散り消え行く者

四人で火を囲み、地べたに座っていた。


レイブルは、頭部へのダメージを受けたためか、ろれつがおかしい。


二、三言話すと、あとは黙ってしまった。


傷は、帽子で隠してあるので、よく見えない。


グリップは困惑し、ジグは憤っていた。


「わざと、奴らを逃がしたな、ランディ?」


ジグの口調は、詰問するかのようだった。


「彼らを倒す引き換えに、ジグ、お前を失うところだったのだ」


「俺一人の命よりも、奴ら三人を殺すべきだっただろう」


「それでは、困るのだ。エスはどうか知らないが、私は望まない」


グリップの眼の色が、変わった。


「意味が、よくわからないな、ランディ」


「エスは、戦力となる人材を求めている。テラント・エセンツたちは、その候補。だからエスは、彼らに協力している」


「エス……俺たちの前に現れた、白い男か。敵と、繋がりがあると」


「彼らの力を、エスは測っている。お前たちと戦わせることでな」


「俺たちは、そんな理由で戦わされていたのか」


「納得できるとは思わない。だからせめて、私は道を残した。お前たちは勝てば、ストラームの傍にいれる。『コミュニティ』に怯える必要もなくなる」


「待て」


ジグが口を挟んだ。


「俺たちが、無理に争う必要はないのではないか。俺たちも、奴らも、エスに協力すればいい」


「エスは、この程度で死ぬような弱者は、淘汰されればいいと考えている。それに、テラント・エセンツたちは引かんぞ。おそらく、何かしらの報酬が約束されている」


「戦闘は避けられないか」


グリップが、新たに準備した剣を抱くようにしながら言った。

兵士が使っていた物である。


「ジグも奴らも失うのは望まない、と言ったな。それはどういうことだ」


「私としては、勝つ方には全員生き延びて欲しい。それが、ストラームやルーアのためになる」


「……わかった。どの道、俺たちは勝つしかない。それは決まっていたことだ」


「待てグリップ」


立ち上がったグリップを、ジグが制止した。


「まだ、確認しないといけないことがある」


眼を光らせた。


「俺たちは、ランディ、お前を味方だと考えていいのか?」


「……お前たちが望んでくれるならば、お前たちの勝利のために剣を振るうつもりだ」


「今こうして、全部話してくれているんだ。疑うなよ、ジグ。お前たちもランディも、俺が連れてきたんだ」


「お前は甘すぎる。……だが、お前が言うなら、ランディを信じよう」


ジグの言葉に、レイブルも無言で頷く。


たいしたものだ、とランディは素直に思った。


ジグやレイブルといった男たちに、グリップは信頼されている。


もし、道を踏み外していなければ、何かやり遂げていたかもしれない。


「お前がリーダーだ、グリップ。だから、もう一つ、お前が決めろ」


ジグが、後方を親指で差した。


遠くに、火の光が見える。


先程、テラント・エセンツたちと戦闘した場所に近い。


彼らは、そこにいる。


「すぐに戦いを仕掛けるか、時間を開けるか、だ」


どちらを選んでも、利点と欠点がある。


理由はわからないが、テラント・エセンツたちは人数が欠けている。


時間を開けると、相手の戦力が合流する恐れがあった。


だが、時間が経過するほど、消耗したジグとレイブルは回復できる。


「日が、地平線に触れるまで」


しばし迷って、グリップが言った。


ランディならば、即座に戦いを仕掛ける。


人数の多さが、数少ないこちらが勝る点だからだ。


だが、口は挟まなかった。


リーダーはグリップである。


「狙い目は、魔法使いのお嬢ちゃんだな。ジグの話を聞く限りでは、素人だ」


それは、おそらく正しい。


戦闘が始まったら、彼女は何もできずに死んでいくだろう。


それも、仲間の足を引っ張りながらだ。


そうなれば、こちらの勝ちだった。


ランディだったら、戦闘経験が乏しい者は、参加させない。


テラント・エセンツはどうするか。


もし戦力と計算して近くに置くのならば、まだまだ甘く、若い。


いずれ、答えは出る。


そしてそれが、勝敗の分かれ目になると、ランディは確信していた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


辺りが、薄暗くなってきた。


テラントは、大胆にも寝転がっていた。


小さく、寝息を立てている。


これまでの戦闘で、最も負担がかかっていたのは、間違いなく彼だった。


今は、身動き一つしない。

寝返りする体力の消耗すら惜しい、という感じだった。


見張りは、シーパルが受け持った。


ずっと山の中で生きてきた。


ヨゥロ族はみな、人並み外れて視力がいい。


シーパルは、意識を緊張させた。


アジトから向かってくる、人影が四つ。


「……来るか」


起こすまでもなく、テラントが頭を上げた。


一瞬、シーパルは寒気がした。


普段よりも、テラントが纏う空気が鋭くなっている。


この男がいれば、とシーパルは思った。


相手がどれほどの手練れだろうが、人数が多かろうが、負けることはないような気がする。


「調子はどうですか?」


「微妙」


テラントは、軽く体を動かし、凝った関節を解し始めた。


「デリフィスの野郎は……遅刻か」


「そのようです」


「あとでお仕置きだな」


「ティアに付けたのは、あなたでしょうに……」


ランディたち。

近付いてくる。


「どう戦うべきか、わかるな?」


問い掛けに、シーパルは首を縦に振った。


短期決戦。


それしかない。


それも、最初の交錯で、誰かを倒したい。


ランディ、ジグ、レイブル、シーパルは初めて見る、褐色の肌の剣士。


いずれも、危険な雰囲気だった。


単純な戦力としては、こちらが劣る。


まともにぶつかれば、消耗していくのはシーパルたちだった。


そして、時間が経過するほど、力は擦り減り、苦しい状況となっていく。


「残念ながら、俺は万全とは言えん。だからシーパル、お前を中心に戦う」


「はい」


「好きにやっていい。俺はそれに合わせる」


かなり、距離は詰まってきた。


もう少しで、魔法は届く。


大声を張り上げれば、聞こえるだろう。


今更、掛け合う言葉はないが。


シーパルには、相手が一枚岩だとは思えなかった。


ランディが彼らに加わったのは、最近なはず。


十分な信頼関係が築かれたとは、思えない。


そして、ランディが加わらなければ、自分たちと戦うことはなく、兵士を失うこともなかった。


猜疑心が生まれてもおかしくない。


それは、森でのランディとジグとのやり取りからもわかる。


どれだけ仲間だと自分に言い聞かせても、どこか信用しきれない。


人の心は、それほど単純ではない。


命が掛かる場面では、尚更だった。


魔法が届く間合いに入った。


突くべきは、その心の隙。


シーパルは、腕を振り上げた。


この距離なら、どのような魔法でも、有効打にはならない。


受け止めることもかわすことも、難しくはないはずだ。


構わなかった。


「ヴァル・エクスプロード!」


巨大な火球を、ランディたちの前に叩きつける。


さらにシーパルは、破壊的な魔法を、所構わず何発も放った。


辺りがすっかり、土煙と炎に覆われる。


急減した魔力に膝が折れそうになるが、シーパルは耐えて左に走った。


テラントが、黙ってついて来る。


移動しながらも、魔法は放ち続けた。


この状況では、視覚も聴覚も正常には働かない。


当てることが目的ではなかった。


次々と魔法が飛んでくる状態では、四人でまとまってはいられない。


そして、ランディと、褐色の肌の剣士には、シーパルたちの正確な位置はわからないはずだ。


だが、ジグとレイブルは別である。


魔法使いは、他者の魔力が感知できる。


煙を吸い込み、咳込みながらシーパルは走った。


いつの間にか、テラントは姿を眩ましている。


前方に、レイブルの姿。


やや離れた右手にはジグ。


ランディたちの姿はない。


望み通り、『悪魔憑き』が突出してくれた。


もしこれだけ掻き回しても団結していられたら、一旦退却して、いつ来るかわからないデリフィスやルーアを待つしかなかった。


シーパルとレイブルが、同時に手を上げる。


ジグからも狙われているのはわかっているが、距離がある。


そして、手が回らない。


「ライトニング・ボール!」


シーパルは叫び、光球を放った。


レイブルの声は、くぐもっていてよく聞こえなかったが、同じ魔法である。


ルーアに、頭を叩き割られた影響が残っているのだろう、ごく小さな光球。


シーパルの光球も、魔法を連発した直後のため、たいした威力はない。


いきなり、テラントが土煙から飛び出してきた。


レイブルの光球を、光の剣で斬る。


至近距離で破裂した光球に、テラントはたたらを踏んだ。


(また無茶なことを……!)


だがその一瞬の閃光が、レイブルには眼眩ましになったのだろう。


障害がなくなり突き進む、シーパルが放った光球が、レイブルの胸を穿つ。


「……かっ!?」


レイブルは、体を震わせた。


テラントが、ダメージはあるはずだが、再び土煙へと飛び込む。


シーパルは、照準をレイブルに合わせた。


「フォトン……」


「させるかぁ!」


ジグ。

ここまで魔法を使っていない。


だから、ジグの魔法の方が早く発動することはわかっていた。


だが。


もう、驚きを通り越して呆れるしかなかった。


一体、どういう身体能力をしているのか。


テラントが、ジグのすぐ真横に踊り出た。


残ったジグの右腕が切断される。


「……ブレイザー!」


シーパルが放った光線が、動けないレイブルの上半身を吹き飛ばした。


テラントが、光の剣を振るう。


ジグの体を袈裟斬りに斬り裂き、返す刀で首を撥ね飛ばした。


地に、頭部が転がる。


時間を置いて、ジグの体が仰向けに倒れた。


テラントは、空気を求めるように喘ぎ、片膝をついた。


やはり、無理をしている。


テラントの所へは、向かえなかった。


シーパルへと向かってくる影。


褐色の肌の剣士だった。


シーパルは、指を向けた。


「グランド・ジャベリン!」


大地から、無数の錐が突起する。


細かいステップでかわし、あるいは剣で払い、迫る褐色の肌の剣士。


この男もまた、人間離れした動きだった。


シーパルは後退しかけて、それでも踏み止まった。


まだ、魔法は持続している。


シーパルが動けば、狙いがずれる。


この男も、無理をしているはずだった。


危険だとわかっていながら、退かずに向かってきている。


我慢比べだった。


先に逃げた方が、劣勢となる。


両者共に譲らないのならば、シーパルの魔法を操作する技術と、男の身体能力の勝負だった。


男の射抜くような視線に、シーパルは怯みそうになった。


この男は、止まらないのではないかと思う。


剣が喉元に迫り、シーパルは身を翻した。


褐色の肌の男が、シーパルの横を通り過ぎ、地面を転がる。


左足のふくらはぎから、おびただしい出血をしていた。


大地の槍が、貫いたのだ。


それが、男の前進を半歩分遅らせた。


もし、それがなかったら。


シーパルは、自分の首筋に触れた。


血は出ていないが、痺れたような感覚がある。


汗が吹き出た。


紙一重の勝負だった。


男が、剣を杖代わりにして立ち上がる。


短い間に、様々な攻防を繰り広げた最初の交錯だった。


そして、シーパルたちには、最良の結果となった。


『悪魔憑き』二人は死亡。


褐色の肌の剣士は、足に重傷を負った。


ふと、シーパルは呻きを耳にした。


ランディ。

シーパルに剣先は向けていたが、足は完全に止まっていた。


胸を押さえ、苦悶の表情を浮かべている。


顔色は真っ青だった。


(……?)


何が、あった?


「ぼさっとすんな!」


テラントの声。


「終わらせるぞ!」


褐色の肌の男に斬り掛かる。


そうだ。

あとこの男さえ倒せば、自分たちの役目は全うしたことになる。


テラントの剣を弾き、しかし男はよろめいた。


シーパルは、掌を向けた。


その足ではかわせないはずだ。


だが、強烈な重圧に、シーパルは振り向いた。


ランディが、跳ねるように駆け出した。


悲鳴を上げそうになる。


無駄と知りつつ短槍を投げ付け、シーパルが次にとった行動は、逃亡だった。


「フライト!」


後方に飛ぶ。


唸りを上げて振り下ろされたランディの剣が、シーパルの体をかすめ地面をえぐった。


恐怖に感情を支配されながら、飛行の魔法を持続する。


魔法使いでは、ランディに歯が立たない。


とにかく、距離を取ることだ。


誰かとすれ違い、シーパルは飛行の魔法を解除した。


ランディが足を止め、眼を細める。


「遅かったな、デリフィス」


テラントは、口許を緩めていた。


「もう、大詰めだ」


「……」


デリフィスの溜息が聞こえた気がした。


「……最後くらい、譲ってもらうぞ」


「好きにしろ、よ!」


テラントが、剣を抜きランディに激しく斬り掛かった。


火花が散る。


「俺は俺で、こっちと続きがある!」


ランディが、小さく笑った。


テラント。

まだ頭部の負傷の影響は残っているはずだが、ランディの相手を一人でできるのか?


シーパルが参加しても、邪魔になるだけである。


デリフィスは、テラントたちには興味なさ気で、褐色の肌の男へと歩みを進めた。


「……グリップ」


「……よぉ、デリフィス」


褐色の肌の剣士、グリップの頬を、一筋二筋と汗が伝った。


それは、足の痛みのためか、別の理由か。


デリフィスは、グリップの左足を見つめた。


次に彼が何を言うか、シーパルはわかるような気がした。


「……シーパル。グリップの怪我を、治してくれないか?」


(やっぱり……)


激高したのは、グリップだった。


「おい! おいおい! 馬鹿にしすぎだ、デリフィス!」


「馬鹿にしている訳ではない。ただ俺は、万全なお前を斬りたい」


「それを馬鹿にしてるって言うんだ! いいか! この怪我は、俺がそこの緑のに劣って、戦場で受けた傷だ! お前だったら、それを言い訳にするか!?」


「……わかった、命は貰うぞ」


「こい!」


グリップが、剣を構えた。


気が漲っている。


デリフィスが、地を蹴り一瞬で間合いを詰めた。


グリップは、なんとかデリフィスの剣を受け止める。


それは、称賛に値することだった。


足を引きずりながら、デリフィスの剣を受けることができる者は、そうはいない。


しかし、グリップの抵抗もそこまでだった。


次の斬撃で、グリップの剣が跳ね上がる。


そして、デリフィスの剣が、グリップの肩口を深々と斬り裂いた。


「……ちくしょう」


心臓にまで達するほどの傷に、グリップの体が痙攣する。


「……強ぇなぁ……やっぱり……」


グリップは微笑し、地に伏した。


「……終わりましたね」


「まだだ」


デリフィスは、剣を空振りさせて、刃に付いた血を切った。


「テラントが満足していない」


絶え間無く続いていた剣撃の音が、途切れる。


テラントが、口の端を上げた。


「俺たちの、勝ちだな」


「そのようだ」


静かにランディは認めた。


「自分の眼を、節穴だとは思わない。グリップたちにも、それぞれ見所はあった。だが、全ての面で、お前たちが勝っていた」


「これ以上、続ける必要はない。けど、久しぶりに興奮しちゃってるんだ。もちょい、付き合ってもらえるか?」


「いいだろう。私も久しぶりに、いささか血が熱くなっている」


短く気を吐き、再び二人はぶつかった。


激しく剣を打ち合わせる。


一撃必殺の斬撃の応酬だった。


まるで竜巻と竜巻が、ぶつかり合っているかのようである。


それが、五分、十分と続いた。


一体、どれほど剣を合わせたか。


まず、ランディが動きを止めた。


二人とも、激しく肩で息をしている。


ランディが、咳込んだ。


そして、何かを飲み込む。


口の端から、血が溢れ出た。


「……残念だけど、ここまでか」


テラントは、剣を収めた。


「……いいのか?」


「これ以上は、エスに文句を言われそうだしな」


「そうか」


「楽しかったぜ」


お互いに、背を向けた。


「……いいんですか?」


シーパルは、愚問をしてしまった。


テラントの顔は、満足感に浸っている。


「十回勝負すれば、五回は勝てる。六回勝てるかはわからん。ランディも、同じふうに感じたかもしれんがな。俺としては、十分だ。それにあとは、ルーアの仕事だろ」


テラントは肩越しに、遠ざかるランディの背中に眼をやった。


じゃあな、彼は小さく呟いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます