今までのあらすじ/6話までのまとめ…

今までのあらすじ/6話までのまとめ…

_________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

一話から読んできた方には不要です!!!

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________


ホーティ共和国の崩壊

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________とある世界のとある国の崩壊…これはその話である。

世界には、幾千の王、幾千の議員、幾万の貴族、幾万の市長、町長、村長…つまり政治家がいる。

そのなかでも、ホーティ共和国第27代大統領であり、後に皇帝エネルティア1世となったエネルティア・ジキオノスは、最高、最悪の政治家と呼ばれた男である。

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________


これはそのエネルティア・ジキオノスの生涯と、ホーティ共和国の崩壊を書いた物語である…


創世暦7148年10月3日のことである。

前大統領の任期満了により、ホーティ共和国第27代大統領選挙が行われた。

14人の候補者の中から選ばれたのは、協同党総裁エネルティア・ジキオノス、この時31歳、期待の新星である。

得票率31.6パーセント、支持率78.2パーセント。

同時に行われた国民議会総選挙の結果は、

協同党121、革新党68、民主党54、立憲自由党38、平和党17、労働連合党9、平等党9、国民会8、復古党6、統一会5、独立議員連合3、太陽会2、新行動党1、神聖会1、無所属8となった。

そして、創世暦7148年10月19日、協同党、立憲自由党、労働連合党、国民会、復古党、統一会、太陽会の連立政権が成立した。

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________


後の歴史学者はこの政権を、準備の政権、雌伏の政権などと呼ぶ。

エネルティア・ジキオノスがその本性を発揮するにはもう少し待たなければならない…

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

例えばこのような記事がある。

_________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

首都新聞、7148年10月4日の記事

______________________________________________________________________________________________________________________________________________________


___________________________________________________________________________

エネルティア・ジキオノス…72世紀における最高級の政治家、大統領

___________________________________________________________________________

14人の候補者の中から選ばれたのは、協同党総裁エネルティア・ジキオノス、この時31歳、期待の新星である。

得票率31.6パーセント、支持率78.2パーセント。

同時に行われた国民議会総選挙の結果は、協同党121、革新党68、民主党54、立憲自由党38、平和党17、労働連合党9、平等党9、国民会8、復古党6、統一会5、独立議員連合3、太陽会2、新行動党1、神聖会1、無所属8となった。

この政治家、つまりエネルティア・ジキオノスは、72世紀における最高級の政治家、大統領であると言ってよいと思われる。

まず、主義主張。この新進気鋭の政治家の公約は、失地回復、平和外交、重工主義。

この三つに絞られる、と言えるだろう。

次に評判だが、首都ホーティアスでは、「新しいことをやってくれそう」、「格好良くて鋭い考え方の人物だ」、「人柄もよく、様々なことに造詣が深いと聞いた」などとおおむね好評である。

最後に、今後の予想についてであるが、協同党は、立憲自由党や労働連合党、国民会などと連立政権を組む可能性が高い。

新大統領は、今のところ4年の任期を全うし、再選される可能性も期待されている。

(記事デルイア・ノイック)

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

共和国前史~大帝国の崩壊・再統一

_________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

創世暦、それは神々による創世が行われたという年を1年とする紀年法である…


創世神話

風の神ティウクが、空を作った。

地の神ホーティが、世界を作った。

水の神エレナンが、海を作った。

炎の神アネッハが、命を作った。

そして、太陽の神、月の神、山の神、海の神、川の神、雨の神、氷の神、魂の神、草木の神、獣の神、人の神などが生まれた。

5300年頃には小さな国が出来ていたとされる。

このころには、愛や怒り、憎しみや喜びの神も存在していた。

_________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________


5801年、大きな国が出来た。

それを人は『ホーティ帝国』と呼ぶ。

初代皇帝カート1世は、地の神と愛の神の子であったといわれる。

彼は、金属や、魔力を発見し、文字、貨幣やその他沢山の法や制度を作り、5864年の死後、法の神とされた。

_________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

皇帝は、4大神殿の長と大公爵、公爵を招集し、開かれる選帝会議でカート1世の子孫の中の最も優れたものから選ばれる。

皇帝の下に宰相や各大臣が存在する。

また、功績、能力の優れた物を貴族とする。

爵位は、大公爵、公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵、準男爵、騎士爵が存在し、

爵位を持たない者もいた。

5864年のカート1世の死後、子のジェイン1世が即位。

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

皇帝一覧

1.カート1世(5801~5864)

金属や、魔力を発見し、文字、貨幣やその他多くの法や制度を作り、

5864年の死後、文化の神となった。

2.ジェイン1世(5864~5895)

魔力の活用に長け、多くの研究の成果を発表した。

ヴェーク帝国国歌である「皇帝讃歌」はこの時代に制定された。

_________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

帝国国歌「皇帝讃歌」

_________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

偉大な創始者、神々の子よ、貴方の子孫は今此処に

我らの皇帝、臣民の保護者、広大な国土に君臨し

其の名声は辺境まで知れ渡る

嗚呼、木々の茂る森よ、輝く海よ

その素晴らしさは帝国とともに語られる

我らの皇帝、貴方に捧げる、我らの思いを一身に

偉大な皇帝、貴方に捧げる「皇帝陛下万歳」と

偉大な帝国、我らは讃える「ホーティ帝国万歳」と

_________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

皇帝讃歌・・・5871年に公布

ガールヴィオ伯爵により作詞され、アレーチスク子爵が作曲した。

_________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

3.カート2世(5895)

即位9日で急死。

4.フェルマン1世(5895~5941)

すぐれた文学作品を多く残し、また、帝都ヴェークスの開発に力を尽くした。

5.ゴルス1世(5941~5980)

帝国の版図を拡大。

6.フェルマン2世(5980~6002)

目立った業績無し。

7.フェルマン3世(6002~6007)

帝国大宮殿の建造を決定(6051完成)。

8.カート3世(6007~6052)

処刑命令を多く出し、5000人ほどが処刑された。

ジェイン2世に反乱を起こされ自殺。

9.ジェイン2世(6052~6059)

カート3世に反旗を翻し即位。

帝国の版図を拡大したが、カート3世の子によって暗殺。

10.ドーク1世(6059~6062)

84歳で即位。

11.パルゲイ1世(6062~6070)

帝国法典の編纂に尽力。

12.ジェイン3世(6070~6111)

貴族を招集し、帝国議会を開催。

初代議長には、のちの皇帝で、当時伯爵であった甥、ゴルス2世が就任。

13.カート4世(6111~6131)

目立った業績無し。

14.カート5世(6131~6133)

1歳で即位。

3歳の時、夭折。

15.ゴルス2世(6133~6194)

9歳で即位。

78人の子供を作り、また、帝国法典の大改正を行った。

16.フェルマン4世(6194)

即位後18日目に、暗殺。

後継者会議は紛糾した。

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

フェルマン4世の死去後、選帝会議は紛糾し三人の皇帝候補が即位宣言した。

正当とされた皇帝とその対立皇帝(6194~6195)

17.パルゲイ2世(6194)

三人の対立皇帝の中から正当な皇帝として認められたが、在位2か月で、

対立皇帝の一人、フェルマン5世により暗殺。

18.フェルマン5世(6194~6195)

選帝会議は先帝の暗殺から二日後、フェルマン5世を正式な皇帝として発表。

カート6世〈対立皇帝〉を討伐したが、重税を課したことにより、民衆の不満が高まったため、帝国議会が皇帝に退位を促すことを決定したが、皇帝が拒否したため何者かによって暗殺。

(17).カート6世〈対立皇帝〉(6194~6195)

三人の対立皇帝のうちの一人で、フェルマン5世により討伐される。

19.ジェイン4世(6195)

カート6世〈対立皇帝〉の討伐後、後継者として即位を宣言。

フェルマン5世の暗殺後皇帝が不在になったため、選帝会議はジェイン4世を皇帝として発表。

これにより、内乱は収束するかに見えたが、在位8か月で病死。

内乱の終息の見込みが無くなる。

終結の見込みが無くなった内乱は、153年にわたり続くこととなり、最終的には、北方民族と皇帝の子孫の子が、多くの対立皇帝を滅ぼし、ついには帝国を統一させることになる。

大帝と呼ばれるこの皇帝の物語は、また後々の世まで語られる。

そして、大帝の従者11人は11公爵と呼ばれ語り継がれることとなったが、それはまた別の物語である。

そして、また、この内乱の影響により、様々な国家が誕生することになるが、それもまた別の話である。

帝国は統一されたが、デロート32邦やジヴィロ王国のように独立した地域も多かった。

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

旧帝国東部辺境地域…ペシュラトフ帝国、レントノン騎士団

旧帝国中部地域…デロート32邦、エルキア共和国、サンピオーノ公国、アフェム王国、レグハルミア公国、エテロ王国

旧帝国西南部地域…ジヴィロ王国、クオイス王国、グイン公国

旧帝国対岸部地域…ギヴォノエリア都市連合

旧帝国東南部地域…リグレア王国、ハウィルカ王国

旧帝国北部地域…アリセル王国


デロート32邦、レグハルミア公国のように皇帝に忠誠を誓いつつも実際には独立している、という国もあった。

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________


内乱年表


6194年…フェルマン4世の死去後、選帝会議が紛糾し3人の皇帝候補が即位宣言をした。

    選帝会議はパルゲイ2世を皇帝と宣言した。

    三人の対立皇帝の中から正当な皇帝として認められたパルゲイ2世だが、在    位2か月で、対立皇帝の一人、フェルマン5世により暗殺。

    選帝会議は先帝の暗殺から二日後、フェルマン5世を正式な皇帝として発     表。

    フェルマン5世は対立皇帝であるカート6世を討伐した。

6195年…フェルマン5世が、重税を課したことにより、民衆の不満が高まったため、    帝国議会が皇帝に退位を促すことを決定したが、皇帝が拒否したため何者    かによって暗殺。

    フェルマン5世の暗殺後皇帝が不在になったため、選帝会議は カート6世     〈対立皇帝〉の討伐後、後継者として即位を宣言していたジェイン4世を皇帝    として発表。

これにより、内乱は収束するかに見えたが、在位8か月で病死。

    ドーク2世が即位宣言をするも、帝国の混乱は広がる。

内乱の終息の見込みが無くなり各地で即位宣言や、独立宣言が相次いぐこ    ととなる。

6197年…ギヴォノエリア都市連合の前身である、ギヴォノエリア共和国が誕生し     た。

    ドーク2世が選定会議を廃止。帝国議会が選定の責を負うこととなる。

6198年…イレスタ・レイヘルが帝国東部辺境地域で即位宣言、後のペシュラトフ帝     国の前身誕生。

ドーク2世が暗殺され、パルゲイ3世即位を帝国議会が承認。

6211年…アリセル王国独立

6215年…帝国中部地域の支配権喪失、リグレア王国独立宣言

6218年…ハウィルカ王国独立宣言

6219年…帝国議会が解散

6347年…帝国再統一



____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

内乱は153年にわたり続くこととなり、最終的には、北方民族と皇帝の子孫の子が、多くの対立皇帝を滅ぼし、ついには帝国を統一させることになる。

大帝と呼ばれるこの皇帝の物語は、また後々の世まで語られる。

そして、大帝の従者11人は11公爵と呼ばれ語り継がれることとなったが、それはまた別の物語である。

そして、また、この内乱の影響により、様々な国家が誕生することになるが、それもまた別の話である。

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

~完~









  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー