彼女の挫折

ルーアは、ずっと険しい顔をしていた。


何か頻りに考え事をしている。


デリフィスと二人の時よりも、さらに静かな道中だった。


ティアは、昨日から歩きずくめだった。


いい加減、足腰が痛くて堪らない。


ちょっとした話でもして気分を紛らわしたいが、ルーアはそんな雰囲気ではなかった。


腕組みをして、たまに唸ったりする。


「……あー、くそっ!」


ルーアはいきなり毒づいた。


「……どしたのよ」


ティアを一瞥したルーアの眼は、また一段と鋭くなっていた。


「……べつに言いたくないならいいけど」


「……いままで経験した戦闘を、思い出してたんだよ」


「なんで?」


「ランディに対抗するためだよ。けど駄目だ。なんもいい手が思い浮かばん。さすがにちょっとだけ焦ってきた」


(ちょっとには見えないけどねー)


ルーアの焦燥が伝わってくる。


そのうち爪でも噛みだしそうだ。


「……オースター、あんた今までに、変わった奴とか相手にしたことないか?」


「……あたしの戦歴なんかに、ヒントがあるとは思えないけどね」


盗賊団、野盗、チンピラなど、ほとんどがその程度の相手である。


「そうか」


それだけ言うと、ルーアはまた考え事を始めた。


それにしても。


「ルーアってさ、あたしのこと、いつもオースターって呼ぶよね」


「……なんか問題あるか?」


「べつにありませんけどね」


誰だって、ティアのことはティアと呼ぶ。


短くて言いやすいはずだし、ティアと呼ばれることを拒んだこともない。


ルーアがティアのことを名字のオースターで呼ぶ理由は、薄々わかっていた。


「そんなにさ、その『ティア』って人とあたし、似てるの?」


ルーアが、立ち止まった。


じっとティアを見つめる。


「……なによ?」


「……いや、よくよく見たら、騒ぐほどは似てないかもな」


また、歩き始めた。


「……はぁ? これまで散々……」


「俺のイメージに残っている『ティア』は、十四歳だからな」


「十四……じゃあ、三年前のあたしなら、もっと似てたのかな?」


「……三年前? ……なら、いま十七ってことか?」


「そうよ」


「……タメだったのか。絶対年下だと思ってた」


「……なんで?」


「いや、まぁ。これといって、理由はないんだけどな……」


ルーアはどこか憐れむような眼で、ティアの胸や腰の辺りを見て、そして半笑いになった。


どういう意味だコラ。


蹴り飛ばしてやろうかとか思うが、簡単にかわされてしまいそうである。


だからティアは、蹴りのかわりに、ルーアの横顔に言葉をかけた。


「ルーアってさ」


「ああ」


「その『ティア』って人のことさ」


「ああ」


「好きなんでしょ」


ルーアの歩き方が変わった。


まるで、関節に何か詰まっているかのように、ギクシャクした動きになる。


わかりやすい奴め。


「ふふん。図星ね」


勝った。


ルーアは、恨めしそうにティアを見た。


深々と溜息をつく。


「……まあ、そうだな。確かに俺は、『ティア』のことが好きだった」


今度はティアの方が、びくりとした。


「……あ、ああ、そう。へ……へぇ~……そうなんだ。ふぅん……」


「……そこであんたに赤くなられてもな」


「んなっ……なってないわよっ!」


他人のことだとはわかっているが、不覚にもちょっとだけ動揺してしまった。


一度、ティアは深呼吸をした。


「それで?」


「あん?」


「告白とかした?」


「しねぇ」


ルーアの眼は露骨に、『もう勘弁してくれ』と訴えていたが、こんな面白い話を聞かないわけにはいかない。


「すればいいじゃん」


「無理」


「なんでよ。あ、フラれるのが怖いんだ」


「そういう問題じゃなくて」


「当たって砕けろって言うでしょ」


「砕けてどうする。そんなんじゃなくて、本当に無理なんだ」


「だからどうしてよ?」


「死んだからな」


つい、立ち止まってしまった。


「……え? ……あ、ご、ごめ……」


「俺が殺した」


少しずつ遠ざかる背中。


「……え?」


「なんてな」


「……え?」


なんてなって。


冗談ってこと?


冗談なら、どこからどこまでが?


それ以上、聞くことはできなかった。


だから、ルーアの後ろ姿も、もう何も語らなかった。


◇◆◇◆◇◆◇◆


取り敢えず、火だけは起こした。


どれだけの時間、待つことになるのかはわからない。


治療を受け終わったテラントは、揺れ動く炎を見つめている。


「……テラント、そろそろ、説明してもらいましょうか」


シーパルは、テラントと向かい合う形で座った。


「まぁ待て。まだ整理中だ」


「……さっきは、真相がわかった的な顔、してませんでした?」


「半分は、はったりだからな」


「……」


「そんなことよりも」


ユファレートが、燃料となる枯れ枝を集め終わって戻ってきた。


「ティアは?」


「そう言えば、デリフィスもいませんねぇ」


忘れてたいたわけではないが、あまり気にしていなかった。


デリフィスは単独行動を好む傾向にあるし、テラントは、一人で偵察に出たりする。


「ティアには、ヘリクハイトに戻ってもらった」


「まさか……怪我をしたとか?」


「いや。怪我はしていない。けど、あの子には危険過ぎるからな。だから帰らした。デリフィスはその御守り」


「そう、無事なら良かった……」


安堵の表情を見せるユファレートに、テラントは冷ややかな視線を送った。


「ユファレート、君もだ。危険だから、ヘリクハイトに戻れ」


「……え?」


「ほとんど一本道だから、迷うこともない。目印に、木に傷をつけているから……」


「ちょっと待って!」


ユファレートが、声のトーンを上げた。


「足手まといだって言いたいの?」


「有り体に言うと、そうだな」


「わたしには、魔法があるわ!」


「だから?」


「だからって……わたしは、魔法使いとして、誰にも劣っていない。敵の人にも、ルーアにも、このシーパルにも……!」


「だからそれが、なんだって言うんだ」


テラントは、実に深々と嘆息した。


「さっき、君に何ができた? 効かない魔法をランディに浴びせて、尻餅をついただけだ。敵にも俺たちにも、戦闘の素人ですと教えたようなもんだ」


「それは……」


「間違いなく次の戦闘では、君はまず真っ先に、奴らに集中的に狙われる。多分十秒ともたない。今度は俺は助けねぇぞ。どうせ助け切らんからな。けど、シーパルはどうかな」


「う、うえぇ……」


いきなり名前を出されて、シーパルは戸惑った。


「こいつは甘いから、それでも助けようとするだろ。結果、負傷するとか、なんらかの不利な状況に陥る。そして、俺たちは後手に回ることになる」


「テラント、もう少し言い方を……」


「うるせ。お前もデリフィスもこういうこと言おうとしないから、俺が嫌な役回りになるんだ」


ユファレートは、端正な顔に険悪なものを見せていた。


「わたしの魔法は……」


「魔法使いとしては、俺にはよくわからん。専門外だからな。けど戦闘者としては、君は弱い。このシーパルにも、ルーアにも、重傷を負った『悪魔憑き』にも負ける。……下手したら、ティアよりも劣るかもな。あの子が腰を抜かしたのは、戦闘が終わった後だ」


淡々としたテラントの話し方を聞きながら、シーパルは思い出していた。


先程の戦いで、ユファレートは間違えた選択をした。


そして、命の危機に、硬直していた。


いずれも、経験不足が理由といえる。


ユファレートも、それは理解しているはずだ。


だが、彼女は自分が優れた魔法使いだとも自覚している。


その誇りが、魔法が役に立たず、足を引っ張ったという事実を受け入れさせない。


「納得できないみたいだな……」


ユファレートの表情を見れば、それは一目瞭然だった。


「なら、試しにシーパルと戦ってみろ。それではっきりとする」


「えぇぇ……!」


シーパルは悲鳴をあげた。


「なんで僕が……、テラントが相手してあげればいいじゃないですかぁ」


「重傷人に何を言ってんだ。俺、頭すごいくらくらしてるし。同じ魔法使いに叩きのめされるほうが、ユファレートも納得するだろ」


「いやでも……」


「正直に言ってみろシーパル。お前は、ユファレートに居てほしいか?」


「それはですねぇ……」


シーパルは、ユファレートからの尖った視線を感じていた。


「正直言いますと、街に戻ってもらえると助かりますね……」


「わかったわ」


ユファレートが、鋭く声をあげた。


「シーパルに、勝てばいいのね?」


「もし一本でも取れたら、ここに残っていいぞ」


ユファレートが、杖を手にした。


やれやれ……


「んじゃ、試合開始」


テラントの合図。


ユファレートが、腰を浮かした。


漆黒のローブについた、土を払う。


その顔に、シーパルは枯れ枝を一本放った。


「うわっ!?」


不意を衝かれたユファレートが、慌てて杖で枯れ枝を払い落とす。


無防備になった腹部に、シーパルは軽く槍の柄を押し付けた。


「……!」


ユファレートが絶句して、眼を見開く。


「……今シーパルがその気になっていたら、君の脇腹に穴が空いてたな」


「だっ……て、こんないきなり……卑怯よ!」


「何が卑怯なんだ? 俺は試合開始だと言ったぞ。油断して、不意打ち喰らう方が悪い」


「……わたしたちは魔法使いなのに……!」


「魔法使い同士なら、魔法で殺し合わないといけないなんてルールねぇぞ。実戦では、どんな手段を使ってもいい。魔法も武器も、不意打ちも人質も、噛み付き眼潰し金的なんでもあれだ」


「……!」


「まだ納得できないって顔だな。なら、今度は魔法使いの距離でやり合ってみろよ」


「テラント。気軽に言いますけどね……」


ユファレートが、乱暴に槍を払う。


「死なん程度に半殺しにしてやれ」


死ぬよりはましだろ。


テラントが、そう言いたいのはわかっていた。


だからシーパルは、溜息をつきながら頷いた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


ユファレートの魔法は、強力だった。


だが、魔法使いならば誰でも気付けるだろう、単調で力任せだった。


おそらく、魔力の大きさは自分と同等だろう、とシーパルは判断していた。


地力に差がないのならば、能力の使い方で勝敗は分かれる。


ユファレートの攻撃は読みやすく、防ぐことは容易だった。


リズムも一定なため、ユファレートの攻撃の合間に、反撃ができる。


威力をかなり絞った衝撃波が、ユファレートの体を叩いた。


少女が地面を転がる。


「これで……二十敗目か?」


「二十一敗目ですね」


テラントの言葉を訂正して、シーパルはゆっくりとユファレートに近付いた。


擦り剥きでもしたのか、ユファレートが肘を押さえながら、治癒の魔法を発動させた。


シーパルは、憂鬱になっていた。


自分に、人を傷つける趣味はない。


速度重視で、威力はほとんどないシーパルが放った電撃が、ユファレートの体を貫いた。


小さな悲鳴を上げて、今度は膝を付くユファレート。


「……実戦では、のんびり傷の手当てなんて、そうはできませんよ」


顔を上げたユファレートの表情を見て、シーパルは、おやっとなった。


これまで瞳にあった、強気の色が消えている。


代わりに、ぼろぼろと涙がこぼれ、俯いた。


「え……え~っと、え~っと……」


「あ~あ、泣かしちゃった。ひでぇなぁシーパル」


すっかり只の見物人と化していたテラントが、他人事として言う。


「……テラント……あなたねぇ」


「あと十秒で立ち直らなかったら、試合終了な。十、九、八……」


テラントが、節くれだった指を折っていく。


ユファレートが、顔を上げることはなかった。


「……三、二、一、はい、試合終了っと」


テラントは立ち上がりかけ、しかし額を押さえて頭を振った。


魔法で傷を塞いでも、失った血までは戻らない。


その場で、声を張り上げる。


「ユファレート、約束だ。君はシーパルに敵わなかった。気持ちが落ち着いたら、街に戻ってくれ。シーパル、お前はこっち」


テラントが手招きをした。


心残りはあるが、それに従う。


何かユファレートに言うべきかとも思ったが、今シーパルが声をかけても、嫌味にしかならないだろう。


「お疲れー」


「ほんと疲れました……」


ユファレートの魔法使いとしての能力は、本物だった。


単純な魔法の破壊力だけなら、シーパルよりも上かもしれない。


戦闘について素人というのが、逆に恐ろしい。


経験を積み重ねれば、どこまで昇り詰めるか、見当もつかなかった。


魔法の使い道は、もちろん戦闘だけではない。


研究、開発、医療など他にいくらでも道はあるが、ユファレートならどこへ進んでも頂点を狙える。


だが、今回ばかりは相手が悪い。


「ユファレートの素質は本物です。けど、向こうには『ブラウン家の盾』がありますからね」


「あとせめて、泣いているのは演技だったり、終了の合図の後に攻撃を仕掛けるような狡さがあれば、戦力になったかもしれないけどな」


ユファレートは、まだ悔し涙を零している。


どうしても気にはなるが、確認しないといけないことがあった。


「テラント、そろそろ整理整頓つきましたかね?」


テラントは、何か敵の秘密を掴んでいるようだった。


そういったことは、仲間同士で共有して知っておいた方がいい。


些細なことでも怠ると、意識の違いから連携に齟齬が発生する可能性がある。


「そうだな、話しとくか。でも先に言っておくが、ほとんど俺の推測だからな」


「はい」


「違和感があったのは、ルーアと会った後からだ」


ゲンク・ヒルがランディに殺される少し前となる。


ランディ・ウェルズの仲間を捕まえたという報告が入り、何人かと一緒にテラントは応援に行った。


「俺は、すぐにゲンクの助けにいけないほど離れた場所にいた。魔法で速く移動すれば、間に合ったかもしれないルーアは、兵士たちに足止めされた。お前たちは?」


「同じく、足止めされていました。魔力の特徴からして、ジグ。あとは、レイブルでしょうね」


姿は直接は見ていないが、わかる。


魔法の波長には、個人差があるのだ。


「ゲンクを助けられる可能性があった者は、全員が動きを封じられた。こっちの戦力を、見透かすかのようにな」


「僕は、誰か他に雇われた人が、情報を売ったのだと……」


「俺もそれは考えた。けど、その後も。宿の奇襲は正確に、俺とルーアの部屋を狙ったものだった。そしてさっき俺は、身を隠していたに拘わらず、居場所を特定されていた」


「……誰かが、僕らの情報を流している? 誰が?」


「……俺たちの中で、最も情報とかに強そうな奴は?」


「それは、あなたでしょう、テラント」


テラントは元々は、国家に忠誠を誓う軍人だった。


情報を扱うこともあったという。


一介の旅人になってからも、妻の仇を捜すため、多くの情報屋と接触している。


「もちょいよく考えろ。もっと他に、明らかに知りすぎな、怪しい奴がいるだろ」


はっと思い浮かぶのは、全身が白い、奇妙な出で立ちの男。


「……エス?」


「多分な」


だとしたら、なんのために。


「疑ったきっかけは、ランディだ。あいつ、俺を殺せるところで殺さなかった」


「……おかしいですね」


「ランディは、リーザイの元軍人。エスは?」


「リーザイ王国に仕えていると……ランディを追っているのはフリで、実はランディと繋がりがあり、僕らの情報を流している?」


テラントが言いたいことが、わかってきた。


ルーアがランディを追跡するのに協力しておきながら、ランディにも協力している。


ランディの仲間を処分するために、自分たちを雇っておきながら、妨害する。


もしそうだとしたら、たしかに茶番だった。


「目的が、わかりませんね」


「俺たちに、ジグたちを始末してもらいたい。これが、表向きの理由。本当は、他にやってもらいたいことがある。だから、俺たちは殺せない」


「死にそうな場面もありましたが……」


「まだ俺たちを、試している段階だったんだろ。さっきランディに、合格と言われた」


「……」


「ジグたちも、俺たちと同じような話を振られているんじゃないか? だから、ジグの攻撃は積極的だった」


「だとしたら、僕たちとジグたち、天秤にかけられているかもしれないですね」


生き残った方を、利用する。


必要な方を、生かす。


ルーアも、駒の一つなのだろう。


彼は何も知らない。


シーパルたちが関わることを、迷惑がっていた。


「……テラント、あなたはこれからどうするのです?」


「……このままさ。正直、俺が欲しい情報がちゃんと得られるのなら、どうでもいい。けど、なにも知らないまま利用されているのは癪に障るからな」


「あくまでも、推測ですしね」


推測が全て当たっているとしても、ランディとエスの真の目的はわからない。


ならば、まずは眼の前を見ることだった。


まだ、戦闘は残っている。


ユファレートは、いつの間にかいなくなっていた。


こっちは二人。

デリフィスが間に合っても三人である。


厳しい戦いになるかもしれない、とシーパルは予感した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます