3/文明の力

「遅れてゴメン」


 志麻は能力を行使したまま、乗ってきたバイクから飛び降りた。急いで来てくれたのが伺える。間一髪だった。でも、彼女が来てくれるまでの時間を稼げたのなら、ジョーとしては本望である。


 光の粒子を放ちながら変化したコンクリートは、マンモスの四足よつあしを絡め取り、徐々に下へ下へと飲み込んでいく。さながら、アリ地獄のように。


 ジョーは、少し離れた高架線上に何とか受身をとって着地すると、すぐさま移動を開始した。巻き込まれないようにである。敵の動きは封じた。後は頼むぜ、幼馴染。


 穴に飲み込まれていくマンモスの上空に、アスミは緑色の光に包まれて浮遊していた。先ほど切断した周囲の電線から、火花を散らしながら電気が彼女に集まっている。今、この街を動かしている力。今の文明を動かしている力。出力十分。


「『雷のニコラ・テスラ』!」


 アスミは自分自身を稲妻と化し、マンモスの背中に急転直下した。周囲に電気と衝撃波がほとばしる。マンモスはアリ地獄に飲み込まれるのを待たずして、アスミの一撃の威力でコンクリートを貫通し、高架線の下までそのまま突破。轟音と共に大地に叩きつけられた。


 バチバチと周囲に火花を残留させながら、数度痙攣けいれんすると、やがてマンモスは動かなくなった。どうやら、決着はついたようだ。


 ジョーが非常用階段から下に降りていくと、アスミと志麻がマンモスの変化を見守っているところだった。淡い光に包まれて、等身大の人間の大きさに収まっていく。現れたのはニット帽をかぶった青年で、気は失っているが命に別状はなさそうだ。


「やっぱり、獣化系の能力者だったのね」


 アスミが男の脈を確認しながら診断する。


「巨大化願望? これだから男って」


 志麻が呆れたように、ジョーの方を振り返る。


「え。男って、一括りで言われてもな」


 ジョーが突っ込むと、志麻はキっと目を鋭くして、顏をぐんとジョーに近づけた。鼻先が触れてしまいそうな至近距離で、甘い香りがする。年相応の素の可愛さのアスミに比して、少し背伸びして女としての魅力を演出しようとしているような。それでいて成熟にはまだ遠い可憐かれんさが先立っている。そんな美人顔である。


 志麻はしばし無言でにらみつけると、やがてプイっとアスミの方を向き直る。


「アスミ、身体からだの方は大丈夫?」


 その労わりを、あえてジョーには向けない。こっちにも少しは優しさを分けてくれたなら。そんな欲も出かかるけれど、志麻は何よりもアスミのことを大事に想っているのを知っている。今ではその気持ちの重さをジョーも尊重している。


「電線、どうしよう。理華りか達がうまく手配してくれるかな?」


 当のアスミは、自分の体のことよりも、街のことを気にしていた。ちなみに、高架線に空いた穴は、既に志麻が能力で元に戻し始めている。


「ま。でも。人が死んだりするよりは、全然イイわよね」


 アスミは自分で納得したようにそう述懐すると、ホっとしたように街並みを眺めた。一陣の風が吹く。


 いつも通りの街である。ビジネスマンさん。学生さん。主婦さん。おじいちゃん。おばあちゃん。お父さん。お母さん。子供さん。赤ちゃん。車掌さん。パン屋さん。メイドさん。パっとは名称を思いつかないような、今日の自分の事をやっている、みんなみんな。

 街には命が溢れて巡っている。付け加えると、奇跡的に、この日のマンモス事件があってなお、電車はダイヤ通りに進み、街の人達はこの非日常の一幕を特に意識するでもなく、各々の日常を歩んでいた。


「こんな私でも、守れた」


 アスミの声が遠く響いたところで、意識は一旦あの日へ。


 何故、宮澤ジョーがこのような非日常的戦いに身を投じているのか。彼にはどんな能力が宿っているのか。


 物語を始める前に、振り返っておかなくてはならない夜がある。


  /プロローグ・A

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!