第一夜 女子の平和を守るもの⑤

「お待たせいたしまして、本当に申し訳ございません!」

「あら、いいのよ。それよりも、その猫は……」

 驚いた様子のデルカシュの視線は、すっかりファリンの腕の中にくぎづけだ。向こうから猫だと思ってもらえたのなら、都合が良い。

「どうやら迷い猫みたいで、ちょうど今このヴィラの中で見つけたばかりなんです」

「まあ! 後宮に迷い猫だなんて……珍しいわね。妃たちの飼い猫では見かけたことのない顔だけれど。どこから入ってきたのかしら?」

 ファリンは笑みが引きつりそうになるのをなんとかこらえながら、不思議そうに首をかしげるデルカシュへ頼み込んだ。

「どうかこの子を、私のヴィラで飼う許可をもらえませんか?」

 精霊様は腕の中から不満そうにこちらを見上げたが、ファリンはその抗議に気づかないフリをした。油燈の外で自由にしていたいなら、飼い猫ということにしておいた方が何かと便利だろう。

「他の妃に何かを許可する権限は、わたくしにはないけれど……でも、問題はないんじゃないかしら。猫ならバハーミーンなんてたくさん飼っているものね」

 そう言って苦笑するデルカシュに、ファリンは勢いよく頭を下げた。

「ありがとうございます!」

 第三妃デルカシュは九年前に後宮が新設された際に入宮した妃二名のうちの一人で、第二妃マハスティとはほぼ同期である。年齢はマハスティより三つ上の妃たちの最年長で、その面倒見のよい性格も相まって、後宮のお母さん、もとい皆のお姉さま的存在だ。みなぎる野心を隠さず、なにかとマハスティと対立することの多い第六妃ですら、デルカシュにだけは一目置いている。

 さらに彼女は西方伝来の新しい品や流行をいち早く後宮に紹介してくれる情報通でもあり、実はこの後宮の設備保全まで取り仕切ってくれているとあって、ここに住む者は皆、少なくとも一度は彼女の世話になっていた。

 かくいうファリンも、入宮したばかりで不安と孤独でいっぱいだった頃に、一番に優しく声をかけてくれたのがデルカシュだった。右も左も分からぬ新入りに、後宮のルールを教えてくれただけではない。困ったことがあれば親身に相談に乗ってくれて、とても心強かったことを覚えている。

 デルカシュは南西の国境にある砂漠最大の交易都市を治める部族に生まれ、祖先にいくらか西方人の血が混じっているらしい。そのためか、ゆるく三つ編みにされた豊かな髪は、つやめく栗毛だ。それも、ファリンが彼女に親しみを覚える理由だろうか。

 通常であれば、いずれどこかの派閥に入り、後はそこの上級妃が面倒をみてくれるものだ。しかし中立派と呼べば聞こえはいいが、実際にはどこにも入ることのできないファリンのような者たちは、何かとデルカシュの世話になりっぱなしだった。いつかこの恩を返せたらと思っているが、いまだにもらってばかりだ。

 そうこうしているうちに、侍女が良い香りのするお茶とお菓子をお盆に載せて現れた。どちらもファリンの見覚えのないものだから、きっとデルカシュの手土産だろう。彼女は妃ながらお菓子作りを趣味としていて、よく皆に振る舞ってくれていた。

 ファリンは子トラをそっと床に下ろすと、丁寧に礼を言ってデルカシュに椅子を勧めた。すると彼女は座るなり、心配そうな顔で口を開いた。

「今回訪ねた理由はね、謹慎が長引いているけど何か困っていることはない? と聞こうと思ったの」

「お心遣いありがとうございます。おかげさまで、何も問題なく過ごしています。このたびは私が調子に乗ったせいでご迷惑をおかけすることになり、本当に申し訳ございませんでした。それなのに、皆さまあんな風に助けに来てくれるなんて……」

 鼻の奥がツンとして、目頭がじわりと熱を持つ。

「いいえ、どちらかというと調子に乗りすぎたのは、マハスティやわたくしたち上級妃の方よ。危険なのを分かっていて行かせたんだもの。貴女あなたはわたくしたちの期待にこたえようとしてくれただけなのだから、気に病むことはないわ」

「デルカシュ様……」

 感極まったファリンが言葉に詰まっていると、彼女はどこまでも優しく続ける。

「裁定が下されるまでもう少しの辛抱だから、がんばって。謹慎が明けたら、また皆でお茶会しましょうね。そうだ、今日はもう一つ用事をお願いしに来たのだけれど……今日持ってきたこの新作の試食につきあってもらえないかしら」

「はい……。お心づかい、本当にありがとうございます」

 とうとう涙がひと粒こぼれると、デルカシュはクスクスと小さく笑いながら水晶硝子ガラス製のポットを手に取った。

「あらあら、だからこれは試食のお願いだと言っているでしょう?」

 そのまま彼女は自らの手で、小さな茶器ふたつにさっと香草茶を注ぎ分ける。とたんに青いりんのようなさわやかな香りが広がったが、それ以上に気になったのは、透き通るポットの中だった。底に菊のような白花が無数に沈み、花びらがくるくる舞っている。

「この花は……」

「これはね、ミツというの。心と身体の緊張をほぐしてくれるから、今の貴女にぴったりだと思って」

 優しく微笑むデルカシュに重ねて礼を言うと、彼女は笑顔で菓子も食べるよう勧めてくれた。すると香りに釣られたのか、子トラがぴょんとファリンのひざうえに乗って来る。卓上にのぞく鼻先を見てデルカシュは笑うと、柔らかな指先で子トラの頭をでた。

「あらあら、これは猫ちゃんにはダメよ。今度甘くないものを焼いてきましょうね」

 卓子にぶしゅっと突っ伏して不満そうな顔をする子トラを膝に乗せたまま、ファリンは小さく焼かれたカークに手を伸ばした。この国で作られる焼菓子は、薔薇ばらすいで優雅な香りを付けたものが主流だ。だがデルカシュの作る焼菓子は、いつも香ばしく焼き上げられていて、どこか食欲を誘うような、甘みと辛みを併せ持つ匂いがしていた。

「そういえばこの香り、香辛料スパイスのものですか?」

「ええそうよ。肉荳蔲ニクズクというのだけれど、とっても美味おいしそうな香りでしょう? 以前食欲がなかったときに試してみたら、なんだかやみつきになってしまったの。お腹の調子を整える効果もあるらしいのよ」

「そうなんですね、今日のも美味しそうです!」

 早速生地にさくりと歯を立てると、デルカシュの気遣いがじんわり身にしみる。

「デルカシュ様、本当にありがとうございます。他の皆さまも私なんかに優しくしてくださって……本当に、この後宮に来られて良かったです」

「そうね、わたくしも……この後宮に来られて、本当に良かったわ」

 再びじりに涙を浮かべたファリンに、そう全く同じ言葉を返すと──デルカシュは茶器に軽く口をつけ、すうっと目を細めて笑った。


  • Xで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る