束ね鬼怪奇譚

作者 ばち公

49

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

関西圏で暮らす(と思われる)少年少女のあやかし物語。

お祓いを家業とする陰険な男の子の紫苑。
そんな彼に体よく使われる、ピュアというかお人好しの舞夜。
二人の絶妙な掛け合いで物語は進行していきます。

出て来る怪奇は人間の業を深く抉り出したものばかり。
顔なし・以津真天・そしてゲームに取り憑いた悪霊。
どれもこれも、絶妙に皮肉の効いた話になっていて、こう、ホラーものの怖いもの見たさとはまた別な、余韻を感じさせる話になっています。

ちょっとわちゃわちゃしている感じも楽しくてGOODです。

そして、嫌な奴・危険な奴と言われながらも、ちょっと不器用な優しさを見せる紫苑くんが、これまたかわいいですね。
男は黙って的な独特の美学を持っているのが好感触。
俺は好きだぜ、紫苑くん。

あやかしというジャンルになるんですかね。
あまり読んだことがないのでわからないのですが、ダークなんだけれども、その中にもどこかほんわかとした雰囲気が漂う、この作品の空気はとてもユニークなものです。
あやかしジャンルが好きならば、一度つまむ程度に読んでみては。
後悔しない内容だと思います。オススメです。

★★ Very Good!!

多大なインパクトで読者を恐怖のどん底に落とすというより、静かでしかし心の奥にずっしり響くような、純和風ホラーな味付けだと思いました。
ミステリーとしてもホラーとしても、あるいは青春モノとしても親しみやすかったです。普段こういったジャンルに馴染みのない人でも、楽しみに更新を待つことができるのではないでしょうか。
何より関西弁ヒロインは良いですね。作品の魅力をぐっと引き立てています。そんな可愛い舞夜ちゃんに絡む主人公の態度も、また微笑ましくて好きです。
これからの展開に期待が持てます。

★★★ Excellent!!!

表現、内容共に見事だと思う。
何故このような作品の星が未だ21なのか。
カクヨムに、密度の高い小説を読むための、
電子書籍に引けを取らない縦書き表示機能があったならもっと
評価は変わっていたのではなかろうか。

捻くれたようで魅力ある少年と、味のある主役、そして謎。
旧校舎に閉じ込められ、どんでん返し、脱出した所で話が終わるのかと思いきや、主役の記憶が完全にもどらないまま謎を残し、更に話は発展していく。

非常に面白い。是非ご一読を!!

★★★ Excellent!!!

ページを捲る。ああなるほど!
ページを捲る。えっ?ええっ?
思わず読み返して伏線を確認したくなる鮮やかで、それでいて優しく高い文章力に感嘆です。バックグラウンドには確かにホラーが存在するにも関わらず、そうと忘れて読み進めてしまうのは恐怖の緩和剤として確かに働いている舞夜さんの関西弁の言い回しか、それとも紫苑さんの……。ホラーが苦手の人でも大好きな人でも是非読んでみてください!