第5話-2 優海の1人暮らし

 居間に戻ると巡は座椅子に足を伸ばして座っていた。まだ膝をうまく曲げられないため、テーブルの方がいいかもと思い、キッチンに移る。


 キッチンには昭和から置いてある古いテーブルと椅子のセットがあり、巡も椅子でひと段落つけた。優海は冷蔵庫から用意しておいた材料を外に出し、大きな鍋にお湯を準備する。マフィンも解凍されている様子だった。


「すぐできるからね。春野菜とベーコンのパスタですよ」


「リノベ後だから本当にきれいだ。ここで優海姉さんは毎日家事しているんですね」


「簡単なものしかまだ作れないの。でも、今日はがんばるね」


 そして野菜室からリーフレタスとラディッシュを出し、ツナ缶で簡単にサラダを作る。フリーマーケットで買ったおしゃれな皿に盛り付けるとそれだけでいい感じだ。オリーブオイルとこしょう、作り置きのゆずの塩漬けで黄色を添えるとカラフルだ。


 サラダを作っているうちにお湯が沸き、パスタとインゲン、菜の花を投入する。1分沸騰させて、かき混ぜて、蓋をして指定時間まで放置。その間に深めのフライパンにたっぷりオリーブオイルを入れてこげないようにニンニクに熱を入れ、ベーコンも投入、最後にゆで終わっているタケノコを入れる。茹であがり時間にパスタレードルで手早くフライパンに中身を移し、軽く炒めて塩こしょうでできあがりだ。


 テーブルに用意しておいた平皿に丁寧に盛り付けると菜の花の黄色とインゲンの緑がきれいだが、何かが不足していることに気づき、冷蔵庫から作り置きの、電子レンジで熱を通し済みの細切りスライスしたニンジンをプラス。まだパスタは熱々だから冷たくても大丈夫だろう。赤が加わって華やかになる。タケノコのクリーム色はパスタと同系色なのであまり目立たない。


「さあ、できましたよ」


 巡の前にパスタを置き、テーブルの真ん中にサラダボウルを置く。優海はシステムキッチン側の椅子に座り、巡とは正面に向かい合う。


「おいしそう」


 巡はスマホでテーブルの様子を撮影する。


「塩味が足りなかったら塩こしょうを使ってね」


 卓上の塩こしょうも真ん中に置く。


「料理初心者だなんて思えないや。盛り付けがすごくきれい」


「味はともかく、初心者でも見栄えはよくできるの」


「なるほど。いただきます」


 巡は用意していたフォークとスプーンとではなく、念のため置いておいた箸を使って食べ始める。優海も巡に習う。


「姉さん、おいしいですよ」


「ありがとう」


 その一言がものすごく嬉しい。実際、自分で食べてみてもおいしくできている。


「ベーコンとタケノコがすごい」


「ベーコンは館山ベーコンで、タケノコも地物で昨日私が湯がいたの」


「おいしいです。季節の物っていいですね。ありがとうございます」


「巡くんの希望を1つ、叶えてあげちゃった」


 ふふ、と優海は自然に笑ってしまう。


 サラダも取り分け、食べる。ゆずの塩漬けがいい案配で、味も風味も十分だ。


「きっと料理上手になりますよ」


「巡くんに言われると自分でもそう思えてきたよ」


 巡も笑みを浮かべた。


 巡はすぐにパスタもサラダも完食した。優海はマイペースで食べ、そのあとにお茶の時間だ。コーヒーは手でも入れるが、今日はコーヒーメーカーで。マフィンを皿に置き、コーヒーが入ったらカップに注いで、巡の前に。


「おいしかったです」


 マフィンは瞬殺された。恐るべし、思春期男子の胃袋、である。


「でも、どうして急にこんなことをしようと思ったんですか?」


 紙ナプキンで口を拭きながら巡が聞いた。


「料理に夢中で忘れていました」優海はそもそもの始まりを思い出す。「上泉さんが言っていたことを、巡くんの口から直接聞きたいなあと思ったの」


師匠オヤジが言っていたこと?」


 巡は心当たりがないようだ。なので優海は直接言ってみる。


「私を追いかけてスプリントしたから事故になったって話、です」


 巡は文字通り顔を真っ赤にした。


「その通り、ですよ。だから優海さんは事故に全ての責任を感じることはないんです。幹線道路に不注意に車の先を出して事故を誘発させた車の人も過失がありますし、やっぱり運転していたという事実から過失は生じますけど、俺の中では、俺のせいです」


 優海はそうは思えず、続ける。


「どうして私を追いかけたの?」


「優海さんが追い越すとき、目が合ったじゃないですか」


「やっぱり、あのとき目が合ったんだ。巡くん、アイウェアしていたからよくわからなかったんだけど」


 優海は巡の言葉で確信を持った。


「目が合って、頭の中が真っ白になって、全身にジーンときて、俺の中の何かが言ったんです。『追いかけろ! 見失うな!』って」


「私も同じだった。もう何が起きたかわからなくなって……」


「だから追いかけたんです。それこそ全力で。結果、この通りですけど」


 巡は包帯にまかれた両足に目を向ける。


「正直、すごく後悔しています。それでも、優海さんに姉さんになってもらえて本当に幸せだって思っている自分も間違いなくいるんです」


 巡はまっすぐ優海の目を見つめた。あのときほどではなくても、優海の中にきちんとあのときの感覚がよみがえってきて、身体が震えるのがわかった。


「そう――あれは一目惚れだったのね。今、わかった」


「はい。そうだったんだと思います」


 巡は俯いた。


「そうか。だからこんなに楽しいのか」


「嘘でしょう?」


 巡は顔を上げ、信じられないと言わんばかりにわなわなと震えた。一目惚れしたのは自分のことを言っているのだと勘違いしたらしかった。とすると、2人して同時に一目惚れしたということになる。


「理性的に考えればいわゆる一目惚れといわれる現象だと思う」妙に落ち着いている自分がいることに優海は内心驚いていた。「だから君と私はこんなに相性がいいんだ。本能的に相性がいい人を見分ける力を人間は持っているに違いないね」


「――冷静ですね」


「2人が同時に同じ体験をしている事実は興味深いし、認めないといけない」


「さすが理系」


 優海は落ち着こうとしてコーヒーカップに口をつける。


「この気持ちが恋に変わっていくのかどうか……これまでも漠然とは思っていたけれど、姉を演じないといけないという義務感があったからか――わからなかったのは」


 優海は今までの自分の行動を振り返る。巡にとって理想の『姉』、しかも本当は他人の『姉』を演じていた気がしなくもない。肉親かつ一番近くにいる恋愛対象の異性を演じていた。そんな気もするが、もう今はもうわからない。


「優海さんはこれまで通り『姉さん』でいてくれさえすればいいんです。俺はそれ以上を求めることはできないから」


 ためらいがちに言う巡がかわいい。


「言質はとったから、私は私が演じたいだけ『お姉さん』でいるつもり。それは変わらない。その先の選択肢に恋があるって気がついた。今はそれだけのことだと思う」


「望外の言葉ですよ」


 巡はおそらく自分に恋愛感情を抱いてくれているのだと思う。しかし初恋もまだの自分にはそれが理解できない。理解できないから、慎重にならないといけない。20歳にもなって情けないことだが、等身大の自分を認めようと優海は思う。それに、彼が一番、自分の恋に近いところにいるのも100%間違いない。なにせ一目惚れした対象なのだ。


「自分で気がつかないだけでもう君に恋しているかもしれない。心当たりあるな。机くっつけて、教科書見せてとか、そうだった可能性が高い」


「またそういうこと言う!」


 巡は口元に手をやる。優海は椅子から立ち上がり、椅子に座る巡の横に行く。


「よしよし」


 巡が双子にしたように、優海は巡の頭を撫でる。撫でるたびに幸せを手のひらに感じる。彼が好きなのは間違いない。あとはそれが本当に恋なのか確認していく作業が残っているだけだ。


「ごめんね。びっくりしすぎて素に戻ってたみたい。今からまた巡くんの『お姉さん』に戻りますから、安心してね。少し、罪悪感も減ったし、巡くんからの視点を確認できて今日は本当に良かったよ」


「また子供扱いして……」


 巡は優海を見上げる。


「だって実際、男の子でしょう?」


「どうすれば男として認めてくれますか」


 単刀直入なのは、いかにも少年の情熱を優海に感じさせる。


「競輪選手養成所に合格したら認められるかしら。それともA級1班に昇格したら? いやいやS級2班かもしれないわね」


「ハードル高!」


 巡が競輪選手を目指していると知った時点で、優海も競輪の基礎知識は仕入れた。S級2班になるだけで2200名いる競輪選手の中で上位3割に入ることになる。その難易度たるや想像を絶する。なお、上泉は9人しかいないS級S班の雲の上の神である。


「いつもの調子が戻ってきたね」


「やっぱり、からかってくれないと優海姉さんじゃないや」


 巡は苦い顔をしながら、少し笑った。


「じゃあ、ウチでお風呂入っていく? まだ清拭せいしきだけでしょう。身体洗ってあげるから。大丈夫、彼女たちと違って私は水着を着るから」


「変なところで双子に対抗しないでください!」


 巡と優海は互いの顔を見て、小さく笑った。本当にいつもの調子が戻ってきて、優海は安心できる気がして、正直に言った。


「あのときは双子に嫉妬したよ。でも、双子はもっと私に嫉妬しているんだよね。今ならわかるわ」


 巡は思い直したように唇を真一文字にしてから、思い切ったように言った。


「俺、リハビリがんばります。リハビリだけじゃなくて、今まで以上の力をつけて、2年で競輪選手養成所に合格しますから、それまで他の男を見ないでくれますか」


 また、優海の心臓がきゅーんと締め付けられた。


「巡くんが双子にうつつを抜かさなければ可能性は高いわね」


「2年経っても玲那と玲花は中学1年生ですよ!」


 優海は声を上げて笑った。


 簡単に洗い物を終わらせて、優海と巡は縁側に移った。優海はラジオをつけて、午後のクラシック番組を聞く。流れるのはラヴェルの『亡き王女のためのパヴァーヌ』だった。


 庭には菜の花が満開で、黄色の花をつけている。


 春風と春の陽光が優しかった。


「忘れないと思う」


 優海は自分に言い聞かせる。何を、かはまだ優海自身わからない。


 巡が言葉を返す。


「この先、どうなるかわかりませんけど、優海姉さんが作ってくれた春野菜とベーコンのパスタ、俺も忘れません」


 自分もそうかもしれない、と優海は思う。弟を演じてくれている少年に振る舞った初めてのメニューだ。忘れるはずがない。


「また何か作ってあげるね」


「楽しみにしています」


 巡の笑顔を見て、彼のためにお料理して本当によかったと優海は心から思った。


 暗くなる前に巡を病院まで送り、優海は帰路につく。


 縁側では他愛のない話ばかり続けた。それだけでとても楽しかった。帰りの車内でも会話が弾んだ。


 いつまでもこんな関係でいられたらいいのに、と優海は思う。


 その感情が恋になってしまえば、2人の関係が変わらずにいられないことに、優海は気がついていなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る