01/23.森

 ばつん!

 また1本、盾に矢が刺さった。

 (畜生、ツイてねえな)

 大樹の幹に背中を預け、丸型の大盾を前に掲げてうずくまりながら、ウォードは腹の中で毒づいた。

 が、無理もない。

 こともあろうに犬殻イヌガラの弓手と、よりにもよってしまった。

 しかも時刻は夜明け前。

 夜目が利き、耳も良く、なにより悪魔じみて嗅覚が鋭い犬殻イヌガラたちは、夜間戦闘において猫殻ネコガラと同等か、それ以上に厄介な戦士である。それが証拠に、

 (野郎、尻尾の先も見せやがらん)

 この通り、敵の犬殻イヌガラを、遭遇した直後に見失った後、まるで打つ手がない。逆に彼の大盾には、既に10本以上の矢が突き刺さっている。正直、身体に1本も食らっていないのが不思議なぐらいだ。

 とはいえ、そんな窮地にあっても、

 (これぞ『犬猿の仲』ってか。……笑えねぇ)

 ウォード、意外と余裕がある。豪胆、そう呼んで差し支えなかろう。

 ちなみに彼が内心でつぶやいた『犬猿の仲』から解釈すれば、敵が『犬』なら、こちらは『猿』。

 猿殻サルガラゲノスゴリラだ。

 手甲を巻いた腕、革ブーツに包まれた脚、そこだけはむき出しの胴、すべてが太く、たくましい。さらに革製の胸甲を着けた胸板、そして肩幅のサイズときたら、まるで特大のワイン樽を無理やり押し込みでもしたようだ。


 このウォード、正式な名を『ヴォードードーゥ・ホゥイホウィ』という。


 正確な発音は同じ猿殻サルガラでないと難しいが、発声器官の異なる他殻ホカガラのため、『ウォード』の通り名を使う。

 (っても、これじゃラチぁ明かねぇな……しゃーねぇ、やるかよ)

 驚くほどあっさりと腹をくくり、立ち上がる。巨体に似合わない、いっそ軽みさえ感じさせる動作。ウォードの持つケタ違いのパワーの証明だ。

 そうして立ち上がってみれば、背中に何やら大きな荷物を背負っているのが分かる。

 「おら、撃ってこいや!! ワン公!!」

 四方の深い闇に向かって銅鑼声を張り上げる。夜間戦闘でこんな大声を出すのは一見、自殺行為にも見えるが、なにせ相手は犬殻イヌガラだ。

 下手な逃げ隠れは無意味どころか時間の無駄。

 (ならるまでよ!)

 おとこウォード、財産は闘志のみ。

 「どうしたどうしたぁ! この通り、俺ぁ逃げも隠れもしねえぞ!」

 丸型の大盾を左手、両刃の戦斧を右手に振りかざし、見えない敵を挑発する。あとは勘とタイミング、そして『運』。

 「……!」

 瞬間、ウォードの身体が伸び上がった。戦斧を握った右腕をはるか頭上へ、まるで投げ上げるように振り回す。

 がっ! と、巨樹の幹に戦斧の刃を深く、がっちりと噛ませておいて、

 「むんッ!」

 猿殻サルガラに特有の腕力頼み、戦斧を握った片腕1本の懸垂で、巨体を宙へと引き上げる。そこへ、

 ひ!

 矢。一瞬前までウォードがいた場所へ、盾と巨樹の隙間を真横から縫い通す一撃。

 (危ねえ!)

 足に履いた革ブーツ、その靴底ギリギリでかわす。だが終わりではない。

 始まりだ。

 宙に浮いた太っとい両足を巨樹の幹にぐん、と踏ん張るや、幹に噛ませた戦斧を力任せに引き抜く。と、同時に、

 「ふッ!」

 引き抜いた勢いはそのまま、後ろざまにジャンプ。

 と!

 再び矢。巨樹の幹に深々と突き刺さったその場所は、またしてもウォードが一瞬前まで張りついていた場所だ。

 一手、半秒でも読みを誤れば串刺し。しかしウォードの唇には太い笑みさえ浮かぶ。

 (そうこなくっちゃよ!)

 強敵上等。

 跳んだウォードは空中で一回転、『バク宙』を決めて着地する。巨体と重装備をものともしない身軽さ、これぞ猿殻サルガラの真骨頂だ。

 た!

 3本目の矢は地面。もしウォードが真下へ着地していたら、確実に脚を撃ち抜かれていた。

 ほんの瞬き数回分の攻防は、ウォードの読み勝ち。犬殻イヌガラの弓手も、残り矢を減らしたはず。さらに、

 「そこかぁあ!!」

 3つの矢筋から、ついに射手の位置をつかんだ。さすが1射ごとに移動して射つ手練は見事だが、それでも草をすり、藪にかかる音までは消せていない。

 それを見逃すウォードではない。

 「オオぅホぅおオオォォ!!!」

 これぞ本家本元、ゴリラの雄叫びを吹き上げながら、弓手の方へと突進する。盾を前面に低く構え、足を綱渡りの綱を渡るよう、真っ直ぐに運ぶ。なぜというに、

 『盾持ちの足狙い』

 が弓手の基本だからだ。

 か!

 矢。やはり足元。だが盾が防ぐ。ウォードは止まらず、盾のまま正面のやぶへ突っ込む。その重さと速度ときたら、現代でいえばちょっとした

 どぐぉおん!

 ウォードの突撃を食らった雑木が根ごとなぎ倒され、その向こうで逃走にかかっていた犬殻イヌガラの背を押し潰す。

 わずかな星明かりの下、あらためて確認する犬殻イヌガラゲノスは『シェパード』。なるほど屈強なはずだ。

 手に弓、腰に矢筒。背にはウォードと同じく、大きな荷物を背負っている。

 「……!」

 潰された犬殻イヌガラの弓手は、それでもうめき声ひとつ上げない。倒れながらも弓を捨て、腰から大ぶりのナイフを引き抜く。

 だが遅い。

 (逃げられると厄介)

 「ホおーゥ!!」

 天も裂けよと雄叫びを上げながら、まだ遠い間合いから長い腕を伸ばし、戦斧の刃で犬殻イヌガラへ斬りつける。敵の足へ、浅手承知の一撃は、まず相手を逃がさないための牽制だ。

 どむっ、という湿った斬撃音に続き、ぶしゃっ、と鮮血が舞う。

 「がぁあああ!!」

 たまらず、今度こそ悲鳴が上がった。牽制と言いつつ、ウォードの腕力だ。振り下ろされた戦斧は犬殻イヌガラの足首から先を、ほとんど両断した。

 「ちぃっ!」

 犬殻イヌガラが素早く治癒薬を取り出し、飲み下す。薬液に込められた魔力が発動し、足の傷の修理が終わるまでわずか数秒。

 だがウォードには十分な数秒。敵に肉薄する。

 「フんっ!」

 今度こそ完璧に間合いをとらえ、打ち下ろされた戦斧が、犬殻イヌガラの背骨を断ち割る。

 「!!!!!!」

 声にならない絶叫。苦し紛れに振った腕からウォードの喉へ、ナイフが飛ぶ。

 かろん。

 むしろ涼しい音を立てて、ウォードの丸盾がナイフを打ち落とす。受けたのではない、盾の縁で苦もなく払い落とした。

 万事休す。

 「糞ぉッ!」

 その悪態はもはや声帯を震わせることなく、無声音。それでもせめて目で殺さん、とばかりにウォードを睨みつけ、歯を剥き出す。

 その闘志、その意気こそ見事。

 敗北と死を潔く受け入れる美学もあれば、最後の一瞬まで諦めることなく、恥でも泥でもむさぼり喰ってい進む、そういう生き方だってある。

 「恨みっこなしだぜ」

 ウォードが犬殻イヌガラの弓手に、そして自分にも言い聞かせるようにつぶやくと、

 「むンっ!」

 必殺の戦斧を犬殻イヌガラの首筋へ、さしたる力みもなく振り下ろした。

 決着。

 カラと魂をつなぐ殻鎖カラザが断ち切られ、カラ亡殻ナキガラとなる。

 「……ふッ」

 大きく一息ついただけで、ウォードは休むことなくにかかった。犬の亡殻ナキガラを調べ、使えそうな薬剤や食料、武器を剥ぎ取るのだ。戦場イクサバ荒らしの亡殻剥ナキガラハぎは、もちろん誉められた行為ではない。どころか、戦人イクサビトにとっては末代までの恥さらし。

 だが今のウォードには、誇りだの名誉だのを口にするヒマも、そして資格もない。

 (堕ちたもんだぜ)

 だが、そんなウォードの手が止まる。犬殻イヌガラの胸に、光るものが見えた。

 (こいつ、『紋付モンツき』だったのか……!)

 見た目にも鍛え抜かれたシェパードの精悍な胸板、そのちょうど真中に、2本の牙を円で囲んだ紋章クレストが浮かんでいる。


 『丸に双ツ牙マルニフタツキバ』紋。


 北大陸東方の大森林・『東(遠)ノ森トオノモリ』の犬殻イヌガラ。その貴族・王族・武士階級が使う、氏族紋クラン・クレスト・『牙紋キバモン』の変形紋だ。

 昼なお暗い東ノ森を支配する犬殻イヌガラは、そのイクサぶりに定評があり、他殻ホカガラからも一目置かれる存在である。ましてその紋付モンツきともなれば、相当に名のある武人だったはず。

 (道理で手練てだれだぜ)

 ウォードが過去に戦ったどんな犬殻イヌガラよりも、間違いなく手強かった。もしこれが、負けていたのはウォードの方だったろう。

 それが互いの名を名乗ることもせず、紋を見せ合うこともなく殺し合い、そして死んだ。

 「堕ちたもんだなぁ、お互いよ」

 言葉が、つい口に出た。正直、亡殻剥ナキガラハぎに身を堕とした時より、ずっと心に堪えている。


 カラにとって『モン』は、単なるマークではない。


 微弱な白色の光で表されるモン、それ自体に特別な力はない。

 だが、例えば国や氏族、ギルドなどの社会集団にあって、能力や人望に優れ、それを代表すると認められた者に与えられる証、それがモンだ。

 国家であれば、少なくとも大臣・将軍クラスの『格』と考えてよい。

 極端な例を言えば、例の犬殻イヌガラの国でモンを見た者は、

 『必ず土下座』

 という法律まである。

 だからこの弓手にしても、名前すら知られないまま、こんな場所で身ぐるみ剥がれてよい者ではなかったはずだ。

 (どこかに名は?)

 ウォードは一瞬、そう思ったが、やはり探すのはやめた。しょせんだ。

 名もなく死ぬのは覚悟の上、いや、いっそ本望だろう。

 結局、治癒薬をはじめとする薬剤だけ、腰の物入れに移す。

 ついでと言っては何だが、大盾に撃ち込まれた矢を戦斧でバリバリと斬り落とす。

 ウォードの盾は頑丈な金属の十字枠に、分厚い木の板を打ち付けただけの代物で、それを革のベルトで腕に固定してある。盾の外縁に金属の枠がなく、よく見ればあちこち欠け朽ちてギザギザのままで、ぱっと見には粗雑で野蛮。

 だが侮るなかれ。

 これでもウォードが工夫を重ねた愛用品、縁に枠がない理由は、後に譲ろう。

 荒っぽい掃除の結果、表面には結構な数の矢尻が刺さったまま残ったが、気にしないことにする。

 (じゃあ、な)

 亡殻ナキガラとなった犬殻イヌガラの弓手に内心で別れを告げ、歩き出す。東の空が、薄紫に染まり始めている。

 夜明けが近い。

 「……やべ、急がねえと」

 これは声に出た。猿殻サルガラに特有のガニ股で、のっしのっしと森を突き進む。途中、また別の敵と遭遇する可能性もあったけれど、

 (どうせ皆殺しだ。手間が省けるってもんさ)

 この気概。

 反面、その目は暗い。殺し合い、いや殺戮の連続が、ウォードから光を奪っていた。

 この戦いが、いや殺し合いが始まってから約10時間。その間に、最初は100人いたカラの大半が、既に死んでいる。

 いや

 ウォード自身も相当数のカラを倒したが、

 (誉れにも、自慢にもなりゃしねえ)

 むしろ逆、どす黒い霧が心を塞いでいくようだった。 


 ウォードの戦いを振り返ってみれば、次のようである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます