11/23.蛻殻

 「……馬鹿じゃないの?」

 悪態の内容とは裏腹に、ミーマの声は細く、小さかった。絶望し、軽々に死のうとした自分が恥ずかしかったのかもしれない。

 だが直後、状況は一変する。

  「おい、何だありゃ!?」

 神殿を睨みつけていたウォードが叫んだ。

 はっ、とミーマが視線を向けると、そこには予想もしない光景。

 「なに、あれ!?」

 青黒い沼と化した神殿の中心、今や形さえおぼろな祭壇の上に、真白いものがひとつ、ふわりと浮いていた。

 カラの卵。

 「卵?!」

 その卵がいつから、そしてどこから出現したのか、ウォードにもミーマにもわからなかった。不気味に触手のうごめく沼の上、朝日に照らされた真っ白い卵は、ひどく弱々しく、しかし美しく清浄に輝いて見える。

 見つめるふたりは無言。というより、何を言っていいかわからないのだ。


 だがその卵の出現こそ、その後の2人の運命を大きく変えていく出来事の、本当の始まりだった。


 ざわ、と、沼を埋めた触手が動揺する。と見るや次の瞬間、触手たちが一斉に卵に襲いかかる。

 「あ?!」

 思わずミーマが声を上げた。

 青黒い触手の群れが、卵を捕まえようと激しくうごめき、次々にその手を伸ばしてくる。だが卵の表面がつるつると滑るため、なかなか捕まらない。するり、するりと触手の間を抜け、白い卵が逃げる。逃げる、と書いたが、見ようによっては触手どもに、いいようにもてあそばれているようにも見えた。

 「おい、アレが『魂』ってヤツなんじゃねえか?」

 「え? ……ええ」

 蝙蝠男は確か、『魂を喰いに、蛻殻ヌケガラが現れる』と言った。ならば、

 「じゃあ出てくんのか、蛻殻ヌケガラってヤツが?」

 聞かれても、ミーマに分かるはずもない。眼下で繰り広げられる光景を、ただ呆然と見つめるだけ。

 「?」

 そのミーマの目に一瞬、なにか異質なものが紛れ込んだ。青黒い触手と真っ白な卵による異形の鬼ごっこ、その中に、何かが見えたのだ。

 「カラ……?!」

 ありえない言葉が、ミーマの口をついて出た。

 (そんな馬鹿な)

 言ったミーマ本人が、心の中で即座に否定する。あの青黒い地獄の中では、どんなカラも存在できない。だが、

 「見えたか、お前も?」

 ウォードが訊いてきた。2人とも、沼から目を離さない。

 「ええ、一瞬だけど誰かいたような……あ!」

 「?!」

 今度こそ、2人は見た。

 青黒い沼の中から一瞬、同じ青黒い色の、だがカラの姿をした塊が出現し、触手に襲われる卵を守ったのだ。

 「あれは……?!」

 2人が見つめる前で、その姿はすぐに沼に溶け、そしてまた現れる。

 「あいつは!!」

 ミーマの身体に、ふうっ、という熱の塊が届く。ウォードの身体が、とてつもない熱をはらんでいる。

 その時には、ミーマにも見えていた。卵を守る、カラの姿をした青黒い塊。

 それは海豚殻イルカガラの少女の姿。

 溶けては現れ、また溶けては現れる少女のカラ

 (幻?)

 ミーマは疑うが、しかしウォードも同じものを見ている。2人同時に見る幻などあるものか。しかもミーマの目はもうひとつ、少女の背中に張り付くように背負われた、もっと小さなカラの姿を見ていた。

 小さな、小さな。

 獅子のカラの姿を。

 卵を抱いて、少女が疾走はしる。だが触手に巻かれ、叩かれ、その姿は崩れ去り、卵は沼に落ちる。

 卵を奪おうと触手が迫れば、再び少女が現れて卵を抱き、背に獅子殻シシガラの赤子を背負って、また疾走はしる。

 青黒い色の粘液に、ただカラの顔の形を彫り込んだだけの少女。だがその表情は強い意志と、覚悟に満ちていた。

 なんとしても。

 なんとしても。

 その表情が、どれほど似ていることか。イルカと猿、そもそもカラが違うのに。

 少女が走る眼前に、ひときわ大きな触手が出現し、真上から少女を襲う。

 避けられない。

 『と』

 少女の口が、声にならない声を張り上げる。

 『と』

 『さ』

 『ま』

 『!』

 口の形を模しただけの青黒い粘液から、もちろん声など出ない。しかし力の限りに叫んだ少女の表情が、ふっ、と安堵のそれに変わった。そして卵と、背中の小さな獅子殻シシガラを優しく、胸に抱きしめる。

 その少女を触手が襲……


 ど! だああああんん!!!


 嵐の大波をぶち砕くような、凄まじい打撃音。少女を襲おうとした巨大な触手が、空中で微塵と砕け散る。

 無双の大盾、その威力を見るがいい。

 だが反対方向から少女へ、新たな触手。細く、速く、しかも3本同時。

 

 き、き、しぃん!!


 三筋の稲妻。

 神速の細剣、その閃きは見えたか。

 「ルールー!!」

 父が。

 「チーシェル!!」

 母が。

 猿と猫が、男と女が、斧と剣が。

 たった2人の、だが無双の援軍が今、子供たちのもとへ到着したのだ。

 「ルールー、本当にお前なのか!」

 駆け寄るウォードに、少女の姿の塊はただ笑いの形を浮かべ、胸に抱いた卵をそっと、父に手渡した。そして、

 「チーシェル……?」

 ウォードの隣に膝をついたミーマ、その目の前に、少女は腕に抱いた小さなライオンの身体を差し出した。

 だがミーマが手を触れようとすると、少女は微かに自分の手を引き、

 「……」

 寂しそうに無言で首を振る。触れることはできないのだ。

 だが、小さな獅子殻シシガラは少女に抱かれたまま、両手両足をぱたぱたと元気に動かし、そして

 『ひゃあ』

 声には出せずとも、ミーマに笑いかけてくれた。


 永遠の一瞬。


 イルカの少女が、ライオンの子をしっかりと抱き直し、そして駆け出した。ウォードとミーマに手招きし、小さな指で方向を指し示す。

 神殿の、円の外へ!

 「おい、猫!」

 まだ膝をついたままのミーマに、卵を抱いたウォードが怒鳴る。

 「俺は行く。アテにしていいなら、コイツ頼む。道は俺が開く。ついて来い」

 ミーマの目の前に、卵が差し出される。いまだ得体の知れない謎の卵。蛻殻ヌケガラの魂ともいう。

 だがミーマは、もはや躊躇しなかった。

 「『ミーマ』よ、猿」

 しっかりと、だが優しく卵を受け取る。

 「『ウォード』だ、猫」

 挨拶も契約も、たったそれだけ。

 ウォードがミーマ、猿と猫、二つのカラが、互いの背中を預け合う。

 触手が殺到してくる。一方で、ルールーとチーシェの映し身は、もう狙われていない。やはり卵だ。 

 「来るぞ、離れんな!」

 ウォードの巨大な盾、そして分厚い戦斧は胸の前。

 『処女構え』。

 

 ずどばばぁんん!!!


 正面から襲ってきた触手が、ウォードのひと薙ぎでふっ飛ばされ、霧散する。後ろでミーマが剣を振るい、残った触手を処理。

 だが触手もしぶとい。無限に再生し、また2人を襲う。 

 ウォードが再び『処女構え』。

 「何本でも来やがれ!!」

 だあん!!

 異形の触手、だが正面からねじ伏せる。圧倒的なパワーと破壊力。その背中に自分の背中を合わせたミーマは、まるで太古の巨獣の背中にでも乗ったような感覚。

 ただ、ウォードの背中全体から常に、むせ返るような熱気が放たれ続けているものだから、ぶっちゃけ、

 (暑苦し……)

 きゅ、とミーマの唇が釣り上がる。笑うところではないが、なぜか笑ってしまう。

 ばばあん!

 何度目かの処女構えが炸裂し、2人が前進する。だがその速度は、次第に鈍っていく。足元の青黒い沼が、だんだんと深さを増しているのだ。しかも、

 「ウォード!」

 「どしたぁ! ……うお!?」

 ミーマの警報に振り向いたウォードが、思い切り目を剥く。本当、このゴリラの表情は面白い。が、今度こそ笑っていられる場面ではなかった。青黒沼の中心から、なにかが顔をのぞかせている。

 それは頭の尖った、白い骨のようだった。

 ウォードは『蛇の骨』と見た。ミーマも同じだ。しかしこんな巨大な蛇など存在しない。

 カラの大きさには、

 小殻コガラ

 並殻ナミガラ

 大殻オオガラ

 特殻トクガラ

 の、4段階がある。

 この世界に住むカラの大半は並殻ナミガラで、ウォードやミーマもそれである。だが、今出現しようとしているカラは、その尖った頭骨だけで十分に大殻オオガラ級。

 牙がずらりと並ぶ口は大きく裂け、眼球のない眼窩は青黒い粘液でヌメ光る。手も足もなく、連結された節骨だけがジャラジャラとつながった身体は、まだ見えない部分も含めれば特殻トクガラ級か。

 不気味なほど真っ白な骨に、青黒い粘液が腐肉よろしくまとわりついている様は、悪夢じみているどころはない、悪夢そのものだ。

 これが外法の果実『蛻殻ヌケガラ』なのか。

 「冗談じゃねえぞおい!」

 ウォードが、自分の正気を保つために絶叫する。さしもの大猿ウォードも、こんな常識外れのシロモノは見たこともなければ、もちろん戦ったことなどない。

 恐怖、とは男のプライドが認めなくとも、ほとんどそれに近い戦慄がウォードを襲っていた。

 (こりゃ本気でヤベえ!)

 ウォードの頭の中で警報が鳴り響く。危険感知能力、それを持たない戦人(イクサビト)は、ただの無鉄砲だ。ウォードは豪胆だが、無謀ではない。

 「おいミーマ、卵貸せ!」

 「どうする気?!」

 「アレの狙いは卵だ。俺が引きつける間に、お前は走れ! お前が離れたら卵投げるから、受け取るんだ!」

 「……!」

 「迷ってるヒマあるか! お前の方が速い! 走れ!」

 ウォードとミーマ、戦士としての力量は互角でも、とっさの判断と取捨選択、最前線で生死を分けるのはそれだ。

 「行け!」

 ウォードが強引に卵を奪い取り、もう一度叫ぶ。

 ミーマが走り出す。円の外まで、ものの10メートルもない。が、粘液の沼は深さを増し、既にミーマの膝近く。走るといっても、脚を取られながら必死にもがくしかない。

 ウォードは卵を抱え、ミーマと反対方向へ。

 「こっちだ、バケモンども!!」

 片手に卵を抱えていては、処女おとめ構えからの両羽撃モロハウちは使えない。やむなく盾を持つ手に卵を抱え込み、右手の戦斧で触手を薙ぎ払う。だが、明らかに駆逐力不足。

 ばつん! がつん!!

 背中を、頭を、触手で滅多打ちにされる。

 「こなくそぉ!!」

 もはや払いきれない。そして蛻殻ヌケガラも迫る。

 「ウォード!」

 後ろからミーマの声。沼の外へたどり着いたか。

 (いや、まだだ)

 ウォードは振り返らず、声からミーマの位置を把握する。彼女はまだ沼を出ていない。

 「早く! 投げて!」

 まだ。

 じゃららららら! 蛻殻ヌケガラの巨体がいよいよ沼を抜け出し、ウォードの方へ向かって身体をくねらせ、泳いできた。尖った鎌首をもたげ、長い身体をうねうねと波打たせながら青黒い沼を進んでくる姿は、超巨大な蛇そのものだ。

 ぎろり、と青黒い瞳がウォードを睨む。そして、かっ、と巨大な口が開かれる。

 「ウォード!!」

 ミーマの声が絶叫と化す。ウォードが、もはや捨て身のレベルまで敵を引き付けるつもりと悟ったのだ。

 この大猿は怖いものを知っている。危険を感知し、現状を正しくそろばんにかけ、それに対応した策もはじき出せる。

 ただし、そこには

 「早く投げなさいっ! 馬鹿猿っ!!!」

 ミーマが沼を抜けるまであと半歩。だが、さしものウォードもここまでだ。

 「頼んだぜ、ミーマ!」

 振り絞るような声とは裏腹に、ウォードの右手が優しく卵を放る。

 ふわり、と宙を舞った卵の軌道をミーマが、そしてルールーとチーシェの写し身が、ゆっくりと目で追う。

 ふっ。

 両手の肘を深く曲げ、胸の前で籠よろしく構えたミーマの腕に、卵が音もなく収まった。

 しかし。

 「避けて!!」

 ミーマが叫ぶ。

 くわぁ、と大口を開けた蛻殻ヌケガラがウォードに迫……いな

 巨大な骨は直前で軌道を変え、ミーマへ向かう。やはり卵狙い。もうウォードには目もくれず、その脇をすり抜けていく。

 だが、それを許すウォードか。

 「ツレねえじゃねえか、バケモンよう!」

 これでもかとガニ股に腰を落とし、盛り上がった背中に湯気が出るほど、いや本当に蒸気が揺らめいて見えるまで、全身の筋肉を引き絞る。

 『処女おとめの構え』。

 「ホぅオオォオオオ!!!」

 ゴリラの雄叫び。最初は甲高く、後は野太く。

 ばづん!!

 蛻殻ヌケガラの巨大な頭骨、その顎を斜め下方から打ち上げるように、ウォード渾身の一撃が叩き込まれた。

 ば、がん!!

 分厚い木の板でできたウォードの大盾が、とうとう微塵に砕け散る。それでもウォードの豪腕は止まらず、残った縦横十字の金属板だけで、蛻殻ヌケガラの顎を振り抜いた。

 ぐらん!

 なんと蛻殻ヌケガラの巨体が揺らいだ。現世でいうなら大型トレーラーの突進に、ほとんど生身で立ち向かうような無謀だが、それでも一矢を報いた。

 そして相手が揺らいだなら、もう一撃。それが戦人イクサビト・大猿ウォード。

 「ホぅオ!!」

 右足を思い切り踏み込みながら、戦斧をすくい上げに振り込む。狙うは蛻殻ヌケガラの顎の下。

 がじん!!

 ウォードの戦斧が真下から、蛻殻ヌケガラの顎の骨に食い込んだ。

 (っしゃあ!!)

 ウォードが心で快哉を叫ぶ。とっさに左手も動員、戦斧を両手で握りしめ、全体重をかけて圧し斬りに斬り込んでいく。

 ばり、ばり、ばき!

 無骨な刃に込められたウォードの体重と、凄まじいまでの怪力が、異形の骨を砕く。

 「こな! くそ!がぁああ!!!」

 顎の先までぶち割れろ、とばかり、満身の筋肉に湯気を立たせる。『パワー』という言葉を、そのまま形にしたような姿。

 「ウォード、もういい! 離れて!」

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます