207/八月十三日1~死霊のように歩く

  ◇◇◇


 明けて八月十三日。


 大白山神社の地下祭壇にて真実を知った後、ジョーはトボトボとS市一級河川の河川敷を歩いていた。


 アスミが家で休むと告げたので、昨夜は解散となった。しかし暗黙のうちに、八月二十日にアスミの「マグマ」で真実大王を葬り去ると。「正しい」流れに事が進み始めているのを感じた。志麻と中谷理華はアスミに付いている。本当は、ジョーも側にいた方が良いはずだった。それでも、ジョーはアスミと離れて、こうして日が照らす河の側を、ただ死霊のように歩いている。


(何をやってるんだ。俺は)


 アスミに対して、苛立っていた。本当なら、助けてあげなくてはならないのに。助けることができないのなら、せめて残された時間、近くにいるべきなのに。


 空を見上げると、遠くにツインタワーが見える。そこで、空から落ちてきた戦闘機を幻視し、とある事実に気づく。


 そうだ。大王の攻撃で、市民に大勢の犠牲が出た。今、こうしている間にも、瓦礫の下で救助を待っている人がいるのかもしれない。アスミのことばかり考えていたが、自分も、一人でも多くの市民を助けるために、今すぐ駆けだすべきなのではないか?


 しかし、ジョーは駆けだすことができない。こんな今の自分でも、少しは役に立てることがあるはずなのに。


(けっきょく、はかりにかけているんだ)


 自分は、そういう人間だったのだ。


 傷ついた街の人々を颯爽と助けて回るヒーローなどはどこにもいない。アスミの事で頭がいっぱいで、市井の他人のことなんて忘却している人間。


 気が付けば、左手首の昇竜のアザの痛みが消えていた。それは喜ばしいことのはずだった。


 何も感じない。堤防に吹く優しい風に触れても、肌が刺激された以上のことを感じない。


 歩きながら、おもむろにスマートフォンをズボンのポケットから取り出し、リンクドゥのアプリを立ち上げる。


 ジョーとアスミと志麻の三人のグループ。『非幸福者同盟』に新しい投稿は、なかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!