砂糖の森とあまいお菓子と悲しい戦争

「ふえぇん……。すごぉい……。

 純白の白いホワイトフォレスト・森って感じぃ……!」


 描写としては間違っていない。

 しかし最高にアホっぽいのは、安定のローラだ。


「しかもなんだかひんやりしてる!

 頭のいいアタシは知っているけど、『雪』ってやつよね! たぶん!」


 オレはシュガーフォレストの前に立ち、白いところに触れてみた。

 それはふんわりとしてひんやりで、確かに雪のようであった。

 ただしいわゆる雪よりは、いくらか温度が高い感じだ。冷蔵庫で冷やしたコーラぐらいの冷たさだ。


(はぐはぐはぐ。)

(はぐはぐはぐ。)


 ローラとマリンがオレの隣にしゃがみ、雪を食べてた。


「ふえぇ~~~~~~~~ん」

(~~~~~~~~~~~~。)


 そして頭がキイィンとしたのか、ふたりそろって(><)な顔で震えていた。


「実際これは、雪ですよぉ。

 何日かに一回の寒い日に、空から降ってくるんですよぉ」


 流石は異世界だな。

 空から降ってくる雪まで甘いとは。

 雪というには、『冷たい』ではなく『ひんやり』で止まっていて気になるけど。


「フフフフ……ケーマさん。空から降ってくるものは、雨水のように甘い。

 業界の常識ですよ?」


 そんな業界は知らない。


「ふえぇん……へっくちゅ!

 さむいぃ、けど甘いぃ、おいしいぃ~~~~~。

 ここにお菓子のおうち建てたぁ~~~~~い」


 ローラは犬のように四つん這いになって、甘い雪をペロペロ舐めてた。

 自ら四つん這いになって、地面の雪を舐めてる女神。

 常識で言えば最悪だけれど、ローラなら納得だ。


「よいしょ……」

「雪を拾ってなにやってんだ?」

「ここのモンスターは強いですよぉ。体に雪をこすりつけて、ニオイを消すとよいですよぉ」


「なるほどなぁ」


 オレは雪を掴むと、ローラの背中にドサッと入れた。


「きゃあああああああああっ!!!」

「必要なことなんだからガマンしろ」


 オレは掴んだ雪を、ローラの顔にぶち当てた。


「へぶうっ!」


 ローラの顔が、パイ投げでも食らったかのように白くなった。

 オレは再び雪を掴むと、今度はローラの頭に被せる。

 美容院のシャンプーの要領で、ローラの頭をやさしくこすった。

 時に強く時にやさしく、指の腹でマッサージをするような感覚だ。


「ふえぇん……。ひゃっ♥。

 冷たくってひんやりするけど、ケーマの指が絶妙で……♥

 気持ちイ……♥♥」


 頭をいじられているローラは、恍惚の表情を浮かべた。


(くい。くい。)


 幼女のマリンが、オレの服の裾を引っ張る。


(じー………。)

「してほしいのか」

(こくっ。)


 オレはローラに馴染ませたあと、マリンにもしてあげた。


(んっ………♪)


 マリンは気持ちよさそうだった。

 フェミルやロロナも並んできたので、順番にしてあげた。


「なんだかうらやましいですよぉ……!」


 ミルキィにもしてあげた。


「こ……これは、クセになりそうな指使いですよぉ……!」


 満足されたようで何よりだ。


「と、と、ところで、さ、さ、さ、さ、寒いんだけどっ?!」


 ローラが自身の肩を抱き、ガクガクと震えた。


「ホットチェリーがよいですよぉー。体がぽかぽかするですよぉー」

「そうなのか」

「ケーマケーマ、あぁーんっ!」


 ミルキィがローラに差し出したチェリーを、オレは手に取りローラに食わせた。


「舌の上に乗せた瞬間、つるんっとした舌触りがして、噛んだらプツッと弾ける甘み……おいしいぃ~~~~~!」


 オレもひと粒食べてみた。

 確かにうまい。缶詰とかにある、小さいさくらんぼっぽい味だ。

 てれれ、てってってー。

 レベルもあがる。

 ステータスはさほどあがらなかったが――。


 ◆習得スキル

 ぽかぽか LV2 20/150


 ◆スキル解説・ぽかぽか

 相手の体をぽかぽかさせれる。

 クールな女の子に食べさせれば、『あなたといるとあったかい。ぽかぽかする』とか言ってもらえる。

 やったぜ。



 効果はとてもわかりやすいが、解説文が珍妙だった。

 便利そうではあるのだが。


(くい。くい。)


 幼女のマリンが、さっきと同じくオレの服の裾を引っ張る。

 口を小さく、あーんとあけた。

 ローラにも懐いているマリンは、ローラのマネをしたがることも多い。

 さくらんぼを食べさせる。


(んっ………♪)


 マリンは幸せそうだった。

 幼女の笑顔は普通に和む。


 オレたちは進む。

 真っ白いシュガーベアーやシュガーイノシシなどが遠くに見えたが――。


(ナワバリに入ったり、ニオイや音で刺激しなければ大丈夫でーすよぉ)


 という声に従って移動してたら、襲われることも特になかった。

 猛獣がいるエリアを抜けて、普通にしゃべってもよいエリアに入る。


「ねぇねぇケーマ、ふしぎなものある!」

「これは……キノコか?」


 チョコのような本体に、白いシュガーがかかったキノコだ。

 おいしそうな見た目をしている。

 が――。


 タケノコもあった。


 キノコから十メートル離れたあたりに白い竹林のような一帯があって、タケノコが生えていた。

 キノコとタケノコがこんなに近くに……?

 "ハードラック"と"ダンス"っちまったかのような、"イヤな予感"がヒシヒシするぜ……。


「ねぇねぇケーマ! 早く早くぅ!」

「待ってください!」


 フェミルがローラを止めに入った。


「ふえ?」

「これは『キノコ』です! それも普通の『キノコ』ではありません! お菓子のキノコです!」

「見ればわかるわ!」


「そしてアレは『タケノコ』です! それも普通の『タケノコ』ではなく、お菓子の『タケノコ』です!」

「それもやっぱり、見ればわかるわ!」


「キノコもタケノコも、単体で見ればおいしいものです! しかしふたつを同時に食べると……」

「食べると……?」


「死にます!!!」


「ふええっ?!」

「ひとつひとつは問題ありませんが、ふたつを体に入れてしまうと、激しい爆発が起きて死にます!!」

「どういう理屈でそうなるのっ?!」

「それが世界の選択です!」


「フェミルさんの言葉は、正しいですよぉ。

 『キノコ』と『タケノコ』は、いっしょに食べたらダメな食べ物なんですよぉ」


「どういう理屈でそうなるのおっ?!」

「それが世界の選択だ……。ラ・ヨーダソウ・スティアーナ……」

「何言ってるのよケーマ! っていうかその呪文なにっ?! 意味わかんないんだけどっ?!」


「キノコ、タケノコと言葉が続けば、次にくるのは戦争だ。

 古事記にも聖書にもキリストの顔にも、それは明記されている。

 ヨーダソウ・スティアーナ……」


「語尾なのっ?!

 そのわけわかんない呪文は語尾なのっ?!」


 ローラは必死に叫んでた。


「で……でも、どちらかしか食べちゃいけないってことはわかったわ。

 それならどっちがいいのかしら」


「タケノコだな」

「タケノコです」

「タケノコですよぉ」


「三人一致?!」


「当り前だろう」

「当たり前です」

「そんなの世界の常識ですよぉ」


「ふえぇん……。わけわかんないぃ……」


「とりあえずタケノコを食えよ」

「そうですね。とりあえずタケノコを食べるべきです。そしてキノコを滅ぼしましょう」

「タケノコを食べてキノコを滅せば、世界はタケき輝きに満たされるですよぉ」


「フェミちゃんまでおかしいのが辛いっ!

 ケーマがおかしいのはいつものことだけどおぉ!!」


 ローラは泣きながら逃げた。

 ドンッとロロナにぶち当たる。


「ロロちゃん! あなたはフツウ?! まとも?! ノーマル?!」

「まさかケーマ殿に、剣を向ける日がこようとは……」


「まともじゃなかったあぁーーーーーー!」

「キノコ派なのか……?」


「世界にキノコ派は少ない……。圧倒的に少数派だ……。

 キノコ自身、その勢力はタケノコを下回る……。

 キノコ、タケノコと言っているが、実のところは圧倒的な魅力と人気を誇るタケノコに、身のほどを知らんキノコが抗っているに過ぎん……」


「そこまでわかっていて、どうして……」


「だから他人とは思えんっ! キノコはわたしだ! わたしの過去だ!

 ひとりがさびしく友達がほしくて仕方なかった、ぼっちのわたしそのものだ!」


「どれだけキノコを想ってるのよおぉ!」

「戦うしかないのか……」

「つらいです……。同じケーマさんを想う仲間として、ロロナさんが好きですから……」


「ふえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇんっ! 待って待って待ってぇぇぇぇぇぇ!

 こんなの絶対おかしいから! こんなの絶対おかしいからあぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」


 ローラの悲鳴が、白い森に響き渡った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます