4ぶんの1の風のきせき

作者 うのたろう

29

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

1ページ目から衝撃的。
冒頭のいじめのシーンでは鬱になるようなリアル感で頭のなかに思い浮かんできます

そんな中、転校生との出会いで主人公・初乃のまわりの環境が変わり始めます。


転校生には秘密がありました。それは彼の過去。

彼が転校してきた理由もその過去に深くつながり、とても驚き、切なくなりました

そして彼はとても不器用だけど、かっこいい……。


ケンカのアクションシーンにはスピード感があふれていて、どきどきしたり緊張したり。

そして息つくひまもないまさに風のように、気持ちがどきどきしたままラストシーンへながれていきます。


疾走感あふれる作品
そして、どこが心はぽっかり。

余韻がいまでも残るそんな物語です

素敵な作品をありがとうございました*

★★★ Excellent!!!

後半は驚きとハラハラドキドキの連続でした。
「ほっとする安堵の気持ち」と「胸を締め付けられるような気持ち」の相反する感情が混ざりあって溢れてくる感じでしたが、最後に吹いたあたたかな風が一瞬で日だまりのような気持ちに変えてくれた…そんな気がします。

感情の表現がとても繊細で、特に怒りが爆発するまでの悲しみ・慣れ・諦めなど気持ちの描写や、その時の言動の場面が映像で伝わってくる感じがするほどです。
もし自分だったら?と思うと、恐怖に関する言動は私とは少し違うかなと思いましたが、ほかの感情での言動は私もきっと同じな気がして、いつの間にか感情移入して読んでいました。

★★★ Excellent!!!

主人公の女の子はいじめられっ子だという事で、初めは嫌な気持ちになる部分も多かったですが、転入生の登場でそんな気持ちも消え、後半部はストーリーにハラハラドキドキしながら読んでいました。

個人的には、主人公と転入生とのやりとりが面白かったですw

とても引き込まれる良い作品だと思います。

★★★ Excellent!!!

※現時点「途中までしか読めていません」

「奇跡?」「軌跡?」「輝石?」

もしかしたら「鬼籍」かもしれません(笑)

しかしコンテスト応募作品「恋愛」です。

常識バッドエンドでないと信じたい思い

裏切られた場合「読み応えあれば」納得

文章面問題なく「日の当たる場所」可能

全話投稿した結果「埋もれている現状?」

期待して最後まで読み続ける予定です(笑)