フェミルの成長とパンツ。

 オレはフェミルを鍛え続けた。

 朝は準備運動代わりの基礎トレをやってから、ギルドへと向かう。

 火山や道中の森で達成できる依頼を受けて、街をでる。

 オレのスキルで敵の気配を察知して、アイスニードルをぶっ放させる。


 レベル17のフェミルだが、魔力だけならEランク冒険者にも匹敵する。

 弱点をつけば、大体の敵は一撃だ。

 ぶっ倒れるまで続けさせ、ぶっ倒れたら背負って帰る。


「ケーマさん……」

「なんだ?」

「ありがとう、ございます…………」

「気にするなよ」

「はうぅ……」


 お尻の尻尾がゆれ動いていることが、なんとなくわかった。

 しかし急激な成長には、欠点もあった。

 起きてこないフェミルの部屋に入ると――。


「あうっ、ううっ、あうぅ~~~~~」


 フェミルは胸元を握りしめ、喘ぐかのようにうめいてた。


「フェミルっ?!」


 ローラがこめかみに指を当て、知識の泉にアクセスを入れる。


「成長痛……らしいわね」

「成長痛?」

「急激にレベルをアップさせると、体が変化についてこれなくって痛みをもたらしてしまうらしいわ」

「ちなみに、いくらぐらいあがったんだ?」

「四ね」

「四でそんな痛くなるのっ?!」

「ふっ……普通は、そうみたいね」

「オレなんて、朝飯で一〇はあがるのに」

「アンタのスキルは、そんだけすごいってことよ!!」

「なるほどなぁ」


 オレはうなずき、話を戻した。


「それでフェミルの症状は、肉体がダメージを負っているってことでいいのか?」

「結論的にはそうなるわね」


 オレは、フェミルに手をかざして言った。


「ヒール」

「はう……?」

「これでどうだ?」


 フェミルは、両手をグー、パーと握りしめて言った。


「治りました!」

「それなら今日も訓練いけるな?」

「はいっ!!」

「本当にチートね……」


 ローラはあきれていたりしたが、オレたちは火山へと行った。

 およそ一週間かけて、フェミルの冒険者ランクがEランクに到達するまで面倒を見た。

 そしてEランクへとあがったフェミルに、オレは言った。


「そろそろ、ひとりでも大丈夫だな?」

「はいっ!」


 フェミルは、ぺこっ! と頭をさげた。


「ありがとうございます! ケーマさまっ!!」


 呼び名もいつしか、『さま』になってた。


「ご恩は死んでも忘れませんっ!!

 冥府を渡って生まれ変わったそのあとも、ケーマさまをお慕いしますっ!!」

「そこまでか……」

「はいっ!!!」


 フェミルは元気にうなずいた。


  ◆


 一週間がすぎた。

 オレはローラと、宿屋で休憩を取っている。

 ベッドの上で、ローラがオレの上にまたがる。


「きっ……気持ちいい? ケーマ」

「ああ」


 オレはうなずく。

 ローラも静かに、体を動かす。


「んっ、んっ、んっ……」


 そこはかとなくエロい声だが、18禁はやっていない。

 ただのマッサージである。


 ローラがうつ伏せになったオレにまたがり、背中を押してくれている。

 まぁただエロくないのかと言うと、股の付け根や太ももが、オレの腰に密着していたりするわけで…………。


 まぁ……。

 うん。


「終わったよ!」

「そんな感じだな」

「ごほうびちょーだい! ごほうび!!」


 あぐらをかいたオレのヒザを、ローラはガクガクとゆすった。


「よし」


 オレは箱を取りだした。それの中には、たこ焼きみたいな食べ物が六つ。

 丸パン焼きだ。

 つまようじで刺して、ローラの口に入れてやる。


「おいしいぃ~~~~~~~~~~~~~!!!」


 ローラは、ほっぺたに手を当てて悶えた。

 かわいい。

 普通にしてれば、コイツは本当にかわいい。

 だけどつい、ほっぺたをつねってしまう。


「みいぃ~~~~~~~~~~~~~~~!!!」


 生意気な時のローラはいびりたくなるが、かわいい時のローラはいじめたくなる。

 我ながら、とっても困ったやつである。


「ケーマの、いじわる……」


 涙目でジト目になっているのが、また愛らしい。


「クリーム入りの特性丸パン食わせてやるから許せよ」

「ほんとっ?!」

「ああ、本当だ」

「えへへぇ~♥ ケーマあぁ。大好きいぃ♥」


 しかしすぐさま笑顔になって、オレにぺたりとくっついてくる。

 はあぁ……かわいいなぁ。このクソ駄女神。

 オレは思わず抱き返し、心の底から愛でてしまう。

 そんな感じにイチャついてると――。


「ケーマさまっ!!」


 フェミルがドアをあけてきた。


「あっ、おっ、お取込み中でございましたか?」

「気にしないでも大丈夫だ」

「はいっ!」


 フェミルは元気に返事をすると、部屋の中に入り込んできた。


「ケーマさまのおかげでEランクにアップしたわたしは、Eランクの依頼をこなしてきました!!」


 床にぺたりと座り込み、皮袋から金貨をだした。


「金貨三枚! つまり三〇〇〇バルシーです!!」

「そうだな」

「お受け取りください!!」

「フェミルの生活は?」

「心配してくださるんですね……!」

「普通するでしょ?!」

「おやさしいっ……!」

「普通でしょ?!」

「普通にあつかってくれるかたでさえ、かつてのわたしにはいませんでした……!」


 フェミルは胸元を握りしめ、感極まった目でオレを見た。

 なんとなくいたたまれなくなったオレは、丸パン焼きをローラに食わせた。

 ローラは、もぎゅもぎゅ噛んで飲み込む。


「ケーマはけっこう、すごいことやってると思うわよ? いちおー言っておくけど」


 確かに、まとめるとこうである。


・タチの悪い客に難癖つけられているところを助けた。

・ファイアーボールしか使えなかったところに、アイスニードルも学習させた。

・ファイアーボールも強化した。

・そこそこ強くなるまで、面倒を見た。


 客観的に言うと、すごい部類に入ると思う。

 ちなみにフェミルのレベル自体は、こんな感じになっている。



 名前 フェミル=クロケット

 職業 赤魔術士


 レベル    32

 HP     137/137

 MP     360/411

 筋力     60

 耐久      66

 敏捷     166

 魔力      471


 メインスキル

 アイスニードルLV2 41/150

 火炎魔法   LV2  8/150



 初めて会った時のほぼ二倍。

 普通だったら、二年か三年はかかる勢いの成長らしい。

 ギルドのおねーさんも、目を見開いて驚いていた。

 ちなみに平均的な赤魔術士は、こんな感じだ。



 名前 平均赤魔術士レベル32


 HP     130/130

 MP     177/177

 筋力     64

 耐久     67

 敏捷      132

 魔力      189



 筋力や耐久といったパラメーターこそ平均と大差ないが、魔力とMPが倍を超えてる。

 もう本当に、すさまじい才能である。

 このまま行けば、かなり有名な魔術士になるんじゃないだろうか。


「ケーマさま……?」


 フェミルに声をかけられて、オレはハッと意識を戻した。


「このカネは、今日の稼ぎの全部なのか?」

「宿代と食事代である、五〇〇バルシーだけはいただきました!!」

「それだけ?」

「はいっ!!」

「服とか、装備は……?」

「いりません!」

「宿屋以外での、食事や、おやつは……?」

「食べません!」


 マジでっ?!


「わたしに使うおカネがあるなら、一バルシーでもケーマさまに尽くしたいですぅ~~~。はうぅ~~~~~~ん」


 フェミルは、とっても健気なことを言う。

 もはやオレの信者と言っても、過言ではなかった。


「パンツ見せてとか言ったら、普通に見せてくれそうな勢いだな……」

「はうっ?!」

「えっ?!」


 しまった。

 本音がうっかり、ひとり言として漏れた。

 フェミルは温泉にでも浸かってるかのように、顔を赤くして言った。


「ケーマさまは、おパンツが…………お好きで?」

「まぁ、それなりに」

「ほんとに、えっちなんだから……」


 女神なローラが、すねたようにつぶやいた。


「それは否定しない」


 オレはローラを背中から抱きしめ、おっぱいを揉んだ。


「きゃあっ!」


 悲鳴をあげたローラだが、抵抗はしない。


「もう、ばか……。えっち。

 アタシの信者じゃなかったら、三回ぐらいは蹴り殺してるわよ……? あんっ!」


 それでも信者ならさわらせてくれるあたり、オレのローラはマジ女神。


「それでフェミルは、パンツ見せてくれるってことでいいの?」

「申し訳、ございません……」

「ん?」


 フェミルはゆっくり立ちあがり、オレにくるりと背を向けた。

 壁のほうまで歩いて行って、背を向けたままスカートに手をかける。

 現れたのは――。



 お尻。



 パンツという名の布がない、生のお尻そのものだった。

 フェミルが、スカートを戻して言った。


「このような事情ですので……。おパンツを、お見せすることは…………」

「なんではいてないのっ?!」

「一枚しか持っていなかったおパンツは、ケーマさまに捧げてしまいましたので……」

「つまり今まで、ずっとノーパン?!」

「はい…………」


 フェミルは太ももをこすり合わせて、もじもじとしながらうなずいた。

 オレはふたりに、パンツを買って与えてやった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます