それぞれの理由

誰かがなにかを企んでいる。


それを、テラントは感じていた。


ゲンク・ヒルが、ランディ・ウェルズに殺害された。


間違いなく、自分は当事者になるだろう。


だが、駆け付けた警官は、テラントと、彼の旅の連れであるデリフィスとシーパルを、警察署に連れていくことはなかった。


他の連中は連れていったのにだ。


案内されたのは、近くの宿だった。


部屋までとってあった。


あまりにも怪しいが、とりあえず様子を見ることにした。


シーパルが、いくらか疲労している。


ずっと、デリフィスと一緒に魔法の炎に捕われていたらしい。


狙われていたとしか思えない。


こちらの戦力を理解していたのだろう。


そして、自分たちを遠ざけ、あるいは封じた。


テラントが調べた、これまでのランディのやり方とは違う。


ランディは、単独で動いていた。


そして、力押しだった。


たまたま今回は、やり方を変えただけなのか。


夜更けだったが、眠れるわけがなかった。


『部屋を出たまえ』


不意に声が聞こえた。


(……幻聴?)


そう思ったが、それにしてははっきりと聞こえた気がする。


『幻聴ではない。部屋を出たまえ』


(何者だ……!?)


魔法道具に手をやりながら、思考の中で問う。


『来ればわかる』


怪しいが、テラントは覚悟を決めた。


宿に案内されたところから、おかしいのだ。


ならば、この誰かさんの誘いに乗るのも一興か。


テラントが部屋を出るのとほぼ同時に、デリフィスとシーパルの部屋の扉が開いた。


「お前らも、聞こえたか?」


デリフィスが、無言で頷く。


シーパルは、神妙な顔付きだった。


『105号室に入りたまえ』


また声。


三人で顔を見合わせる。


たしかに、全員が聞いていた。


105号室は、テラントの部屋の向かいだった。


ドアノブに手を掛ける。


ノックはしなかった。


少しだけ広い部屋だった。

二人部屋だからだろう。


ベッドが二台並んでいる以外は、あまりテラントの部屋と変わりない。


ベッドには少女が二人、寄り添うようにして座っていた。


たしか、ルーアと一緒に連れて来られていた少女たちだ。


そして、部屋の中央には、頭髪から靴の爪先まで、白でコーディネートされた男。


「やあ。わざわざすまないね」


その白い男が言った。


頭の中に響いていた声と同じである。


「まずは自己紹介をしておこうか。私はエス。テラント、君は会っているはずだが、ルーアの協力者だ」


名前を知られていることに、わざわざ反応などしない。


調べる手段などいくらでもある。


エスと名乗った男は、デリフィスに手を向けた。


「無駄なことはやめたまえ」


デリフィスは、剣の柄に手を掛けていた。


「私は、少しばかり特殊でね。戦闘能力というものが皆無なのだよ。生まれたての赤子に、毛ほどの傷をつけることもできない。その代わりというわけではないが、いかなる武器も魔法も、私には届かない」


両手を拡げ、無防備な姿を見せる。


不気味ではあるが、危険は感じない。


テラントは、唇を舐めて湿らせた。


「なんのために、俺たちを呼び出した?」


「君たちに、依頼があってね」


「依頼?」


「ルーアが追う、ランディ・ウェルズという男のことだ」


「ああ。あれ、ね……」


暗い廊下に佇む、足下にいくつもの死体を従えた黒髪の剣士。


先程会ったばかりだった。


戦っていたら、結果は際どいことになっていただろう。


ランディの心臓を貫いた直後に、自分の首を撥ね飛ばされている、というような。


「あれとやりあえってんなら、断るぜ。賞金額の、百倍貰えてもだ」


たしか、たいした額ではなかったはずだ。


ゲンクからの報酬が高額だったため、あまり興味がなく、記憶が曖昧だが。


「あんな額で人を動かそうとは思わんよ。どう考えても釣り合わないはずだ。そう思われるよう、私が設定した」


「私が……設定した?」


「無駄に、賞金稼ぎの死人が増えるだけだからな」


こともなげに言う。


ランディが殺害した者の中には、大臣もいたはずだ。


おそらく、賞金額には少なからず、国家の意向も反映されているはず。


それに関わるには、同等の権力が必要となるだろう。


「……あんたほんとに、何者なんだろうな? 俺たちが警察に拘束されないようにしてくれたのも、あんたなんだろ?」


「名乗ったはずだ。エス、とな。あと言えるとしたら、リーザイ王国に仕える情報を司る者、というところか」


リーザイ王国。

大陸東に位置する、大国である。


「……そいや、ランディは、リーザイの軍隊の出だったな」


「そう、ランディ。話を戻すが、ランディを倒して欲しいのではない。彼の仲間を倒して欲しい」


「仲間?」


「会っただろう? 『コミュニティ』を裏切った者たちだよ」


「会ったな、たしかに」


ゲンクの別荘に向かう途中で遮られた。


なぜ、と思ったが、ランディの仲間ならば話は簡単だ。


仲間の目的のために協力した。

ただそれだけだろう。


「人数は?」


「四十人ほどだった。君とルーアが少し減らしてくれたおかげで、今は約三十五人というところだ」


「それは……相当払って貰わんとな」


「残念ながら、私には国庫を動かす権限はなく、かと言って、たいした私財があるわけでもない。したがって、君らが納得できる金額は用意できない」


「話にならん」


「私に準備できる報酬は、情報だよ」


エスが笑った。


普通の人間なら何気ない仕種だろうが、この男だと、変に身構えてしまう。


「例えば……こんな情報ならばどうかね? ユファレート・パーター」


「は、はい!?」


ベッドの上で小さくなっていた少女の一人が、驚きながら返事をする。


長い黒髪の美少女である。


「私なら、君の行方不明の兄を、見つけることができる」


ユファレートが、眼を見開いて身を乗り出した。


「そしてテラント・エセンツ。私なら……」


エスの笑みが深くなる。


「君の妻の仇を、見つけることができる」


一瞬、体中の血が、逆流した気がした。


冷静に、と自分に言い聞かせる。


テラントは、強く眼を閉じた。


二年間、妻の仇を捜してきた。


その事実を知っている者はいる。


デリフィス、シーパルは知っているし、情報屋に依頼したこともある。


誰かを問い詰めたこともあった。


この得体の知れない男が知っていたとしても、不思議ではない。


まずは、確かめることだった。


「……本当に……見つけられるのか?」


少し声が裏返った。


「私は、常人が一年かけなければ調べ上げられないことを、一日で調べることができる」


「……突拍子もない話だな。……証明できるか?」


「原理の説明は難しいな。君たちでは理解できない言葉だと思う」


「ずいぶん高いとこから物言うんだな……」


「ああ、すまんね。別に悪気はないのだよ。これは、単に得意分野が違うだけ、ということだ」


肩をすくませる。


「私の能力を君たちが理解できないことと同じように、君のような一流の武芸者の、勘や経験というものが、私にはさっぱり理解できない」


「……また話が逸れたな」


「これは失礼。私の能力の証明、だったな」


エスは、小さな円を描くように、部屋の中を歩いてみせた。


こつこつこつ、と足音が鳴る。


それが、ひどく不自然なことに感じられた。


「こんな話でどうかね? あれは二年前、肌寒く、小雨がぱらつく朝だった」


「……」


「妻に見送られ家を出て、坂を下り、ふと振り返ると、家から火の手が上がっている」


こつこつこつ……足音が響く。


「彼は慌てて家へと戻り、そして、信じられない光景を眼にする」


エスが足を止めた。


「黒装束の男たち。リビングの中央に、両手に小剣を持つ、小柄な男。その足下には、横たわり身動きしない、愛する妻の姿。彼は小柄な男に斬り掛かり、剣は男の左耳をかすめた……」


ダン!


激しい音が、室内に響いた。


デリフィスが、床を蹴った音だった。


剣を一閃させる。


エスの肩から脇腹までを両断したはずだが、彼は平然としていた。


衣服に破れもない。


デリフィスの剣にも、血の一滴もついていなかった。


「なんだ……本当に斬れないんだな」


剣を収めると、何事もなかったかのように、テラントの隣へと戻ってくる。


「……なにやってんだ、お前?」


テラントが呻きながら問うと、デリフィスは無言でこちらを指してきた。


いつの間にか、シーパルが腰にしがみついていた。


それも、いくらかテラントが引きずった後のようである。


「いやぁ、さすがに、二人同時には止められなかったです」


シーパルの、普段は人懐こい顔が、強張っていた。


「……俺は、冷静だぜ?」


テラントは、いくらか乱暴にシーパルを振り解いた。


一度、息をつく。


「趣味悪い真似するじゃねぇか」


「君は、特別疑い深いようだからね」


もう、怒りはなかった。


自分のことで怒ってくれる奴がいる。


自分の怒りを止めてくれる奴がいる。


その実感が、テラントを冷静にさせていた。


「質問」


黙って事の成り行きを見守っていた、童顔の少女が手を挙げた。


「本当に、ユファのお兄さん見つけられるんだよね?」


「生きてさえいればな」


「どれくらいの時間で?」


「最長でも、一年かからずに」


「なら、あたしたちは引き受けるわ」


「ティア!?」


ユファレートという少女の方が、慌てた。


「また勝手に……それじゃティアまで危ないじゃない!」


「ちょっとやそっとの危険なんて、今までに何度もあったでしょ。一年間手掛かりなかったんだよ? こんなチャンス、逃せないわよ」


ティアという少女は、睨むような勢いでエスを見た。


強い眼をしている。

テラントはそう思った。


「引き受けるわ。その代わり、約束守ってね」


「必ず見つけ出すと誓おう」


ゆったりとしたエスの口調。


少女二人をルーアの味方につけた、ということになるはずだが、特に感慨深い顔もしていない。


「あとは君たちだが」


「……引き受ける。ただし、こいつらは関係ねぇ。俺だけだ」


「……おい」


デリフィスが呻くが、テラントは無視した。


「……君だけでは、困るのだよ」


「俺の嫁の仇の情報が欲しいのは、俺だけだ」


「だが私は、デリフィス、シーパル、彼らの力も必要としている」


「俺が三人分働く。それで……」


いきなり、尻を蹴られた。

頭をはたかれた。


「引き受けよう」

「引き受けます」


デリフィスとシーパルが、同時に言った。


「お前らな……!」


「必ず見つけ出すと約束する」


エスは、少女たちに向けたときと同じような、口調と表情だった。


姿が薄れ、空間に溶けて消えていく。


なかなか面妖なことだが、いちいち驚くことにも飽きた。


そんなことよりも。


テラントはデリフィスの肩を掴んでいた。


「お前らなぁ、せっかく俺が……」


逆に、デリフィスに胸倉を掴み返される。


「くだらないことは言うなよ。そして、くだらない気の遣い方をするな」


デリフィスの手に、力が篭る。


「今更、だろうが」


なぜか、シーパルはくすくす笑っていた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


『起きているかね?』


声が聞こえて、ランディはうっすらと眼を開いた。


仰向けになっていた。


そして揺れている。


馬車で移動している最中のようだ。


振動が、傷を負った脇腹に響くが、耐えられないほどではない。


おそらく、魔法で治療を受けたのだろう。


(……なんだ?)


思考の中で、エスに問い返す。


『なぜ、傷を負った? それほどの相手はいなかったはずだ』


(……油断、していたのだろうな)


『油断? 君が? そんなことはありえないな』


(過大評価は、人を駄目にする)


『病の影響かね?』


(……)


傷など、どうでも良かった。

傷を負った理由も。


腹を刺された直後に、男のことは屠っている。


自分は生き延び、男は死んだ。

その事実だけ噛み締めればいい。


(……用件は?)


『守護者候補が見つかった。四名だ』


(ほう……)


『うち二名とは、君も会っている』


(……誰だ?)


『ティア・オースターと一緒にいた娘だよ。ユファレート・パーター』


あまり、印象になかった。


『ブラウン家の盾』を奪うこと、ティア・オースターの存在。

その二つに意識が忙殺されていたからだろう。


(もう一人は?)


『テラント・エセンツ。ゲンクの別荘で、ルーアの助けに入った男だ』


(ああ、あの男か……)


二十代半ばくらいの、金髪の男だった。


(あれはいいな。強い。単純な戦闘能力もそうだが、おそらく精神的にもかなり強い)


佇まいが並の男とは違った。


相当な修羅場を潜ってきたことだろう。


『真に彼らが守護者となれる力があるか、試したい』


(急ぐのだな)


『時間がないとは、常々言っている。彼らは現在……』


宿の名前を告げて、エスの声が消えた。


(さて、どうするか)


しばらくランディは、馬車の幌を眺めていた。


エスの意図はわかる。


誰を利用すればいいかもわかる。


だが、利用するのは困難だった。


「グリップ、いるか?」


「ん? お、起きたか」


グリップが、荷台を覗きこむ。


「……どこへ向かっているのだ?」


「俺たちの、アジトさ。まあ、アジトってほど、立派なもんじゃないが」


「そうか」


どうやって、騙すか。


考えてかけて、やめた。


自分があまり口がうまくないことを、ランディは自覚していた。


「グリップ」


「なんだ?」


「私を追う者と、その仲間の居場所がわかった。五人、もしくは六人だと思う。彼らを倒してほしい」


「……居場所が、わかった? いつ?」


さすがに、グリップが訝し気な顔をする。


「今だ」


「寝転がってたあんたがか? どうやって?」


「方法は、言えない」


エスのことは言えない。

うまい言い訳も思い浮かばない。


だから、言えるだけのことを言った。


グリップが納得するとは思えないが、それならそれで仕方ない。


自分は、人を操るなど向いていない。


失敗したら、あとはエスにやらせればいい。


「……そいつらを、倒せばいいんだな?」


グリップの言葉がいささか意外で、ランディは身を起こした。


「私の言うことを、怪しいとは思わないのか?」


「あー、怪しいさそりゃあ。けどよ、仲間にしちまったんだから、信じるしかないだろう?」


「はっ!」


少し愉快な気分になって、ランディは寝転がった。


「なんで笑うんだよ」


「いや、すまんな」


馬車が、夜の街をゆっくり静かに進む。


「いずれ、すべて話す」


エスの意思とは関係なく。


そう決めた。


(エス、もしかしたらこの男も、面白い存在になってくれるかもしれんぞ)


エスが聞いているかどうかわからないが、ランディは呟いてみた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます