03/23.邂逅

 まず目に入ったのは、黒色の衣装だ。

 尼僧が着る法衣に似ているが、神の使徒にあるべき清楚さは裏切られる。下着が見えるほど深く、腰まで入ったスリットから、たっぷりと艶を乗せた脚線美がのぞいているからだ。

 その脚を、膝上まで包むのは黒い革ブーツ。

 武装は腰に下げた細身の長剣のみ、軽装だ。

 体毛は純白。長身で大柄な身体からみて、同じ猫殻ネコガラでも愛玩系の家猫ではない。

 狩猟系の野生種だろう。

 深めに開いた襟ぐりの喉元から、ふさふさとした純白の毛並みが流れ落ち、猫殻ネコガラには珍しい、アンバランスなほど豊かな胸部へと続く。豊かな腰の後ろには、やや不釣り合いなほど太く、長い尻尾が揺れている。

 余談、もともと脚や腰といった下半身の美麗さに比べ、胸はイマイチというのが猫殻ネコガラの特徴なのだが、彼女の体型はその常識を覆す。

 美しさと野性味が見事に調和した美貌は、まさに神の差配という言葉がふさわしかろう。

 (いい女だ……ってかコイツ、こんなだっけ?!)

 最初の驚きの後、一瞬とはいえウォードが見惚れてしまったのも無理はない。もし彼女がウォードの住処・央海のみやこ『青京』を独り歩きでもしていたら、停泊している船という船から、海の男どもの冷やかしと口笛が、それこそ嵐のように降り注ぐだろう。ましてウインクの一つもサービスした日には、のぼせて海に落っこちる馬鹿の10人や20人では済むまい。

 だがウォードは、むしろ警戒を強める。

 なぜなら、目の前の精悍な美猫と、船の中でウォードが持っていた彼女の印象とが、

 (別人じゃねえか、全然!?)

 と、いうほど違っていたからである。

 ウォードの記憶では、この猫殻ネコガラの女は航海の間、ずっとだった。飯を喰っては嘔吐、喰っては嘔吐を繰り返すものだから、やがて他のカラたちにも敬遠され、最後には船尾の甲板に出、孤独に毛布を被ってうずくまっていた。

 『ゲロ猫』

 などと、非道い陰口を叩かれていたことも知っている。

 島までの航海でただ1人、帆船を操る技術を持っていたウォードは、仮の船長としてカラたちを指揮していたが、彼の中でも彼女は完全に扱いだった。

 となれば、警戒するにも情報が少なすぎる。

 「船に火ぃつけたの、お前か?」

 ウォードが問いを投げた。が、もちろん答えを期待しての問いではない。

 それでも表情一つ、まばたき一つでもいい、何かしらの反応が引き出せれば上出来。

 だが意外、

 「……船底の木材に入れたの、貴方?」

 意外も意外、言葉が返ってきた。しかもときたものだ。

 この島に来て初めて聞く猫殻ネコガラの声は、強い意志と生命力を感じさせる。大きく開けた口元から閃く牙が、ぞくりとするほど白い。

 そして質問。

 帆船の竜骨や肋材、梁といった重要構造材に、目立たないよう、だが破壊しようとすれば容易に砕ける細工が施してあった。

 あれはお前の仕業か?

 「……」

 男と女、猫と猿。二人それぞれの質問に応えはなく、ただ沈黙が続いた。

 そして、それが答え。

 実はウォードもまた船を沈め、戦いを有利に進める算段を進めていた。船の構造にも長けたウォードにとってはの仕事だ。

 だがこの猫殻ネコガラの女は、そのウォードすら。ウォードの細工を見抜き、そこに火を放つことで破壊の速度を倍加させ、あっという間に船を沈めてしまったのだ。

 「大したタマだぜ、お前」

 ウォードが、わざわざ言葉に出して賞賛した。お世辞ではない。

 ここまでくれば、彼女の船酔いも演技だったとイヤでもわかる。この猫殻ネコガラの女はウォードに一杯食わせ、殺し合いを勝ち抜き、この場所へとたどり着いたのだ。


 そして、2人が残った。


 共に海を渡った100人の殻のうち、残ったのはウォード自身と、この猫殻ネコガラの女だけ。はなくとも、ウォードはそうしていた。

 目的のためにつよく、そしてしたたかに在ること。それこそが今、この場所に立つための条件。

 そしてこの猫殻ネコガラは、ウォードと同等か、それ以上の強者ツワモノだ。

 「俺はウォード。渦潮紋ウズシオモンのウォードだ」

 ウォードは名乗りを上げながら、分厚い革でできた胸甲のベルトをゆるめ、真っ黒な胸の毛皮に浮かんだモンを露わにした。

 大海のど真ん中、船も、島すら飲み込む大渦を意匠化した紋章クレストが、夜明け寸前の闇に一瞬ぼう、と光り、すぐ元のように隠される。

 今、ウォードがあえてモンを示し、名を名乗ったのは、この猫殻ネコガラの女の力を認めた、という彼なりの証。

 そしてもう一つ。


  、というだ。


 もし万一、この猫殻ネコガラを生かして帰せば、ウォードが禁忌を犯し、魔導・外法に手を染めたことが知れ渡ってしまう。

 カラにとって、外法に手を出すことは禁忌の中の禁忌であり、それを犯す者を出した渦潮紋ウズシオモンもまた、他紋・他殻ホカガラの信用を失い、蔑みの対象となるのだ。


 渦潮紋ウズシオモン


 それは魚殻ギョカクを中心とし、5つの海のすべてを支配する、最大にして最強の紋族モンゾクである。国家の形を取らず、宗家を中心に多彩な殻族カラゾクが集まった多殻紋族タガラモンゾク。その結束は固く、もちろん海の戦いでは、

 『まさに敵なし』

 を誇る。

 だが、そんな大紋族ダイモンゾクでさえ、他紋族タモンゾクと交流なしに、単独で生きることは不可能だ。

 海からの漁獲以外、食料を手に入れるにも、船を作る材木や金属も、陸の紋族モンゾクと交易を行う必要がある。船団護衛の仕事だって重要な収入源だ。

 そこに、もしウォードの禁忌破りがおおやけになればどうなるか。

 まず、信用を失った渦潮紋族ウズシオモンゾクには交易相手も、仕事を頼む者もいなくなる。食い物もなく飢えたカラたちは、やがてモンへの忠誠と信頼を揺るがせ、最後には婿や嫁の来手・貰い手もなくなった挙句、紋族モンゾクごと滅びてしまうだろう。

 事実、そうやって滅びた紋族モンゾクは多いのだ。

 (これ以上『親父オヤジ』に迷惑かけたとあっちゃ、死んでも死にきれねえ)

 宗家のオサを親以上に思い、『親父オヤジ』と呼ぶウォードにとって、そこだけは裏切れない、譲れない一線だった。

 だからこそモンを示し、不退転の決意を示したのだ。

 (これでもう、一歩も退けねえぞ!)

 この意気。

 そんなウォードの名乗りをどう聞いたか。

 対する猫殻ネコガラの女が取った行動は、ところが逆にウォードの

 女は無言のまま、ウォードに対してくるり、と半身はんみになると、右手の親指を黒衣のスリットに差し入れ、なんと無造作にふわり、と持ち上げてみせたではないか。

 純白の体毛に包まれた見事な太腿と、これまた敬虔とは言いがたい細さの黒い下着があらわになる。

 「!?」

 ウォードの目に続き、大きな口までがぽかん、と開かれる。彼の名誉のため、決してスケベ心のためでないことは保証する。

 もはやではない、真の驚愕が彼の脳天を直撃したのだ。

 女の、高く盛り上がった尻肉の上に、なんと小さなモンが浮かんでいた。

 丸の中に、まん丸の二重円を配した意匠。


 「猫目丸紋ネコメマルモン、ミーマァィイ・マームリーシャ」


 厄介なことに彼女の名もまた、ウォード同様、猫殻ネコガラにしか正確に発音できない。他殻ホカガラのための異名が『ミーマ』。

 ところで、猫殻ネコガラが使う猫目紋ネコメモンには、主に4つのバリエーションがある。格付けによって上から、

 サークル

 エッグ

 柿種パーシモンシード

 ニードル

 この4つだ。

 お察しの通り『猫の目』、すなわち時刻によって形や大きさがが変わる猫の瞳孔を意匠化したもので、陽の光が強い真昼は『針』のように細く、午前午後はやや太くなり『柿の種』。朝と夕方は『卵』型、夜は『真ん丸』、という次第だ。

 とすれば、ミーマが示した丸紋マルモンは最高位。南の大陸を支配する猫目紋族ネコメモンゾクの王族と、その係累だけが持つ名紋のはず。

 (『ゲロ』とか言ってる場合じゃねえぞ、おい?!)

 ウォードは驚きを通り越し、胃の辺りが冷たくなるような気持ちだった。

 猫目紋族ネコメモンゾクは、南部大陸の豊富な鉱物資源を背景に、高い文化を築いている有力紋族である。世界最強を自負するウォードら渦潮紋族ウズシオモンゾクでさえ、見たこともない技術や知識を駆使する彼らを警戒対象としている。

 だが一方で、

 「で、なんの冗談だ、そりゃあ?」

 ちょっと馬鹿みたいに真剣な顔で、ミーマを問いただす。殺し合いの真っ最中にもかかわらず、そうせざるをえなかったのだ。

 モンとは前述した通り、地位や権力、能力を示す大切な証である。それを辱めたり汚したりすることは、紋族モンゾク全体に対する侮辱であり、敵対行為ともなるのだ。

 何が言いたいかといえば、つまりモンとは間違っても、、ということなのである。

 いやでもだ。なお悪い。

 読者の皆様に分かりやすく例えるなら、たとえば『葵』や『菊』の紋を想像していただくのが手っ取り早い。あれらを尻に入れたとして、時代が時代であれば、尻にした当人どころか家族・係累に至るまで罪に問われるはずだ。

 ウォードが目を剥くのは無理もない。いや、むしろ、

 (当然よね)

 ウォードの有様を見たミーマは、内心で笑い出したい気分だった。

 猿殻サルガラの、それもゴリラの大男が目も口も、鼻まで全開でぽかーん、とした顔をしていれば、そりゃ誰だって笑う。読者の皆様にもお見せしたいほどだ。

 だが今、ミーマの中にこみ上げる笑いは、もっと陰湿で、しかも根深いものだった。

 (ざまをみるがいい)

 彼女の運命を弄び、悪ふざけの末にモンまで刻んだに向かって、心の中で唾を吐きかける。

 そんな荒みきったミーマの気持ちが、笑いとなってこみ上げたのだ。

 もし、この猿殻サルガラの男が生き残り、ミーマの尻にモンが刻まれていると公にしたならば、彼女を弄んだ奴らは、存分に恥をかくことになるだろう。

 (それはそれでいい気味よ)

 だがもちろん、この猿を生かすつもりなど、ミーマにはない。

 ミーマが腰の剣を抜き放った。そして自分の尻尾を背中からくるりと前へ、肩ごしに回すと、その先端を口で、はむっ、とくわえる。

 異常とも思える、どこかユーモラスでさえある行動。だがこの仕草こそ、ミーマのゲノスを象徴するのだ。

 「『ユキヒョウ』か……!」

 さすが、ウォードは知っていた。

 戦いにおいて、尻尾の先を口にくわえる。それは雪降る高山の女王・ユキヒョウの習性である。

 猫殻ネコガラゲノスユキヒョウのミーマ。


 彼女の戦いを振り返ってみれば、次のようである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます