偉人の詩

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

「無こそ我が名」

5809年、ホーティ帝国初代皇帝カート一世の詩

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

貴方の名前は?

そう聞かれても答えられない

私には名前が無い

そんな馬鹿なことが、と問われても

本当のことなのだ

どうしようもない、ことだから

信じてくれなくても、笑われても

本当のことなのだ

それなら、君の名前はなんなんだと聞こうか

応えられるかい

応えたつもりでも、本当かは、判らない

なら、どっちでもいいさ

応えなくても、そうだろ?

判ってくれなくても、嫌われても、私はそう信じる

私はそう信じる

世界は知っている、そんな私は…そんな私は…

だから、頑張ろう

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

「偉大な世界」

ガールヴィオ伯爵による5861年の詩

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

偉大な世界よ、我等の父よ、貴方の子孫は今此処に

我らの世界、大地の保護者、広大な海に君臨し

其の名声は辺境まで知れ渡る

嗚呼、木々の茂る森よ、輝く海よ

その素晴らしさは万民の知るところである

我らの世界、貴方に捧げる、我らの思いを一身に

我らは讃える「万歳」と

嗚呼、広大な世界よ、命の母である世界よ、我等は感謝している

そして、命あるもののことを讃え、敬う

海よ、森よ、山よ、美しくあれ

夢にも、現実にも……

戦おう、正しいことの為に……

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

「自由」

5911年、帝国の思想家、パールガイン・ディエルト作

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

ここに、だれもいない

だから、自由だ

そう、自由だ

けれど、思う

自由って、なんだ

本当の自由なんてあるのか

そんなことを、いろいろ考えていると、虚しく、侘しくなるが…

しかし、私は思う、今も、何時も

そして気付いた

これが自由だと、

嗚呼、素晴らしいことだ

君は知っているだろうか、このことを

そうなのだ、自由とはつまり…

広大な世界の中の、本当に塵のように小さな人間

そう、本当にちっぽけな…

嗚呼、嗚呼、自由のなんと素晴らしいことか

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー