想いと願い

何度目の訪問になるのか。

ドーラとパナの家からは、いつも薬草を蒸す煙が立ち昇っていた。

それが、消えている。


日が落ちすっかり暗くなった外に、二人はいた。


ドーラは手提げ式ランプを持ち、パナは切り株に座り苛々と貧乏揺すりをしていた。


シーパルの姿を認め、立ち上がる。


「遅い!」


「す……すみません……」


息を切らしながら、シーパルは謝罪した。

二時間は遅刻してしまった。


「待っていて……くれたのですね。ありがとう……ございます」


呼吸を整えながら言うと、パナは舌打ちした。


「……ドーラが、必ず来るって言ったからだ」


「先に待とうと言い出したのは、パナだったがな」


ドーラは、穏やかな顔をしていた。


「べつに、俺たちの出発が二時間遅れても、用意された食事が冷めるだけですむ問題だ」


「あーもうっ! 時間を無駄にしたのはたしかなんだ」


パナは、坊主頭を乱暴に掻いた。


「話してやるよ。あたしが知ってる、あんたが知りたいことを」


「はい」


「半年以上前だったけど、あたしたちに会いにきた人がいる。多分、ヨゥロ族を壊滅させたのは、あの人だ」


パナの言葉に、シーパルは引き込まれるのを感じていた。


「あの人、とは……?」


「それが、よく覚えていない。名乗られたはずだけど、名前は忘れた。顔も、思い出せない。話した内容も、ほとんど。不思議なことだけどね」


随分とあやふやである。

ドーラを見ると、彼も首を振った。


(……魔法で、記憶を消した?)


理論的には、可能だった。

実践するには、かなりの準備と技量が必要となるだろうが。


「あの人は、あたしがヨゥロ族にどんなことをされてきたのか、聞きたがった。だから、思い出せるだけ全部、話してやったのさ。あたしが、ヨゥロ族にどう扱われてきたか」


「そうですか……」


「あのことを話すと、たいていの奴が同情するような顔をする。今のあんたみたいにね」


パナは、ヨゥロ族から虐待を受けていた。


ヨゥロ族であるシーパルには、同情する資格すらない。


こうして姿を見せるだけで、パナには苦痛だろう。


「でもあの人は、あたしの話を聞いている間、薄ら笑いを浮かべていた」


「……薄ら笑い?」


「なんでか、腹は立たなかったね。で、言ってきたんだ。ヨゥロ族を追放され、外見が違うから、この村にも居づらいんじゃないか? 居場所がないなら、自分がいる組織に来るといいって」


「……その組織は、『コミュニティ』という名ではありませんでしたか?」


「ああ。たしか、そんなんだったね。あたしは、まあ、申し出は断ったさ。居場所は、できてたからね」


隣に立つドーラの腹を叩く。


「村の人たちも、受け入れてくれた。そりゃさ、この顔の傷のせいで、子供からお化けだって言われたりすることもあるけどさ」


パナが、自嘲ぎみに笑う。


「そんな……」


「でもさ、たいていすぐに親がきて、叱り付けて、何度も謝るんだ。……なんだかんだ言って、いい村だよ、ここは」


パナの心を癒しているのは、ドーラであり、ヤンリの村人たちなのだろう。


それを、ヨゥロ族のシーパルは恥ずかしく思った。


「ああ、話が逸れたね。あの人だけど、去り際に言ったんだ。君たちが嫌うヨゥロ族を、滅ぼしてあげるって」


「……」


「なんとなく、あたしは確信したね。ヨゥロ族は、ほんとに滅びる。ヨゥロ族の誰も、勝てやしないってね。理由はないんだけどさ」


「……このことを、パウロには?」


「ああ。またしばらくして、今度はパウロが来たね。その時に話したよ、全部。……殺されたんだってね?」


「はい……」


シーパルの従兄弟であるパウロは、ヨゥロ族を襲撃した犯人が『コミュニティ』にいると知り、組織に潜入して、たがソフィアという女に殺害された。


「パウロが言ったことだけど」


「なんでしょう?」


「ヨゥロ族の力の真髄は、時間と空間、封印と解放にある。必ずしも、魔力を要するわけではない。追放は間違っている。そんな感じだったかな? 意味はさっぱりだけど」


「……時間と空間……封印と解放……?」


なんだろう。

なにかが引っ掛かる。

少なくとも、パウロが意味のない戯れ事を言い残すとは思えない。


「まあ、あたしが知ってるのはこんなもんさ。わざわざ聞きにくるだけの価値があるのかどうか……」


「僕にはありましたよ」


「そうかい。んじゃ、おまけだ。あの人のこと、ちゃんと覚えていない。だけど、正体はさ……」


「はい。なんとなくですが、見当はついています」


パナの虐待された話を聞き、薄ら笑いを浮かべた。


それは、仲間を見つけたからではないのか。


だから、パナは腹が立たなかった。


パナに居場所を提供しようとする者。


そして、ヨゥロ族に強い恨みを持ち、滅ぼしたいと願う者。


「あの人はきっと、あたしと同じ。ヨゥロ族を追放された者だ」


◇◆◇◆◇◆◇◆


デリフィスはどこにいるのか。


名前を呼びながら、暗くなった集落の中を歩き回ってみるが、見つからない。


また行方不明者が出たのかと、通りすがりの住民が心配顔をするが、ティアは適当に笑ってごまかした。


(……シーナのこと、捜しているなら)


山並みを眺める。

延々と続く森林。

どこかにデリフィスがいるとして、どうやって見つけろと。


『……デリ……フィス、は……』


「ひっ!?」


いきなり耳元で声がして、ティアは身をすくませた。


「……エス?」


『……そう……だ。……デリフィスは……そこから……西の……森……の中にいる……』


エスの声。

だが、途切れ途切れで、おまけに砂嵐のような雑音が混ざり、非常に聞き取りにくい。


『……そのまま……呼び掛けながら……捜し……たま……え。彼から、反応が……ある……』


(……それはわかったけど。なにか、ありました?)


心の中で尋ねる。

ルーアが言うには、それでエスには伝わるらしい。


『……非常……まずいこと……った。……事態は……最悪……』


ぶつんと、太い縄を引きちぎるような音がした。


それきり、エスの声が聞こえなくなる。


「!? ねえ、どうしたの!?」


耳元に手をやり、問い掛ける。

近くにいた住民が、じろじろと不審そうに眺めているのを感じて、ティアは今度は口を押さえた。


(なんなのよ……? 不安を煽るような真似、しないでよね……)


エスに、なにがあったのか。

いや、あの男なら、きっと大丈夫。


訳のわからない能力を、いくつも持っているではないか。


不安を紛らわすため、自分に言い聞かせる。


エスの心配をするよりも、デリフィスを捜すことを優先するべきだろう。


もう何日も過ごした集落だ。

方角くらいわかる。

エスの指示通り、西の森に入っていった。


「……怖っ」


太陽が沈むと、森の中は真っ暗闇に近い。


足下の木の根すらよく見えない状態だった。


明かりの一つくらいは、準備するべきか。


(……こんなとこでなにやってんのよ、あの男は!)


視界の先に、光が点る。

それほど遠くはない。


炎のようだ。

多分、焚き火かなにか。


暗いのにも眼が慣れてきた。

呼び掛けろとエスは言ったが、それはせずに揺れる炎に近付いていく。


デリフィスがいた。

焚き火の前で剣を抜き、こちらに背中を向けて座っていた。


長大な剣に、自分の姿を映しているようにも見える。


「どうした、ティア?」


振り向きもせずに、聞いてくる。

デリフィスくらいになると、足音や息遣いだけで人の区別がつくのかもしれない。


「どうした、じゃないわよ。なにしてんのよ、こんなとこで?」


「べつに……独りで考えたいことがあっただけだ」


「考え事? なに?」


「……わざわざ言うほどのことでもない」


「じゃあ、隠すほどのことでもないんじゃない?」


「……」


デリフィスは、無言になって立ち上がり、剣を収めた。


「……シーパルといい、どうしてこう、みんな隠し事ばっかするかな」


「……しばらく前に、エスと話した」


「エスと?」


珍しい組み合わせだった。

二人で話している姿が想像できない。


「知識のある人間とは、難儀なものだ。余計なことばかり考える」


「エスといえばさ……」


話の腰を折ることになるが、どうしても言いたいことがあった。


「ついさっき、声だけ聞こえてたんだけど、それがいきなり途絶えたのよね。最悪な事態がなんとか言って。……これって、もしかして、エスがピンチだったりするのかな?」


「……エスが?」


デリフィスは、鼻で嗤った。


「斬られても平気な男に、どんな危機がある?」


「……だよねえ」


「そんなことよりも、なにか俺に用があるんじゃないか?」


「あっ! そう! そうよ!」


大切なことを思い出し、ティアは手を合わせた。


「あたしたち、襲撃を受けたのよ!」


「襲撃?」


「狙いは、リィルみたい。デリフィスも、戻って。シーパルもいなくなったし」


「わかった。細かいことは、戻りながら聞こう」


頷くと、デリフィスはおこしたばかりの焚き火を踏み消した。


明るさに眼が慣れてしまっていたので、真っ暗闇な穴蔵に放り込まれたようになにも見えなくなる。


夜目でも利くのか、デリフィスが歩き出す音がした。


「ちょっ……!」


ほとんど勘で、その背中を掴む。


「置いてくなぁ!」


情けない声が出てしまう。


デリフィスが振り返る気配がした。


いかにも迷惑そうに、彼は溜息をついた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


魔法の明かりで足下を照らし、ルーアは集落を巡回した。


襲撃を受けてから、すでに四、五時間は経過しているはずだ。


集落は闇に包まれ、いつ次の襲撃があってもおかしくない。


意識を張り巡らしていても、色々なことが頭に浮かんだ。


シーパルは、目的を果たせたのか。

ティアは、ちゃんとデリフィスを連れて帰れたのか。

リィルを、守りきれるのか。


(……ん?)


ふと、視界の隅にある人影に気付き、ルーアは足を止めた。


ほっそりとした女のシルエットに、心臓が跳ね上がるのを感じる。


明かりを先行させて、ルーアは女の元へと向かった。


「やあ」


「……なにが、『やあ』だ」


気楽に手を上げたその姿に、ルーアは呻いた。


シーナである。


一瞬、幻影の魔法ではないかと疑ったが、そういう類いのものではない。

間違いなく、シーナ本人。


「あまり大きな声、出さないでね。みんなに気付かれるから」


「気付かれてなにが悪い? ここは、あんたの集落だ」


色々と感情を押さえ、ルーアは言った。


「戻るぞ、リィルのとこに」


「……ごめん。それ、無理」


「なにが無理だってんだ!?」


ルーアは、一歩踏み出した。

シーナの事情など、知ったことではない。

手が届く所にいるのだ。

意地でも連れ戻す。


「……ちゃんと考えてくれた?」


シーナからの質問。

まるで、ルーアの動きを制するような。


「……なにをだ?」


「リィルを、ルーア君たちの旅に連れていって、て話」


「そりゃ無理だって言ったろーが」


「じゃあ、別のお願い。あたしが、なにをやってるか、知ってるよね? ……お願い。あたしを、殺して」


シーナの瞳が、魔法の明かりに照らされ、揺れる。


「……いい加減にしろ。まじでキレんぞ。どうせ、リィルを殺すとか脅されて、言うこと聞いてるんだろ」


「うん。正解。あたしのせいでリィルが危険な目に……。あたしはね、もう死にたいのよ」


「だからなっ……!」


「じゃあ、リィルをどこか遠くに連れてって。あいつらの手の届かない所に。そしたら、あたしは自分で……」


「だから! いい加減にしろ!」


それ以上言わすわけにはいかなかった。

シーナへと詰め寄る。


やっとわかった。

なんでいつも、リィルはシーナの側に居たがったのか、やっとわかった。


「あんたの想いはわかった! 願いはわかった! そんなもんな、全部却下だ! いいか? リィルは、絶対に守ってやる。ズィニアもゴーンも、俺たちが倒す。そんで、あんたを助け出す」


根拠はないが、ルーアは言い切った。

根拠など、必要ない。


「あんたの能力も、なんとかしてやる。こっちには、ユファレートって魔法オタクがいるんだ。あいつが無理だとしても、ユファレートの爺さんは、世界最高の魔法使いドラウ・パーター。俺の師匠は、世界の英雄様ストラーム・レイルだ。必ず、力を押さえる方法を見つけてくれる」


「ルーア君……」


シーナが、胸板に掌で触れてくる。

笑顔を見せた。

壊れそうな、笑顔。


「……うん。さすが、リィルが惚れた男だ。危うく、お姉ちゃんも惚れちゃいそうだよ。もうね、その言葉だけで充分。胸一杯でお腹一杯だよ」


「……!」


それに気付いて、ルーアは息を呑んだ。


触れられているシーナの右腕。

指先から肘まで、赤黒くなっている。


火傷というよりは、肌が崩れているようだった。


「……力がね、どんどん大きくなっているの。あたしには、リィルみたいな完全な抵抗はないって。だから、押さえが効かなくなってきてるの。もう、あまり時間ないみたい」


シーナが、手を離した。


「こういう力ってね、操るには意志の強さがものを言うんだって。眼の前で、リィルに剣を突き付ければ、もっと上手く制御できるんじゃないかって、ズィニアが。そんな理由で……」


「……ふざけやがって……!」


「お願い。あたしを、殺して。これ以上、村の人たちを傷つけたくないの」


遠くから、名前を呼ばれた。


ユファレートの声。

家から、それほど離れている場所ではない。

窓から見えていたのだろう。


テラントが先頭。

ユファレートが、リィルの手を引いて続いている。


さらに別の方向からも、人影が二つ向かってきていた。


ティアとデリフィスのように見える。


「……シーナぁ……時間切れだよ……」


「!」


(この声……!)


シーナの姿が消える。


「……て言うかさぁ……ちゃんと伝えるつもり……なかったでしょ……?」


左手の方に、ゴーンがいた。

側に転移させられたシーナは俯いていた。


「……おい……」


眼の端が吊り上がるのを、ルーアは感じていた。


シーナの姿が、再度消える。

視界の外に転移されたようだ。

強制転移ではない。


「……シーナを……返せよ」


テラントが、そしてユファレートとリィルが到着する。


ゴーンが、笑みを作った。


「……返せってのは……どうだろう。……君、も……魔法使うならさ……わかるでしょ……?」


強制転移ではなかった。

シーナは自分の意思で、転移されることを受け入れた。


「シーナは、さ……君たちなんか、じゃ……俺たちに勝てない。……そう、思ってるんだよ……」


「御託はいい! 返しやがれぇっ!」


激昂と共に吐き出した光線が、空気を灼いてゴーンへと突き進む。

だが、残像を貫いただけだった。


「……短気なぁ……奴……」


背後に転移した、ゴーンの姿。

その前に、兵士が四人転移させられる。

体中に、火傷のような跡がある兵士。


「ルーア……あの人たちってさ……」


ユファレートが聞いてきた。


「もう、助からないんだよね……?」


「……ああ」


「……わかった」


ユファレートは、杖を握り締めた。


テラントが、魔法道具から光を伸ばす。


「剣じゃ、さすがに追い切らん。ゴーンは任せる」


言いながらも、一人を斬る。


ユファレートが放った光球も、兵士を弾き飛ばした。


ルーアは、最初から兵士を相手にするつもりはなかった。


「ル・ク・ウィスプ!」


威力はいつもの半分以下。

狙いも雑。

とにかく発動速度重視の無数の光の弾丸を、ゴーンに放つ。


だがそれも、あっさりと転移で回避された。


「野郎っ……!」


デリフィスとティアも到着した。


デリフィスが、早速一人斬り倒す。


ティアが、ユファレートを狙った鎌を小剣で弾き返した。

そしてテラントが、体勢を崩した兵士に止めを刺す。

これで、あとはゴーンのみ。


「ティア!」


リィルをティアに預けて、ユファレートは杖を振り上げた。


「ル・ク・ウィスプ!」


先程のルーアと同様に、発動速度重視で魔法をゴーンに放つ。


「無駄だよ……」


やはり、転移して逃げるゴーン。


「ル・ク・ウィスプ!」


転移先を読み、ルーアは掌を向けた。

それも、避けられる。

だが、この調子でいい。


瞬間移動は術者に掛かる負担が大きい。


いつまでも使い続けられるわけがなく、ユファレートと二人掛かりならば、いずれ命中する。


一撃で決まらなくてもいい。

かすり傷でも与えれば、それだけでも魔法の精度は下がる。


リィルの周囲は、ティアとテラントとデリフィスが固めている。


そして。


「ル・ク・ウィスプ!」


途中で、数えるのはやめた。

おそらく、七回目か八回目。

ルーアが放った光の弾丸が、虚しく宙を焦がす。


ゴーンは、瞬間移動で回避していた。


(……冗談じゃねえぞ……!)


内心で、ルーアは叫び声を上げていた。


ユファレートと協力しても、捉えることができない。


(ンな馬鹿なっ……!)


ユファレートの追撃がない。

すぐ背後、ルーアとユファレートの間にゴーンは転移していた。


「このっ……!」


振り向きざま、剣を抜く。

それも、残像を斬り裂くのみ。


「……惜しい……ねぇ……」


転移先。

ゴーンは余裕の表情で笑っている。


「……君たち程度じゃさあぁ……一生、当てられないよー……」


ユファレートが、杖を構える。

それに、ゴーンは掌を向けた。


「……だからさ……無駄……だって……。伝言くらいさぁ……言わせてよ……」


「……伝言?」


聞き返しながら、ルーアは魔力を引き出していた。


速度で捉えられないならば、範囲で攻める。


全方位に全力で、ゴーンの転移先まで灼き尽くしてやる。


「……今度はさぁ……ジュノの集落……シーナに、襲わせるから。……来るよねえ? ……百パーセント罠だとわかっていても……来るよねえ? シーナ、助けたいよねえ……? ……でもさあ……助けても……無駄じゃない?」


「……あん?」


「……だってさあ……彼女……もう何人殺したと思ってんのさ……。……助けられたとしても……救われないよ……」


「黙れっ!」


「ラウラ・バリア!」


ルーアの意図を察したユファレートが、自身とティアたちを包むように、白いオーロラのような魔法防御膜を発生させる。


「……ちょっとだけ……本気なる……」


ゴーンが囁いた。

瞬間移動を発動させるが、もう遅い。


ルーアは腕を振り上げた。

だが、魔法を発動させるまでの一瞬の間に、魔力の波動が次々と肌に伝わってきた。


「……嘘……だろ……?」


ルーアは、呆然と呻いた。


ゴーンの居場所は、魔力の波動を読めばわかる。


魔法が届かない遥か彼方に、あの『悪魔憑き』は移動していた。


夜では、肉眼で確認できないほどの距離。


ほんの一瞬の間に、実に五回、瞬間移動を発動させていた。


「そんな……」


ユファレートも、力無く呟く。


形としては、撃退した。

だが、ゴーンが見せた圧倒的なまでの撤退。


助けたとしても、救われない。


ゴーンの言葉が、耳に残っている。


それに、ルーアは唇を噛み締めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます