兄の横顔

ここアスハレムでは、メインストリートになるのかもしれない。


馬車が十数台は並べそうな、広い通り。


その中央を儀式の行列は通っているのだろうが、野次馬の人集りに遮られ、ユファレートたちにはまったく見えなかった。


今は、儀式の行列は動いていないようだ。


ここからは、馬で移動するらしい。

野次馬の会話で、それを知った。

馬のいななきが聞こえる。


「ねえ。全っ然見えないんだけど」


ティアが不平を口にする。


「シーパル、視力いいよね? どんな感じ?」


「透視できるわけではないので……」


「んー……」


ティアが、きょろきょろと辺りを見渡す。


ユファレートも、釣られて周囲に眼をやった。


街の中央にほど近い。

大きな建物が多いが、特に眼を引くものがある。


王宮と、その周辺にいくつもある、軍事基地となる無骨で巨大な建造物。


ティアが、威圧感のある軍事基地の一つを指差した。


「ねえユファ、あの上からなら、よく見えそうじゃない?」


「見る前に、確実に捕まるけどね……」


「さっさと取り壊せばいいんだ……」


サンが、いつもよりも低い声音で呟いた。


軍事基地は、外敵に備えるためにあるのではなく、市民の反乱を鎮圧するために設置されたものだった。


築かれたのは、前王の時代。

魔王とまで呼ばれた、暴君ミド・アラエル。


圧政により、いつ市民が反乱を起こしてもおかしくない状態だったという。


「市民へ向けての軍事基地なんて、ほんとズターエ王国の恥だよ。前王の人となりをよく顕している……」


「……サン?」


普段の爽やかさからは考えられない、はっきりとした嫌悪感を込めたサンの横顔。


ティアが顔を覗き込み声をかけると、彼は苦笑した。


「なんて、アスハレムの市民になったばかりの俺が憤ることでもないか……。しかも、前王の治世の時代に生きてないのに」


歓声が上がった。

儀式の参加者が、馬上の人となったのだ。


国旗が翻る。

きらびやかな衣装が、日を照り返し眼に眩しい。


八王国すべてから要人が集結しているだけあって、壮大な行列だった。


ラグマ王国などは、大陸最大の国力を誇示するかのように、三百人は参加しているようだ。


ユファレートは、自然と母国であるドニック王国の旗を捜した。


あった。

思わず、苦笑してしまう。


小国らしく、とでも言えばいいのか、行列の端にこぢんまりとしていた。


十人ほどだろうか。

遅れて、一人が馬に跨がる。


「え……?」


すべてが、凍りついたような気がした。

時間さえも。


あれだけ野次馬で騒がしかったはずなのに、静寂の中に放り込まれたようだった。


取り落とした杖が路面に跳ねて転がる音だけが、妙に脳の中に響く。


馬に跨がった男の、その横顔。

長い黒髪。

優しくて、でも精悍な顔。


四百メートルは離れている。


(でも、わたしが見間違えるはずないよね……)


ずっと、恋い焦がれていたのだ。

夢の中でさえも。


「お兄ちゃん……」


「え?」


呆然としながら呟くと、杖を拾ってくれたティアが呟き返した。


ユファレートは、走り出しかけて、前にいた人にぶつかった。


野次馬が多過ぎる。

ユファレートは、強引に掻き分けて、前に出ようとした。


腕を、シーパルに掴まれる。


「離して……」


「駄目……です。ユファレート……」


シーパルの声はかすれていた。


「離してよ! お兄ちゃんがそこにいるの!」


「えっ……? ハウザードさんが!?」


ティアが、眼を細める。


「だから……行かないと」


「彼がいます!」


珍しいシーパルの怒鳴り声。

焦燥が伝わってくる。


「わからないんですか!? ズィニア・スティマがいる!」


ヨゥロ族特有の青白い肌。

それが、いつもよりも青冷めている。


ハウザードの隣に、確かに小柄な人影が見える。


ユファレートには、それがズィニアだと断定できなかった。


「これ以上近付くのはまずい! いえ、きっともう気付かれている! ここは危険だ……離れますよ!」


「でも、お兄ちゃんが!」


シーパルが、歯噛みをするのがわかる。


「ティア! サン! 移動します! 手伝ってください!」


「え!? え!?」


「早く! このままだとみんな殺されます!」


「う……うん。……ユファ、行こう」


「でも……!」


シーパルに、力強く引っ張られる。


ユファレートを引きずるようにして、彼は走り出した。

ティアとサンも続く。


シーパルは、とにかく人が少ない道を選んでいるようだ。


しばらく走り続け、人目のない路地裏で、ようやく息をついた。


「なあ……一体どういう……?」


事情を知らないサンが、息を切らせながら聞いてくる。


シーパルは、険しい顔を隠すように額を押さえた。


「待ってください……。僕もちょっと混乱しています。確実なのは、僕らが今、とても危険だということ」


「危険?」


「罠にかかっているも同然かもしれない」


ユファレートには、会話をしっかりと聞く余裕がなかった。


頭は、ハウザードのことで一杯になっている。


「シーパル。これからどうするの?」


ティアが聞いた。


「とりあえず、宿に戻りましょう。僕らだけでは危険だ。サン、道はわかりますか?」


土地勘のあるサンが、狭い路地裏の前後を見比べて、顔を引き攣らせた。


「これも……罠なのかな?」


挟み込むように駆け寄ってくる、十五人ほどの男たち。

みんな、緑色の制服姿だった。

ズターエ王国の、警官の制服である。


全員、武器を手にしていた。

帽子の下の顔の肌が、ぼろぼろに崩れている。


「サン、初めに言っておきますが、彼らは警官ではありません。人間ですらない」


警官ではない。

警官の格好をした、『コミュニティ』の兵士。


シーパルは、腕を振り上げた。


「ライトニング・ボール!」


光球が、兵士の体で弾ける。


「ユファレート!」


シーパルに怒鳴られ、ユファレートははっと我に返った。


今、襲われているのだ。

ハウザードのことばかり考えている場合ではない。


ティアから受け取った杖を、シーパルが光球を放った、敵が手薄な方へと向ける。


「ライトニング・ボルト!」


杖の先から電撃が伸び、兵士二人を焦がす。


「突破しますよ!」


魔法を放った方へ、シーパルが先頭になり走り出す。


背後から迫っていた兵士の剣を、ティアが小剣で受け止めた。

手首、そして顔を斬り付ける。


「フォトン・ブレイザー!」


シーパルが放った光線が、二人を貫く。


なんとかかわした兵士を、ユファレートは杖で差した。


「ル・ク・ウィスプ!」


無数の光弾が、兵士の体と路地裏の壁に穴を穿っていく。


連続の魔法に怯んだ兵士の間を、四人で駆け抜けた。

路地裏を出る。


大勢の住民たちの姿。

人々の隙間を、縫うように走っていった。


背後からは、追い掛けてくる警官姿の兵士。


「警官が殺されているぞ!」


住民から、悲鳴が上がる。

あるいは、さくらかもしれないが。


普通の人間だとは思えないほど、くぐもった声だった。


(……そういうこと)


追撃は、厳しくなかった。


あっさりと撒き、古い建物の中に身を隠す。


潰れた喫茶店というところだろう、住民の姿はない。


「これが目的ですか……やられましたね……」


シーパルが、唇を噛む。


住民たちには、警官を殺害し、逃亡した旅人たち、と映っただろう。


どの国の軍や警察にも、『コミュニティ』の手の者がいるらしい。


これで、『コミュニティ』と警察組織両方から追われることになる。


サンが、埃だらけの椅子を引いて、座り込んだ。


「えっと……どういうことなんだろう? 警官の格好をしていたけど……」


「あ……サン……えっと……」


ティアが、弁解するために口を開く。


脳を必死で回転させているのが、ユファレートにはわかった。


「えっと……説明は難しいんだけど、あの人たちは警官じゃなくて……ある組織の人たちなの」


「……組織?」


「すごく悪い組織なんだと思う。あたしも、よくわかんないんだけど……でも、これまでにも沢山の人たちが巻き込まれて犠牲になった。ヴァトムでも、ヤンリって村でも」


「……」


「あたしたちは、ずっと関わって、戦ってきたから。信じられないかもしれないけど……」


「……いや、ティアの言うことなら信じられるさ……。なにかとてつもない事情があるのも、想像はできる。でも、ちょっと気持ちを整理させてくれ……」


椅子の上で、頭を抱えるようにしている。


無理もない。


いきなり、剣を抜いた警官に追いかけ回されたのだ。


普通の生活を送っている人には、刺激が強すぎるだろう。


「シーパル、これからどうしようか?」


「そうですね、とりあえず……」


「わたしは!」


ティアとシーパルの会話に、ユファレートは割り込んだ。


「お兄ちゃんのところ、行かないと……」


「ユファ……」


「ティアも見たよね? お兄ちゃんが……」


「ご、ごめん。遠すぎて、あたしには……」


「いたの! だから、行かないと……」


「あそこには、ズィニア・スティマがいます」


冷静さを取り戻したらしいシーパルが、言った。


「だったら尚更……お兄ちゃんが危険かもしれないじゃない!」


「止めても行くと言うのなら、これ以上止めません。その代わり、僕も付き合わせてもらいますよ。ティアも、そうでしょう?」


「うん」


「……!」


「もう一度言います。あそこには、ズィニア・スティマがいます。テラントがまったく歯が立たず、あなたとデリフィスとルーア、三人掛かりで傷一つ負わせられなかった男が。意味は、わかりますよね?」


「わ……かるわよ!」


殺されてしまう。

ティアもシーパルも。

そして、その過程で周囲にいる住民たちも。


「でも! でもやっと……!」


「あなたがいたと言うのなら、ハウザードはいたのでしょう。ズィニアが近くにいるというのは危険かもしれませんが、少なくとも、今は無事なのでしょう?」


「ユファ……居場所はわかったんだから、落ち着いたら会いに行けるわよ」


シーパルとティアが、慰めるように言う。


「うん……」


ユファレートは椅子を捜して、そこに座った。


悔しくて堪らない。

今すぐにでもここを飛び出し、会いに行きたい。


その感情を抑えるので必死だった。


(でも、今は駄目……)


なにがなんでもティアたちは付いて来るだろう。


もっと時間が経過してから、一人になってから。


それにしても、ハウザードはドニック王国の旗の元にいた。


母国の宮廷魔術師くらいは全員調べたが、ハウザードの名前はなかったはずだ。


別の役職に就いているのか、名前を変えているのか。


「これからについてですが……」


「宿に戻る?」


シーパルとティアが相談を始める。


「いや、それは危険でしょう。なんと言うか、僕らは目立ちます。特に僕が……」


旅のヨゥロ族など、そうはいない。


シーパルの緑色の髪と青白い肌は、嫌でも目立つだろう。


「宿は、もう突き止められている可能性が高いです……」


「それなら、ルーアたちは……」


「彼らはみんな、僕らよりもこういった状況に慣れているでしょう。信じるしかありません」


「そうだね……」


「差し当たっては、僕らがどうするかですが……どうしましょう……?」


困り果てた表情をする。


「俺の家に来ますか?」


サンが、顔を上げた。


「なに言ってんのよ、サン!」


「そうです。これ以上巻き込むわけには……」


「今更……もう、充分過ぎるほど巻き込まれているでしょう?」


サンが、苦笑しながら立ち上がった。


「それに、みなさんと違って俺は目立たない。あの短い時間じゃ、あまり住民の記憶には残っていないはず。俺の家なら、取り敢えずは安全でしょう」


「そうかもしれませんが」


「妹も危険なのです。指をくわえて、というのは、無理な話です」


「ティア……」


シーパルが、考え込んでいるティアを見た。


サンを更に巻き込むことになる。


だが、すでに『コミュニティ』や警察にサンのことを把握されている可能性もあった。


一人にさせるのも、危険ではある。


「じゃあ……お願いしようかな……」


「ああ」


爽やかに、サンが微笑んだ。


「じゃあ、みなさん案内しますよ。……ああ、でもその前に、変装かな? みなさん目立ちすぎる」


「そうですね……」


シーパルが、申し訳なさそうな顔をする。


「なにか買ってきますよ。この日差しだ。帽子や日傘を一般市民が購入しても、なにも不自然じゃない」


「気をつけてね、サン……。なにかあったら呼んでね。すぐ行くから」


心配顔のティアの頭に、サンが手を置く。


「大丈夫だよ。雑貨屋は近くにあるし。すぐに戻るよ」


サンが、建物を出ていく。


見送るティアを、ユファレートは羨ましいと思った。


まだ、近くで兄を心配できるのだ。


頭を撫でてもらうこともできる。


ハウザードの横顔。

あと少しだったのに。


(もう少し、だよね?)


きっと、すぐに会える。

そして、甘えさせてくれる。

話したいことが、一杯あるのだ。


ハウザードの横顔をより鮮明に思い出すために、ユファレートは眼を閉じた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます