三日月

みかづき


にゃーお


こねこが じゃれる



ごろごろ 


にゃーお




あなたに キス




絡めた 腕を かないで


繋がる 身体


分け合う 熱


もつれる 指先


とろける ふたり




にゃん

にゃん


じゃれる こねこのように


あなたに まとわりついて ふける夜










空では 三日月みかづき 微笑ほほえんで

クロワッサンが 食べたくなった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

クロワッサンを焼いたから 結音(Yuine) @midsummer-violet

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

同じコレクションの次の小説