05/23.チーシェ

 もうひとつ、ミーマの心を救ったものがある。

 それは小さな、雄ライオンのマスコット人形だった。

 布に綿を詰め、ビーズで目鼻を着けただけの他愛ない人形は、当代の法王が獅子殻シシガラなのにあやかった、安価な土産物でもあったろうか。幼女時代、両親が買ってくれたその人形に、『チーシェル』という名前までつけていた。

 そして寂しく、辛いことがあると、こっそり取り出しては、に話しかけるのだ。

 『ねえチーシェル、お話しましょう?』

 背も伸び、胸も、腰もすっかり成人のそれになったミーマが、掌の中の小さなライオンと、楽しそうに会話する。普段は狂気スレスレの鋭さを消さないミーマの瞳も、その時だけは木漏れ日のような優しさをたたえ、声もまた、まるで春風のように密やかだ。

 もっとも、それはそれで別の狂気、そう言えたかもしれないけれど。

 『あのねチーシェル。私はここを、法王庁を出たい』

 ミーマはよく、その望みを口にした。

 『誰にも愛されず、憎しみばかり向けられるのには、もう慣れちゃった。でもね、チーシェル。聞いてほしいの』

 小さなライオンのたてがみを、そっと撫でる。


 『私は誰かを愛したい』


 小さなライオンの身体を、胸に抱きしめる。

 『誰かを心から愛し、守ってあげたいの』

 ミーマは目を上げ、高い壁に囲まれた法王庁の、狭い空を見る。

 『そうしたら許せる気がする。許して、生きていける気がするの。私を愛さなかった人達も、誰にも愛されなかった私自身も』

 決して叶わぬ幻だとわかっていても。

 『ねえ、教えてチーシェル』

 いや、わかっているからこそ。

 『世界のどこかに、こんな私がが、いるかしら……?』

 

 そんなミーマを、ある日、大きな災厄が襲った。


 『法王に子供ができない』

 これである。

 とはいえ、その事実はだいぶ前からわかっていた。

 獅子の法王が、せめて自分の子を王位に、と熱望したことは既に書いた。だが彼の正妻はもちろん、妾妻にも子供が生まれない。若い鐘撞リンガーをハーレムに呼び、毎夜のように励みもした。

 しかし、それでも誰ひとり妊娠の兆候すら見せないのだ。

 子供がなくては王位どころか、自分自身の血統さえ絶えてしまう。加えて、

 『種無たねなし法王』

 ベタな陰口がささやかれる。

 『百獣の王』を自認する法王にとって、それがどれほどの屈辱か。

 そして同時に、法王を盲目的に溺愛する一ノ鐘ファーストリンガーにとっても。

 そして、真の狂気が始まった。

 狂った姉は、狂った弟のために、とうとうのだ。が、それを描写するのはさすがに控えよう。

 もはや誰も呼ばれなくなった法王の寝室で、夜毎に繰り返される背徳行為。それはミーマを始め、法王庁のすべてのカラたちに、

 『もはや末期』

 と、思わせるのに十分だった。法王庁全体を薄汚れた空気が包み、人も、建物も、なにもかもが腐っていく感覚。

 そしてついに、寝室の扉が開かれた日、ミーマたちはふたつの事実を知ることになった。

 ひとつ。弟を溺愛する姉も、ついに妊娠しなかったこと。

 ふたつ。狂った姉弟が、さらなる狂気に堕ちたことを。

 『鐘撞リンガーは全員、法王猊下の寝室へ集合せよ』

 ミーマたちに命令が下されたのは、その夜のことだった。過去に何度も呼ばれた場所だが、さすがにというのは初めてだ。

 法王の広い寝室、狂った姉弟の前に整列させられた彼女らに、次に下された命令は、

 『お互いに目隠し・拘束せよ』

 異様な命令。だが鐘撞リンガーたちには抵抗も、質問さえ許されない。

 『動かず、じっとしていろ。すぐ終わる』

 一ノ鐘ファーストリンガーが、妙に優しい言葉を吐く。

 直後、ミーマたちは何者かに服を剥ぎ取られ、そして若い身体を犯された。相手が何者かもわからないまま、ただモノのように、次々に犯されたのだ。

 愛情はおろか、快楽すら微塵もないの中、一ノ鐘ファーストリンガーの不気味な含み笑いだけが続いていた。

 鐘撞リンガーたちを犯した男たちが誰だったのかは、ついに分からずじまいだった。中に法王がいたことは確かだが、明らかに法王より若い男たちの存在を、鐘撞リンガーたちは感じていた。

 ちょうどその直後、法王庁では数人の若い衛兵が突然、辺境の教会に配転を命じられた。しかも運悪く赴任中の船が沈み、全員死亡するというまで起きている。が、もちろん彼らについて語ることは禁じられた。

 そして後日、犯された鐘撞リンガーの中で1人、ミーマだけが妊娠した。

 『ついに!』

狂喜したのは法王だ。

 『ついに子ができたぞ!』

 まさに踊り狂わんばかり、ミーマが宿した子供が、喜びようであった。今思えば、法王は本当にそう思い込んでいた、いやのだろう。

 だがミーマは、そんな法王の姿より、彼の隣に立った一ノ鐘ファーストリンガーの顔が忘れられない。

 憎しみと嫉妬と嫌悪、あらゆるマイナスの感情をどす黒く煮詰めておいて、喜びの笑顔の上から素手で塗りたくったならば、きっとこんな顔になるのだろう。

 『よくやった』

 ミーマを労う言葉さえ、蒸留すれば一国を滅ぼす猛毒が精製できたに違いない。そして一ノ鐘ファーストリンガーは続けて、

 『尊い血を宿した以上、お前にも、ふさわしい格を持ってもらう』

 と宣言し、弟の法王に『モン分け』を命じた。

 紋族モンゾクの本家・宗家の座を継いだ者は、他者に紋を分ける力を持つ『本紋マスター・クレストも同時に受け継ぐ。猫殻ネコガラの法王もその1人だ。

 『ただし、こやつの血統は下らぬ下衆猫。この下品な尻にでもお入れなされませ』

 そんな最低の悪ふざけを提案されたところで、ミーマには抵抗も、反論さえ許されない。

 そして姉の言いなりとなった法王は、唯々諾々と胸の本紋マスター・クレストの光を指に分け、それをミーマの尻肉に移した。

 小さな光の点がふわり、と広がり、ミーマの尻に紋が花開く。そうして猫殻ネコガラの最高紋を与えられたミーマに、しかし喜びなどあるはずもない。

 『子を宿した以上、これはもう要らんな?』 

 張り付いたような笑顔を浮かべた一ノ鐘ファーストリンガーが、小さなライオンのマスコットを、ミーマの目の前でバラバラに引き裂いた。私室の机の奥に、念入りに隠してあったはずの『彼』は、ただの布切れに、そして暖炉の灰となる。

 (……チーシェル、ねえ、聞いてくれる?)

 表情の消えたミーマの頬を、知らぬ間に涙が濡らしていた。鐘撞リンガーになって初めての、それは悲しみの涙だった。

 次の日からミーマは、法王庁の一角にある離れに幽閉された。見張りが付けられ、剣の素振りすら許されないまま、次第に大きくなる腹と向き合う日々が始まった。

 常人ならとっくに狂うか、なにもかも諦めて運命の汚泥に沈むか。

 だが、それでもミーマは耐えていた。


 ……いや。


 ミーマの心に変化が起きていた。

 不思議なことに彼女は、ほとんど人生で初めて、自分の中に温かい気持ちが湧き上がるのを感じていた。決して望まぬ妊娠ではあったけれど、それでも自分の中に育っている命を、どうしても否定する気になれないのだ。それというのも、

 (……チーシェル、ひょっとして貴方なの?)

 それだった。

 目の前で引き裂かれた小さなライオンが、生まれ変わって自分の中に宿っている。ミーマは、そんなことを思うようになっていたのだ。

 当然、まともな思考ではない。

 が、どこの誰かも知らぬ男の子供を、ワケもわからず妊娠させられ、いうがままに生まされるミーマの境遇。

 (貴方ならいいわ。貴方なら、私はいい)

 それで、そのことでミーマの心が、ギリギリ狂わずにいられるとしたら。

 (貴方なら、私は愛せる)

 だが、ミーマにそう思わせる、それこそマスコットを破壊した一ノ鐘ファーストリンガーの狙いだったとするならば。

 もし悪魔というものが本当にいたとして、彼らでさえお手本にするだろう。

 予定の日が近づく。ミーマは毎日のように、

  『チーシェル、貴方は私が、が守ってあげる……今度こそ』

 誓いの言葉を口にする。

 繰り返し、繰り返し。

 自分の心と身体に、何度も何度も、言い聞かせるように。

 

 しかし無情、その誓いが果たされることは、やはりなかった。


 がきた。

 すべてのカラは、母親の腹から卵で生まれる。そして母親の乳を飲んで育つ。

 また子供は母親のカラを引き継ぐゆえに、ミーマが生むのは必ず猫殻ネコガラの子だ。

 その日、離れの中で医師に取り囲まれたミーマは、まず麻酔され、眠らされた。既にこの段階で、世間一般の産卵とは手順が違っている。しかしもちろんミーマには抵抗する権利も、またその隙もなかった。

 そして目覚めた時、彼女の側には砕けた卵の殻と。

 息をしていない、小さな猫殻ネコガラ亡殻ナキガラがあった。

 男の子、ゲノスはライオン。

 『残念ながら死産であった』

 医師はそれだけ伝えると、ミーマを残して去った。

 ミーマは、しばらくぼう、としていた。大きかった腹はもう元に戻り、身体の中に命は感じられない。息子の亡殻ナキガラをそっと抱いてみたが、まだ濡れたままのそれは冷たくて軽く、やはり命の実感は感じられなかった。

 『……チーシェル?』

 の名前を呼んで見る。『チーシェル・マームリーシャ』。他殻ホカガラへの愛称は『チーシェ』。

 だが返事はない。

 ミーマが大切に、大切に守ってきたものが、ついに根こそぎ奪い取られた瞬間だった。

 喪失感。

 と同時に、その大切なものに注ぐはずだったものが、ミーマの中で行き場を失った。

 愛するはずが。

 愛し抜くはずが。

 狂おしいほどの感情がミーマの中で渦巻き、制御不能の嵐となって荒れ狂う。

 こんなのおかしい。

 こんなはずじゃない。

 ミーマはほとんど無意識に、息子の亡殻ナキガラを抱き、法王庁をさまよい歩いた。無表情、かと思えば突然笑い、あるいはキレてそこらじゅうの調度品を破壊する。

 その時だ。

 目にも留まらぬ速さでミーマに飛び掛かり、反撃の暇すら与えず床に押さえつけて制圧した者がある。

 一ノ鐘ファーストリンガー

 暴れるミーマの耳元で、彼女はひとつの言葉をささやいた。

 

 『死者を蘇らせる道がある』


 ぴくり、とミーマの身体が痙攣する。

 『亡殻ナキガラタマシイを結ぶ殻鎖カラザを結び直す。外法だ』

 呪わしき誘惑の言葉はゆっくりと、優しく、慈しみに満ちていた。

 『だが、お前の息子は獅子殻シシガラ、次代の王となるべきカラだ。たとえ外法とて、をお救い申し上げるに、なんの不都合があろうか』

 ミーマの脳髄が、誘惑の言葉に侵されていく。

 『3日後、船が出る。息子の亡殻ナキガラを防腐して、共に乗るがいい』

 一ノ鐘ファーストリンガーの言葉は、それこそ悪魔の教科書に載せられるほどに甘く、そして絶対的な頼もしささえ感じた。

 それでも普段のミーマなら、決して耳を貸すことはなかっただろう。腰の剣を握り締めながら誘惑を跳ね返す、その強さを持てたはずだ。

 だが、その時のミーマは違った。

 悲しみと喪失感、そして何より、行き場を失った愛情の渦に囚われ、流されるまま溺死しようとしていた。

 だからこそ一ノ鐘ファーストリンガーは、そんなミーマの心に向かって、でよかった。それだけでミーマは、たとえ行く先が地獄でも、

 (チーシェルを、息子を救うことができるなら)

 一切の迷いなく突き進むのだ。

 ミーマが息子に寄せる愛情の強さ、深さを逆手に取ったこの手管は、もはや狡猾などというレベルではない。悪魔さえ、たとえ教えられたとしても、ここまではしないに違いない。

 こうしてミーマは息子の亡殻ナキガラを連れ、ウォードたちと共に船出した。

 とはいえ、いかにミーマといえどもの身体だ。航海の当初は本当に体調不良で、『ゲロ猫』と陰口を叩かれたのも決して演技ではなかった。幸い航海の間に体調も戻り、嘔吐するふりをして食事も取った。周囲から無視される立場を利用し、逆に彼らを観察できたことで、ウォードの不審な動きにも、いち早く気づけた。でなければ、

 (あぶなかった!)

 猫殻ネコガラの彼女は、カナヅチではないものの、決して泳ぎが得意ではない。だからこそ、ウォードの企みを利用する形で先行し、船を沈め、多くのカラを倒すことが出来たのは幸運だった。

 そして今、外法の神殿の前、ウォードと相対したのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます