248/過去編――二〇〇六年~君に明日を託す

 過去編――二〇〇六年/


 スヴャトの最後の旅立ちの日は、白菫しろすみれ色の雪が、音もなく街を包んでいた。


 誰にも告げずに行こうと思っていたのに、どういう経緯で察知したのか、「S市」の駅のペデストリアンデッキの所まで、ジョーが追ってきた。


「行く、のか」

「そうだな」

「『宇宙の果て』に?」

「そういうことに、なるかな」


 全ての準備を終えていた。向かう先はアルティナードルグ城跡である。ヴァルケニオンとの最後の戦いが待っている。ジョーとも、これが最後の会話になるかもしれない。


「なあ。ジョーよ」

「ああ」

「ワシはな。『特別』な人間になりたかったんだ。世界を救いたいと思っていた」

「過去系なのか?」

「もう、打ちのめされた後なのさ。この世界の仕組みでは、ワシが大事なものを守っている間に、ワシの手の届かないところで誰かが犠牲になっている。この手で全ては、守れないんだ」

「そう、か」


 続いたジョーの言葉は、どこか遠くから響いてくるようでいて、一方でもう思い出せないような昔日、スヴャト自身が、大事な誰かから聴いたものでもあるようであった。


「だったら、スヴャトが取りこぼした分は、俺が守っておいてやる」


 初めて「紫の館」にやってきた時。キラ星を追ってきた時と同じ真っ直ぐな瞳で、少年は迷いなく言い切った。


(そうか)


 決めかねていた、存在変動者としての孫にどう接するか、何ができるかということについて、決める時がきたようだ。


 孫のジョーは、守られる側ではなく、守る側の人間なのだ。


「なあ、ジョーよ」

「うん」

「アスミちゃんは、好きか?」

「な、なんで? 急に」


 ジョーは頬を赤らめる。


「好きとか、そんなんじゃないけど。でも」

「でも?」

「アスミといると、楽しいよ」

「そうか」


 その言葉が聞けただけで、十分であろう。


「ジョーよ」

「ああ」

「お前に明日を託す」


 スヴャトの言葉が、はい雪が天から地に降るようなゆっくりとしたスピードで、ジョーの胸に染み入っていく。


 静かに振り続ける雪の色が、白菫色から白花しらはな色に変わっていく頃、スヴャトは瞑目し、祈るようにつぶやいた。


「ヴォーちゃん、ここでお別れだ」


 ジョーが見上げる雪空の下に、藤色の光が瞬き、立体魔法陣が立ち現れる。


 光が極小から極大にゆらめき、そしてまた小さな光へと収束してゆくと、スヴャトと正対するように一つの存在が現れた。サラファンを纏い、紫の髪を舞わせる少女。ヴォーちゃんである。


「スヴャト? どういう意味です?」

「中谷理華の『本当の本質能力エッセンテティア』をね。実は僕も分けて貰っているんだ。彼女のその本質能力エッセンテティア自体が、そういう性質のものだからね。だからそれを使って……」

「何を? 何を言っているのです」

「君を。『構築物コンストラクテッド・歴史図書館ヒストリア』を、ジョーに贈与する」


 ヴォーちゃんは、顔色を変えた。理知的な彼女が、狼狽している。


「そんな! 本質能力エッセンテティアなしで。私なしで、ヴァルケニオンと戦うと言うのですか? 勝てるわけがない!」

「ヴォーちゃんはさ、この先の未来で、もしジョーがアスミちゃんを助けたいと願うことがあったら、力になってやってくれ」

「私は、反対です。空瀬アスミのために、あなたがそこまですることはない。私は、この命はスヴャトと共にあると、誓っているのです。スヴャトも、もう気づいているのでしょう? 『進展わたし』は、ダメだったんだ。世界中を回って、荒廃した世界を見てきました。一握りの強者が栄えた一方で、数多あまたの死体が転がっている世界だ。『進展わたし』では、世界は救えなかったんだ。こんな、『進展わたし』はなかった方が良かったんだ。せめて、最後はスヴャトと共に死なせてください」

「そういうこと、言うと思っていたよ。元からね。最後の戦いで、及ばなかった時は、僕一人で死ぬつもりだったんだ。実はその準備も、手配済みなんだ。なあ、ヴォーちゃん。確かに僕が昔日に取りつかれた『進展きみ』だけでは、世界はどうにもならなかった。だけど、未来はまだ分からないじゃないか。ジョー達の世代のことまで、僕が判断するというのは傲慢というものだ。だから、ジョー達の世代には、可能性だけを残しておきたいんだ。二つの『選択肢』を、残しておこうと思う。君は、それを守っていてはくれないか?」

「ですが、私は。スヴャトが死んだ後の世界で存在し続けて、何になるというのです? そう、人間のアンナとは違う意味でしょう。それでも私も、あなたを愛しているのです」

「ありがとう。本当にありがとう。ヴォーちゃん。僕も君に出会えて、良かった」


 スヴャトが俯いてそっと顎ひげの認識阻害のリボンに触れると、いつからそこに存在していたのか、スヴャトの右腕には、一振りの日本刀が握られていた。


「スヴャト!?」

「はっは。全覧ぜんらん強記きょうき。何でも知ってるヴォーちゃんだけど、槍間の『コントロール・ザ・ワールド』とは相性が悪かったね。認識そのものに、干渉されていちゃね。これは、甲剣に伝承される『破認』の刀だ。名を、氷王ひょうおうと言う」


 スヴャトの意図に気づいたヴォーちゃんは、諦念の中、膝をついた。自分は人間ではないのに、双眸そうぼうから涙が零れ落ちている。


「ヴォーちゃん。巡る世界の中で。今も、これからも。困難が君を挫こうとする時。君は決して一人ではないことを、忘れないでくれ」


 スヴャトが氷王を振り抜くと、甲剣の『ブレイク・ザ・ワールド』が発動した。刀が空を切り、ヴォーちゃんの体が光の粒子へと変換されていく。ヴォーちゃんの記憶から、宮澤新和/スヴャトポルクという存在の認識が消滅していく。


 ヴォーちゃんは光になってゆく。


 舞う光の粒子は、今日も冬の「S市」に音もなく振り続ける粉雪に似ている。


 光になったヴォーちゃんは、雪の中に佇む少年・ジョーの胸の中へと吸い込まれていく。


 こうして、祖父・宮澤新和から孫の宮澤ジョーへと「構築物コンストラクテッド・歴史図書館ヒストリア」は贈与された。テクノロジーが未来に希望をもたらすと高らかにうたわれながら、人間が、郷里が、あらゆるものが、切断され始めた頃。二〇〇六年の、冬のことだった。


 ヴォーちゃんからスヴャトの記憶が消える間際、最後のスヴャトの言葉が彼女の胸に木霊した。


(ヴォーちゃん……)



――君に、ジョーあしたを託す。



 ヴォーちゃんの瞳に映った最後の新和/スヴャトは、少年時代のように、笑っていた。



  /過去編――二〇〇六年

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!