花魁上等!

作者 彩崎わたる

42

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

良い作品です。舞台は幕末の吉原。独特の世界観を確立した恋愛短編です。
でも、私の表現力では本作品を充分に説明できない。
妖艶? 絢爛? な要素は有るけど、それは本筋ではない。
身分を越えた悲恋? 的な要素も有るけど、それも本筋ではない。
男女の駆け引き? 的な要素は大だけど、決定打ではない。
敢えて言うなら、清々しさ? でも、それを期待して読むとハシゴを外されそうにも思う。何故なら、短編ながらドンデン返しが有るから。但し、短編特有のオチを狙ったものではない。
私のレビュータイトルは本作品とは殆ど無関係ですが、丁寧な心情描写がキャラに感情移入させてしまうのです。
まぁ、読んでください。心地良い読了感が得られます。
短編にはMAX2つが信条ですが、星3つ付けました。

★★ Very Good!!

 幕末の時代物ですが、とても読みやすく、また情感の伝わってくる良い読み物でした。
 この作品の良さは、いつの時代でも普遍的な恋に落ちる瞬間を劇的に描いているところでしょうか。登場人物たちの気持ちが伝わってくる良作でした。

 紅葉、すごく良い使われ方をしていて好きです。最後に向けた物語の畳み方も見事でした。

★★ Very Good!!

心を売る花魁と、それに魅入られた男。
悲恋の先に待ち受ける結末は………。

脳裏に色濃く浮かぶ情景、切ない恋の駆け引き。これぞ遊女と男の悲恋物語。王道です。
短い言葉でここまで読者を引き込むこの作品がなぜ多くの人に読まれないんだろうか?

とにかく一読して欲しい。

個人的に紅葉のくだりがお気に入りです。こういうの好きですね!