろう。


ランディ・ウェルズは優れた剣士だったというが、それ以上に、指導者として優秀だったのだろう。


これで、ストラーム・レイルなどが師でなかったならば、ルーアは驚異的な存在になっていたのかもしれない。


「ザイアム……」


背後から、怖ず怖ずといった感じで、サミーが声を掛けてくる。


ザイアムは、振り返らなかった。


「ルーアを、殺したのですか……?」


「……見ていなかったのか?」


「……あの男は、クロイツの計画において重要な存在にも成り得る者であり……」


「元々、死んでしまったら死んでしまったで構わない、という話だっただろう?」


「それは……そうですが……」


「それに」


ザイアムが肩越しにサミーを一瞥すると、彼は一歩後退した。


「クロイツの計画はいつも、いくつもの備えがあり幅がある。個人の死など、たいした影響はあるまい」


「……」


サミーは微かな疑念を抱いていると、ザイアムは気付いた。


ザイアムとルーアがどういう関係にあったか、知っているのだろう。


ルーアに危害を加えることはない、とでも思っていたのだろうか。


「サミー」


「……はい」


「あとは、お前に任せる」


「……は?」


「お前の判断で、好きなように指揮を執って構わん」


「ですが、それは……」


余り、自信がないのかもしれない。


サミーは研究員であり、戦闘員ではないのだ。


「私が、構わんと言っている」


「……わかりました。それでは、私の判断でやらせていただきます」


サミーは、クロイツの意向に添うようにするだろう。


それは、自分の判断といえるのだろうか。


そう思ったが、ザイアムは鷹揚に頷くだけにした。


サミーが去っても、ザイアムは崖下を見つめ続けた。


(綱渡りだな)


果たして、綱を渡りきるだけの力があるのかどうか。


(そこに、いるのだろう?)


あの女は、図抜けて聡い。

だからこそ、長年に渡りクロイツの眼から逃れ、ズィニアを出し抜くことができた。


リンダ・オースターが所持する『地図』についても、真の用途を調査済みだろう。


その欠点についても、把握しているはずだ。


(欠点というよりは、設定か……)


そして、ザイアムとルーアのことが、気になって仕方ないはずだ。


ならば今は、必ずこの崖の底にいる。


思惑通りのことをやってくれるだろうか。


ともあれ、一つの目的は達成した。


「あとは、クロイツの計画に、私が便乗できるかどうか、か……」


そのクロイツにも、聞かれてはいない。


それを確認してから、ザイアムは呟いた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


彼女がいる場所は、暗かった。

眼の前には、岩壁がそそり立っている。

背後は、半分以上が凍った川だった。


頭上の崖には、ザイアムとルーアがいるはずだ。


リンダ・オースターが持つ、『地図』を警戒していた。


あれが、ある高性能な古代兵器の一部分だと知る者は少ない。


そして、その古代兵器の使用方法を理解しているのは、解析したドラウ・パーターと、彼に教えを受けたリンダ・オースターだけだろう。


ドラウ・パーターは、さすがに老練だった。


記憶にプロテクトを掛け、クロイツにもエスにも探られないようにしている。


まさか、リンダ・オースターがあの兵器を使用するとも思えないが、用心するにしくはない。


だから彼女は、こういった崖下にいることが多かった。


この標高ならば、『地図』に彼女の存在が表示されることはない。


頭上では、戦闘が行われているようだ。

雪や土が、降り落ちてくる。


崖の途中まで差し込む陽光に照らされ、雪はなにか別の物にも見えた。


彼女は、見上げ続けた。

見落とす訳にはいかない。


雪でも土でもなく、もっと重たいものが落下してくる。


重力を中和させ、彼女はそれの落下速度を調整した。


途中で解除し、力場を発生させる。


力場を柔らかく拡げ、それを受け止める。


それは、長い赤毛の少年の遺体だった。


(……久しぶりね、レヴィスト君。もっとも、あなたはわたしのこと、覚えてはいなかったでしょうけど)


少年の顔の左半面には、折れた剣の破片が突き刺さっていた。

そして、胸を貫き通る傷。


どう考えても、致命傷だった。


魔法使いとしての腕には、自信がある。


魔法医として、各地を放浪していたこともある。


だが、死人を生き返らせることなどできない。


(ザイアムに、勝てる訳なんてないのに……)


それでも、挑んだというのか。


この少年こそがもしかしたら、彼女を『コミュニティ』の呪縛から、解き放つ存在だったかもしれないのに。

希望は、途絶えてしまった。


(でも、そうね……)


場所を変えたかった。

ここは、落ち着かない。


(せめてもの、役に立ってもらいましょうか)


少年の遺体を運ぶには、彼女は非力過ぎた。


少年の遺体を地面に下ろし、力場を解除する。


彼女は、岩壁の際へと移動した。

物質消失の魔法を用い、岩壁に穴を穿っていく。


人が一人暮らせるほどの空間を作り上げると、力場の魔法を駆使して、少年の遺体を運び込んだ。

地面に転がし、その横に座る。


(レヴィスト・ヴィール……今は、ルーアだったわね)


『ルインクロードの器』の、候補だった少年。


だが、彼女の存在により、候補からは外された。


彼女が、ハウザードの存在により、候補を外されたように。


そして少年は、別の形で『ルインクロード』となった。

『ルインクロード』と相対した。


「見させてもらうわよ。あなたの、記憶……」


少年の記憶を見れば、あるいは『ルインクロード』がなんなのか、正確に知ることができるかもしれない。


クロイツは、少年に少なからず執着を見せていた。


クロイツの計画を、挫けるかもしれないのだ。


意識を、少年の遺体に残る、残留思念と接続させる。


危険な行為だった。

死者と一体になる、ということである。


自分が生者だということを忘れてしまえば、そのまま死に取り込まれ、戻ることはできなくなる。


それを避けるには、自分が何者なのか、強く意識し続けることだ。


「わたしはマリアベル……マリィ・エセンツ……」


呟いて、彼女は意識を、少年の残留思念へと潜り込ませた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます