13/23.マヒト

 ウォードがかき集めてきた物資は、数こそ多いものの、すべて戦死者からの略奪品だけに、汚れたり破れたものが多いのは致し方なかった。が、奇跡的に汚れのない大きなフードマントが1枚あり、どうやらミーマが倒した、あのカモシカの騎士のものであったらしい。滑らかなベルベット地の上等なものだが、相当に古く、しかもどこかの紋が縫い取られていたのを剥ぎ取った跡がある。

 「『ご先祖様が戦場から持ち帰った戦利品』ってとこじゃねーかな」

 とはウォードの分析だ。

 とはいえ、これで半裸のミーマと赤子をまるまる包むことができた。あとは傷んだ下着の類を分解し、きれいな部分をつなぎ合わせ、産着うぶぎ代わりに赤子に巻きつる。さらに余った布でオムツをすれば、さしあたりの格好はつく。

 ウォードが火を起こし(竹をよじったひもを、木片にこすって着火する力技だった)、集めてきた食物を焼きはじめる。これもミーマが倒した、あのキツネの戦士のバックラーをよく洗い、火の上にでん、と渡したである。 

 まず並んだのはアサリやツブガイ、イワガキといった貝類。

 「採るやつがいなかったんだろう。砂浜や岩場にうじゃうじゃいやがった。海に入ればウニもいる。ありゃ当分食えるぞ」

 だそうだ。

 ちなみに武具で食物を調理する、そのことに抵抗がある方もおられようが、たとえば長期の遠征軍兵士が、兜を鍋代わりに使うなど珍しい話ではない。彼らに言わせれば、『ちゃんと洗えばいいだけ』の話だ。

 さて海の幸に続いては山の幸。

 「もっと深く掘れたんだがなあ……」

 と、残念そうに取り出したのは自然薯じねんじょ、いわゆるヤマイモである。くねくねと長く伸びた太いイモが途中で折れ、乳白色の断面が見えているのは、そこで掘るのを諦めたらしい。これは水洗いし、細ひげを直火であぶって焼き切ってから、ゴツく輪切りにして鉄板へ。

 そしてクリ。これも大きなクリの木が複数あり、相当の数が採れるようだ。日本人が見慣れているのはをした大ぶりの和栗だが、ウォードが採ってきたのはもっと小ぶりで丸い洋栗、日本では『甘栗あまぐり』として知られるアレである。ナイフで半分にぶち割って鉄板。

 さらにキノコ。マイタケにエノキダケ。マイタケはともかく、エノキダケといえば白く細い、なにかの麺のようなキノコを想像するだろうが、あれは栽培モノであり、ウォードが採ってきたそれは自生種。足が短く、傘が広く、色も濃いキャラメル色。まるで別物だ。

 最後に、傘が真っ赤なキノコがひとつかみ。

 「これ、わかるか?」

 問われたミーマがじっと見、

 「大丈夫」

 確約する。毒々しい色が、猛毒のベニテングダケにそっくりなので警戒が必要だが、ウォードが間違えずに採ってきたのはタマゴダケ。濃厚な味の、非常な美味で知られるキノコだ。

 面白いことにミーマ、鐘撞リンガーとして毒殺技術を習得したため、食用キノコより毒キノコの鑑定に詳しい。

 それらキノコ類も、鉄板へ。

 あとはタケノコだ。春の物とばかり思っていたが、秋にも採れるらしい。細く、断面が四角っぽいタケノコの皮を剥き、やはり鉄板。

 「……」

 どうやらウォード、食料の調達能力の割に、調理法にはまるで無頓着な方。赤子を抱いたまま、鉄板の上の雑っぷりを無言で眺めるミーマに、

 「なんだよ。食えりゃ文句ねえだろ?」

 言い切った。どうやらこの先、ミーマのやるべきことは多そうだ。

 ウォードが竹を削った箸を持つ。この箸も実に雑な出来で、あまり格好のいいものではなかったが、まあ箸は箸だ。

 いい匂いをさせているアサリの身をすくい取り、ふー、ふーと軽く冷ますと、

 「ほい」

 向かいに座ったミーマの口元に差し出す。

 「?!」

 ミーマがぎょっとしたのも仕方ない。他人に『あーん』して食べさせてもらったことなど、両親と暮らしていた遠い幼女時代以来だ。だが、ウォードはミーマの態度を誤解したようで、

 「んだよ、毒なんざ入れてねえぞ」

 口を尖らす。ミーマとしては気が進まないが、確かに赤子を胸に抱いたままでは、食べろと言われても食べにくい。

 しかも空腹。

 考えてみれば、船に火をかけて沈めてからこっち、まともな物を食べていない。今朝、ウォードと遭遇する直前に、非常食のビスケットをつまんだのが最後の食事だった。

 観念する。

 「……あ」

 しぶしぶ口を開け、箸の先につままれたアサリの身にかぶり付こうとした、その直前、

 「はむっ!」

 アサリがミーマの前から消失し、代わりに目の前に突き出されたウォードの口に収まっていた。

 「うん、うめえ!」

 にた、と、ゴリラが笑う。

 「ほら、毒なんざ入れてねえだろ……っておい?!」

 からかったつもりのウォード、だが目を剥いてあわてだす。

 「いや、おいよ!? 冗談だからよ?!」

 見れば、ミーマの目がうるんで真っ赤に変色し、ヒゲや体毛が逆立ってフルフルと震えている。空腹の上に、食べ物で馬鹿にされたのが死ぬほど悔しかったらしい。

 「泣くな、な? ほら、涙ふけ?」

 オロオロとなだめにかかるウォードに、きっ、と目を釣り上げたミーマ、

 「泣いてにゃい!!」

 噛んだ。ついでに尻尾をくるりと背中から回し、はむはむ、とかじりだす。臨戦態勢。

 「悪かった!! 俺が悪かったから!!!」

 そこから先はもうもかくや、と言わんばかりの土下座外交。旨いところ、良さそうなところはすべて、ウォードの手でミーマの口に運ばれることになった。

 雑な男料理の見本みたいな鉄板焼きだが、しかし貝類はみなプリプリと身が太く、海の滋養をたっぷりと感じさせたし、イモやクリもホクホクして味が濃い。キノコはどれも肉厚で、タケノコにいたっては焼くと甘く、まるでイモのようだ。

 ここまで素材が良いと、もはや調理の上手い下手さえ超越するらしい。実際、ただ鉄板で焼いただけで、ここまでのができるなら、

 (確かに、食料には困らないかもしれない)

 ミーマの中に、先の展望が芽生える。

 今はもう秋で、今から畑を作って農業、というのは現実的ではない。だがこの島は絶海の孤島、周囲はすべて海だ。実は陸に比べ、海の生産力は非常に高い。今回食べた貝類はもちろん魚類、甲殻類、海藻などを独占できるなら、少なくとも飢え死にの心配はなさそうだった。

 「ほふ」

 ミーマが満足のため息を漏らすころには、鉄板の上の食材はほとんど残っていない。

 「ご満足いただけましたかね?」

 ぺろ、と真っ赤な舌で唇をなめるミーマに、ウォードが若干イヤミったらしく訊ねてくる。彼も食うには食ったが、貝殻に残った汁だの、栗の渋皮の削り残しだの、タケノコの硬いシッポだの。

 「ん」

 ミーマも、わざとつん、とすましてうなずいてやる。からかったことは許せないが、これだけの食事が食べられたのだ、まあ機嫌ぐらいは直してやってもいいだろう。

 「で、これからのことだがよ」

 ウォードが表情を改める。

 「そいつを俺たちで育てる。そういうことでいいんだな?」

 「ん」

 ミーマはうなずく。返答の言葉は極短だが、まっすぐにウォードの目を見つめながらの正式契約だ。

 「言っちゃなんだが、そいつの正体もわからんままだし、とんだバケモンかもしれんぞ?」

 「もしそうなら、私たち2人がしくじったってこと」

 ミーマはウォードから視線を外さず、

 「その時は、。それでいいでしょ?」

 「……おう、上等だ。異論はねえ」

 ウォードが一瞬驚いた顔を見せ、すぐに満足の笑みを浮かべた。論理的・合理的思考とは言い難いが、どうやらミーマの言い草を気に入ったようだ。

 「じゃあ、まず名前つけてやらねーとな」

 「そのことなんだけど」

 ミーマが赤子を抱いたまま、目線でウォードをうながす。見れば、そこには赤子が生まれた卵殻。

 「あれ、見える?」

 「ん?……って、なんだこりゃ、文字か?!」

 ウォードが卵殻を取り上げ、内部をしげしげと観察する。確かにそこには、文字らしき記号。

 「古殻コカラ文字よ。読める?」

 「読めるわきゃねーよ?!」

 ウォードが血相を変えて言い返すのには理由がある。ミーマが古殻コカラ文字と呼んだそれは、カラの世界が誕生した直後、最初に出現したカラたちが使っていたという古文字である。だが、文字そのものに魔導の力があるとされ、そのため禁忌の扱いを受けることになり、いつしか廃れていった。今は魔殻マカラの魔導師どもがわずかに使う程度で、その存在すら知らない者がほとんどである。

 「そういうお前は読めんのかよ」

 「読める」

 「……マジで?」

 「発音だけならね。意味までは無理」

 それでも凄い。というか禁忌なのだが、いいのか。

 「じゃあコレ、なんて書いてあんだ?」

 ウォードが卵殻をミーマに突き出す。ミーマは再度、その文字を目で確認し、

 「『マヒト』」

 「まひと?」

 ウォードがオウム返しする。が、2人とも聞いたことのない言葉だ。なおミーマの発音とウォードの発音、カラは違うがほとんど同じだった。

 「ソレがコイツの名前なのか?」

 「わからないってば。そもそも貴方、とか、聞いたことある?」

 「あるわきゃねえ」

 2人の間に沈黙が落ちる。と、赤子が再びむずかり、ミーマが乳を与える。生まれたばかりの赤子は母乳を吸う力が弱く、吸ってもすぐ疲れて眠ってしまうため、授乳の間隔が短いのは当然。

 「とりあえず、元気そうだな」

 「そうね」

 また沈黙。

 ミーマがマントの中で、赤子を乳房から離す気配。

 「……飲んだか?」

 「ええ」

 「そいつ、ちょっと貸してみ」

 ウォードが赤子に手を延ばす。ミーマはなにごとか、と眉を吊り上げるが、

 「『げっぷ』させんだろ。実は得意だ」

 妙なことを言い出した。

 どうするのかと興味が湧き、とりあえず渡してみる。まず赤子を胸の上に、うつ伏せにもたれかかるように抱き上げ、産着の背中のシワを延ばす。

 そうしておいて、大きなてのひらで赤子の背中をすりすり、と上下にで始めた。ミーマが法王庁で教えられた知識では、背中をとんとん、と軽く叩け、というものだったが……。

 「けぷ」

 出た。

 「おう、まだ腕ぁ落ちてねえな」

 ウォードは満足そうだ。かつては娘のルールーを、そうしたことがあるのだろうか。

 「……『マヒト』か。名前としちゃアリかな。だいぶ個性的だが、誰に遠慮する必要もねえしよ」

 赤子を胸に抱いたまま、軽く上半身を揺する。赤子は眠ったようだ。

 「そうね」

 ミーマが同意する。

 殻族カラゾク紋族モンゾクの間では、子供の名付けといえど、必ずしも自由ではない。両親はもちろん、それぞれの実家や親族までが口を出し、果ては宗家まで巻き込んだ挙句、

 『生まれてやっと決まった』

 などという話は、実は珍しくなかった。

 ウォードの娘・ルールーの名前でさえ、母方の実家で5代前だかに実権を持っていたという、伝説の大婆おおばばさまの名前から。100年以上前に亡くなっているご本人の名を、できるだけ正確に記すと『ルルルゥールルルゥールルルゥーゥ』だそうだ。

 そんなのを思えば、この赤子のなんと自由なことか。名前ひとつとっても、ウォードとミーマ、2人の意志さえあれば決められるのだ。

 「マヒト」

 ミーマが呼びかけてみる。

 「マヒト」

 ウォードが呼んでみる。


 『殻無カラナし』のマヒト

 『百紋付ヒャクモンツき』のマヒト

 『蟲軋ムシサギ』のマヒト

 

 後に多くの名で呼ばれることになる、1人の

 マヒトは、今はただ眠っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます