接近

窓を雪が叩く。

山小屋全体を揺さ振るような、強い風だった。


「……本格的に吹雪いてきたわねぇ」


外を眺めながら、何気ない口調でユファレートが言った。


「予報じゃ、今日は荒れるってなってたもんね」


「う……」


暖炉の火が爆ぜる。


「あと一日、フレンデルにいるべきだって、わたし言ったんだけどなぁ……」


「あーもう! あたしが悪かったわよ!」


フレンデルからヘリクハイトへ至る道は、三通りある。


ひとつは山間部を通るルート。

道は険しいが、半日も歩けばヘリクハイトに着ける。


あとふたつは、山を避けて北か南の海岸線を進むルート。

かなりの大回りとなるが、他の街を経由するため、安全だった。


今日出発することも、山間部のルートを通ることも、ティアが決めたことだった。


あと二時間もすればヘリクハイトに到着というところで、吹雪に見舞われた。

すぐ近くに山小屋があったので助かったが。


休憩や宿泊のために、街道にはいくつか、こういった無人の宿泊施設があるようだ。


暖炉と薪、簡易ベッドがあるので、寒さは凌げるだろう。


トイレはあるが、さすがに風呂はなかった。


辺りは、すっかり暗くなっている。


「あー、お腹減った……」


暖炉で焼いている途中の肉は、香ばしい匂いをさせていた。

そろそろ、いい頃合いかもしれない。


ティアは串を取った。


火が、風に揺れる。


入口の扉が開いていた。


万人向けの施設なので、他の利用者がいるのは仕方ないが。


肩の雪を払いながら入ってきたのは、よりにもよって赤毛の少年だった。


「げっ……」


呻いたのは、どちらが先だったか。


ルーアは、しばらくの逡巡のあと、ティアたちと離れた壁際に座り込む。


「……朝は怒鳴って悪かったな」


意外にも、そんなこと言ってきた。


「えっと……」


なんとなく、上手く切り返せない。


それきり、山小屋は無言になった。

風と、暖炉の火が爆ぜる音のみ響く。


なんという気まずさ。


ティアは、フレンデルでの激昂したルーアの姿を思い出していた。


今は、寒さに身を震わせて、大人しくしている。

まるで別人である。


ティアたちは、暖炉の前を空けた。


「火に、当たったら?」


ルーアは面倒そうに顔を上げた。


「……俺は別に、ここでいい」


「よくないわよ。唇真っ青よ」


「いいんだ」


「あのねぇ……」


ティアは床を叩いた。


「ガタガタガタガタ震えてる人ほっといて暖炉前占拠してたら、あたしたちが悪人みたいでしょ! いいからそこ座りなさい!」


まくし立てると、なぜかユファレートが吹き出した。


ルーアは、きょとんとしている。


「ああ、まあ……わかったよ」


彼はのろのろと動き出すと、暖炉の前に座った。

雪で湿った髪から、水滴が落ちる。


ティアは暖炉から串を回収すると、ルーアから離れて座った。

ユファレートが準備した木製の器に、串を並べていく。


ルーアの腹が鳴った。


「……なによそのタイミング」


「……別に狙ったわけじゃない」


旅行者にしては、ルーアは驚くほど軽装だった。


ほとんど、荷物らしい荷物を持っていない。


食料どころか水すら携帯していないようだ。


「ティア、たくさんあるんだから少しくらい……」


「ユファは甘いのよ」


また、腹の音。


「あああもう、うっさい! じゃあ売ってあげるわよ。二十万ラウで」


「……どんだけぼったくりだ」


「じゃあ、土下座しながら『お恵みください』って言えたら……」


「断る」


「なによー。せっかく譲歩してあげてるのに」


「土下座要求しといてなに言ってんだ。別にいらねぇから、いいからほっとけ」


「あっそ」


ティアは串をくわえた。

ちょうどいい感じに焼き上がっている。


「あーおいしっ。とってもデリシャース」


「……なんてムカつく女だ」


「自分の食事も準備できないのが悪いんじゃない」


「俺の分は、勝手に準備されるんだよ」


「はぁ? って、うわっ!?」


ルーアの背後に、音もなく白い人影が現れた。


今朝も見た、全身真っ白な男である。


「珍しく、少し遅かったな」


「ヘリクハイトを捜していた。予定よりずいぶん遅れているが、道にでも迷ったかね」


「……」


沈黙。

どうやら図星らしい。


白い男は、ルーアに小さな袋を放った。


「乾パンと干し肉しか、用意できなかった」


「十分だ」


「移動しながら食べたまえ」


ルーアは、外に眼をやった。

窓枠が、吹雪で激しく動いている。


「止むか?」


「一分後」


「わかった」


そして白い男は、やはり音もなく消え失せた。


「……なんなの、あの人?」


「さあな。俺も、あいつのことはさっぱりわからん。俺が聞きたいくらいだ」


ルーアは、食料を手に立ち上がった。

入口へと向かう。


「ちょっと! 外に出る気?」


「吹雪は止む」


袋から乾パンを取り出し、かじる。


「あいつの天気予報は絶対に外れない。なんでかは知らねぇけど」


そして。

その言葉通り。


ルーアが山小屋を立ち去ってすぐ、吹雪はやんだ。


◇◆◇◆◇◆◇◆


おそらく、そろそろ日付が変わるくらいの時間帯だろう。


到着した。

ヘリク国首都ヘリクハイト。


この街の商人ゲンク・ヒルを、ランディは狙っているはずだ。


当然、この街に潜伏している可能性が高い。


真夜中にも拘わらず、街はまだまだ眠りそうになかった。


人々が行き交い、街灯が街並をはっきりと照らす。


適当に進みながら、ルーアは訝しく思った。


エスからの指示がない。


街に入るとたいてい、まず泊まる宿を指定される。


(……もしかしたら、今晩にもランディが動く、か?)


すぐにでも、ゲンクの元に向かうべきかもしれない。


そのためにまずは、ゲンクの居場所を知る必要がある。


この時間帯なら、普通なら屋敷にでもいるだろうが、命の危険を感じているのなら、どこかに身を隠しているかもしれない。


とりあえず調べられそうなのは、屋敷の場所か。


ヘリクハイトではかなりの有名人になるので、そこいらの人でも知っているかもしれない。


ルーアは、人々の顔を物色し始めた。

この時間帯は特に、話し掛ける相手を選ばなくてはならない。


気の荒そうな奴は、当然避ける。


(……て、おい)


明らかに気の荒そうな人種が多いことに、ルーアは気付いた。


そして、ルーアを注視している。


(またこのパターンかよ……)


道を、十人程度の屈強な男たちに遮られる。


「用件はわかるな?」


男の一人が言った。


「さっぱり」


「ランディ・ウェルズの仲間だろう? 着いてきてもらおうか」


(……さて、どういうことだ?)


男たちは多分、ゲンクに雇われているのだろう。


そして、ルーアとランディが仲間だと勘違いしている。


フレンデルの騒ぎが伝わっていたのだろうか。

だが、あれは今朝のことである。


もっと事前に情報を得ていた。

だから、待ち伏せができた。


だとしたら、嘘の情報を掴まされている。


ルーアが足止めされて都合がいいのは、追われているランディだろうが、こんな策略は彼らしくない。


そもそも、ルーアが追跡していることも知らないだろう。


こちらには、エスがいるのだ。

ルーアの情報は簡単には漏れない。


(……誰かが、ランディに手を貸している?)


疑問が湧いたが、まずはこの状況を打破することだ。


ここで騒ぎを起こすのはまずい。

なにより、ゲンクに完全に敵だと思われるだろう。


理想は、このままゲンクの元にでも連れていかれ、そこで誤解を解き、彼の警護に当たる、というところか。


そんな都合良く事が進むはずもないが。


「あ」


と声がした。


横目で見ると、ティアと、ユファと呼ばれていた少女だった。


ルーアが山小屋を出てそれほど経たないうちに、彼女たちも出発していたのだろう。


ティアは、こちらの面倒そうな状況を見て、口許に手を当てた。


『ぷっ』と笑う。


「……」


そして、舌を出した。


「はっは」


なんでか、乾いた笑いが出た。


ルーアは手を振った。


「やあ、オースター」


できるだけ爽やかに微笑み、できるだけ清々しい声で。


「なっ……!?」


後退るティアたちを、男たちがじっと見ている。


「……お嬢ちゃんたち、こいつの知り合いかい?」


「し、知りませんっ!」


「ああ、知り合い知り合い。友達。大親友」


「あんたねぇ!」


「ちょっと、付き合ってもらおうかな」


隠れていた十人ほどの男たちがさらに加わり、合わせて二十人ほどに、ルーアたち三人は取り囲まれた。


◇◆◇◆◇◆◇◆


しばらく歩かされて着いた場所には、同じような建物がいくつも並んでいた。


「ここはな」


男の一人がにやにやしながら言った。


「ゲンクさんの私有地だ。ここなら多少の騒ぎがあったところで、警察もこれやしねぇ」


(そりゃ好都合)


多分、品物などを管理している倉庫なのだろう。


遠くに大きな屋敷が見えるが、多分別荘かなにかといったところか。


ゲンクが普段住むにしては、街の中央から離れ過ぎている。


「あんたねぇ……なんかあったら責任とれるんでしょうね?」


ティアが、睨みつけてきた。

ただ、切迫した様子はない。


「そっちの……ユファ、だったっけか?」


「ユファレート。気安く愛称で呼ばないで」


当のユファレートではなく、ティアの方が要求してくる。


「……そのユファレートがいれば、どうにでもなるだろ」


彼女は、間違いなく魔法使いとして、ルーアより上だった。


自信があるのだろう。

落ち着いた表情をしていた。


「無駄口を叩くな」


男が言った。


さらに十人ほどがやって来る。


羽振りのいい大商人、という感じの男はいない。


こいつらも、ゲンクの取り巻きだろう。


「ゲンク・ヒルは、こないのか?」


嘲笑が起きる。


「質問があるのはこっちだ。ランディ・ウェルズのことを、洗いざらい喋ってもらおうか」


新たに来た集団の、中央にいるスキンヘッドの男が言った。


一通り男たちの顔を見回して、ルーアはまた、スキンヘッドの男に視線を戻した。


多分この男が、こいつらのリーダーだ。


ルーアは、スキンヘッドへと歩み寄った。


舐められているのだろう。

男たちは誰も制止しない。

ただ、にやけている。


スキンヘッドのすぐ前で、ルーアは止まった。


「ゲンク・ヒルのとこへ案内しろ」


「はっ!」


「……言い直してやる。お前らごときじゃ、百人束になっても止められないランディ・ウェルズを、俺が撃退してやる。だから、ゲンクの所に案内しろ。それが、お前らが立てられる唯一の手柄だ」


「……っ!」


スキンヘッドの顔が、みるみる赤く染まる。


剣の柄へと手が伸びた。


「このガキっ……!」


ルーアは掌を空へと向けた。


「エア・ブリッド!」


風が頭上で弾け、スキンヘッドと近くの男たちが尻餅をつく。


さらにルーアは同じ魔法を連発して、向かって来ようとしていた男たちを吹き飛ばした。


悲鳴が飛び交う。


「同じことを何度も言わせるなよ?」


男たちは、すっかり静まり戦意を喪失していた。


誰も向かってこようとはしない。


とりあえず、この場は征したと考えていいだろう。


(さて……)


あとは適当な奴に、ゲンクの所まで案内させればいい。


「ルーア!」


ティアが声を上げた。


男が一人、突進してくる。

思ったよりも骨がある奴が、一人だけいたということか。


「ライトニング・ボルト!」


無造作に放った電撃は、男に直撃するはずだった。


だが男は、まったく速度を落とすこともなく、あっさりとかわしてみせた。


「なっ……!?」


男の身のこなしが普通じゃないことに、ようやくルーアは気付いた。


左手で剣を抜き、右手は男に向ける。


しっかりと狙って放った電撃は、しかし虚しく宙を焦がしただけだった。


距離が詰まる。

その圧力に、ルーアは一歩下がった。


魔法は、使えてあと一回。

それをかわされたら、懐に飛び込まれる。


すぐに切り札を切るつもりはない。

できるだけ近距離で、できるだけ広範囲に魔法を放つ。


それで男に手傷を負わせることができるだろう。


問題は、ルーアよりも身体能力で勝るこの男の剣を、受けきれるかどうか。


男が、いきなり剣を投げ付けてきた。


「っ!?」


不意を突かれたが、なんとか剣で弾き飛ばす。


男は、腰へと手を回し、筒状の物を取り出した。


そこから光が伸び、剣の形となる。


(魔法道具……!)


その光の剣が、どれほどの強度かわからない。


ルーアの剣を断ち切る可能性もあった。


一瞬の逡巡のあと、ルーアは放ちかけていた魔法を取りやめた。


魔力を剣に込める。

刀身が、淡く輝いた。


男が、光の剣を一閃させる。


鋭い。


あまりの斬撃に受け流しきれず、ルーアはたたらを踏んだ。


剣が、手からすっぽ抜けそうになる。


突進の勢いで、男はルーアの横を通り過ぎていたが、体勢を崩すこともなくこちらへと向き直っていた。


体勢を崩し、剣の柄になんとか指が掛かっているだけのルーアの状態では、次の一撃は防ぎきれない。


このままだと、剣を叩き落とされ、返す刀でばっさり、というところか。


今度は迷わなかった。


ルーアは、剣を足下に叩きつけた。


どうせ保持できないのならば、持っていても無駄だった。


不規則に跳ね回る剣に、さすがに男の前進が止まる。


そのわずかな間に、ルーアは背後へ跳躍した。


手を突き出す。


「ファイアー・ボール!」


掌の先で生まれた火球が、男の足下に着弾し、破裂する。


街の中で使えるような魔法ではないが、この際仕方ない。


男は、無事だった。

それどころか、無傷だった。


(……今のも、かわすのかよ)


ただし後退はしたので、距離はかなり開いていた。


炎で、男の金髪が映える。

不敵な面構えをした、二十代半ばくらいの、長身の男だった。


(強い……)


ランディ並だ。


ルーアは、それを認め、身構えた。


さっきは油断していた。

そして、不意を突かれた。


それが、たやすく距離を詰められた原因だろう。


今は、正面から睨み合っての対峙である。


しばらくは二人とも動かなかった。

迂闊に仕掛けると、それはすぐ敗北へと繋がる。


張り詰める空気。


やがて。


男が口許を緩めた。


「まあ、こんなもんか」


「……あん?」


「まともな話し合いができる状況になった、ということさ」


男は、近くに転がっていたルーアの剣を拾った。


「良く使い込んでいる。いい剣だ」


刃毀れや剣を折られたりで、刀身は何度も換えたことがあるが、柄はそのままだった。


長年使い込んでいるため、ルーアの手に合わせ微妙に変形しているはずだ。


他人の手には馴染まないだろう。


男はルーアの剣を、こちらの足下へと放った。


「……どういうつもりだ?」


男から眼を逸らさないように、剣を拾う。


「お前さんはな、力を誇示したんだ。そして、一方的に要求を通そうとした。『ゲンク・ヒルに会わせろ』ってな」


「……」


「けどまあ、こっちとしては、だ。怪しい奴をほいほい連れていく訳にはいかんわけよ。だから、こっちも力を誇示した。要求を通すためにな」


小さく肩をすくめてみせる。


「ゲンクに会いたいなら、最低でも三つ、保障してもらわんとな」


「……なんだ?」


「お前さんが、ランディ・ウェルズの仲間じゃないという保障。ゲンク・ヒルに、危害を加えないという保障。俺たちに、危害を加えないという保障」


「……すぐには保障できない」


「じゃ、今日のとこは諦めな」


男の言うことに、筋は通っていた。

だが。


「ゲンクが、殺されちまうぞ」


「俺がそばにいてもか?」


「……」


ルーアは沈黙した。


たしかにこの男なら、ランディとも互角に戦える。


「ちなみに、俺には連れが二人いて一緒にゲンクに雇われたが、そいつら、俺と同等と考えてくれていいぞ」


「……」


その言葉に嘘がなければ、いかにランディといえども、手が出せないかもしれない。


しかし、先程も生じた疑問が、また浮かんだ。


もしランディが、仲間を作っていたら?


不意に、視界の隅に赤い光が灯った。


「おい……!?」


成り行きを見守っていた男たちが、色めき立つ。


別荘らしい建物に、火の手が上がっていた。


「ゲンクさんが……!」


誰かが言った。


「ゲンク・ヒルがあそこにいるのか?」


男たちは騒然として、返事は返って来ないが、間違いなさそうだ。


(ランディ……!)


ルーアは、駆け出していた。


さらに、火の手が上がる。

二カ所ほぼ同時に。


それはつまり、誰かがランディに手を貸しているということだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます