219/湯船

 銭湯の湯船につかって足を伸ばす。温かい。血の巡りが良くなっていく。


 ジョーはこの緊張でガチガチになっていた体がほぐれていく感覚に覚えがあった。震災の本震から一ヶ月ほど後に、何とか営業を再開したこの銭湯に並び、ようやく湯船に入った時だ。あの時の少しだけホっとした気持ちと、いや、これからだと研ぎ澄まされていく感覚が、今も似ている。


 カウンターに座っていたおじさんに小銭を渡す時に、ちらっと目が合った。二年半前に全力で街の人達に湯を提供し続けた英雄である。また、お世話になった。


 さて。


 思考に余裕が出てくると、自分がコンタクトを取るべき人間の順番が見えてきた。


(まずは志麻。そして、ひぃじーじだな)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!