第14話 残り湯は基本、洗濯などに使えるがそれは綺麗なのだろうか?

「だから、彼女はただのクラスメイトです!」


「あなた、それは本当?」


「本当なの? 廉くん?」


「そうなの! それだけ!」


「だから私は…」


「琥珀さんはこれ以上ややこしくしないでください!」


何とかその場を納め、結局瑠璃さんは自分の家で寝ることになった。

というかそれが普通だと思う。

そして次の問題が見つかる。


「それじゃあ、お風呂どうする?」


「お、お風呂!?」


「そう、お風呂、一緒に入る?」


「な、何言ってるんですか!? 琥珀さん!!!」


「冗談だよ、冗談♡」


「ほ、本当ですか…」


その後、3人で話し合った結果、僕→琥珀さん→真珠の順番でお風呂に入ることになった。




           *



「ふー、やっと一息つける」


この家の主人だからと理由になっているのか分からないが、そう2人に言われ、一番風呂をもらったのだが、今日も朝から夜まで本当に疲れた。

朝から琥珀さんが家に来て、一日中話しかけられ、しまいには泊まると言われ、肉体的にも精神的にも特にきつい1日だった。


「あー、今日は本当に疲れた」


頭、体を洗い、風呂場の扉を開けた時、事件は起こった。


「あら、意外と早かったわね。次、入るわよ」


「は!?」


急いで風呂場の扉を閉める。その時間わずか0.02秒。

そこには全裸の真珠がいた。

急いでタオルで体を隠す。

ほんの一瞬だった。一瞬だったのに真珠の艶かしい体が脳に焼き付いてしまった。

高校生にしては大きい胸、綺麗なくびれ、そして太ももが頭から離れなかった。

幼い頃からずっと一緒に過ごしてきた仲だが、今まで一緒にお風呂に入ったことはなかった。だから、というか真珠の体を見るのは初めてだった。


「あなた、どうしたの? 早く入りたいんだけど」


脱衣所から真珠に何事もなかったかのように言われる。


「真珠! お前、今、何が起こったか分かってるのか!?」


「何って…ただ私の裸を見ただけじゃない」


「それが問題なんだよ!」


「何が問題なのかしら? 私は何も気にしないわよ。裸を見られたところで何かが減るわけじゃないわ」


「………俺も男なんだぞ!」


「えぇ、知ってるわよ」


と言いながら、真珠が風呂場の扉を開ける。


「っ! おい、真珠!」


急いで目を瞑り、真珠の体を見ないようにする。


「それとも何? 私の体に欲情してしまったのかしら? あなたも高校生、思春期真っ盛りの男子、エッチなことには興味津々なお年頃でしょう。いいわよ、ここでシちゃう?」


誘惑するような発言をされ、理性がゴリゴリ削られる。

そしてトドメの一撃と言わんばかりに真珠が僕の耳元で囁いた。


「瑠璃さんと琥珀さんにバレないように静かにね♡ 私はいつでも受け入れる準備はできているわよ」


「初めてだから、優しくしてね♡」


僕の理性は限界を迎え、勢いよく真珠に倒れかかった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る