禍原さんの百物語

木古おうみ

宵の入り

 久しぶりだなあ。いつ以来だろう。



 昔はこうやってよくお前が遊びに来たっけ。だいたい宵の入りだったなあ。

 遊ぶって言っても、大したもんがないから、ただ話をしてばっかりだけど。


 だいたいは怖い話だった。よくお前に怪談を聞かせてくれってせがまれたっけ。覚えてないか。


 お前に会わない間、結構話が溜まったんだよ。

 時代も場所もバラバラで、オチも理由もないものだけど、怪談なんてそんなもんだろ。



 せっかくだし、お前が寝入るまで、またあの頃みたいに怖い話をしようか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る