誰がための『コミュニティ』

俺に当たれ。そう思いながら、ルーアは走っていた。


引いたくじは、一番だった。

カルキン会館西の基地となる。


一人で大勢を相手にする時、もっとも勝率が高いのは誰か。


それは自分だと、ルーアは思っていた。


テラントやデリフィスと対等以上に戦える剣士は、そうはいないだろう。


シーパルやユファレートに肩を並べる魔法使いが、果たして何人いるのか。


彼らの戦闘能力は、ルーアと同等かそれ以上だろう。


だが彼らは、剣か魔法、いずれかに特化した、言わばスペシャリストだった。


一人で大勢を相手にするのに最も必要なのは、どんな状況だろうと戦える柔軟さと応用力だとルーアは思っていた。

つまり、戦闘の引き出しの多さ。


ルーアだけが、剣も魔法も使える。


「国王陛下の暗殺を企んでいる、という情報を得てな」


デリフィスとダネットが、顔を見合わせている。


色々おかしいのではないか。

疲れた脳でも、ルーアはすぐにそう思った。


国王の暗殺を企んでいるのならば、確実に軍や警察が動くだろう。


少なくとも、『坊っちゃま騎士団』よりは早く動く。


だが、軍や警察が聞き込みをしている姿を眼にしていない。


そして、『坊っちゃま騎士団』の連中は、なぜ動いているのか。


ルーアたちを雇った貴族は、ハオフサットの南に領土を持つ。


わざわざハオフサットに私兵を送ったりするものなのか。


国王暗殺計画が事実だとして、それを旅人たちに話すものなのだろうか。


「よく見てくれ。名前はアラン。家名は無い」


「いや、知りません」


テラントが、肩を竦める。


「『コミュニティ』という組織に所属していた」


宿の名を口にしてみる。


男たちは、顔を見合わせた。


「……近くに警察署がある。そこで聞いた方が確実だろう」


「……そうですね。そうします。そう言えば、途中でそれらしい建物を見た気もしますし」


会釈をして、ルーアは場を離れた。

男たちは、まともな応対だった。


(外れかよ……!)


次に向かうのは、同じくカルキン会館西の基地。


二番のくじを引いたのは、テラントだった。

ここからは、少し北となる。


ルーアは走り出した。


ここの基地を離れた途端に事が起きる可能性もあるが、そこまで考えると、少人数ではなにもできない。


予想外なことは、いつだって起こりえる。


外れた場合、どこを通り次へ向かうかは、事前に話し合われていた。


定められたルートを走っていく。

当たりである可能性は、五分の一。


前方から、向かってくる人影があった。

花火の光で、金髪が輝く。

テラントだった。


「……そっちも……外れか」


ルーアは、息を弾ませながら言った。


「西二箇所は外れか。次は、デリフィスの野郎のとこだな」


北西、三番の基地。


ここからは、さらに北となる。

少しばかり遠い。


「急ごう」


ルーアは、路面を蹴った。


「早目に馬車が見つかるといいがな」


テラントが横に並んで言った。


次が当たりである可能性は、四分の一。


夜の街を、二人で疾駆していった。


◇◆◇◆◇◆◇◆


担当となったのは、北西の基地。

遠方のため、馬車を拾いデリフィスは向かった。


地味に出費が痛いが、そんなことを気にしている場合ではない。


基地に、騒動が起きている様子はなかった。


入り口にいる軍人たちに話し掛けてみるが、まともである。


「外れ、か……」


呟き、頭の中で約束事を確認する。


次の目的地は、カルキン会館の北にある基地。


四番のくじを引いた、ユファレートが担当する基地だった。


一番から順に、ルーア、テラント、デリフィス、ユファレート、シーパル、ティアとなる。


当たりは、デリフィスにはこなかった。


あと五人。


最も引きが強いのは、あるいは、最も運が悪いのは誰だ。


デリフィスは、待たせてあった馬車へと向かった。


◇◆◇◆◇◆◇◆


カルキン会館までは、ティア、ユファレート、シーパル、キュイの四人で、同じ馬車に揺られた。


キュイだけはカルキン会館に残り、三人でそれぞれ、受け持ちの基地へと向かう。


ティアが引いた六番のくじに当たる基地には、サンたちの姿も敵の姿もなかった。


内心、ティアはほっとしていた。

敵がいても、正直なにもできなかっただろう。

それでも、じっとしていられない。


ルーアが心配してくれているのはわかるが、サンとエミリアが囚われているのだ。


次に向かう予定の場所は、西隣、シーパルが担当する基地だった。


ここからは、一人ではない。

危険は、かなり減る。


(ルーア……)


走りながら、ティアを蔑ろにしようとしたルーアの顔を思い浮かべた。

腹が立ったわけではない。


聞きそびれていることがあるのだ。


どうせ、まともな返答はしてくれないのだろうけど。


彼は、なぜこの街に来たのか。

本来の目的地、彼の故郷リーザイとは、まったく違う方角である。


(……今回の騒動が起きるのを、わかっていたとか)


考えにくいが、有り得ないことではない。


ルーアには、情報を司るエスが背後に付いている。


(……やっぱり、ハウザードさん?)


しばらく前に思ったことだった。


ルーアは、『コミュニティ』を敵にしていた。


ハウザードの近くには、『コミュニティ』のズィニア・スティマがいた。


今回の事にも、『コミュニティ』が関係している。


もし、もしも彼の目的が、ハウザードにあるのなら。


(……あたしは、どうすればいいんだろ? ……ユファ)


親友の顔も思い浮かべて、ティアは走り続けた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


右手には『拒絶の銀』。

左手には『インビジブル』。


腰の後ろの『蟲の女王』を抜く必要はなさそうだ。


ここは、ズターエ王国王都アスハレムにいくつも築かれた、軍事基地の一つ。


両の手に小剣の形をした魔法道具を携え、ズィニアは基地の中を闊歩していた。


向かってくる、ズターエの軍人たち。六人。

動きは悪くない。

よく、鍛えられている。


だが誰一人として、ズィニアと剣を合わせることすらできない。


ほとんど同時に、六人の首筋から血が噴き出た。


基地には、小隊が配置されていたようだが、隊長らしい者も分隊長らしき者も、すでに斬り捨てている。


指揮官を失った軍人たちは、秩序なくズィニアに立ち向かうか、逃走するかだ。


向かってくる者は、剣の錆となった。


逃げ出す者も、すぐに始末されているようだ。


基地の入り口は、すでに『コミュニティ』の兵士が封鎖している。


放たれた光線が、ズィニアの翳した『拒絶の銀』に消されていく。


魔法使いまで配置されていた。

なんの障害にもならないが。


ズィニアは、一度跳躍した。

薬物で極限まで強化された肉体が、背を見せた魔法使いまでの距離を、一瞬で零に変える。

首の後ろに、刃を叩き付けた。


顔を強張らせた男が、ズィニアに近付いてきた。


ズターエ王国の軍服を着ているが、一応は味方となる。


この基地に軍人として潜伏していた、トゥという。


ラシィ・マコルの、部下になるらしい。


軍人に成り済ますだけあって、逞しい体つきをしているが、魔法使いだということだった。


潜入工作や情報操作など、謀略を得意としているらしい。


この基地の周辺の通りには、住民の姿がなかった。


よくわからないが、トゥが手を回しているようだ。


交通規制でも敷かせているのだろう。


他にも、軍や警察の動きが緩慢になるよう、工作をしているという。


全て、この軍事基地を陥落させるためだった。


「あなたは、酷い方だ、ズィニア・スティマ……」


「んん?」


緊張しているのか、トゥの額にはびっしりと汗の玉ができていた。


「この基地を落とす。ただそれだけのために、私がどれだけ時間を掛けて工作し、どれだけ考え抜き策を練ったか……」


ズィニアは、トゥに笑いかけた。


「凡人の工夫も策も嘲笑うような、その絶対的な強さ……。お蔭で、兵士の損耗を避けられました」


協力して貰えるとは思っていなかったのだろう。


クロイツからは、頼まれたら力を貸してやれ、と言われていた。


実際に、昼過ぎに一度、ラシィからは依頼を受けている。


だがズィニアの事情により、結果としてそれは無下にしてしまった。


負い目があるわけではないが、少しは手伝ってやるか、というつもりになっていた。


トゥには、ただ気分が乗った、とだけ言ってある。


ズィニアは、『コミュニティ』では、傍若無人な気分屋で通っている。


トゥは、疑問に思わなかったようだ。


兵士が一人寄ってきた。

トゥに耳打ちする。


「接近してきた敵を発見。交戦中とのことです。サイラスやエランがいるので、大丈夫だとは思いますが」


聞いてもいないのに、報告してくる。


「ああ、いいぜ。行ってやれ。乗り掛かった船だ。ここは、俺が落としておく」


ズィニアは、基地の建物を見上げた。


頂上部は、鋭く尖った形状をしている。


そこに、『ジグリード・ハウル』はあるはずだった。


「間もなく、ラシィが到着します。私も、すぐに戻りますので」


『ジグリード・ハウル』の起動方法は、ラシィとトゥが知っているということだった。


「わかった。それまでには、ここも落ちているだろうよ」


「はい」


「ああ、そうだ、トゥ」


立ち去りかけたトゥを、ズィニアは呼び止めた。


「ハウザードも、動くってよ」


「……あの、ハウザードが」


「巻き込まれんように、気を付けるんだな」


トゥが、顔を引き攣らせる。

笑おうとはしているようだ。


トゥを見送り、ズィニアはまた基地を見上げた。

建物の中に、あと何人いるのか。


外の部隊を始末するのに、少し時間が掛かった。


部隊の秩序を取り戻しているかもしれない。

罠くらいは仕掛けているかもしれない。


せめて、あと百人はいろ。

それくらいいれば、少しは楽しめる、そうズィニアは思った。


◇◆◇◆◇◆◇◆


人通りがなくなったことで、予感はあったのだ。


(わたしが、当たりね……)


基地まで、真っ直ぐ続く通り。

背後には、他の建物よりも背が高い、カルキン会館の屋根が見える。


点された明かりで、軍事基地の全貌もわかるくらいの距離。


『コミュニティ』に道を阻まれた。


エランという、顎の尖った魔法使い。

兵士も、二十人はいた。


六分の一を引いたか。

幸運だとは、とても思えない。


(近いのは、シーパル……)


少なくとも彼が到着するまでは、一人で凌ぐしかない。


すでに基地は占拠されたのだろうか。

解放できるのか。


サンはこの先にいるのか。

奪還できるのか。


倒せるのか。

勝てるのか。

『ジグリード・ハウル』を起動させないよう、時間を稼げるのか。


無理だ、とユファレートは判断した。


エランだけが相手なら、勝てる自信はある。


だが、今は兵士に守られていた。

彼は、存分に魔法の力を奮うことができる。


接近してくる兵士をあしらいながらでは、その魔法を防げない。


接近されてしまっては、兵士の一人にも負けてしまう。


武器や体術というものを、ユファレートはほとんど遣えなかった。


元来、魔法使いとはそういうものだ。


ある程度の実力がある魔法使いのほとんどは、魔法の勉強と練習で、一日の時間を失う。


ルーアのように剣も魔法も一流というのは、はっきり言って異端だった。


誰かに守られていれば、その強力な魔法で、簡単に戦況をひっくり返せる。


一人になると、途端になにもできなくなる。


それが、魔法使いというものだった。


「ファイアー・ボール!」


火球を、エランに防がれないよう両者の間に着弾させる。


爆炎が上がると、ユファレートはすぐに踵を返した。


勝てないのならば、戦うべきではない。

助けがくるまでは、逃げる。


エランや兵士が追ってくる。


ユファレートは、適当に路地に入って行った。


いつまでも逃げられるとは思わない。


認めたくないが、周りのみんなはユファレートのことを方向音痴だと言う。


どこかで、道の選択を間違えてしまうはずだ。

元々、知らない土地である。


足が早いわけではない。

体力があるわけでもない。


飛行の魔法を使えば、エランに探知されてしまう。


そして、魔力の消費量が多いため、長時間使い続けられない。


女が、男たちに追われている。


その事実が、恐怖感を煽る。

絶対に、捕まるわけにはいかない。


ひたすら、ユファレートは足を動かし続けた。


エランと兵士たちは、執拗に追ってくる。


狭い道を選んでいたつもりだが、不意に視界が開けた。

広い建物が見える。


障害物が減ると、途端に兵士たちから短剣が飛んできた。

体の近くを掠める。


追い付かれる。


ユファレートは、建物へと向かった。


閉ざされている頑丈な扉。

かなり厚いように思える。


瞬間移動の魔法を発動させて、建物の内側に入り込んだ。


追いついて来ていた兵士たちが、扉を殴る音がするが、びくともしないようだ。


「ここ……なら……」


動悸を鎮めるように、ユファレートは胸を押さえた。


走り回ったせいで、呼吸が苦しい。


少しは、時間を稼げそうだ。

エランが魔法で破壊するまでは、扉は破られないだろう。


ユファレートは、魔法の明かりを発生させた。


「ここは……」


広い通路。受付のカウンター。貼り付けられた、何枚ものポスター。


(……劇場?)


ユファレートには、そう見えた。


建物の中の扉を開く。

段差がある客席が続いていた。

奥には、舞台が見える。


街の小さな多目的ホールというところだろうか。


外の扉が破壊される。


ユファレートは、客席の間の通路を走っていった。


兵士たちが、ホールへとなだれ込んでくる。


進む先は舞台。

逃げ道はあまりない。


ふと、ユファレートは足を止めた。


建物の中で逃げ道が限られているのは、敵も同じ。


天井を見上げた。


遠い。

だが、やってやれないこともない。


ドラウ・パーターやハウザードならば、できることだ。


兵士たちが迫る。


ユファレートは、瞬間移動を発動させた。


転移先は、天井まであと少しという空中だった。


そこまでが、ユファレートの限界転移距離。


重力に引っ張られて、落下が始まる。


ユファレートは、再度瞬間移動を発動させた。

今度の移動先は、天井の上。


夏の夜の空気が、下よりは少しだけ冷たいような気がする。


花火が弾ける音が、耳鳴りと相俟ってうるさい。


ユファレートは、両膝をついた。


(……さすがにちょっと……無理しすぎよね……)


視界が暗くなり、ぐらぐらと揺れる。


難易度の高い魔法の連発に、しばらくユファレートは動けなかった。


(あなたなら、わたしがなにをしたか、わかるわよね……?)


エランは、戦闘慣れしている感じだった。


判断力が良い。

退くべき時に、すぐ退く。


魔法は多彩で、微妙な実力だが短剣も扱う。

万能型、悪く言えば器用貧乏。


ルーアと少し似ているかもしれない。


様々なことができるエランなら、ユファレートがなにをしたかわかる。


ユファレートの狙いも。


(逃げる時間が、あなたたちにあるかしら?)


十数秒の休息の後、ユファレートは魔法を発動させた。


「ガン・ウェイブ!」


衝撃波が、ホールの屋根に亀裂を走らせる。


少し移動して場所を変えた。

その方が、思惑通りにいくような気がしたのだ。


「ガン・ウェイブ!」


衝撃波を、さらに屋根に叩き込む。


場所を変えて三度。


「ガン・ウェイブ!」


足場が崩れる。

宙に投げ出されるような感覚があった。

天井の崩落が始まる。


「フライト!」


飛行の魔法を発動させて、轟音と共に崩れていく景色を見下ろす。


崩壊が治まるまで待ってから、ユファレートはゆっくりと降下していった。

着地と同時に、額を押さえる。


(疲れた……)


短時間に魔法を乱発しすぎた。

目眩を感じる。


果たして、何人が逃げられたか。

何人が生き埋めとなったか。


視界が、はっきりとしてきた。


まず眼についたのは、向かってきている複数の兵士だった。


まだ、意識が少しぼんやりとしている。


反応が遅れた。


一人が、腕を振る。


短剣が、ユファレートの左肩に突き刺さっていた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


シーパルは追われていた。

受け持った基地にサンの姿はなく、隣の基地へ向かう途中である。


視界の中に四人の兵士。

視界の外に、十数人はいる気配があった。


包囲されつつあることを悟ったシーパルは、逃走を選んだ。


何人を相手にすることになるか、わからない。


ラシィやサイラスのように、危険な相手がいるかもしれない。


遠くから、地鳴りのようなものが響いた。

微かな魔力の波動。


(ユファレート……?)


こちらの基地の担当は、ユファレートだった。


距離があるため、魔力の波動を読み切れない。


シーパルは、そちらへ向かえるように、走る方向を変えた。


景色が変わった。

広い公園の中を突っ切ることになりそうだ。


森林公園ほどではないが、樹木が多い公園。


敷地内に、林があるようだ。


酒のビンを手に、ベンチに腰掛けている男二人の横を通り過ぎた。


少し汚れた格好をしている。

おそらく、ホームレスだろう。

花火を眺めていた。


「!」


シーパルは足を止めた。


遮る者たち。

兵士が二十人弱。

従えているのは、サイラスと体格の良い男。


(行動を、読まれていた……?)


「逃げてください!」


ホームレス二人に向かって言い、シーパルはサイラスたちに向き直った。


はっと気付き、またホームレス二人に眼をやる。


花火のお蔭で、充分ではないが明かりがある。


二人。妙に顔色が悪くなかったか。


ベンチ裏に生える木の根元に、なにかが隠すように転がっていた。

多分、衣服を剥ぎ取られた遺体。


気付いた時にはもう遅い。


シーパルは、酒ビンで側頭部を殴られていた。

土の上へと倒れ込む。


(なんて間抜けな……!)


ホームレスに扮した、『コミュニティ』の兵士。

こんな罠に引っ掛かるなんて。


横倒しになった体が動かない。痺れたような感覚がある。


顔を、どろりとした感触の血が通っていく。

動けるようになるには、少し時間が必要となりそうだ。


兵士が、短槍を蹴り飛ばし遠くへとやる。


それは構わない。


短槍はあくまでも、接近戦で補助的な意味がある程度の物でしかない。


武器は魔法である。


シーパルは、気絶した振りをした。


実際に、短い間気を失っていたかもしれない。


近付いてくる足音。声。


「姑息な策も、弄してみるものだな、トゥよ」


「姑息ではありますが、効果的だとも認めてくださいますよね、サイラスさん?」


「ふん……」


罠を張ったのは、サイラスではなく、トゥとか呼ばれた体格の良い男の方か。


シーパルは、薄目も開けなかった。


瞳が光を反射して、意識があるのがばれてしまう。


意識のない相手に、サイラスは危害を加えないような気がした。


「この者だが……」


「殺しましょう」


トゥ。即答だった。


「全身を拘束しようと、さるぐつわを噛まそうと、魔法使いは魔法を使える。人質には向きません」


「ふむ」


「私が、とどめを」


(まずい……!)


シーパルは、地形を思い浮かべた。


空間のどこになにがあるか、どこに誰がいるか、把握する能力には自信がある。


すぐ側には、二名。

近付いてくる、十九の足音。背中の方向からだ。

道の幅は。ベンチは。林は。


シーパルは、地面に突っ伏したまま、瞬間移動の魔法を発動させた。


草を踏む感触。新鮮な樹木の匂い。

目論見通り、林の近くである。


「あっちだ!」


トゥの早い指示。

魔力の波動を読んだのかもしれない。

だとしたら、魔法使いということになる。


なんとか、体は動く。

よろめきながら、シーパルは林の中へ入って行った。


木々に、短剣や矢が突き立つ。

火球が、背後で破裂する。


少し進んだところで、シーパルは転げ落ちた。


ちょっとした崖のようになっていた。


(まだ僕は、ついてる……)


土と血に塗れながらも、シーパルは自分にそう言い聞かせた。


近くに林があったのだ。

木々が障害物となり、飛び道具は意味を成さないだろう。


傷付いた体では、思うように移動できない。


敵も、夜の林をそう速くは移動できないだろう。


樹木に包まれた場所を、速度を落とさず移動できるのは、ヨゥロ族だけの技能と言っていい。


傷を魔法で癒しながら、シーパルは林を進んだ。


やはりトゥは魔法使いなのだろう。


魔力の波動を探知しているらしく、兵士へ追撃の指示を、細かく出している。


痛みを堪えながら、シーパルは意識を周囲に張り巡らせた。


どこに、木は生えているか。

どこに、岩が転がっているか。

兵士はどこに、何人いるか。


背後。八人がまとまって追ってきている。


シーパルは、手を向けた。


「……! 退け!」


トゥの指示。


林の中は、障害物が多い。

当然、攻撃をかわしにくい。


「ヴァイン・レイ!」


生まれた光の濁流が兵士八人を呑み込むのを、シーパルは感じていた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


左肩に、突き刺さった短剣。

痛みを感じる前に、ユファレートは杖を振り上げた。


「ファイアー・ボール!」


火球が、向かって来ていた兵士四人を巻き込み破裂する。


「はぁっ……!」


息を漏らし、ユファレートは膝を付いた。


痛みが、疲労が、力を奪っていく。

眼の焦点が合わない。


ほぼ全壊したホール。


包囲し近付いてくる兵士は、まだ十人近くいる。


ホールの天井に押し潰されたのは、半分にも満たなかったということか。

思ったよりも、倒せていない。


エランも無事だった。

この男の、退避の指示が早かったのだろう。


ユファレートの魔法を警戒しているのか、慎重な足取りだった。


まだ戦える。

ユファレートは杖を手に、立ち上がろうとした。


だが、痛みに顔をしかめ、また膝を付いてしまう。


体が震える。

汗が流れ出た。


呼吸をするたび、体からなにかが抜けていく、そんな感じだった。


エランが笑った。

身の危険を感じる笑い方。


勝利を確信したか、近付く歩き方が、大胆になっている。


魔力の波動を感じた。

飛行の魔法の、魔力の波動。


誰かが、ユファレートとエランの間に降り立つ。


「あな……たは……!」


エランが、驚愕に呻く。


(この魔力の波動……!)


ユファレートが、あまりによく知る魔力。


意識が、一気に覚醒する。

眼の焦点が、いきなりはっきりとした。


長く黒い髪。長身。

忘れることのできない横顔。

何度も何度も、夢の中で見た。


夢の中でさえ、想い恋い焦がれた。


濃い紫色のローブに身を包んでいた。


ドニック王国の、宮廷魔術師のローブだろうか。


祖父に与えられた、ユファレートと揃いのローブはどうしたのだろう。愛用の杖は。


二年ぶりに間近で見るその姿。

二年ぶりの再会。


きっと、わたしがピンチだからだ。


妹の危機に、颯爽と助けにきてくれた。


なんて、劇的な再会だろう。


「お兄ちゃん……」


花火と月明かりに照らされ。


ハウザードが、そこにいた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


「ギルズ・ダークネス!」


闇が、空間を侵食していく。

草木を、肉を、空気を腐敗させ、破壊していく。


また八人の気配が消えるのを、シーパルは感じていた。


高度な魔法の連発に、シーパルは木にもたれた。


トゥの放った魔法が、近くで破裂する。


視界が悪いためか、正確性をかなり欠いていた。


サイラスは、あまり前に出てきていない。


彼の体格と長大な槍が、迅速な移動を阻害しているのだろう。


(あと、五人……!)


ふらつく足で、林の中を進む。

あとどれくらいの時間、戦うことができるか。


近付いてくる気配が、一つ増えた。

反射的に、手を上げる。


女性や子供を思わせる、軽い足音。


「シーパル!」


「ティア!?」


ひょっこりと出てきた少女の姿に、シーパルは声を上げた。


カルキン会館北にある基地は、三箇所。


四、五、六のくじを引いたのは、それぞれユファレート、シーパル、ティアだった。


担当の基地に、異常がなかったのだろう。


シーパルが最初に向かった基地にも、サンはいなかった。


ティアは、シーパルにいくらか遅れて、ユファレート担当の基地へ向かっていたのか。


戦闘の音を聞き付けてきたのだろう。


「逃げるよ!」


短剣をサイラスに投げ付けてから、ティアは手を取ってきた。


サイラスが、槍で短剣を防ぐ。

やはり、周りの木が邪魔そうだ。


足が思うように動かない。

ティアに引きずられるように、林の中を走った。


華奢な体つきなためか、ティアの移動は速かった。


逆にトゥやサイラスは、その恵まれた体格のためか、走りにくそうだ。


しばらくの間、ティアに手を引かれ走った。


足が縺れ、転んでしまう。

傷が疼くように痛んだ。


ティアが小剣を抜いた。

シーパルを守るように立つ。


静かな林。

花火の音だけが響いている。


「……こない?」


ティアが、ぽつりと呟いた。


意識を、周囲に拡げる。

他に、人の気配を感じなかった。


「……来てませんね」


「……なんで?」


追い付かれていたら、殺されていた。


ティアがサイラスに勝てるとは思えないし、シーパルも今の状態では、トゥという魔法使いと戦えない。


「追い付けないと判断したか……いや、多分、僕らの命などどうでもいい、ということでしょう……」


彼らの目的は、基地の占拠、そして、サンと『ジグリード・ハウル』の確保にある。


追い付けるかどうかもわからない逃げる敵を、わざわざ追う必要はないということか。


占拠した基地を固め敵に備える方が、理に適っている。


「……もう、『ジグリード・ハウル』を放つ準備が、整いつつあるのかもしれません」


「そんな……サンが……!」


「……僕らだけじゃ、どうしようもないです」


ラシィがいる。

トゥやサイラスも戻っただろう。

エラン。兵士たち。


ズィニアもいる可能性がある。

あるいは、ハウザードも。


「……近くで、きっとユファレートも戦っています。まず、彼女と合流しましょう」


無理だと感じたら突っ込まない。仲間と合流する。

そういう取り決めがされていた。


先程遠くから聞こえた地鳴りは、もう聞こえない。


ユファレートの安否も気掛かりだ。


「……じゃあ、シーパルはユファをお願い……」


「……ティア?」


「あたし……は、先にサンのとこに行くから……」


「そんな無茶な! ……くっ!?」


立ち上がりかけ、痛みに頭を押さえる。


それでもシーパルは、残った手でティアの手首を掴んだ。


「……大丈夫。無茶は、しないからさ……様子を見るだけよ……」


意外なまでの力で、シーパルの手を引きはがす。


シーパルの握力が、それだけ低下しているというかもしれない。


青冷めたティアの表情。

唇は震えていた。


身を翻し、林の奥へと消えていく。


「ティア!」


手を伸ばし、シーパルは倒れた。


力が入らない。


「なんで、そんな……」


ティアの性格からして、傍観することなどできないだろう。

無謀だと理解している表情だった。

それでも、きっと無理をする。


(なんで……)


兄が心配、『ジグリード・ハウル』を止めるという使命感。

それはわかる。


だが、犬死にをしては、意味はない。


恐怖を感じていながら、死や危険を避けようとしない。

シーパルには、そう感じられた。


『ヴァトムの塔』では、テラントの盾になろうとしたらしい。


ヤンリの村でも、危険を承知で単独行動を取ったという。


そして今も。


(なんで、そんな無茶ばかりを……)


シーパルは、なんとか身を起こした。


ユファレートが、危険かもしれない。


ティアは、間違いなく危険だろう。


体は一つ。

どちらかを、後回しにしなくてはならない。


「ユファレートを……」


ティアは、仲間内で決めた約束事を破った。


だから、ユファレートよりも優先してはならない。


「くそぅ……」


納得できることではない。

ティアもユファレートも、どっちも大切な仲間だ。


それでも、どちらかを見捨てなければならないなら、決まりを破ったティアの方だ。


約束とは、きっとそういうものなのだ。


ティアについては、今は祈ることしかできない。


シーパルは、ユファレートを捜すために、先程地鳴りが聞こえてきた方向へと走り出した。


◇◆◇◆◇◆◇◆


「お兄ちゃ……」


「あとは、私に任せろ。お前たちは、基地へ戻れ」


(……え?)


久しぶりに聞いたハウザードの言葉は、それだった。

思考が止まるのを、感じる。


「間もなく、『ジグリード・ハウル』が発射されるぞ」


「……ですが、まだ基地すらも」


「ズィニアが協力している」


「ズィニア……さんが……! なるほど、それなら……」


なにを、二人は話しているのだろう。


なぜ、ハウザードは『コミュニティ』のメンバー相手に、指示を、命令を出しているのか。


「さあ、わかったら戻れ。この女は、私の方で始末をしておく」


(……え?)


今、なんと言った。


(……始末って……なに?)


エランと兵士たちが、立ち去っていく。


ハウザードと二人きりになった。


二年前と、ほとんど変わっていない。

ハウザードなのだ。

ユファレートにとっては兄同然の、ハウザードなのだ。


ハウザードが、ゆっくりと手を上げる。

優雅とも言っていい動き。


「なんで……?」


声が、掠れた。


「なんでお兄ちゃんが……『コミュニティ』のメンバーと……あんな話し方するの……?」


「わかるだろう、ユファ?」


以前と同じ呼び方。

ユファレートのことをユファと呼ぶのは、ティアとドラウ、そしてハウザードだけだ。


「私もまた、『コミュニティ』のメンバーだからだよ」


優し気ですらある言い方。


「嘘よ……」


痛い。

短剣が刺さった左肩の痛みなど、比にならない。


胸が、痛い。苦しい。


「……ああ、わかった! そういうことね!」


ようやくそれを悟り、ユファレートは表情を明るくした。


なぜ、すぐに理解してあげなかったのだろう。


わたしは、ハウザードの妹なのに。


ハウザードのことを、一番わかっているはずなのに。


「シーパルの従兄弟さんと同じなんだね。『コミュニティ』に潜入して……」


シーパルの従兄弟であるパウロ・ヨゥロは、『コミュニティ』に潜り込み、ヨゥロ族を滅ぼした者を捜していた。


ハウザードも、『コミュニティ』の内側から、なにかを調査しているのだろう。


ユファレートを助けるために、一芝居打ったわけだ。

始末する、などと言って。


ハウザードが、微笑んだ。

憐れむように。


掌の先に、魔力が、破壊の力が、炎が宿る。


膨張していく。


「お兄ちゃん……!?」


「ヴァル・エクスプロード」


「……!」


咄嗟に、瞬間移動の魔法を発動させていた。

視界が切り替わる。


疲労していたユファレートは、また膝を付いた。


視界に映るのは、大火球に吹き飛び崩れる、何軒もの家屋。


通りに、人通りはほとんどなかった。


だからきっと、この辺りに住民はいない。


ハウザードが、住民のことを巻き込むようなことをするはずがない。


炎の中で蠢いているのが、人であるはずがない。


悲鳴が聞こえた。


「……嘘よ……嘘よ、こんな……」


歯の根が合わない。

涙が零れていた。


「お兄ちゃん……」


ハウザードが、転移したユファレートの方に、体の向きを変えた。


「……『コミュニティ』って、酷い組織なんだよ……。わたし……これまでに何度も、たくさんの人たちが巻き込まれて、犠牲になるのを見てきた……」


また、手を上げる。


「……お兄ちゃん!」


今度は、光が生まれた。


「ヴァイン・レイ」


光の奔流が、地面を融解し、大気を蒸発させながら突き進んでくる。


逃げたら、またたくさんの人たちが死ぬ。


「……ルーン・シールド!」


魔力障壁を発生させていた。

光の奔流を受け止める。


「う……あ……!」


それでも、熱は伝わってくる。

杖が、崩れるようにへし折れた。

爪が剥がれ、肌が爛れていく。

袖口から、ローブが熔けていく。

腕の皮膚が裂けて、血が溢れ出た。


「ああっ!」


衝撃と圧力に、ユファレートは地面に叩き付けられていた。


光の奔流が、空間を灼き貫いていく。


なんとか、ぎりぎりのところで魔力障壁は破られていない。


ハウザードの魔法を、受け流す形になっていた。


また、何軒もの家屋が消し飛んでいく。


そして、一体何人が。


「貴様っ……! なにをやっている!?」


騒ぎを聞き付けたのか、警官隊がやってきた。


デリフィスの旧くからの友人だという、スキンヘッドの警官、ダネットもいた。

包帯を全身に巻いているようだ。


彼の言葉で、警官隊が動いたのかもしれない。


「おとなしくしろ! 抵抗をするな! さもなくば……」


隊長らしき警官が言った。


警官たちが、ハウザードに剣を向け、包囲の輪を作ろうと移動を開始する。


魔法使いが一人だけなら。

あるいは、警官たちはそう思ったかもしれない。


強力な魔法を使うためには、時間を要する。

消耗もする。

連発はできない。

前衛の援護が必要だった。


大勢で取り囲み、一斉に襲い掛かれば、優れた魔法使いであっても、どうしようもない。


ただの優れた魔法使いだったらだ。


ハウザードが手を翳す。


警官隊が、突撃する。


「やめて!」


ハウザードに向かって、ユファレートは叫んでいた。


ハウザードの腕が、振り下ろされる。


「フロウ・ズ・ガイアス」


地震が起きた。

地面が波打ち、岩が隆起し、警官たちを打っていく。


大地が裂けた。

地にできた顎に、警官たちが呑まれるように落下していく。


地震が収まった後は、街が、通りの様子が、視界が一変していた。


何十人といた警官隊も、ほぼ壊滅状態になっていた。


ダネットや隊長らしい警官、他数名だけが、なんとか無事である。


ハウザードが、その何人かに手を向けた。


「……待って!」


ユファレートは、彼らの前に瞬間移動した。


重大な火傷を負った両手を拡げる。


「やめて……もう、やめて……」


ハウザードが、ちょっと顔をしかめた。


そして、掌の先の魔力を変質させていく。


数人を殺めることができる簡単な魔法から、より強力な、破壊し尽くす魔法へ。


「フロスト・ブリング」


「……!」


冷気の刃が、風が、ユファレートの発生させた魔力障壁を叩いた。


周囲が凍てつき、氷の刃で裂かれ、極限まで冷却された物体が、砂のように崩れていく。


猛吹雪が、辺りを揺るがす。


「逃げ……逃げて……早く……!」


だが、魔力障壁を貫いて猛威を振るう冷気に、警官たちは地に伏していた。


急激な体温低下に、みなが体の自由を失っていた。


「くぅ……!」


冷気が、魔力障壁を破壊していく。


その修復と強化に、ユファレートの魔力は急速に奪われていった。


吹雪が収まった。

魔力障壁が崩れる。


霜を踏み締める足音がした。


「……なぜ、私を攻撃しなかった?」


ユファレートは、顔を上げた。


ハウザードが、冷たい眼差しで見下ろしている。


「警官隊へ魔法を放った時、束の間、私は無防備だった。お前なら、その時に私を撃つことができたはずだ」


「……攻撃?」


(……わたしが……お兄ちゃんを……?)


考えたこともない。


「……そんなこと……できない……」


「そうか……」


ハウザードが、失望するかのように溜息をついた。


「ならばやはりお前は、ドラウの元を離れるべきではなかった」


ハウザードが、掌を向ける。


嘘だ。

全部、悪い夢であってほしい。

全部冗談であってほしい。


激しい足音。


ハウザードが、手を翻した。

発生する魔力の力場。


そこへ、重く厚い剣が叩き付けられる。


ハウザードの体が、衝撃に少し揺れた。


駆け付けたのは、デリフィスだった。


「……よぉ……団長」


ダネットが、微かに呻いた。


「デリフィス・デュラムか……」


ハウザードが、その名を口にした。


「凄まじいな、君は。まるで、研ぎ澄まされた剣の、切っ先のような男だ。私の身体能力では、とてもかわせそうにない。こうして防ぐしかなかった」


そして、ハウザードは別の方向を見た。


「当然、私の足は止まる」


「フォトン・ブレイザー!」


シーパルの声。

光線が、力場を叩く。


だが、貫けない。

捩曲がり、拡散する。


シーパルは、ハウザードに接近した。


手には、解除の魔力。

それを、力場に打ち込む。


対象との距離が近ければ近いほど、魔法の威力は上がる。


距離計算が不要になる分、制御が楽になり、威力の増幅に意識が向けられるからだ。


剣と解除の魔法、左右から攻め立てられ、徐々に魔力の力場が崩れていく。


「私は今、この二人の相手で手一杯だ」


無防備。


ユファレートが攻囲に加われば、力場は崩れ去るだろう。


そして、デリフィスの剣がハウザードを貫く。


でも。


「できないよ……」


涙が溢れる。


「戻ってきてよ、お兄ちゃん……」


ユファレートは懇願した。


「……お兄ちゃんの部屋、そのままなの。わたし、毎日掃除したよ……。わたしが旅に出ても、御祖父様が毎日掃除してくれてるって……あの御祖父様が。 ……リビングのお兄ちゃんの席、空けてあるの。お兄ちゃん、冷え症だから、一番日当たりが良い場所……。他の誰も、座らない……」


声が震えた。体も震えた。心も、震えている。


「お兄ちゃんの居場所、ちゃんと残してあるの……。お願い、戻ってきて、お兄ちゃん……」


涙が止まらない。


ハウザードは跪き、ユファレートの頬に触れた。


「私の居場所か……」


冷たい手。こんなに冷たかったか。


「私はもう、自分の居場所に戻っている」


冷たい言葉。


「『コミュニティ』。それこそが、私の居場所だ」


「……嫌」


「お前やドラウと暮らす、ずっと前から、私は『コミュニティ』のメンバーだった」


「お兄ちゃん……」


「お兄ちゃん、か……」


ハウザードが、冷笑を浮かべた。


「そうだな。私は、お前の兄だった。兄を演じてきた。家族ごっこをしてきた。全て、ドラウの信用を得るため。彼の技術を、盗むため」


囁く。


「お前は、私に利用されていただけなんだよ。妹だと思ったことなんて、一度たりともなかった……」


「ふっ……うう……」


蝕んでいく。ハウザードの言葉が、心を。


「はあああっ! あああっ……!」


初めて聞く、シーパルの腹の底からの怒号。

出力が上がる。

魔力の力場が砕けた。


瞬間、ハウザードは別の魔法を発動させていた。


全方位に放たれた衝撃波が、三人の体を撃つ。


咄嗟に出しただけのため、威力はほとんどない。


すぐさまデリフィスが跳ね起きた。


剣を振るが、ハウザードの姿が消えて、虚しく宙を斬る。


瞬間移動。

ハウザードは、地震で屹立した瓦礫の上に立っていた。


シーパルが、手を向ける。

デリフィスが、剣先を向ける。


「『コミュニティ』を、酷い組織だと言ったな、ユファ?」


冷たく響く、ハウザードの声。


「そう思うなら、お前はやはり、私を殺しておくべきだった」


「……どういうことです?」


もう、声も出せない。


代わりに、シーパルが聞いた。


「私が、組織のボスとなるからさ。私に従い、組織はさらに、世に混沌をもたらす」


「……ボス? あなたが?」


「七百年前から、それは決まっていた」


「……七百年」


「そう。ヨゥロ族が存在し始めていた時からだよ、シーパル・ヨゥロ」


「……」


「『コミュニティ』という組織が、なぜあるか。それは……」


ハウザードは、空を仰いだ。


「私という存在を生み出すため。そのためだけに、『コミュニティ』はあったと言っても過言ではない。私のための、『コミュニティ』だ」


「なに言ってるの……? わかんないよ、お兄ちゃん……」


ようやく、声を出せた。


ハウザードが、背後を指す。軍事基地。

そこから、腕を回す。


指先は空を通り、そしてユファレートたちを指した。


ユファレートたちの背後には、各国の要人が集うカルキン会館。


「間もなく、『ジグリード・ハウル』が放たれるだろう」


ハウザードが、薄く笑った。


「その意味はわかるな? また、大勢が嘆き悲しみ、そして死ぬ。お前たちに、それを止められるか?」


魔法陣が展開された。

ハウザードの全身を、強力な魔力が包む。


長距離転移の魔法が発動されて、その姿が消えた。


シーパルが座り込む。

治療は済ませているようだが、顔は血で汚れていた。


デリフィスは、ハウザードがいた空間を睨みつけている。


いつの間にか、花火は終わっていた。


ただ自分の嗚咽だけを、ユファレートは聞いていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます