08/23.攻防

 びたぁん!!

 ふっ飛ばされたミーマが、地面に叩きつけられた。

 「がヒ……っ!?」

 ろくに受け身も取れず、無様な悲鳴を漏らす。ボロボロに裂けた黒い法服が血を吸い、見る間に赤黒く染まっていく。

 ウォードの大盾に刺さったまま残された犬殻イヌガラの矢尻が、まるでのようにミーマの身体を削った上に、石ころだらけの地面を念入りに転がされた。左手首から激痛。骨にヒビか、下手をすれば骨折している。

 ここまでの戦いで、かすり傷ひとつ追わなかったミーマの身体が、たった一撃でボロ布のような有り様へと変貌していた。

 太い血管へのダメージがないこと、そしてとっさに左腕を犠牲にし、背中に背負った息子の亡殻ナキガラを守ったことが不幸中の幸いだ。

  息ができない。身体への衝撃と、そして精神的なショック。

 (いや、できる!)

 「か、はっ!」

 腹筋を無理矢理に駆動させ、わざと逆に息を吐ききってから、空っぽになった肺へごう、と、空気を叩き込む。そして、

 「がァあああァァァっ!」

 ミーマが吠える。プライドも体裁もかなぐり捨てた、肉食野生獣の咆哮だ。

 (動け、このノロマ!!)

 自分自身をののしって、心と身体に喝を入れる。ウォードが止めを刺しに殺到してくる。動けないなら、死ぬしかない。

 (動け、今すぐ!)

 剣を握ったままの無事な右手を、強引に地面へ支っかえ、脚で闇雲に地面を蹴る。進行方向はどこでもいい、とにかくウォードの攻撃範囲から離れるのだ。

 「おォウ!!!」

 背後からウォードの気合声。どすどすと馬鹿でかい足音が、死刑宣告のドラムのように響く。

 だぁん!!

 ウォードの戦斧。ミーマがはいたブーツのかかとがわずかに、ごちん、と削り落とされる。コンマ数秒でもスタートが遅れていたら、膝から下を斜めに叩き斬られていた。

 だだだっ!

 傷ついた身体から力を振り絞り、ミーマが疾走はしる。うかつにウォードの間合いに入るのは危険、と分かった以上、猫殻ネコガラ本来のスピードを生かすのが得策。

 途端に、背後でぴたり、とウォードの足音が止まる。

 (追っても無駄だ)

 と見たのだ。嫌になるほど冷静な判断だった。

 ミーマも脚を止め、再び剣を構える。仕切り直し、だが状況は圧倒的にミーマに不利。一番まずいのは左手の感覚がなく、そのため回復剤を取り出すのも、飲むこともできないことだ。

 (一度この場を離れて……いやダメだ)

 日の出まであとわずか。今すぐにでもウォードを倒し、祭壇に走らないと間に合わない。

 間に合わない。

 ちり、と、ミーマの背中をあせりの火ががす。

 ミーマを追うのをやめたウォードが、逆に背後の祭壇に向かって、じりじりと後退をはじめた。盾と斧を持った両腕を身体に引きつけ、両肘を腰の骨に当てて、腕にかかる負担を軽くしている。といってミーマへの警戒も怠っていない。

 万事に隙がなく、しぶとい。戦場でもっとも会いたくないタイプの戦人イクサビトだ。

 (侮っていた)

 自分の油断を思うと、ミーマはくわえた尻尾を噛みちぎりそうになる。

 大盾でミーマを吹っ飛ばした技、あれは鳥殻チョウカクが使う双剣技。

 (『両羽打モロハウち』……!)

 ミーマが記憶では、背中と肩、肘、手首といった瞬間的に緊張させ、両手の剣を真横に振り抜く技。

 元々が空を飛びながら使う技のため、踏み込みや体重の移動がなく、技の発動予測が難しい。ミーマでさえ、食らうまでわからなかったほどだ。

 ダサい旧式の蛮族拵えバーバリアンスタイルだまされてはいけない。

 大猿・ウォード、ミーマに勝るとも劣らぬ『武芸者』だ。

 (……それが)

 ミーマはくわえた尻尾をぎり、と、本気で噛み締める。痛みが文字通り身体を一周し、脳天を焼く。

 「それがどうしたぁ!」

 血まみれの尻尾を吐き出して叫び、ぶん、と首を振って再びくわえる。そして、

 だぁんっ!!!

 両足で地面を蹴り、ウォードとの間合いを一気に詰めた。ユキヒョウのバネを目いっぱい使った大跳躍。

 「ホおぅ!」

 ウォードも左手の盾を掲げ、ミーマを迎え撃つ。

 ウォードとミーマ。

 ふたつのカラは出会い、そして殺し合う。負ければ死。たとえ勝っても、待つは外法・魔導の修羅の道。その魂はいずれ鬼に捕らわれ、地獄のに落ちるだろう。

 だが。

 (チーシェル、たった一度でいい、貴方が笑ってくれるなら)

 (ルールー、もう一度だけでいい、お前が笑ってくれるなら)

 猿と猫、父と母、男と女。

 思うところはただひとつ。


 (鬼がどうした!)


 (地獄がなんだ!)


 右手の剣を一直線に、ミーマがウォードへ突撃する。高く上げた右足が、待ち構えるウォードの真正面に踏み込まれる。

 その直前。

 ざっ!

 後ろへ残したミーマの左足が、地面をこすって急減速し、予測より遥か手前に着地する。

 ミーマのフェイント。

 ウォードの迎撃タイミングがズレる。

 「ふっ!」

 目一杯に伸ばされたミーマの剣が、地面をこするほど低く、すくい上げるような刺撃を送り込む。突撃と見せて急停止し、盾の下端をかい潜って剣を撃ち込む『掠り突きスキミング』。

 ばっ!

 細剣の切っ先が、ウォードの膝を貫いた。

 「ぐ……!」

 膝の関節に、焼けた火箸をぶち込まれたような激痛。だがウォードはうめき声ひとつ。

 ぶん! と、ミーマの剣に向かって大盾を打ち下ろす。恐るべし、刺さった膝と大盾でミーマの剣を叩き折る気だ。この闘争心こそ見よ。

 だがミーマが速い。踏み込み脚の体重を、再びつま先から踵へ移しながら、素早く剣を引く。

 がん!

 空振りした盾が、地面を打つ。いかにウォードが怪力でも、ミーマの剣速に追いつくのは容易でない。

 「ほォ!」

 ウォードの戦斧が横薙ぎ、だがミーマは読んでいる。剣を持った手首を軽くひねり、戦斧の軌道を刀身で斜めにさえぎる。

 ざくん!!

 「ぎっ!?」

 ウォードがうめく。ミーマの剣で戦斧の刃が逸らされ、ついでに手首を深々と斬られた。

 いや《斬られた》のではない。

 ミーマはただ、ウォードの怪力の前に自分の刃を。ウォードはその罠に、自分から手を突っ込んでしまった。

 ぼたぼたぁっ!

 ウォードの手首から、蛇めいた太い血。膝の傷と合わせ、放置すれば命にかかわる出血量。

 だがミーマの剣は閃きを止めない。

 今度は盾の上越し、肘と手首をくるりと返して、まるで刃を放り込むような斬撃を撃ち込む。

 『投棄て撃ちダンピング』だ。

 ぱっ!

 ウォードの背中、そこだけ白い『白銀担ぎシルバーバック』が血に染まる。ミーマが狙ったのは首の動脈だが、とっさにウォードが身をかわし、またしても皮鎧と荷ダコで受けようとしたのだ。

 しかし無念、剣は背中に逸れた剣は、肩甲骨の真上を一直線に裂く。

 「ぐ!」

 それでもウォード、盾の向こうのミーマを再びふっ飛ばそうと突進。

 しかしそれを待つミーマではない。

 右へ、超高速のステップ。ミーマの身体が瞬間移動したように消え、そして出現した。

 「いィィ!!」

 ミーマの口から甲高く、細い気合声。

 三連撃。

 ししっ、しっ!

 肘と肩、手首の伸縮だけを使った軽い斬撃。だがカラの命を奪うのに大層なパワーなど必要ない。鋭く研がれた刃を、ほんの数センチ切り込ませ、重要な血管を傷つける。たったそれだけでカラは死ぬ。

 大して面白くもないだ。

 だがウォードもさすがのしぶとさ。とっさに戦斧を捨て、右腕で剣を受ける。

 ざくざく!

 首と脇の下を狙ったミーマの刃が、拳と肘に阻まれる。まったく、この男が相手ではも楽ではない。

 「痛っでぇ!」

 ですむのか。

 ぶん!

 ようやく盾が追いつく。だがもはやミーマはあわてない。もはやウォードは武器も捨て、出血も相当。動けなくなるのも時間の問題だ。

 時間の問題?

 (待てるか!)

 油断するな。完全に殺しきるまで、攻撃の手を緩めるな。

 か、かん!

 まるでオーケストラの指揮者がリズムを取るように、剣の先っぽだけを振り、ウォードの盾を叩く。フェイント。だがウォードは釣られず、盾はピクリとも動かない。

 か、かん!

 もう一度。だが動かない。そして、

 しっ!

 虚と実、今度はフェイントではない。剣より先に肩を出し、ちょうどフリスビーを投げるように剣を撃ち込む。途中で手首が返り、刃は大盾を真横から迂回して飛ぶ。

 『鈎撃ち《フッキング》』。

 まともに決まればウォードの首か、顎の下を横から串刺し。

 ぎし。

 だが、ミーマの剣に伝わるったのは、斬撃の手応えではなかった。

 「?!」

 警報。

 剣が動かない。刃を何かにつかまれた。

 ゆっ!

 ウォードの盾が動く。なぜかミーマの剣が、それに引っ張られる。

 (盾が剣を?!)

 ミーマは一瞬、自分の感覚を疑った。だが間違いない。正確には

 丸木の板にわざと金属の枠を入れず、ギザギザになったままの縁で、ミーマの刃を噛み取った。

 刃砕き《ソードブレイカー》。刃を奪われ、下手をするとし折られる。

 (退いて……ダメだ!)

 スピードと機動性を優先したミーマの剣は、手の握力を使わず、指で支えているだけ。今、身体を退けば、たやすくすっぽ抜ける。

 (ヒジっ!)

 この閃き。

 ミーマは退かず、剣を持った右腕の肘で、大盾に向かって肘打ち。肘の先が支点となり、食われていた剣が手元へと引き抜かれる。

 生まれ持ったユキヒョウの本能を刃に、そして一ノ鐘ファーストリンガーへの敵愾心を砥石に、磨き抜いた戦闘勘だ。

 「づぅ!」

 盾の表面に刺さったままの矢尻に、また肌を削られる。だが、それでも剣を奪われるよりマシだ。

 だん!

 ウォードの大盾を足で蹴り、空中で一回転して着地する。猫の敏捷性と空中機動。全身に激痛が走り、最初に盾を食らった左半身に至っては、もはや痺れて何も感じない。だが、

 (大丈夫、まだ動ける!)

 剣を構える。2度目の仕切り直しだが、今度はミーマが有利を取り戻した。

 ウォードは追ってこない。いや、追えないのだ。

 いかに頑丈なゴリラのカラも、もはや盾を掲げて立つことさえ難しい。

 (詰めた)

 今度こそ油断ではない。あとは命を奪う一手のみ。

 もはやウォードは『敵』ではなく、『的』だ。

 気づけばミーマの唇の端が、きゅう、と吊り上がっている。勝利の笑み。

 笑み……?

 (え?)

 いや、それは笑みではない。身体に異常、彼女がそれに気づいた時は、既に手遅れだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます