それを聞いたのは前日、外を走り回る子供の一言だった。


先生と同じ髪の毛だ。

シーパルを見て、そう言った。


ヨゥロ族特有の、緑色の頭髪。

シーパル以外のヨゥロ族が、ヤンリの村のどこかにいる。


パウロは、一族全員殺されただろうと言っていたが、そんなはずはない、とシーパルは思い続けていた。


たとえ何者だろうと、大勢であろうと、何百人といたヨゥロ族全員が、揃いも揃って殺されるとは考えられない。

逃げ延びた者が必ずいたはずだ。


先生とやらの居場所は、村人に聞くと簡単に知れた。


現在いる集落から、東にある別の集落への道。


その途上に住居を構えているらしい。


徒歩で、三、四時間くらいはかかってしまうか。


往復することを考えると、気楽に行ける距離ではない。


逸る気持ちを抑え、昨日は道順を確認するだけに留めた。


そして今日、エスという男が、久しぶりに姿を現した。


リーザイ王国に仕える、情報を司る者。


以前エスは、自身のことをそう紹介した。


彼に、調査を依頼しようか。


ヨゥロ族が、なぜ滅ぼされなければならなかったのか。

本当に、生き残りがいないのか。

誰の指揮で、何人で。

そして、ヨゥロ族の秘匿とは。


いくつもの疑問。だがシーパルは、自分の中だけに押し殺した。


エスは、テラントの妻を殺害したというズィニア・スティマと、ユファレートの兄弟子であるハウザードを捜索中である。

あまり余裕はないだろう。


そして、テラントやユファレートのような強い気持ちが、自分の心の中にあるとは、シーパルには思えなかった。


テラントは、復讐のために地位も名誉も捨てた。


ふざけた言動を取ることが多いが、誰よりも激しい感情を内に秘めている。


仇の居場所を知っていると、偽の情報を売り付けようとした情報屋を、殺しかけたことがあった。


シーパルとデリフィスが押さえこまなければ、実際に殴り殺していただろう。


その復讐心は時に隠し切れなくなり、周囲の者を焦がす。

荒れ狂う。


そんな時にテラントの側にいられるのは、話し掛けることができるのは、デリフィスくらいなものだった。


もしデリフィスがいなければ、テラントは復讐の念で、自分の身をも焦がし堕ちていた。


ユファレートの過去については、詳細は知らない。


だが、ハウザードという男の行方を切望しているのはわかる。


女としての感情を抱いているのは間違いないだろう。


ハウザードを捜すためだけに、まだ十八歳の少女が世界を回っているのだ。


生半可な覚悟でできることではないだろう。


二人と比較するとどう考えても、決意や決心、覚悟が足りない。


だからまずエスには、ズィニア・スティマとハウザードを見つけ出すことに専念してもらいたい。


先生とやらの所へ続く道は、平坦でほとんど一本道だった。

迷う心配はない。

順調に進めていた。

この分だと、予想よりも早く辿り着けるかもしれない。


単調に足を前に送りながら、脳は思考だけに費やした。


真実を知りたいと、漠然とは思う。


なぜヨゥロ族は、滅ぼされたのか。

秘匿とやらのためか。

何者の手によって。


だが、知ったところで、とも思う。


元々、ヨゥロ族の在り方に疑問を持っていた。


パウロと族長の地位を巡り、争いたくなかった。

それが、一族を出た理由。


だが、そんな理由がなくとも、一族の考え方に付いて行けず、いずれは出奔することになっていただろう。


ヨゥロ族に対して、希薄な感情しか持ち合わせていないのではないか。


生まれ育った一族に対して、あまりに薄情なのではないか。


真実を知ったところで、テラントのような激しい復讐心を、パウロのような使命感を持てるのか。


先生が住むという家が見えてきた。

薬師をしているらしい。

薬草を蒸したり湯に漬けたりするため、いつも煙が家から立ち昇っているという。

それが、目印となった。


空へ昇る煙を見ながら、ふとシーパルは気付いた。


きっと、真実を知りたいのではなく、真実を知った時に、自分の心がどう動くかが知りたいのだ。


逃げ延びたヨゥロ族ならば、きっと真実に近い所にいる。


家の前では、男が上半身裸になって薪を割っていた。


髭面の、熊のようなという形容がぴったりの、筋肉隆々の大男である。


こちらに気付いて、作業の手を止めた。


シーパルの顔、そして頭を、無遠慮な視線でじろじろと眺めている。


「……ヨゥロ族か」


ぼそぼそと口を動かした。


横手から物音がした。

見ると、薬草らしき草を詰めた籠を取り落とした女がいた。


青白い肌、そして、短く刈り込んだ髪の毛は、緑色をしている。

ヨゥロ族である。


右眼の下から、頬を通り顎先まで、かなり深く、そして古い傷の跡があった。


「……パウロ……?」


ヨゥロ族の女は、驚いたように呟いた。


シーパルは、パウロとは従兄弟になる。


顔はそれほどでもないが、体つきはよく似ていた。

見間違えることもあるだろう。


ヨゥロ族の女は、すぐに勘違いだと気付いたようだ。


関心を失った顔をすると、薬草を拾い集め、さっさと家の中に入っていく。


「待ってください!」


今、確かにパウロの名前を出した。

女は、なにかを知っている。


だが、大男が玄関で遮った。


「……通してもらえませんか?」


「……」


大男は、無言でシーパルを見下ろした。

太陽の光で、汗に塗れた体が光る。

どいてはくれないようだ。


やはり、テラントのようになれそうもない。

それを、シーパルは痛感した。


彼ならば、仇を討つためなら、立ち塞がる者には容赦しないだろう。


デリフィスやルーアも、目的のため必要ならば、腕力を用いることもあるだろう。


シーパルには、それができない。

体格もそうだが、性格が争いや暴力を望まない。


だから、シーパルは声を出した。


「見ての通り、僕はヨゥロ族です! 一族になにがあったか、あなたは知りませんか!」


「ドーラ!」


少しヒステリックな声が、家の中から返ってきた。


「そいつ、ぶん殴って追い払って!」


「……え?」


ドーラというのが、大男の名前だろう。


追い払えとは、どういうことなのか。


「パウロは、僕の従兄弟です! あなたは、彼のことを知っていますね!? 彼は……彼は……」


自分に、嘘をついていた。

シーパルはそれに気付いた。


パウロがなぜ殺されなければならなかったか、なにを背負っていたのか、そして、なにをシーパルに託そうとしていたのか、こんなにも強く知りたいと思っているではないか。


「彼は、殺されました! お願いします! 知っていることを、教えてください!」


家の中からは、なにも反応はない。


「パナ」


ドーラが、その容姿とは不似合いな優しい声で呼び掛ける。


「薬の調合に、あとどれくらいかかる?」


「……三時間くらいかかるね」


「だったら、先に少しだけでいい。話をしてあげなさい」


「……」


沈黙。


「パナ」


再度、ドーラが呼び掛ける。


なにかを壁に叩き付ける音が、家の中からした。


「……わかったわよ」


ふて腐れたような声。

ヨゥロ族の女、パナが、拗ねた眼つきをして出てきた。


「……あんた、誰だい?」


「……あ、これは失礼しました。シーパルといいます。シーパル・ヨゥロ」


「シーパル……」


パナが、考え込むような顔をする。


表情が変わるたび、傷がまるで生き物のように動いた。


「ああ……名家のお坊ちゃんかい」


多分に皮肉を込めて、パナが言った。


名家、になるのだろうか。

従兄弟のパウロの父親は、族長だった。

シーパルは、その甥になる。

一族の中で暮らす間、あまり苦労はしてこなかった。


「で、そのお坊ちゃんがなんの用だい」


「……さっき言った通りです。ヨゥロ族になにがあったか、教えてもらえませんか? 僕は、一族を離れていたので、わからないんです」


「あたしも同じさ。ずっとここに暮らしている。だから、なにがあったかなんて知らない」


「ずっと、ここに……?」


「捨てられたんだよ。あたしは、ヨゥロ族を追放されたんだ」


「あ……!」


ヨゥロ族では、魔力が弱い者は追放される。


「みんな殺されたんだってね。ま、そうだろうよ」


「……どういうことですか?」


言い方が、なにかおかしいような気がした。


パナが表情をしかめる。

失言を認めるようなものだった。

おそらく、感情が高ぶったための失言。


「……パウロがしばらく前に、生き残りを求めて来たのさ。みんな殺されたって言ってた」


「……あなたはその前に、そうだろうよ、と言った。それは、殺されるのがわかっていた、と言っているように聞こえます」


「……」


「なにか知っているなら、教えてもらえませんか? あなただって、同じヨゥロ族でしょう? なにも思わないはずはない」


「……同じ、ヨゥロ族だって?」


パナが、歯軋りをした。


「なにも思わないはずがないって……?」


憎悪の瞳で睨みつけてくる。


「ああ、思ったさ! ざまみろってね! みんな死んで、清々したよ!」


「そんな……」


絶句してしまう。


「同じヨゥロ族なら、なんであたしは毎日、魔力がないってだけで、大勢から殴られて蹴られた!? なんで捨てられた!?」


パナは、眼に涙を浮かべていた。


「この顔の傷はね、崖から突き落とされてできたんだ! ……あたしだって、女だ。だから、言ったんだ! 懇願したんだ! 治してくれって! そしたら、あいつらは……!」


腕を振り上げた。

シーパルに殴り掛かろうとしたのかもしれない。


ドーラが毛むくじゃらな腕でそれを遮った。


「お前もヨゥロ族なら、自分の魔法で治せ、そう言って、嗤ったんだ!」


唾が飛ぶほど叫ばれて、シーパルは尻餅をつきそうになっていた。


知らなかった。

シーパルがなに不自由ない生活を送る陰で、そんな迫害があったのか。

追放された者たちは、みんな同じ扱いをされてきたのだろうか。

なにも、知らなかった。


「ヨゥロ族なんざ、いくら殺されようと、知ったことじゃないね! 二度と、あたしの前に現れるな!」


踵を返し家の中に入ると、叩き付けるように扉を閉ざした。


「……」


シーパルは、棒立ちになっていた。


殴られたような衝撃を、頭部に感じる。


「失敗したなぁ……」


ドーラが、髭を撫でながら呟いた。


「ヨゥロ族と会わせるのはまずいとわかってたんだが、君があまりにも必死だったからなぁ……」


「……僕のせいです。僕が無神経なことを言ったから……」


「妻は……」


「……妻?」


つい、聞き返してしまう。


パナは、二十歳くらいに見えた。

ドーラは、四十代だろう。

親と子ほども離れている。


ドーラは、咳払いをした。


「妻は、ああ見えて、根は優しい奴だ。気を悪くしないで欲しい」


「……はい」


「あいつは、十歳の時、捨てられた。顔の傷が化膿して、高熱を出して動けないあいつを、ヨゥロ族は置いていった」


「……」


「たまたま俺は、猟の途中で会ってなぁ。あいつは、熱にうなされながら、ずっと親を呼んでいたよ。でも結局、ヨゥロ族の誰も迎えにこなかった」


ドーラは、唇を震わせた。


「あいつは、心底ヨゥロ族を憎んでいる。ヨゥロ族であることを、嘆いている。髪の毛を絶対伸ばさない。俺が止めなかったら、剃るくらいだ。家には、鏡がない」


「……すみません」


「君が謝ることではない。謝られたくもない。ただ、もう来ないでくれ。随分時間がかかってしまったが、妻も笑えるようになったんだ」


ドーラが、巨体を縮めるようにして、家に入っていった。


シーパルは、顔を覆った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます