カバのポーチの話(仮)

 リンゴーン リンゴーン


 鐘の音が聞こえる。

 俺は今、銀座のど真ん中に立っている。

 日曜の歩行者天国とあって、行き交う人々の数は多く、賑わっている。そんな中、鐘の音が聞こえたのだ。


 違和感。


 腕時計に目を遣る。やはり、時計の針はてっぺんに位置していない。

 近くの店に目を遣る。そこに設置されている壁掛け時計もまた、てっぺんに位置してはいない。それどころか…、


「なんで?」

 俺の時計は十一時二十五分なのに対して、店の時計は十時五十分。取り出した携帯の時計は…、

「十一時四十五分…て、なにこれ」

 全部違う。一体どうなっているのか?


 首を捻っていると、遠くから派手なワンピースを着た女性が走ってくるのが見えた。


 これだけたくさんの人が歩いている中で、どうして彼女の姿だけが鮮明に見えるのだろう。それはワンピースの派手さだけではないはずだ。


 いや、待てよ。

 なんであんなもの持って走っているんだ?


 彼女が手にしているのは、ぬいぐるみのようなふわふわした……カバ? しかも、近付いてきて分かったことだが、彼女はハイヒールを履いている。よくあんな靴で全力疾走できるもんだ、と感心する。


 だが、どんどん近付いてくる彼女は、何故かまっすぐに俺を見ているのだ。さっきからずっと、目が合っている。知り合い……? いや、身に覚えはない。だが、


「来る……よな?」

 間違いなく、俺めがけて走ってくる。


 あと十メートル。

 五メートル。

 そして……、


「世界の運命が、ここにある」


 目の前まで迫った彼女は、俺にそう告げた。そして俺の胸倉を掴むと顔を引き寄せ、

「んっ!?」

 キスをしたのだ。


「約束して。これを、間違いなくあの子に届けるって」

 真剣そのものの顔でそう詰め寄る彼女は、なんとも魅力的で、こんな状況にもかかわらず、つい、見とれてしまう。

「ねぇ、聞いてる?」

 ぎゅ、っと首元を掴む手に力を入れられ、息が苦しくなる。


「ググ、ちょ、待って、待って」

 降参、と言わんばかりに軽く両手を上げると、やっと手を緩めてくれた。


「今のあなたには私が誰かわからない。でも、それでいい。お願い、これをあの子に届けてちょうだい」

「あの子って……?」

「三日後、待ち合わせ場所はあの百貨店の屋上。昔は小さな遊戯施設だった場所よ。いいこと? 三日後の正午きっかりに、必ず。それまで。中は開けちゃダメ。絶対よ?」


 ああ、なんだかわからないけど、今自分はとても面倒なことに巻き込まれているんだな、と自覚した。そしてこの面倒、きっと断るという選択肢はないやつだ。


「……わかった」

 それ以外、言葉がなかった。

 きっと彼女も、それ以外の言葉は許してくれない。


「ありがとう」

 にっこりとほほ笑む。パッと花が咲いたような、とびっきりの笑み。

 そして俺の前から再び走り去る。


 ヒールを履いているとは思えないほどのスピードで、ビルの隙間に消えてゆく。


 夢を……見ていたのではないかと思った。

 街のど真ん中で猛スピードで走ってきた女性とキスをしたのだ。にも拘らず、周りの誰もがこっちを向いていない。まるで何事もなかったかのようだ。


 そして、彼女。


 俺は彼女が消えたビルまで歩き、隙間をそっと覗き込んだ。だが、

「嘘だろ……?」

 そこには隙間なんて、なかったのだ。


 少なくとも、彼女が10センチにまで体を薄くしない限り、その隙間に入っていくことは出来ないはずだ。

 しかし、俺の手には……


「カバ……、」


 確かにぬいぐるみのようなカバを握っていた。

 俺が、自分でも気付かないうちにカバのポーチを購入したのでなければ、俺はカバなど手にしていないはずである。


「……三日後、か」


 とうに理解を越えている。

 しかし、どうやら約束を交わしてしまったのだ。一度交わした約束は、必ず守らなければならない。家訓だからな。


 俺は手にしたカバを上着のポケットに突っ込んだ。ポケットがもっこりしてしまうが、手にして歩くのはなんとなく気恥ずかしい。それに彼女は、こうも言っていた。


『このポーチを守って』


 と……。


*****


 開けてはいけないと言われれば、開けたくなってしまうのが世の常、人の常である。

 俺はアパートに帰ると、目の前のカバとにらめっこをした。


 果たして、こいつの腹の中には何が入っているというのか……。もし万が一、ヤバいものだった場合、中身を知ったがために消されるという可能性もあるのかもしれない。


 いや、待てよ? 守って、と言ってきたってことは、これは誰かに狙われていると考えるのが自然だ。となれば、やはり中身はヤバいものであると言わざるを得まい。


「どうしよう」

 今になって段々怖くなってくる。

 大体、あの美人は誰なんだ? いきなりキスしてきたぞ? 


 カバを見つめる。


 ちょうど背中の部分にファスナーが付いており、その中に何かが入っているということだろう。外から触った感じでは、ただもこもこしているだけで何もわからないのだ。


「白い粉とか……? マイクロチップやUSBって可能性もあるよな」

 例えば、急に警察がやってきてガサ入れされたら、俺は刑務所行きなんだろうか。

「うわ、やだやだっ」

 思わずカバを放る。


 約束は三日後。


 それまで、どうすればいいんだろう。


 俺は、とりあえず実家のばーちゃんを危篤にして、1週間ほどバイトを休むことにしたのである。





********************************


これはSFです。

カバのポーチ、ここで使ってんだな。(ネタ帳の謎の言葉)

私、昔はずっとSF…てか、パラレルワールドの話ばかり書いてました。

ある大きな世界がもう私の中にはあって、その中であちこちに人がいて、でも世界観としては全部繋がってて。

ただ、全然読んでもらえないので書くのをやめたのです。

Webにあげてたお話も全部消しちゃった。(データはあるけど)

でもこの話は公募用に使うかもしれないな。

案は、あるので。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る