ジャンピング・ジャック・ガール

作者 mikio

すべてのエピソードへの応援コメント

  • Epilogue へのコメント

    苦い結末しか予想出来なかったのですが、なんとか踏みとどまってくれて良かったです(敷島が止めたんだけど)。

    ショッキングな幕開けから、謎に継ぐ謎が気になり、夢中で読みました。お兄さんのことはなんとなく予想していたのですが、ジャンピング・ジャックの役割については全くの予想外でした。面白かったです。

  • 5-9へのコメント

    一見事件に関係なさそうなものが手掛かりになる。本格推理の醍醐味ですね。

  • 3-2へのコメント

    将棋部将棋しろ(笑)
    こういうくすりとできる小ネタを入れてくる作風が好きです。

  • Epilogue へのコメント

    兄妹の遣り取りを増やしたら如何なるかな? と思いました。
    読み進めると、「この兄を登場される理由は?」と考え始めます。それだけ中盤までの展開では浮いているのです。ヒロインはサッカー嫌いのはずなのに、サッカー部のヒーローと行動を共にします。
    だから、「因果関係は不明だけど、事件に兄が関係するはずだ」と用心しながら終盤に突入するので、事件の構図は見事なまでに鮮やかだけど、驚きが少ないのです。
    前半で、ヒロインのキャラ設定に兄が不可欠なんだ、と読者を欺くようにすると、謎解きで感動させられると思います。

  • 1-5へのコメント

    導入部も凄かったけど、この展開も意表を突く。どっちの方向にドラマが転がるのか? サッパリ分からない、良い意味で。

  • Epilogue へのコメント

    いやー、読み直してもやっぱり8章がすごかったです
    私の読んできた推理小説の中では最高の謎解きパート
    緊張感がたまらない! 背筋がゾクゾク
    探偵側だったはずなのに……逆転する
    タイトル回収とも言えますね
    他の人にもおすすめさせていただきます~

  • Epilogue へのコメント

    敷島君が「本当に女なのか?」と言った意味を深読みして、読み返すたびにニヨニヨします。邪推でしょうか。

  • 6-7へのコメント

    読んでてギクリとした。
    面白い演出ですね

  • 6-6へのコメント

    やってやったぜ!
    でも深入りするたびに鮎ちゃんの体はいつも傷つけられるからおじさんは悲しいのです・・・

  • 5-11へのコメント

    この世界はもっと鮎ちゃんに優しくなってほしいよぉ・・・

  • 5-10へのコメント

    きゃわたん!

  • 4-5へのコメント

    敷島かわいいwww

  • 4-4へのコメント

    握ってる理由が分からないよおお
    あれかな、握ってるものがあればパンチ力が増す的な、うん我ながら意味分からんw

  • 2-1へのコメント

    すごくキャラ立ってる!
    ラノベ 方面じゃない方向で。
    僕好みです

  • 4-1へのコメント

    -人-)ナムー

  • 3-3へのコメント

    あっ!これ青春ミステリーだ!

    作者からの返信

    見抜かれてしまった!

    2017年3月14日 18:55

  • 1-5へのコメント

    面白いですねー。
    人間を描いてるって感じで、すごく引き込まれます。

    作者からの返信

    ありがとうございますー。ウェヒヒヒ。

    2017年3月14日 18:55

  • 2-3へのコメント

    メールを受け取ったら死んじゃったって事ぉおおおお
    そうじゃないならメールを受信させる理由ってなんだろう
    予告状かな。いやしかし・・・

  • 1-2へのコメント

    冒頭から引きつけられます。
    面白そう!

    作者からの返信

    ありがとうございますー。
    ちょうどむつみと春の取材事件簿読み始めたところだったのでびっくりしました(笑)

    2017年3月12日 14:36

  • 1-1へのコメント

    すごく安定した文章ですね。
    とても読みやすいです。
    情景もすごく頭に浮かんできて、書き慣れてるなーって思いました。

  • 1-6へのコメント

    サッカー部に二人のカリスマが内在してた時期があるのかな。
    功績が色々と抜きん出てるお兄さんが当時のトップで。ソレが部内の人間のプライド意識がアレやソレしてとかかなぁ。
    事故云々は置いといて、お兄さん自身の部内の人間に対する認識が気になるぅー。どちらにせよこの時点でお兄さんの動機に繋げるのは早計かな。
    最初の事件もそもそも事件か事故か不透明だし。とにかく実に面白い。

    作者からの返信

    第1作から読んでいただきありがとうございますー。ウェヒヒ。

    2017年3月12日 11:45

  • 6-1へのコメント

    ああ……。初芝先輩まで……。
    どうなっているのでしょう??

  • 4-1へのコメント

    遅ればせながら読ませて頂いております。
    とても面白いですね☆
    しかしいろいろなところに事件の解決のヒント(伏線)が張り巡らされているような気がするのですが、私にはさっぱり分かりません……(苦笑)。
    どのような展開が繰り広げられるのか楽しみにしながら、また続きを拝読したいと思います。

    作者からの返信

    どうもです銀鏡 怜尚さん。
    楽しんでいただけてるようで嬉しい限りです!
    事件の構造を解明するためには多少飛躍も必要かもしれませんが、ともあれ自由に推理を楽しんでいただけたら幸いです。

    2017年1月28日 20:13