呪われた黄金の飢餓/地獄の吸血鬼

作者 木下森人

19

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

10万ドルの賞金首クラウス・キンスキー。
彼を追う、バンパイアハンターのフランク・モリスとローラ・リー。
100万ドルの金塊を手に入れるのは誰か?

主要キャラに善人が一人もいないので。
特定のキャラに感情移入するのではなく、
「誰が最後、勝ち抜けるのか?」
と面白がりながら話を追う感じでした。

洋画の知識がゼロなので、適切なジャンルを思いつかないですが。
こういうタイプの映画ありそうだよな、と思います。
台詞も格好良くて、洋画の俳優さんが喋ったら似合いそう。

先に『ワイルドハント』も拝読しています。
あちらは「元ネタ知らないと理解できない度」が高いかなぁ……。
この作品も映画や文学からの引用が多いですが。
主要キャラや本筋は知識なしでついていけるので、最後まで楽しめました。

★★★ Excellent!!!

バンパイア、ドラゴン、ドラキュラ
これらの言葉に心が躍るでしょうか?
残念ながら多くの人が聞き飽きたと思うことでしょう

ですが、本作はこうした存在にしっかりと根を張り、立派な設定にしています

パロディや引用で軽快に進む物語は非常に読みやすく、時にコミカルなキャラクター達のやり取りで引き込まれていきます

見知ったはずのものが見せる新たな物語をぜひ楽しんでください