闇落ち勇者に溺愛され、聖女は未来の夢を見る(仮)

「くそっ、もう少しだってぇのに!」

 肩で息をしながら、重そうに剣を引きずるエリック。その傍らには、同じように肩で息をする美しい銀の髪をした聖女、オリシア。


「まだっ、諦めてはダメですっ。勇者様、次で決めましょう! 散っていった仲間たちのためにも、なんとしてでも、今ここで討たねばなりませんっ」

 強い瞳で、そう言ってくる。


 二人に残された力はもう僅かだ。

 次で仕留められなければ、それは二人の死を意味するだろうことは百も承知。


「なぁ、オリシア」

 エリックが真面目な顔で、オリシアを見つめた。

「なんですか、勇者様?」

「この戦いが終わったら、俺と、結婚してほしい」

「ええっ?」


 それは突然の告白。

 今までパーティーを組んで、ずっと一緒に戦ってきた。だが、こんな風に好意を言葉ではっきりと示されたことは一度もない。


「君は聖女だ。汚すようなことは出来なかった。でも俺、ずっと…、」

「そんな…、勇者様、」

「オリシア。愛してる」

 エリックがオリシアを抱き締めた。そのまま見つめ合い、キスを交わす。


「さて、とっととあいつを倒すことにしようか!」

 オリシアに想いを伝えたことで、体に力が漲る。目の前には巨大な黒い龍。魔王マリガルスのなれの果て。最終形態だ。あの黒龍さえ倒せれば、すべてが終わる。

 エリックは手にした剣を今一度グッと握りしめる。

「オリシア、援護を!」

「はい、勇者様!」


 ダッと走り出す背後から、聖女であるオリシアの奏でる呪文がかすかに聞こえる。エリックの体が薄い皮膜のようなもので覆われる。黒龍は片翼をもがれた状態でこちらを睨んでいた。この機を逃せば、次はもう、ない。

「真紅の閃光斬!」

 エリックが大きく剣を振りかぶり、薙ぎ払う。光の閃光が黒龍目掛け、飛ぶ。が、寸でのところで躱される。と、雄叫びをあげた黒龍の口から火焔が放たれる。


「その手には乗らん!」

 ふわりと攻撃を交わし、もう一度剣を振るう。

「これで最後だ、魔王マリガルス! 天空烈断!」

 渾身の力で、剣を黒龍目掛け叩き落とす。切先は魔王マリガルスの首を切り裂き、切り落とした。ドーン、という音と共に切り落とされた首が地面に落ちる。


「……やった…やったぞ!」


 膝をつき、天を仰ぐ。

 暗雲が晴れ渡ってゆく。

 世界に、平和が戻ったのだ。


「ふふ、ははは、やった! ついにやったんだ! オリシア!」

 パッと振り返る。

 と、背後にあったのは、無残に焼かれた木々の残骸。


「オリシア…?」

 驚愕する。

 そして思い出したのだ。


 !!


「オリシア!!」

 エリックはもつれそうになる足を引きずりながら、オリシアがいたであろう場所を目指し駆け出す。めちゃくちゃになった大地の片隅に、彼女は、いた。

「ああ、なんてことだ!」

 急いで駆け寄る。


「オリシア、しっかりしろ!」

 抱き上げるが、既に虫の息。

「ダメだ、ダメだ! 死なないでくれ、こんな…、こんなのあんまりだ! オリシア!」

 やっと戦いが終わったのに。

 やっと、これから平和な世界が来るというのに。


「勇…者……さ…ま」

「ああ、オリシア、しっかりしてくれ! 魔王マリガルスは討ち取ったんだ! 皆の仇は、もういなくなったんだ!」

「…そう……よかっ…た」

「これからは二人で、幸せな毎日を送るんだ。わかるだろ? 今までの苦しかった日々を忘れて、二人で幸せになるんだっ」

「勇者…さま、あり……が…と」


 カクン、とオリシアの頭から力が抜ける。閉じられた瞳。もう、二度と開くことのない、その瞳。

「……嘘だ。嘘だ嘘だ!」

 エリックがオリシアの体を揺さぶる。

 まだ温もりが残っている。さっき、告白をしたばかりだ。ずっと好きだった。やっとここまで……、


「うああああああ!!」

 光射す大地に、勇者の雄叫びだけが響き渡った。


*****


 最後の記憶は、紅蓮の炎と、轟音。


 全身に痛みが走り、次の瞬間、静寂に身を委ねる。どんどん力が抜けて、頭の芯がピリピリする。遠くから声がする気がして、目を開けると、そこには勇者エリックの顔。


 ああ、私は死ぬんだ。

 そう思った次の瞬間、世界は闇に包まれた。


 それからどれだけの月日が流れたのかは知らない。

 意識が……そうだ、意識がはっきりしていく感覚。


 でも、どうして?

 死んだはずなのに、なんで意識が戻るような感覚があるんだろう、と不思議に思う。

 もしかして私、生まれ変わろうとしているのだろうか?


 だけど、覚えている。

 自分が何者であったか。

 どう生きて、どう死んでいったか……。

 それは、何故なんだろう…?


「オリシア……オリシア、聞こえるかっ?」

 自分を呼んでいる誰かの声に、オリシアは目を、開けた。

「オリシア!」

 視界に飛び込んできたのは、黒髪に赤い瞳。これは……、


「魔王、マリガルス!」

 オリシアはバッと半身を起こし、敵と対峙する姿勢を取る。なんということ! まだ、彼は死んでいなかったのか!


「オリシア、落ち着いて。俺だよ。エリックだよ」

 黒髪の悪魔と呼ばれた魔王は、おかしなことを口走る。

「な…、なにをっ。我が勇者エリックを名乗るだなど言語道断です!」

 オリシアが怒りに身を震わせながら抗議する。だが、黒い悪魔は困ったような顔でオリシアを見つめ、続けた。


「オリシア、驚かないで聞いてくれ。俺はエリックだ。魔王マリガルスの心臓を喰った。そして闇の力を手に入れ、君を…蘇らせようと……したんだ」


「……え?」

 大きく深呼吸をし、ゆっくりと目の前の魔物を見つめる。黒髪。赤い瞳。それは紛れもなく魔族の証。しかし、その姿、形は…、

「勇者…さま?」

 オリシアの知るエリックそのものなのである。金色の髪も、青く透き通った瞳もどこにもない。けれど、確かにエリックのようだ。


「まさか……そんなっ」

 聞いたことがある。

 魔王の心臓を食らうことでその者の力を手にすることができるという逸話を。


「……本当に?」

「本当だ。君なしの人生など、俺には考えられなかった。だから、」

 苦しそうに眉をひそめる。

「こんな姿になってしまった。君はさぞ幻滅しただろう。それに……、」

 はぁ、と大きく息を吐き出す。


「君は……アンデッドだ」


「……はぃ?」

 オリシアはエリックの言葉を頭で反芻する。アンデッド、と言われた気がするのだが?


 改めて、自らの手を見る。


「うっ……嘘でしょぉぉぉ!?」


 その手は、若干腐っていたのだった。




********************


はい、これも嫁ですね。

一話目でアンデッドになる嫁。

インパクトはあると思うけど、要項はみ出しまくってます。

よって、ボツにしました。

でもこの話はちょっとラブコメ路線で行けるんじゃね? って思ったり。

いつか書きますとも。

案は、あるので。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る