218/過去編――一九五一年~特別

 過去編――一九五一年/


 男は五歳にして、自分は他の人間とは異なる事実に気がついた。


 父が闇市から仕入れてきたドストエフスキーを読む。ラジオから流れてくる断片的な情報を元に、現在の世界情勢を読み解く。こういうことが、普通の子供はできないらしい。


 何か自分には、他の人間とは違う特別な人間なりの、宿命があるらしい。


「新和」


 配給所から帰宅した母が自分の名を呼んだので、分厚い本を閉じた。頭の中のスイッチを入れると、彼女の体を覆うように、淡い赤色の光が見える。


 この、人それぞれに光っている色を感じ取るということも、普通の人間にはできないらしい。


 いったい僕は、何のために生まれてきたのだろう?



  /過去編――一九五一年

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!