過去

大男に手を引かれ、少年は街の通りを歩いていた。


硬い掌である。

少年は、大男を見上げた。


人目が気になるのか、フードを深く被っている。


その体格のため、嫌でも大男は目立っていた。


恨めばいいのだろうか。少年は、考えた。


この大男は、両親を斬り殺した。

肉親を殺めた者を普通は恨むものだと、少年は知っていた。


だが、彼らは少年になにをしてきたか。


会うのは、ひと月に一、二回。


それも、苛立ちをぶつけてくるだけだった。


暴行を、それほど苦痛だとは、少年は思わなかった。


組織の中で生まれ育った彼は、他の子供たちと共に、毎日厳しい訓練を受けてきた。


両親からの暴行も、訓練の一環だと思えば、たいしたことではない。


恨めばいいのだろうか。


また、少年は大男を見上げた。

無骨な口の線が、動く。


「今日からお前は、私と一緒に暮らしてもらう」


大男は、真っ直ぐに前を見ていた。


少年も、釣られるように前に視線を送った。


余り、街を出歩くことなどなかった。

眼に映るもの全てが、真新しい。


「一緒に……?」


「私だけではなく、女の子もいるが」


「……」


「娘のようなものだ」


大男が、立ち止まった。


「正確には、従兄妹だ。だが、年齢が離れているせいで、あの子は私のことを父親扱いする。だから、娘のようなものだ」


微かに、顔をしかめていた。

その娘のような存在に対する、嫌悪感からではないだろう。


「……妻帯もしていないのに、娘とはな」


また、足を進める。


少年の歩幅に合わせてくれているのか、ゆっくりとした歩みだった。


「お前と、同い年だ。仲良くしてやって欲しい」


「……」


仲良く、という言葉の意味は知っている。


だが、実際にはどうすればいいのか。


他人と接することを、これまで余り求められなかった。


一緒に暮らしていくということは、家族のような存在となるのだろうか。


だが、両親と会話をすることも、ほとんどなかった。


「心配はするな」


少年の心情を、大男は見抜いたのかもしれない。


「あの子は、なんと言うか……」


視線が、いくらか惑う。

言葉を、捜しているようだ。


「……すごく、ぐいぐい来る」


しばしして、大男はそう言った。


「……」


なんとなく、大男の言い方がおかしいような気がする。


「……まあ、拒んでも近付いてくるということだ。そして、そこまで嫌な気分になることもないと思う」


「……」


「両親を、任務で亡くしたばかりだ。寂しいのだと思う。だから、仲良くしてやって欲しい」


「……」


そこで、会話は打ち切られた。


大男も、多弁という雰囲気ではない。

むしろ、喋るのも面倒臭い、という感じである。


黙々と、歩いていく。


やがて大男は、街の外れにある粗末な一軒家の前で言った。


「ここだ」


申し訳程度に設えてある門を押し、小さな庭を通り、古ぼけた玄関の扉を開く。


屋内になると、大男はフードを外した。

長く伸ばした黒髪が、顕わになる。


「おかえり!」


奥から声がして、女の子が飛び出してきた。

茶色の髪をした、女の子。


大男が言っていた、娘だろう。

同い年だということだったが、自分より年下に少年には見えた。


「……ああ、ただいま」


大男が、言った。

優しい言い方である。

それが、不思議な感じがした。


少女が、少年を見て小首を傾げる。


「お客さん?」


「……今日から、一緒に暮らすことになった。この子も、私たちの家族だ」


「ふぅん……」


少女が、円らな瞳で少年を見つめてくる。


なんとなく、視線から逃げるように、少年は顔を背けた。


「こんにちは!」


「……」


外は明るい。

だから、こんにちはで間違ってはいない。


初めて会ったばかりの、他人であるはずだ。


そんな存在を、今日から一緒に暮らす家族だと言われた。


少女に、警戒する様子はない。

それで逆に、少年は少女を警戒した。


「こんにちは!」


なるほど、すごくぐいぐい来る。


少年は口を動かした。

こんにちは、と言い返そうとしたが、上手く声が出ない。


人と話すことに慣れていないのである。

いや、他人に慣れていないのか。


「あなた、お名前は?」


「……」


少年は、口を噤んだ。

なぜか、名乗りたくないと思った。


代わりに、大男が言った。

面倒臭そうに。


「レヴィスト・ヴィールだ」


(……?)


一瞬、身が強張ってしまう。

理由は、わからない。


「レヴィ、ヴィ、ヴィ、ヴィ、ビビビビ……」


発音が難しいのか、少女は何度も『ヴィ』を口ずさんだ。


ジョッキを口に運ぶ仕草をする。


「ビール?」


「……いや、ヴィールだ」


大男が、面倒臭そうに訂正する。


「……なんか、言いにくい」


言われ、大男は困ったような表情をした。


「まあいいや、じゃあ、レヴィスト!」


体が、また強張る。

大きな声に驚いたからではない。


少女が、怪訝な表情をする。

だが、すぐに気を取り直したようだ。


「あなた、何歳?」


「……え?」


呟いて、少年は大男を見上げた。

自分の年齢が、はっきりわからない。

そこまで重要な数値ではない。


「……十一歳だ」


もそもそと、大男が言う。


「む」


少女が、一歩詰め寄ってきた。


「あたしね、九月二十八日生まれなの。あなたは?」


「……新暦七百二年九月二十六日生まれだったな」


もそもそと、大男。


「え? やだ」


なにが、嫌なのだろう。


「じゃあ、あたし、九月十八日生まれってことにする」


大男が、また困ったような顔をする。


「……変えられるものなのか?」


「変えられるの」


少女が、さらに近寄ってきた。


「弟が欲しかったの」


「……え?」


困惑しながら、呟く。

いきなり、なにを言ってくるのか。


「あなたは、あたしの弟だから」


「……え?」


「あたしのことは、『ティアお姉ちゃん』て呼べばいいから」


「……え?」


困惑してしまう。

初めて山岳訓練を受けた時の気分に、似ていた。


「えーっと……」


少女の瞳を見つめる。


にこにこと、満面の笑みを浮かべている少女。


なんとなくだが、ここで頷くと、今後主導権を握られる気がした。


「なんか……普通に嫌なんだけど」


「がぁぁぁぁん!」


別にショックでもなさそうだが。

大袈裟に、少女は頭を抱えた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


三人での生活が、始まった。


大男の名前は、ザイアムという。

少女の名前は、ティアという。


彼らと触れ合い会話をすると、おかしな感覚が全身を包み込む。


朝、眼を覚ますと、挨拶をされる。


食卓には、一人分ではない食事が並べられる。


対面にはザイアムが座り、隣にはティアが座る。


二人とも、それが当然だというような顔をしているのだ。


下手糞な男料理だが、不思議とまずくは感じない。


ティアが、色々と話し掛けてくる。


他愛もないことや、訳のわからないことを言ってくることが多い。


内容が、突拍子もなく二転三転する。

なぜか、苦痛ではない。


鬱陶しいとは感じた。

最初の数日だけだ。

それも、すぐに慣れてしまった。


掃除と洗濯は、ティアがする。


小さく古い家だが、こざっぱりとはしている。

少年の衣服も、清潔さが保たれている。

それも、不思議な感じがした。


午前中、ザイアムは余り動こうとはしない。


ナマケモノが、人の皮を被っているのではないか、と感じさせるほどだ。


唯一、食事の準備の時だけはてきぱきと動く。


なにかこだわりがあるのか、頑なにティアを台所に入れようとしない。

恐れ戦いているようでもある。


昼を過ぎると、ザイアムは庭に出て巨大な剣を振るう。


それを、少女と並んで眺めることが多かった。


きっとザイアムは、世界中の誰よりも強い。

少年は、そう思った。


なぜ、こんなにも力強いのだろう。


剣を振るたびに、切るのが面倒だからと放ったらかしになっている長い髪が、意思を持っているかのように舞う。


どうしたら、こんな強くなれるのだろう。


大きな体になったら、長く髪を伸ばせば、少しはザイアムに近付けるのだろうか。


生活が、日常が一変した。

いや、そんなことよりも、周りの人間が変わったことの方が、重要なのかもしれない。


教官、同じ訓練を受ける同年代の子供たち、親。


疑念、無関心、憎悪、苛立ち。

向けられてくる感情は、尖っていた。


ザイアムとティアからは、それを感じない。


ある日、いつものように庭で剣を振るザイアムに聞いた。


ティアは、トイレに行ったところで隣にはいない。


自分から話し掛けるということを、少年はできるようになっていた。


ザイアムとティアが相手なら、それができる。


「……なんで、あんたもティアも、俺のことを名前で呼ばない?」


「……」


ザイアムが、剣を止めた。


二人とも、名前で少年のことを呼ぼうとはしない。

『おい』、『お前』、『ねえねえ』、少年は、そんなふうに呼び掛けられる。


ザイアムは、無言になった。

上半身裸になっており、汗で濡れた筋肉質な肉体が、日の光で輝いていた。


しばらく風に当たってから、ザイアムは口を開いた。


「……お前は、名前で呼ばれると、怯える。違うか?」


「……」


どうなのだろう。

これまで少年の名前を呼ぶのは、必要以上に厳しい教官か、親だけだった。


「それを私に言ったのは、ティアだがな」


「ティアが?」


「あの子は、人をよく見ている」


「……」


剣を振り上げ、ザイアムは動きを止めた。


切っ先を庭に突き立て、少年を見遣る。


「名前を、呼ばれたいか?」


「……わからない」


正直に、少年は言った。


「……お前は、どうありたい?」


「……どうって……?」


ザイアムは、深い眼差しで少年を見つめている。


「……強くなりたい」


あんたみたいに。台詞の後半は呑み込む。


誰にも殴られないように。

自分の身を守れるように。

守りたいものを、守れるように。

ザイアムみたいに、強くなりたい。


「あ、サボってる」


手をハンカチで拭きながら、ティアが戻ってきた。

定位置である少年の隣に座る。


ザイアムは苦笑していた。

剣の先を上げかけ、ふと呟く。


「……ルーア」


「……?」


「お前の、新しい名前だ」


「……え?」


「七百年以上前に実在した、歴史上最初の魔法使い。最強最大の存在。その者の、無数にある呼び名の一つだ」


「……」


「元々は、ルーン・ユーザー。古代語で、神秘的なる力を扱う者、という意味になる。お前は、魔法使いの素養があるだろう?」


「ルーア……」


「嫌か?」


少年は、かぶりを振った。


「……別に、嫌じゃない」


「そうか」


ルーア。それが今日からの、たった今からの、少年の名前となる。


「なんかさぁ、ぱっとしないね」


あっけらかんと朗らかに、ティアが言った。


「あんまり強そうな響きじゃないし」


「……」


少年は、咳払いをした。


「ザイアム、あんたの名前は?」


「?」


ザイアムが、眉根を寄せて訝し気な表情を作る。


「名字は、なんだ?」


「家名は、ない。ただの、ザイアムだ」


「そっか」


ザイアムが、頭上に剣を振り上げる。


「……いや」


その姿勢で、彫刻のように動きを固めた。


「私の叔母に当たる人が、オースターという姓を名乗っていたな。だから、もしかしたら私は、ザイアム・オースターなのかもしれん」


「ふぅん……」


家族、ザイアムからは、そう言われた。

ティアには、弟扱いされる。

ザイアムは、父親ということになるのだろうか。


だとしたら。


(もしかしたら俺は、ルーア・オースターなのかもしれない)


ザイアムの剣が空気を割る音が、鼓膜を叩いた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


ザイアムは、時々いなくなる。

ほんの二、三時間くらいだけだ。


どこでなにをしているのか、語ろうとはしない。


ザイアムがいない間は、彼の部下らしい者たちが、家を守る。


顔ぶれは様々だが、共通して関わりたくないような雰囲気を醸し出している。


身の熟しからして、なんらかの訓練を受けてはいるだろう。


彼らと会話を交わしたことは、ほとんどない。


武器を打ち合わす音がした。

ザイアムがいない、昼下がりのことである。


ザイアムの部下らしい者は、門に三人、裏口に二人控えている。

音は、門の方からだった。


門の三人に襲い掛かる、武装した者たちが六人。


三人はなかなか奮戦しているようだが、いずれは力尽きるような気がした。


少年は、怯えるティアの手を取り、駆け出した。


手助けをしたくても、邪魔にしかならないだろう。


家に隠れるのも危険。

一刻も早く、逃げることだ。

恐怖に震えながら、裏口へと駆けた。


外に出て、少年は息を呑んだ。

裏口を守る二人の全身が、炎に包まれている。


右手に短剣、左手に杖を持った男がいた。

少年とティアの姿に、笑う。


杖は、真っ直ぐにこちらを向いている。


少年は、ティアを背後に突き飛ばした。


光が煌めく。

少年が発生させた魔力障壁を、激しく叩いた。


ザイアムは、まだ戻ってこないのか。

歯を喰い縛り、それだけを考えた。


明滅する視界の中、鋼の輝きが見えた。


左肩を、投げ付けられた短剣が掠める。


男が、杖を振り翳す。

今度は、炎が生まれた。


魔力障壁越しでも、熱波が伝わってくる。


反撃はできない。

魔力はともかく、大人と子供では体力が違い過ぎる。

堪えるしかない。


いきなり、衝撃波が横手から走ってきた。


男を揉みくちゃにしながら吹き飛ばし、少年を包もうとしていた炎も掻き消される。


視線の先には、『ダインスレイフ』を抜いたザイアム。

戻ってきた。


ザイアムの姿に、他の襲撃者たちは逃げ出したようだ。


それにしても、随分と派手な一撃だった。


ぽつんと建つ一軒家だが、離れた所にある他の民家まで衝撃波は届きかけていた。

地面は、深く削り取られている。


ここまでの威力を出さなくても、退けられただろう。


無駄を嫌うザイアムとしては、珍しいことである。


これだけの騒ぎを起こしたのだ、すぐに警察が来るだろう。


応対は、ザイアムや他の大人たちがしてくれるのだろうか。


ぼんやりと、少年はそんなことを考えていた。


余り表情のないザイアムが、焦りを見せていた。


ティアが、泣きじゃくっている。

血で、驚いたのかもしれない。

衣服の左肩に、赤い染みができていた。


たいした傷ではない。

簡単に、魔法で塞がった。


それでも、ティアは泣き止まない。


少年の袖を掴み、意味のない喚きを発している。


駆け寄ってきたザイアムが、まず左肩の傷の具合を看て、次いで少年の頬や脇腹、太股などを撫でるように叩いていく。


他に負傷した箇所がないか、確認しているようだ。


少年は、戸惑った。


ザイアムならば、左肩の傷が軽傷だと、遠目にもわかったはずだ。


立ち方一つ見るだけで、他に怪我がないこともわかっただろう。


ティアは、なぜそこまで泣くのか。

怖かったのだろうか。


ザイアムは、なぜそこまで焦るのか。

過剰に心配しすぎではないか。


(……心配?)


二人に心配されているのではないかと、ようやく少年は思い至った。


◇◆◇◆◇◆◇◆


三人の生活は、三年続いた。

終わりは、余りにも突然だった。


眠っていたところで、足音が聞こえ眼を覚ました。


ティアが、トイレにでも行っているのだろう。

それとも、喉でも渇いたか。


ザイアムの足音は、もっと重い。

もしくは、全く足音を立てない。


外が明るいと、少年は気付いた。

朝になったのだろうか。

朝日だろうか。


だが、廊下の方向は西だ。

太陽はいつも、東から昇る。


異常なまでに明るい。そして、熱い。


ティアの声。

廊下に飛び出した。

壁が、歪んでいる。


巨大な光の球が見えた。

それが、街にのしかかっている。


それから先のことは、よく覚えていない。


気が付くと少年は、ティアを抱きしめて座り込んでいた。


いや、ティアではなく、ティアだった別のなにか。


なにがあったのだろう。


木々も道も、無くなっていた。

融解した地面が、波打っている。


原形を留めている建物はない。

街が、原形を留めていないのか。

同一の方向に、薙ぎ倒されている。


空気が、熱く渦巻いている。

空が、赤かった。

熱波が、空の色をも変えていた。


なにがあったのだろう。

少年は、また考えた。


家は、なぜ無くなったのか。

ザイアムは。


世界が終わるのではないか、と思えた。


突如、眼の前に二人現れた。

物音一つなかった。


学者のような雰囲気の、痩せた中年の男。


もう一人。

その男は、全裸だった。

髪の色は、おそらく赤。


ほとんど、毛髪が残っていない。

頭の皮が、焼け爛れているのだ。


頭皮だけでなく、全身の肌が焼け爛れていた。


体中にある裂傷は、体の内側からなにかが出ていったようでもある。


無くなった体の部位も、いくつかあるようだ。


重傷どころではなく、明らかに致命傷だった。


それなのに、平然と男は生きている。


(なんだ……?)


恐怖が、込み上げる。


(……なんだこいつらは……!?)


『クロイツ。そして……』


少年の思考の中から、少年の眼で、彼女は男たちを見ていた。


『ボス……』


「驚いたな、クロイツ」


赤毛の男の方が、言った。


「貴様の言った通りだ。本当に、『ルインクロード』が発動している。さらに驚くべきことに、制御できている」


「人の想いとは、侮れんよ。時に、能力を激しく増減させる」


クロイツと呼ばれた学者のような雰囲気の男が、応える。


実験動物を見るような眼で、少年を見下ろしていた。


「素質はあった。能力もあった。きっかけは、そうだな……。おそらく、守りたいという想い。彼は、自己を守るという意識が希薄だった。だが、彼は学んだ。自分が、誰かの大切な存在になれることを」


冷たく見通すような眼差しで、少年と、少年の腕の中の少女だったものを見ている。


「教えてくれた彼女を、守りたかったのだろう」


「なかなかどうして、たいしたものではないか」


崩れた膝を付き、赤毛の男が少年と眼を合わせてくる。


「守れなかった。だが、まだ人の形はしている」


自然と、体が震えた。

歯の根が合わない。


これまでに感じた恐怖とは、隔たりがある。


触れてはならないものに触れている。

そう感じた。


眼の離せない恐怖。


(……絶対悪……)


『違うわ、レヴィスト君……』


少年の内側で、少年が『コミュニティ』のボスに受けた印象を、彼女は否定した。


『絶対悪なんて、そんなかわいいものじゃないの……。この人は……』


全ての人間を、人類を滅ぼしたいと憎み、同時に。


人類全てを、心から愛している。


「擬似的とはいえ、発動させた。制御もできている。実験は成功と言っていいな、クロイツ?」


「差し支えないね」


「私への実験は失敗に終わったが、さすがだな、クロイツよ」


「待ってくれ」


クロイツという男が、非難の意思を言葉に込める。


「その言い様ではまるで、私の失敗のようではないか。私は、止めたはずだよ」


赤毛の男は、崩れた唇で薄く笑みを浮かべている。


「君の『ルインクロード』は、極限だ。極限の上へは、至れない、と」


「実験は、失敗に終わった。体が、持たなかった。私は、間もなく死ぬ。だが、ハウザードならば……?」


「そうだな、ハウザードならば……あの、最高傑作ならば……」


クロイツの眼が、妖しく光る。


赤毛の男は、薄く笑みを浮かべたままだった。


「……さて、そろそろネクタス家の者の元へと、向かわねばならないが」


「ああ。君の体には、もう時間が残されていない」


「この体で、果たして相打ちに持ち込めるか……」


「問題ないさ。ネクタス家の力は、そういうものだ」


「ふむ」


赤毛の男が、立ち上がった。

その拍子に、骨盤の辺りからなにかが落ちる。


なぜ、そんな体で生きていられるのか。


少年は、ただ震えて男たちを見上げていた。


「行く前に、指示を出してくれないか?」


クロイツという男が、赤毛の男に言った。


「この少年、レヴィスト・ヴィールを、どうする?」


「……ふむ」


「処分するかね? 間もなくストラーム・レイルが現れるだろう。回収されては、厄介だ。もっとも、彼も破壊を選択するかもしれんがね。……ああ、彼を撃退しろなどと、愚かな命令は出さないでくれよ」


肩を竦める、クロイツ。


赤毛の男の視線は、少年の背後を向いていた。

東である。


ふと思い付いたように、赤毛の男が口を開いた。


「……ライア・ネクタスが生き残る。私だけが死ぬ」


「それは……」


クロイツが、絶句する。


赤毛の男は、淡々としたものだった。


「それは、システムを歪ませるということになるな?」


「……それは、危険だ。確かにシステムは歪むが、その歪み方は我々が不利となる」


「きっかけ一つ。そうだろう、クロイツ? あるいは、システム崩壊の序曲となるやもしれん。エスの慌てふためく様が、眼に浮かぶようではないか」


「危険だぞ……。ネクタス家の力が、どうなるか予測がつかん」


「この子供を、使う」


赤毛の男が、また膝を付いた。

壊れた手で、少年の頬を撫でる。


笑みを浮かべているようだ。

新しい玩具を前にした、子供のように。


「この子供の名前は、なんだったかな、クロイツ?」


「レヴィスト・ヴィールだ」


「……違う」


唸るように、少年は否定した。


「ルーア……」


「ん?」


「俺は、ルーアだ……」


「くっ……!」


赤毛の男が、喉を鳴らした。

顔の肌が、ぼろぼろと崩れ落ちる。


「誰が、その名を?」


「……」


「ザイアムか? そうか。あの男か。あいつめ。なんという皮肉を」


ザイアムのことを、知っているのか。

ザイアムは、どこへ行った。


「いいだろう。お前は、ルーアと名乗り続ければいい」


無遠慮に、少年の頭を、赤毛を撫でる。


嫌悪感に、押し潰されそうになる。


「さあ、ルーア。愛しい家族を奪った、私を殺してみようか。そして、その先にある、ライア・ネクタスも殺してみせろ。お前が、システムを根本から破壊するのだ」


◇◆◇◆◇◆◇◆


少年の残留思念の中に、彼女はいたはずだ。


少年の目線で、少年の過去を追体験していた。


それが、いきなり闇に放り込まれ、彼女は混乱した。


一面、黒の情景。


(……なに?)


なにが起きたのか。

なにが起きようとしているのか。


感じた。

彼女以外の何者かが、闇の中にいる。


息遣い。彼女を、見ている。

草地に身を潜め、捕食せんと獲物を狙う、獣のように。


形なき闇が、諸手を伸ばし彼女に掴み掛かってきた。


(取り込まれる……!)


彼女の存在を、喰らおうとしている。


力。

少年の記憶の中で、見たばかり。


(この力の性質は……!?)


『ルインクロード』。

四年前に、消失したのではなかったのか。


未だに、少年の中に存在していたのか。


『ルインクロード』の中に、また別の力を彼女は視た。


その力も、知っている。

『ダインスレイフ』だ。


宿主の体を破壊した力さえも、『ルインクロード』は貪欲に喰らおうとしている。


(助けて!)


取り込まれる。

圧倒的な力の前に、自己が失われる。


『ルインクロード』と一つとなり、全ては無と化す。


悲鳴を上げていた。

夫の名前を、呼んだかもしれない。


帰らないと。謝らないといけないことがあるのだ。


闇の中、光を見た。

取り込まれないためには、自己を強く認識すること。


(わたしは……帰らないといけないの!)


纏わり付く力を、引き剥がす。


『ルインクロード』がなにか、よくわかった。


知りたいことは知れた。

これ以上の長居は、無用だった。

そして、危険過ぎる。


自分の肉体に帰還するために、彼女は少年の闇を脱した。


◇◆◇◆◇◆◇◆


ティアが眼を開いた時、部屋の中は明るかった。


(あたし……)


自分の匂いが染み付いた、寝具。

部屋には、他に誰もいないようだ。


(なんで、泣いて……)


眼の周りが、少しひりひりする。

体の左側が、下になっていた。

眼から左耳まで、涙の跡があるのが感じられた。


適当に手を伸ばし、柔らかい物を掴む。


抱きしめたそれは、犬のぬいぐるみだった。


横になっていても、頭がくらくらする。

全身が、気怠い。


昨晩は、徹夜だった。

雪山を歩き回った。

それで、気を失って。


(あたし……)


声が漏れそうになった。


(あたし……ルーアを、死なせちゃった……)


考えてみれば、両親を失って以来になるのかもしれない。


オースター孤児院で暮らした、十数年。


新しい家族の誰も、欠けることなくやってきた。


ユファレートと旅に出て、みんなと出会って。


家族と同じくらい大切な仲間や友達が、五人もできた。


両親以来なのだ、死なれるのは。


「ルーア……」


呟く。

我慢しようと思っても、涙が溢れた。


せっかくシーパルを助けることができたのに。

それなのに。


疲れが、澱のように溜まっていた。


多分、意識を失っていたのは、一時間か二時間くらいだろう。


疲れきり、精神的ショックを受けたにしては、すぐに目覚めたと言っていいだろう。


それでいいのだ。

まだ、終わっていないのだから。


ゆっくり休んでいる暇なんて、ない。


みんなもきっと、なんとかしようと頭か体を働かせている。


気を失っている場合でも、泣いている場合でもない。


ルーアも、きっと。


生きていたら、なんとかしようと足掻いたはずだ。


誰かに死なれても、めそめそ泣いたりせず、戦ったはずだ。


ルーアが、身を犠牲にして、時間を稼いでくれたのだ。

泣いている暇なんてない。


(泣き止まなきゃ……)


それで、みんなの所へ行って。


「ごめんね……ルーア……」


あと五分だけ、待って。


部屋の外へは聞こえないように、ティアは泣いた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


敵の罠に嵌まったユファレートを、ルーアは助けに来てくれた。

そして、殺された。


ルーアが死んだのは、自分の責任なのではないのか。


思ったが、ユファレートは口には出さなかった。


テラントやデリフィスも、責めるような追及はしなかった。


涙は出ない。

それは、ユファレート以上にティアが取り乱したからだろう。


居間を借りていた。

オースター孤児院の子供たちは、別室に集められているようだ。

シュアたちが、それを纏めている。


ティアは、部屋で休ませている。

子供たちとティアの部屋を、パナやミンミが行ったり来たりしていた。


誰も、ユファレートを責めない。

今後どうするか、意見交換が建設的に行われた。


最初はリンダもいたが、ルーアが死んだことを聞くと、ふらりと居間を出ていった。


自室にでも、戻ったのだろう。


「とにかく、あの大男とは、戦うべきではありません」


長髪の大男の魔法剣による一撃を、正面から受け止めたシーパルが言った。


目覚めたシーパルに対して、テラントとデリフィスの反応は微かなものだった。


テラントは『よぉ』と呟くように言い、デリフィスは軽く片手を上げただけだった。


たったそれだけでも、なにか感じるものがあったのか、シーパルは深く頭を下げた。


これでルーアが生きていれば、と思う。


テラントもデリフィスも、動揺を見せようとはしない。


元々は、将軍と傭兵だった。

二人とも、人の死に慣れている。

だから、感情を出さない。


「すぐにでも、村から移動するべきです」


「だが、道は封鎖されているな」


デリフィスが、地図に眼を落とした。


リンダの所有する『地図』ではなく、ただの地図帳である。


「敵も、何十人と残っているしなぁ。子供たちを連れて突破ってのは……」


「それでも、行くべきです、テラント」


シーパルの口調は、強いものだった。


「子供たちに、犠牲が出るかもしれません。でも、すでに僕らから犠牲が出ているんですよ。冷たい言い方かもしれませんが、多少の犠牲は割り切るべきです。このままここにいても、全滅を待つだけだとしか思えない」


村からの脱出をシーパルが強く提案し、それにテラントとデリフィスが乗り気ではない、という状況だった。


二人は、あの大男と直接対峙していない。


脅威が伝わらないのか、まさか戦ってみたいとでも血が騒いでいるのか。


シーパルが眠っている間、『コミュニティ』の動きは納得いかないものが多かった。


その影響もあるのかもしれない。


裏を考えてしまうのだ。


これだけの戦力差があって、あれだけ強力な存在がいて、なぜ回りくどいことをするのか。


なかなか意見が纏まらない。


居間の扉が開いた。

寄り掛かるようにして入ってきたのは、ティアだった。


思わず、ユファレートは席を立っていた。


気を失って、まだ小一時間というところではないだろうか。


とても、精神的ショックから立ち直れたとは思えない。

ティアの顔色は、真っ青だった。


顔色が悪いのは、みんな同じだったが。


一晩中、雪山を歩き回った。


シーパルも、大男の一撃でかなり消耗している。


「ティア……まだ……」


「もう、平気だよ」


肩に置いた手を、ティアが掴み返す。

爪が喰い込み、痛いほどだった。


手が、震えている。

切ないほどに、震えている。


「せっかく、ルーアが時間を稼いでくれた訳だし、有効に使わないとね」


「……」


「それにさ……」


無理矢理な微笑みを、ティアは浮かべた。


「まだ、ルーアが死んだって決まった訳じゃないしね」


「……」


「ほら、崖に落ちて、死んだと見せ掛けて、でも実は生きてるとか、演劇とかでよくあるじゃない」


「ティア、もういいから……」


「だからさ、案外ルーアも、平気な顔して戻ってくるんじゃないかなぁって」


「もういいから!」


声を荒らげると、ティアは驚いた表情をした。


「ごめん、みんな……」


ティアの肩を押して、廊下に出た。

男性陣は、なにも言わない。


「なに、ユファ?」


答えず、ユファレートはティアを押し続けた。


抵抗はあったが、弱々しいものだった。


居間の近くにあるティアの部屋に、押し込む。

後ろ手で、扉を閉ざした。


ティアが、しがみついてきた。

引きずり倒されるように、ユファレートはティアと座った。


泣いている。


「ルーアね、守ってくれるって言ったのに……」


「……うん」


「誰も死なないって……」


「……うん」


「なんとかするって、言ったのに……」


「……」


「嘘つき……」


黙って、ユファレートはティアを抱きしめた。


なにもできない。

どう慰めればいいのか、わからない。


どうすれば、ティアの心を癒すことができるのか。


(わたしって、無力なんだ……)


ティアがいたから、旅を続けることができたのに。


ハウザードの真実を知り、眼の前が真っ暗になった時、立ち直らせてくれたのは、ティアだった。


たくさん、助けてもらってきたのに。


それなのに今、ティアのためになにもできない。


ユファレートは、ティアをただ抱きしめ続けた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


朝になって、ロンロの姿がないとわかった。


ミンミは、青冷めていた。

ロンロとミンミは、血の繋がりがある実の兄妹である。


他の子供たちも騒ぎ出したが、リンダが黙らせた。


リンダが黙れと言えば、子供たちはみんな黙る。


ロンロは無事だろうと、リンダは思っていた。


あの子は、自分の面倒は自分で見れる。


ティアや旅人たちには、ロンロの行方が知れないことは告げていない。


これ以上心労を増やすのは、酷というものだろう。


ストラームの弟子が、殺された。

ザイアムに、殺された。


ザイアムと対等に戦えるのは、ストラームだけだろう。


それでも、ストラームの弟子ならばあるいは、と考えていた。


だが、殺された。


ストラームは、切り札だったかもしれないカードを、あっさりと失った。


「切り札を、切らなきゃなのかもねえ……」


自室から見える空は、青かった。


長年この地に暮らしてきたが、稀にあるのだ。


冬の季節、毎日のように大量の雪が降る。


しかし、思い出したかのように、空が青くなる日がある。


ドラウ・パーターと最後に会ったのは、夏だった。

そして、良く晴れた日だった。


◇◆◇◆◇◆◇◆


ドラウ・パーターが、枯れ枝のように痩せた指で、『地図』に触れている。


手の甲にある染みは、しばらく前に見た時には、なかったものだ。

病が進行しているのだろう。

そして、はっきりと老いている。


リンダは、適当な岩に腰掛けていた。


地面には、『コミュニティ』の兵士の死体がいくつも転がっている。


リンダの拳で顎を砕かれた者もいれば、ドラウの魔法で肉を焼かれた者もいる。


オースター孤児院は、水面下で何度も襲撃をされてきた。


三日。

敵襲があると、リンダはまずそれを意識する。


東にあるドニック王国から、長距離転移や飛行の魔法を駆使して、二日掛けてドラウがやってくる。

魔力の回復に、一日掛ける。


だから、三日だった。

三日堪えれば、ドラウの援護が受けられる。


エスから連絡を受けているのか、ドラウは必ず助けに来てくれた。


「『地図』への登録が、終わったよ」


ドラウが、地図を見せてくれる。


キャリーという少女が、春先から家族の一員となった。


兎の耳のようなものが付いたフードを、夏場でも被り続けている少女である。


キャリーを示す孤児院にあった赤い点が、消えていた。


村には、他にも赤い点が三つ。

余所から来た、行商人かなにかだろう。


そして、『コミュニティ』の兵士たちを迎え撃ったこの平地にも、赤い点。

これは、ドラウを指している。


「さてと、用事も済んだし、僕は帰ろうかな」


膝の関節を鳴らしながら、ドラウが立ち上がる。


「もう帰るのかい? なんだったら、泊めてやっても……」


ドニック王国に戻っても、ドラウは一人だった。


妻は、大分昔に流行り病で亡くしている。


孫娘は、老いたドラウを残して、薄情にも旅立った。


息子の妻となった女性は、ドラウの孫娘を産んだ日に死んでいる。

元々、病弱な女性だったらしい。


息子は、中身を破壊され、別の人間が入り込んでいた。


「気を遣ってくれているのかい? 『鉄の女』も、随分と温かくなったものだ」


好々爺といった雰囲気のドラウが、少しからかうような口調で言う。


リンダは、そっぽを向いた。


「気持ちだけ貰っておくよ。ありがとう。でも、戻ることにするよ」


「あっそ」


「リンダ」


ドラウの口調が真面目なものに変わっていると気付いて、リンダは彼の顔へと眼をやった。


「ハウザードが、戻ってくる」


「……なんだって?」


「狙いはおそらく……いや、今それはいいか。ともかく、僕は君の援護ができなくなるだろう。一人で、子供たちを守れる自信があるかい?」


「ない」


「……正直は、美徳だよ」


即答すると、ドラウは微かに苦笑したようだった。


「ならば、教えておこうかな。『地図』の、本当の力を」


「本当の、力?」


ドラウは、抜けるような青空を見上げた。


「空の向こうに、なにがあるか知っているかい?」


「……いきなりポエム?」


「……ポエムを理解しないと、詩人に嫌われるよ。……いや、そうではなく」


ドラウが、今度は地面を杖で突く。


「旧人類の時代、ここはメルテナという国の首都だった。面影は、全く残っていないけどね」


「……だから?」


それくらいは、知っている。


「旧人類の文明が、どれほど進んでいたか……」


「まあ、巷にある魔法道具を見れば、多少は想像できるよ」


「科学」


「……うん?」


「魔法ではなく、科学だよ」


「……科学って」


「現代の科学と、同列に考えては駄目だよ。旧人類の科学は、魔法よりもずっと強大だった」


ドラウは、空を見上げたままだった。


「彼らは、科学により数多の道具を作製した。遠く離れた地に声を送り、鉄の塊を空に飛ばし、夜に光を満たした。彼らの科学を超えている魔法といえば、物質転送や瞬間移動、長距離転移、あとは、治療系の魔法くらいなものかな」


「……」


ティアからの手紙によれば、ドラウの孫娘であるユファレートに魔法や魔法道具の話をさせると、延々と口を動かすらしい。


きっと、祖父の影響だ。


「科学の発達に伴い、兵器も発達していった。ある程度の国になると、世界を何度も滅ぼせるほどの大量の兵器があったらしいよ」


「……ぶっそうだねえ」


「空の向こうに、なにがあるか知っているかい?」


さっきと同じ質問だった。

詩を吟じたい訳ではないだろう。


「……暗い空間が、無限に続いていると聞いたことがあるね。そして、とてつもなく遠くに、無数に星の光があると。確かそこを……」


「宇宙、という」


ドラウは空を見るのをやめ、頷いた。


「旧人類は、その宇宙さえも自分たちの領土としようとした」


「……そんな暗闇に、なにがあるのかねえ」


「ロマン、かな」


「……は?」


「未知への探求だよ」


「……はあ」


曖昧な相槌を、リンダは打った。


「最初は、探求心だったかもしれない。だが、やがて別の利用のされ方をし始めた。国家の上層部によってね」


「……」


「宇宙に打ち上げられた人工の物体から、彼らは地表を観察するようになった」


「……なんかさぁ」


呻き声のようなものが、漏れてしまう。


「大それたこと過ぎて、神様への冒涜に思えるね、あたしには」


「……そうかもしれないね」


ドラウが微笑を浮かべる。


「その精度は凄まじく、一人一人の顔や姿形まで判別できたらしいよ。それどころか、建物内部にいても、屋根や天井を通り抜けて観察することができた」


「プライベートもへったくれもないね」


「やがて科学は、物体の軍事利用も可能なほど、進化した」


「軍事、利用……」


穏やかな響きではない。


「宇宙にある物体から、人の脳を撃ち抜くことが可能なまでになった」


「……は?」


「旧人類が滅んだ今も、物体は稼動中だ。この地は、空の向こうから観察されている」


「ちょっと……」


「この地で暮らす者を、空の向こうの物体は解析し、識別している。九十二日以上、つまり三ヶ月以上留まっている者は、物体に登録が可能になり……」


「ちょっと待った!」


洒落にならないことを聞いているような気がする。


「じゃあなに? 登録されたあたしたちは、物体から攻撃されるってことかい?」


「逆だよ。物体は、メルテナの首都防衛のための設備だ。登録された住人ではなく、登録されていない外部からの侵入者を攻撃するためのね。『地図』は、物体へ接続するための端末の一つ。『地図』に表示される赤い点は、標的を表す」


「……」


「もし今、物体を攻撃に使用したら、登録されていない僕は、空の向こうから脳を貫かれる訳だ」


「なんかもう、話が凄すぎて……」


疲労を感じるほど、困惑している。


いつの間に立ち上がったのか。


また、岩に座り込む。

せめて、楽な姿勢でいたかった。


「そんなもん、破り捨てちまいな」


「見た目は紙切れでも、一応古代兵器だよ。形状を記憶しているから、折り曲げようと丸めようと、元の形に戻る。穴を空けても、塞がる。それにね、リンダ」


「なにさ?」


「力は、使い用だよ」


「軍事国家の言い分だ、そりゃ」


ドラウの顔の皺が、深くなった。

苦笑したのだ。


ストラームも老けたが、それ以上にドラウは老けた。


「そういう君だから、かな」


「うん?」


「大それたこと、と言ったね。破り捨てろ、と。そういう君だから、物体への接続方法を教えられる」


「教えなくていい」


「使え、と言っているのではないよ。子供たちを守るために、力は必要だろう? はったりに使うも良し。実際に使うも良し。君なら、使い時を誤りはしないだろうし」


「……」


「クロイツやエスに、攻撃操作法を知られることはないよ。例え、脳に侵入されたとしてもね。そうプロテクトを掛ける」


「はったり、ね……」


これまで、『コミュニティ』は戦力を小出しにしてきた。


もしくは、ザイアムのような強力な個を向けてくるか。


空の向こうからの攻撃で、大部隊を殲滅されることを警戒しているのだろう。


だから、半端な戦力を差し向ける。


あるいは、同じく『ダインスレイフ』という古代兵器で守られているザイアムを向かわせる。


はったりは、確かに有効だった。

ドラウが駆け付けてこれた、今日までは。


「まあ、君がどうしても聞きたくないというなら……」


「聞くだけ聞いといてやるよ。けど、絶対使わないから」


「それでいいと思う」


ドラウが、語っていく。

驚くほど、簡単な操作だった。


物体を意識した状態で、『地図』に触れる。


それだけで、物体に意識を接続できる。


すると頭の中に、楽器の鍵盤のようなものが思い浮かぶ。


いくつも配列されたそれを、順番通りに押すだけだった。


「……たったこれだけ?」


「それは、鍵となる語句を知ったから言えることだよ。知らない者には、ほぼ絶対に扱うことはできない」


「そういうもんですか」


ドラウが微笑む。


「そういうものだ」


この微笑みをもう見ることはない、リンダは理解していた。


「じゃあ、僕は行くよ」


「うん。これまでありがとね、ドラウ」


「どういたしまして」


微笑んだまま、小さく肩を竦める。


彼も当然、これが今生の別れだと理解しているだろう。


「君の健闘を祈るよ」


「あたしも、あんたの健闘を祈るよ。ユファレートちゃんが戻るまでは、負けるんじゃないよ。『コミュニティ』にも、病気にも」


「努力する」


女々しいことを、言う必要はない。


長年、共に戦ってきた。

離れた土地にあっても、一緒だった。


互いの弱さもみっともなさも、知り尽くしている。


痩せたドラウの後ろ姿が地平に消えるまで、リンダは見送った。


◇◆◇◆◇◆◇◆


(ドラウ、あんたはやっぱ、男だよ)


青い冬の空を見ながら、リンダは思う。


ドラウは、リンダという女をわかっていない。


絶望的な状況にあり、それでも望むものがある。


それは、我が子の安寧。


例え、なにと引き換えにしても。

例え、醜悪に汚れるとしても。


何度か『地図』に触れて、わかったこと。


本来は、もっと細かい操作ができるはずだった。


使い熟せば、『地図』の範囲内にいる特定の人物だけを撃ち抜く、ということも可能なようだった。


だが、ドラウの解析能力でも、物体の細かい操作法が判明しなかった。


できる攻撃操作は、範囲内にいる未登録の者を、一斉に撃つことだけ。


予想通り、『コミュニティ』の大規模な侵攻は、冬になってからだった。


『ヒロンの霊薬』を製造する工場に、近隣の街や村から人々が集まっている。


『地図』に、赤い点で表示される人々が。


空の向こうの物体を攻撃に起動させると、『コミュニティ』の構成員だけでなく、彼らまで死なせてしまう。


だが、彼らに犠牲になってもらえば。


そして、オースター孤児院を窮状から救うためにやってきた旅人たちに、犠牲になってもらえば。


この地にいる『コミュニティ』の部隊を、ザイアム以外は殲滅できるのだ。


包囲を解ければ、子供たちを逃がすことができる。


ザイアムは、この身で足止めすればいい。


泥塗れになり、命を捨てるだけで、子供たちを守れる。


安いものだと、リンダは思っていた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


自分の体に意識を戻しても、彼女はしばらく身動きを取ることができなかった。


『ルインクロード』に触れた。

理解した。


怒りが込み上げてくる。


(あんなものを『コミュニティ』は、わたしの体に埋め込もうとしたの?)


赤毛の少年は、それを知っているのだろうか。


ハウザードは、理解して、受け入れたのだろうか。


赤毛の少年にある『ルインクロード』は、滅んではいなかった。


ほとんどの力を失い、抜け殻のようになり、それでもまだ確かに存在していた。


『ダインスレイフ』の力さえも喰らい、かつての姿を取り戻そうとしている。


ティア・オースターの中にある一粒が、『ヴァトムの塔』の力を吸収したように。


赤毛の少年の左眼周辺に突き立っている、剣の破片を抜いていく。


魔法医として生きていた時期が、彼女にはある。


凄惨な傷など、見慣れていた。


深く傷付いた、赤毛の少年の体。

どう見ても致命傷。

死んだ肉体。


でも。


(あなたは、レヴィスト君の中の『ルインクロード』に、当然気付いていたのよね、ストラーム・レイル)


以前からの疑問が、一つ解けた。


彼女は、赤毛の少年をずっと見張っていた。


彼が、希望となるかもしれないと考えていたから。


彼の師であるストラーム・レイルは、赤毛の少年に激しい訓練を課した。


骨をへし折り、肉を焼き、内臓を潰した。


日に何十回と叩きのめし、同じ回数だけ赤毛の少年を癒した。


不可能なのだ、そんなことは。


魔法の力は、絶対ではない。


折れた骨を繋げても、当分まともに動かせない。


全身火だるまにされてしまえば、治療されても障害が残ることを覚悟しなければならない。


破裂した内臓の修復には、普通は数日掛かる。


だが、ストラーム・レイルは一日に何度も赤毛の少年の重傷を癒した。


ストラーム・レイルだから。

最高の魔法使いだから。

世界を救った英雄だから。

生ける伝説だから。

常人とは違う超人だから。


不可能を可能にしている。


彼女は、無理矢理そう思い込んでいた。


だが、おかしいのだ。


ストラーム・レイルは、人間なのだから。


人間の魔法以上の力を、扱える訳ではないのだから。


(あなたは、レヴィスト君の『ルインクロード』を理解していた。そして、利用していた)


宿主の死を拒むような、この絶大な再生能力を。


一粒を分け与えられた一人の少女が、息を吹き返したように。


死から生還したように。


(まだ……間に合う? 助かるの?)


まだ、繋がっているのだろうか。

赤毛の少年の命と、肉体は。


そして。


(ザイアム。あなたはどこまで計算していたの?)


あの男だけは、わからない。


癒しの力を、少年の体に、いや、少年の内側の存在に流し込んでいく。


彼女が出力した以上の魔力が、吸い取られていく。


存在を喰われているかのようだった。


傷口が、異様な速度で塞がっていく。


「あなたは、バカね……」


魔力を奪われながら、彼女は呟いた。


『ルインクロード』を理解した。

あれは、奇跡的な均衡により成り立つ力。


だが、少年は力を一粒分け与えた。


それにより、少女は人間とは少しだけ違う存在になってしまった。


少年は、苦悩することになるだろう。


だけどきっと、少女にとっては些細なことなのだ。


少年の『ルインクロード』は、一粒欠けている。


『ダインスレイフ』を喰らい、少年は『ルインクロード』の存在を自覚してしまうだろう。


おそらく、急速な勢いで『ルインクロード』は力を取り戻していく。

存在を、一粒欠けさせたままで。


奇跡的な均衡により、成り立っている力。

一粒分の欠けは、均衡を壊す。


そうなれば、少年はどうなるか。


「バカね……。そんなに、あの子を失いたくなかった?」


そんな愛され方で、女が喜ぶと思っているのだろうか。


男は、みんなそうだ。

勝手なことをして、女を苦しめる。


「わたしは、復讐なんて望んでいなかったのに……」


全部忘れてくれれば良かったのに。


ただ、平穏に暮らして欲しかったのに。


「……一番バカで勝手なのは、わたしね」


洞窟の中は、暗い。


自嘲的な呟きは、誰にも聞かれるはずがなかった。


◇◆◇◆◇◆◇◆


リンダは、懐に封筒を押し込み自室を出た。


子供たちを守るため、必要ならば、『地図』を使うことも躊躇うつもりはない。


だからといって、無闇やたらに旅人たちや無関係な人々を殺めるつもりはない。


可能ならば、『地図』の範囲外へ避難してもらう。


廊下に、ミンミとパナが神妙な顔付きで佇んでいた。


「どうしたんだい?」


聞くと、ミンミが自分のふっくらとした唇に、立てた人差し指を当てた。


ティアの部屋の前である。

扉の向こうから、嗚咽が聞こえた。


リンダは溜息をついた。

止めるミンミを無視して、ノックと同時に扉を開ける。


ユファレートが、顔を上げた。


その胸に額を押し付け、ティアは泣いている。


リンダは、ティアの頭を撫でた。

言葉は、陳腐なものしか見付からない。


慰めを口にはしなかった。

もう少し時間が経過してからだ、とリンダは思った。


ユファレートの小さな肩に、手を置く。


「ちょっといいかい? 話がある」


顎で廊下を差し、先に部屋を出る。


二言三言ティアに囁いてから、ユファレートが立ち上がる。


入れ替わりに、ミンミとパナがティアの部屋に入っていった。


廊下を、居間の方向に進む。


ユファレートは、リンダの斜め後方について来ていた。


「あの、話って……」


「ドラウのとこに、帰んな」


ドニック王国との国境に近い。

ドラウの元へは、徒歩で数日といったところだった。


「……御祖父様の所に? あの、でも、わたしは……」


「ハウザードは、ドニック王国にいる」


「……!?」


絶句する気配が、伝わってくる。


「詳しいことは、ドラウに聞くんだね」


リンダがそう言った頃には、居間の前に到着していた。


扉を押し開く。


ティアの仲間たち、テラントにデリフィス、シーパルだったか。

三人が、顔を向けてくる。


「あんたたちに、頼みがある」


歩きながら、単刀直入に言った。

急いでいると、強調するためだった。


急ぐことと焦ることは似ている。

そして、周囲の者に伝播する。

焦りは、思考力を鈍らせる。

嘘を見抜きづらくなるだろう。


『地図』を、テーブルに拡げた。


ロウズの村の北に、三十ほどの赤い点。


王都へと続く西の街道を封鎖する、四十ほどの赤い点。


三十の赤い点が、少し南西へ移動したか。


ティアたちが戻ってきてからの敵の動きは、それくらいのものだった。


「あんたら四人で、ここを突破してほしい」


リンダは、西の街道を指した。


「突破、ですか? 倒せ、ではなく。脱出口を作れということでしょうか?」


ずっと眠っていたシーパルが言った。


この男を助けるために、彼らはこの北の大地にまで遠路遥々やってきたのだ。


何ヶ月も眠り込み、そして目覚めて間もないはずだが、頭ははっきりしているようだった。

ただ、疲労は感じさせる。


「脱出口って意味もあるけど、あたしはあんたらに、王都に向かってほしいのさ」


街道をそのまま進めば、やがて王都へと行き着く。


リンダは、懐にしまっていた封筒を『地図』の隣に置いた。


「こいつを、城へ届けてほしい」


「これは?」


テラントが、手を伸ばす。


「救援を依頼する手紙さ。城の門番にでも、あたしやストラームの名前を出して渡してもらえば、必ず王にまで届く。あたしは、王とは面識があるから」


「救援ですか……。でも、あの大男は……」


自分の両の掌を、シーパルは見つめる。


「あの大男を、どうにかできるとは思えません……」


「どうにかできる。ザイアム、大男の名前ね。ザイアムの脅威は、ホルン政府も知っている。いざという時のための、対抗策も考えられている。魔法道具には、魔法道具さ」


「対抗策が……」


「ある。だから、一刻も早く王へ手紙を届けてほしいんだよ」


そしてリンダは、わざと表情を翳らせた。


「ほんとは、政府に借りを作りたくないんだけどね……」


声のトーンを落とす。


俯き加減になりながら、リンダは素早く旅人たちの表情を盗み見た。

誰も、リンダの言葉を疑ってはいないようだ。


「四人で四十人か。敵さんの実力に未知数な部分があるから、なんとも言えんが」


自信はある。テラントの顔は、そう語っていた。


隣の席のデリフィスが、腕組みを解き口を開いた。


「ここの守りは?」


「あたしだけでいい」


「だが」


「北の三十人に、動きがない。地の利がある。あたしだけでいい。それよりも、手紙だ。確実に、城まで届けておくれ」


旅人たちの顔を、一人一人見つめていく。


「あたしと王の関係を、『コミュニティ』も知っている。様々な妨害があるはずだ。厳しいことだけど、他に頼める奴もいない」


「……わかった」


代表するかのように、テラントが頷く。


「疲れてるところ、悪いね。できるだけ急ぎで、頼んだよ」


テラントという男は、金の頭髪からしてラグマ人だろう。


この辺りの気候は、堪えるはずだ。


デリフィスという男は、昨晩崖から転落し、山中をさ迷ったという。


そして、特に魔法使い二人だった。


今にも卒倒しそうな顔色をしている。


それでも彼らは、愚痴を零すこともなく立ち上がった。


誰も、嘘に気付いていない。

四人が居間を出るのを見送り、リンダはほっと息をついた。


全てが嘘。


王と面識など、ない。

リンダは、ただの村人でしかないのだから。


おそらく、リンダがストラームの仲間だったから、彼らは騙された。


世界的に有名なストラーム・レイルの知人ならば、王と面識があってもおかしくない、と感じたのだろう。


当然、手紙は王にまで届かない。


そもそも、手紙ですらない。

封筒の中身は、白紙である。


ザイアムへの対抗策など、ない。

ストラーム・レイルという対抗できる人間が、遠くリーザイ王国にいるだけである。


ともかく、彼ら四人を追い払うことには成功した。


あとは、無事街道の敵を突破してくれればいい。


王都へ向かえば、ロウズの村まで戻るのは数日掛かる。

『地図』の効果の範囲外となる。


彼らが戻ってくる前に、全てを終わらせる。


(あとは、パナって子と、工場の人たち……)


パナはヨゥロ族だった。

山と馴染み深い一族である。


四人が街道を突破すれば、敵に乱れが出る。


包囲が崩れてしまえば、この村からなんとか脱出できるだろう。


ヨゥロ族以上に、山中を速く移動できる者はいないのだから。


工場で働く人々は、どうするか。

『地図』の力を用いれば、彼らが死ぬ。


(どうするかねえ……)


脳を使うと、目眩を感じた。


もう何ヶ月も、『コミュニティ』の構成員たちと戦闘を繰り広げている。

疲れていると、自覚していた。


廊下に出て、シュアを呼んだ。

一時間後に起こすように、告げる。


少し休めば、脳の回りもよくなるだろう。


頭の芯に痺れを感じながら、リンダは自室へと向かった。


◇◆◇◆◇◆◇◆


浅い眠りの中で、昔の夢を見た。


鍛えた肉体。固めた拳。

リンダは、自分の強さを自覚していた。


ストラーム・レイルの旅についていける者が、他に何人いるだろう。


しかも、リンダは女である。

自分よりも強い女といえば、『コミュニティ』の最高幹部の一人、死神ソフィアくらいなものではないのか。


だが、リンダは自分の弱さも自覚していた。


どれだけ技を磨いても、どれだけ強さを求めても、ストラーム・レイルには届かない。


ずっと、彼の後ろだった。

肩を並べて戦うことはなかった。


簡単に勝てる相手に、ストラームが傷付くことがあった。

リンダを、庇ったためだ。


リンダが足を引っ張り、窮地に陥ったこともあった。


自分の弱さは、いつかストラームを殺す。


結局、ドラウ・パーターの代わりはできなかった。


別れを告げた。


それを受け入れようとしないストラームを、引っ叩いた。


追ってきたところで、また引っ叩いた。


勝手な女だと、自分でも思う。


独りの旅を、しばらく続けた。

目的もなく、ただ流れ歩いた。


ホルン王国の北部である。

山中にいくつかの村や集落があり、盗賊団に悩まされていた。


治安を守るべき兵士たちは、ドニック王国との国境を巡る争いに従事している。


村人たちに依頼され、いくつもの盗賊団を潰して回った。


感謝される。賛辞の言葉を浴びることができる。


村人たちの尊敬の眼差しが、気持ち良かった。


集落が襲われた。

四軒の家、十四人が暮らす、小さな集落である。


潰したはずの盗賊団に、生き残りがいた。


リンダに退治を依頼した集落に、復讐したのである。


ストラーム・レイルならば、復讐などさせなかっただろう。

根こそぎ殲滅したはずだ。


ドラウ・パーターならば、生き残りを見落とさない。

なんらかの対策も考えたはずだ。


あの二人のようには、なれない。


十三人が、殺された。

一人だけ、倒れた家具の下敷きになっているところを、見落とされていた。


まだ、三、四歳ほどの女の子である。


頭から、血が流れていた。

高熱もあった。

流行り病に罹っているようだ。


意識はなく、譫言で何度も母を呼んでいた。


止血すると、抱き抱えてリンダは駆けた。


村まで行けば、医者がいる。

『ヒロンの霊薬』も、きっとある。


冬である。


山の中を、走った。

雪の中を、三日三晩駆け抜けた。


腹が減ったら、木の皮をかじった。


喉の渇きを感じたら、雪を口に入れた。


不眠不休で走り続けるつもりだったが、いつの間にか眠っていた。

眠っている間も、歩いていた。


女の子は、意識のないまま母を呼び続けている。


村へ辿り着いた時は、深夜だった。


医者の家の扉を叩き、無理矢理起こした。


女の子は、冷たくなっていた。


なぜ。なぜ死んだ。

なぜ助けられなかった。


なにが、『鉄の女』だ。


足掻いて足掻いて、こんな小さな女の子を救うこともできないのか。


助けたかった。ただ、助けたかった。


冷たい体。

もう、眼が開くことはない。


助かっていたら、きっと、すぐに元気になって、すくすくと育って。


学校に通って、友達ができて。

普通に、恋などして。


大きくなっていって。

いつかは、働くようになって。


困難にぶつかり、挫折することもあるだろう。


だけど、きっと苦しみながらも乗り越えて。


いつかは、結婚して、子供もできて。


そんな当たり前の人生が、ささやかで在り来たりな生活が、何年も何十年も続くはずだった。


親を亡くした。

それは、大変なことなのだろう。


こうして知り合ったのも、なにかの縁だ。


自分が、後見人になってあげよう。

そして、見守ってあげよう。


そういえば、まだ名前も聞いていない。


女の子は、冷たかった。


頭に巻いた包帯代わりの衣服の切れ端には、乾いた血がこびりついている。


表情は、まるで母親に抱かれた赤子のように、穏やかだった。


◇◆◇◆◇◆◇◆


シュアが起こしに来る前に、リンダは眼を開いた。


(あたしは、二度と失わない……)


子供たちの誰も、殺させやしない。

天寿を全うさせる。

絶対に、守ってみせる。


そのためならば、この拳はいくらでも固くなる。


勝てない相手にも、勝ってみせる。


なんだって利用してやる。

いくら汚れても、どれだけ傷付いても構いはしない。


村の北に、あの集落はあった。

そこには、名前が刻まれていない墓がある。


◇◆◇◆◇◆◇◆


戻ってくるものがある。

これは、意識だろうか。


体の内側で、暴れ回っているものがある。

これは、痛みだろう。


身を引き裂くような痛み。

熱を以て苛む。


叫び声を上げていた。

実際に、叫び声になっているのか。


霞んだ視界。

左半分は、なにも見えない。


体は動かない。

動かせたならば、のたうち回っていただろう。


「落ち着いて」


声がした。


「大丈夫だから」


透き通るようで、それでいて強い意思も感じさせる声。

温かい力が流れ込んでくる。


「今は、眠って……」


痛みが、わずかに緩和される。

この言葉に、逆らう必要はない。


眼を閉じた。

暗闇の中、浮かぶ情景がある。


(あいつ、泣いてた……)


早く、戻ってやらないと。


嘘つき、と言っていた。


(嘘なんて、つかねえよ……)


お前、俺の嘘がわかるんだろうが。


そんな奴相手に、嘘なんてつくか。


なんとかすると言った。

言ってしまった。

だから、なんとかしてやらないと。


もう少しだけ、待ってろ。

少しの間だけだ。

今はまだ、起き上がれない。


待ってろ。

呟いて、ルーアは眠りについた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます