16/23.冬

 島の秋が過ぎ、とうとう冬が来た。

 海が荒れ、ボートで海へ出られない日が続く。波で生簀いけすが傷み、中の獲物が減ることもある。食料を集めに出かけるウォードの収穫もさすがに減り、またマヒトを連れ出す頻度も減った。

 「悪りい、あんま獲れねえや」

 1日外に出て集めた食料が、それでも1日分の食事に足りず、ウォードはそう言って謝ることが多くなった。もちろん秋の間の備蓄は十分で、まず飢え死にの心配はないのだが、それでも食卓に上がる料理はスープ、それもだんだんとになっていく。

 そしてウォードとミーマの間にも、沈黙が流れることが増えた。

 2人とも明るく振舞いはするが、失ったものへの傷や痛みが癒えたわけではない。 

 夜、悪夢にうなされ、夢の中で涙にくれる。また、お互いに相手のつらい寝言や、泣きながら飛び起きる様子を何度も見ている。

 「ルールー……!」

 「チーシェル……!」

 お互いの子の名前を呼びながら同時に飛び起き、バツの悪い顔を見合わせたことさえあった。

 特にウォードは冬に入ってから、よく眠れなくなったようだ。気温が下がり、日照量も減少する冬に、精神のバランスを崩す症状は、今で言う、

 『季節性のうつ

 で、あったかもしれない。

 活発で陽性なウォードに限って、まさかうつはなさそうにも思える。

 しかし責任感の強いウォードが、食料集めというはかどらないことを、ことさら苦にしても不思議ではあるまい。

 加えて、ミーマやマヒトに決して弱みを見せようとしない、そのプライドも。

 (やっぱりを引かれてる)

 ミーマはウォードの態度に、それを感じている。

 無類のイクメンぶりを発揮し、ミーマを手伝ってくれる彼だが、それにしても、

 『あくまでマヒトのため』

 というスタンスを崩さない。ミーマ自身に寄りかかることもなく、また寄りかからせようともしないのだ。

 しかもミーマは、このウォードのが、決して彼だけの資質ではないことにも気づいていた。

 (……よね、これは)

 同じ女として、どうしても気づいてしまうのだ。

 本来なら、ろくに家庭なぞかえりみない、筋金入りの戦人イクサビトだったウォードを、こうして育児や家事に熱心な家庭人に変貌させたひと

 愛情豊かで優しく、しかし意志強固で辛抱強い。妻として、あくまで夫を立て、といって自分の望みも我慢せず、知恵と真心をふんだんに駆使して、良き家庭を作り上げる。

 『賢夫人』

 まさに、そう呼ぶにふさわしい女性の姿が、ウォードの向こうに透けて見える。

 (これは私が選び、私が育てた男です)

 そう言われている気がするのだ。

 悔しさ、そして自分が女として負けている、という卑下の心も当然ある。

 だがそれよりも、ミーマには、

 (私はズルをして、得をしている)

 という気持ちの方が大きい。

 ミーマが、島の生活で感じている快適さも、頼もしさも、なんなら楽しさも、本来はミーマのものではない。今は亡きそのひとが、それこそ全身全霊をかけて作り上げた成果の、に預かっているにすぎない。

 要は他の女性が育てた男の、しているだけなのだ。それがミーマに、

 (いいのかなあ……?)

 という疑問を抱かせる。彼女の心を、どこか宙ぶらりんのままにさせているのだ。

 が、日に日に弱っていくウォードを見るにつけ、

 (いつまでもこのまま、ってわけにはいかない)

 ミーマ自身も、腹をくくることに決めた。

 縫いぐるみに話しかける乙女な内面を持つ半面、ミーマという女性は基本的にだ。小麦粉がなければヤマイモ、肉がなければ魚、砂糖がなければ干しガキ、ハチミツで料理を作る。

 『無いからできません派』ではなく、『あるものだけで何とかするぞ派』なのだ。

 (認めよう)

 ミーマは腹をくくる。

 ウォードの亡妻・キャルルは、きっと素敵な女性だった。自分のように汚れた身体と、半狂いの心と、血まみれの手しか持たない女とは、まるで似ても似つかない賢婦人だったのだ。

 (でも、今は)

 そう、今この時、この島にいるのはミーマと、ウォードと、マヒトだけ。そしてお互いがお互いを、もはや疑問の余地もないほどに必要としている。

 ウォードにはマヒトが、マヒトにはミーマが、ミーマにはウォードが、

 (どうしても必要なのだ)

 揺るがない前提ができた。

 早朝、まだ外は暗く、ひゅうひゅうと冷たい風の音だけが響く中、大きく燃える暖炉の前でマヒトに乳を含ませながら、

(では、私になにができるだろう?)

 ミーマは考える。そして。

 朝。

 中身の具はともかく、量と熱量だけはたっぷりあるスープを朝食に平らげ、いつもの食料集めに出ようとするウォードを、

 「今日は私に付き合って」

 ミーマが引き止めた。

 そして、今まで放置していた寝所棟を開け、中に詰め込んであった二段ベッドをすべて外に運び出し、ざっと掃除をする。

 「意外と広いな」

 ウォードの感想通り、寝所棟は体育館、とまではいかないが、ちょっとした剣道場程度の広さがあった。だが暖炉がないため、屋内でも温度は外と同じ。2人の息が白い。

 隅っこにマヒトを入れた竹籠。寒くないよう毛布でぐるぐる巻きにした上、太い竹の筒にたっぷりと熱湯を入れ、厚く布巻きにしたを添える。

 その時には既に、ウォードにもミーマの意図が分かっていた。

 ミーマの手には、板状に削った細長い竹に、布を厚くかぶせた

 ウォードの盾と斧も、いつ作ったのか毛布製の厚いカバーが被せてある。

 ミーマの足はブーツ。ウォードはサンダル。

 「兜はいらねえか?」

 「お好きに」

 ウォードの都合を無視し、ミーマが、かっ、と靴底を鳴らして竹刀を構える。手の甲は上。親指と人差指を支点に、手首で刀身の重さを支えるいつものスタイル。

 尻尾をくわえるルーティンはなし。

 「おうさ……痛て!」

 ウォードが顔をしかめる。気合声が終わる前に、ミーマの竹刀がおでこのど真ん中を撃ち抜いたのだ。ノーモーションからの飛び込み突き、真剣なら即死。

 「……剣を目で追っちゃ駄目。絶対に追いつけない。体全体で感じるの」

 ミーマが構える。手の甲は上。

 「おう

 ウォードが、今度は大盾をぐっ、と前面に押し出してくる。ミーマの視界の大半が盾でふさがれ、剣筋が大幅に限定される。

 (これは悪くない……でも!)

 ミーマの脚がステップを踏む。彼女の、いや一ノ鐘ファーストリンガーの剣は、猫殻ネコガラ専用に編まれたくせに、かかとを上げた猫足ねこあし立ちを取らない。むしろ逆に、爪先もかかとも両方接地させた『ベタ足』が基本だ。ここからかかとと爪先で重心を踏み分け、膝を連動させ、腰の捻りを加えて、まるでねるような動きを生み出す。

 一見すると、ポンポンと跳び跳ねるようなステップの方が俊敏に見えるが、ミーマの動きには無駄な上下動がなく、ゆえに最適・最短距離を正確に算出して動くため、結果として敵を殺すのは、こちらの方が速い。

 「?!」

 ミーマが一瞬、盾の下に踏み込み足を見せておき、次の瞬間、右方向へ移動。盾の上から剣を放り込む『投棄て撃ちダンピング』。手の甲は下。

 ぴしっ!

 盾をくくりつけたウォードの左腕を、ミーマの竹刀が上から撃ち抜く。

 轟!

 それをものともせず、空気を引き裂いて大盾が突進してくる。しかしミーマが速い。

 きゅ、きゅきゅ!

 両足のかかとと爪先、4つの点が目まぐるしい軌跡を描く。まるで詰将棋を早送りで見ているようにシステマチックで、そして正確無比な動き。

 ぱん!

 盾の突進を蝶が舞うようにかわし、逆にウォードの大盾の真下を潜る『掠り突きスキミング』。

 ふたたび左手首を痛打。もし真剣なら、筋肉への損傷と出血で、もう盾を上げることもできまい。

 きゅきゅ、きゅっ!

 ミーマのブーツが、寝所棟の床に張られた石畳をねる。

 「まだまだ」

 「おう

 ウォードが前進、再び大盾をミーマに肉薄させてくる。『退かば押せ、押さば押せ』は相撲の極意とされるが、こうした戦場武術にも一面、当てはまる。分厚い装甲を前面に押し出し、敵の身体に肉薄することで、敵が持つ武器の間合いを殺してしまうのだ。

 その意味で、膨大なパワーとスタミナを有するウォードが、ひたすら前進というスタイルを取ることには、実は合理性がある。

 しかし。

 きゅっ!

 ミーマの足さばき、そして剣さばきから生み出される神速の回避と攻撃には、正直まるで効果がない。

 それからたっぷり1時間、ウォードはミーマの剣に翻弄ほんろうされた。最初の立ち合いとなった円形神殿の時より、明らかに非道ひどい。だがそれも当然、ミーマはあの時の戦いを何度も分析し、問題点を洗い出し、ウォードへの対応を練ってきた。鐘撞リンガー時代からの、もはや習慣だ。もちろん、授乳期にある自分の身体のハンディも、ちゃんと対策済みである。

 マヒトの泣き声で、やっと中断、休息になった。オムツと授乳の時間だ。

 「はっ、はっ……」

 さすがのウォードも息が上がっている。全身の毛をらす汗はもちろん、冗談みたいな湯気がゆらゆらと立ち上がり、屋根にぶち当たって一回転する。

 対するミーマは息すら切らさず、平然と立ったままマヒトに授乳。

 「はぁ……はぁ、かなわねえな」

 石の床にあぐらをかいたウォードがボヤく。だがミーマはにこりともせず、

 「一ノ鐘ファーストリンガーは、私より強い」

 ウォードを見つめ、宣言する。

 「そして春になったら、あのおんながマヒトを奪いに来る」

 「……む」 

 ウォードの顔つきが変わる。

 「あの蝙蝠殻コウモリガラは、『魂を持ち帰るのが任務』と言った。でも結局、持ち帰れなかった」

 「だから今度は自分で来る、ってか? なんのために?」

 「蛻殻ヌケガラでしょうね、狙いは」

 ミーマはずばり、と言う。

 猫殻ネコガラの王位に付けず、子供もできないと分かった法王とその姉が、次に考えたのが異形の力、すなわち蛻殻ヌケガラの力を利用すること。そう考えることに矛盾はない。

 「あのバケモンの力で国を奪って、王様になろうってのか」

 「王位どころか、世界すら奪えるかもしれない」

 「ああ……」

 ウォードが沈黙する。蛻殻ヌケガラと相対した時の、逃れようのない恐怖が蘇ったのだ。

 「だからこそ、あのおんなからこの子を、マヒトを守らなければいけない。この島から出られない以上、ここで迎え撃つしかない」

 ミーマが現状と、対応すべき問題をひとつずつ提示する。ウォードもうなずく。

 「だが俺では到底、その女に勝てん。そういうことだな?」

 「そう。そして私でも勝てない」

 1時間、わざわざ無意味にウォードを翻弄したわけではない。

 「じゃあ、どうする?」

 「力を貸してほしい。私も力を貸す」

 ミーマの言葉に、ウォードがよいしょ、と立ち上がる。

 「共闘、ってわけだな。……敵の戦力は?」

 「あの女が動かせるのは、あのおんな自身と、鐘撞リンガー50人」

 「ふむ」

 ウォードが腕を組む。昨日までの彼とは、顔つきが明らかに変わっている。それはまぎれもない、イクサを前にした戦人イクサビトの顔だ。

 「森の中に、罠を張れそうな場所がいくつかある。敵がその人数なら、最後は籠城って手もあるな」

 「高所を抑えましょう。島の頂上にとりでを築いたら?」

 「ああ、丸太のさくで囲んで……弓はねえから、投石だな。お前が前衛と遊撃、俺が投石と、マヒトの防衛」

 ウォードの声に力がみなぎる。

 「あの殿とやらはどうする? 壊しとくか?」

 「でも、あれ自体が『封印』だとも言ってたし、現に蛻殻ヌケガラは出てこられなかった。壊すのは藪蛇やぶへびになるかも」

 「だな。だけど放っとくってのもな……うし、手は打っとくかよ」

 ウォードの全身から立ち上る、この陽性の熱気。鬱も気落ちもどこへやら、ミーマには突如、眼の前に噴火寸前の火山が出現したようにさえ感じる。

  (成功……!)

 ミーマは内心でガッツポーズを決めたい気分だった。

 正直なところ、本当に一ノ鐘ファーストリンガーが攻めて来るか否か、ミーマにも確証があるわけではない。もちろん警戒を怠るつもりはないが、それよりもまずウォードだ。

 イクメンもよし、家庭人もありがたい。毎日食料を探し、ミーマやマヒトの腹を満たすことも大切だ。

 だがやはり大猿ウォード、せめて半身はイクサにあってこそ。

 (の彼を、お貸し下さい)

 ミーマが心の中で、今は亡きキャルルに、そっと断りを入れる。だが決してキャルルに対する対抗心や、まして嫉妬からではない。

 (どうかお願いします。私とこの子には、彼の力が必要なのです)

 その気持ちは、いっそ敬虔とさえいえただろう。

 授乳を終え、また眠ってしまったマヒトを元の籠に戻す。

 「でも、やっぱり最大の障害はあのおんな一ノ鐘ファーストリンガーよ。ぶっちゃけ、他の鐘撞リンガーは私一人でもできる」

 「言うじゃねえか、おい」

 ウォードがにやり。

 「だから私と貴方の同時攻撃で、あのおんなを倒す。コンビネーションを考えたの。まず貴方の『両刃打モロハウち』を改良して……」

 「もろはうち、ってなんだ?」

 きょとんとした顔のゴリラ、自分の技を知らなかった。

 「知らずに使ってたの?!」

 「おう。技の名前とか、そういう細けえこと教えてくれねーんだよ、リュウグウのセンセイ」

 聞けば渦潮紋ウズシオモンにも剣の達人がおり、ウォードは彼に武術を教わったそうだが、

 『お前にはコレだ、大猿』

 と、たった1つ、『処女おとめ構え』から『両刃打モロハウち』の型を、ひたすら繰り返し覚えさせられただけだった。

 「ま、それで負けたことねえから、名前なんかどうでもいいけどよ」

 「……」

 どんな師匠かは知らないが、師匠のせいだけでもない気がするミーマである。

 「まあいいわ。とにかく構えて」

 ウォードが『処女おとめ構え』をとる。いつ見てもこちらが脱力しそうな珍妙さだが、その威力と有効性はミーマが身をもって体験したことだ。

 (あの女の視点……)

 ミーマが、自分の中に一ノ鐘ファーストリンガーする。彼女の身長と目の位置から視線の高さを割り出し、今の自分と視線の高さを合わせるのだ。

 そこからウォードの構えが、どう見えるか。

 「……盾をもう少し下げて、斧もあと2センチ下げる」

 一ノ鐘ファーストリンガーの視点を維持したまま、ミーマがウォードの構えをゆっくりと検分していく。

 「あと5センチ、腰落とせる?」

 「こうか?」

 外見は雑に見えるが、ウォードの動きは意外にも精密だ。

 (よし)

 今や一ノ鐘ファーストリンガーとなったミーマの目には、ウォードの巨体のほとんどが、大盾の向こうに隠れている。敵に対して死角となる部分を増やし、奇襲効果を高める。

 「その姿勢でいいわ。……撃って!」

 ぶぉん!!

 ミーマの合図と同時。怪鳥が翼を広げるように、大盾と戦斧が前後へ振り抜かれる。予備動作なし、ウォードの巨体が突然、爆発を起こしたかのような攻撃。寝所棟の床をキレイに掃き清め、水を打っていなければ、この爆風だけで大変なことになっただろう。

 「だめ。直前に盾が揺れた。もう一度構えて……盾が高い。よし、撃って!」

 ぶぉん!

 「うん、今の感じでもう一度!」

 ぶん!

 「威力が落ちた。もう限界? まだよね?」

 「おうさ!」

 ウォードが叫ぶ。彼とてひとかどの武人だが、こうして黙ってミーマのを受けているのは、彼なりに思うところがあるのだろう。

 「そのままで、あと10回! いち!に!さん!し!」

 の掛け声が響き、同時にぶん、ぶぉん、という爆風が寝所棟の中で荒れ狂う。汗と湯気、そして熱気が、いつしか寝所棟内の気温さえ上げている。

 ミーマとウォード、真剣勝負の視線が火花になる。

 「……10! 構えを解かない! 10秒休憩して再開」

 「おう!」

 ウォードが息を整える。あっという間の10秒。その間も、2人の視線は外れない。

 「はい、いち!」

 ぶん!

 「2!」

 ぶん! と、左右に大きく振り抜かれた大盾と戦斧が、ふたたびウォードの胸の前に畳まれる、その瞬間、

 つ、とミーマの身体がウォードの間合いに入った。手に竹刀はなく、そのままウォードの腕の中へ。

 2人の視線は外れない。

 「……3。私にキスして」

 ほんの一瞬の間。

 「……ん」

 「ん」

 ウォードの唇が、ミーマのそれに重なった。

 「4。離さないで」

 どん、とウォードの右手から戦斧が落ち、ミーマの手で大盾も外される。

 「5。もう一度、キスを」

 2人の唇が、まるで溶け合うように深く。そして、

  

 「6……」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます