第27話

「どうも〜天使エンジェルちゃんで〜す!!」


 ふぁっ?

 まーまー。

 いい爺さんになっている俺は目を擦った。


 俺氏、確か病室で静かに息を引き取ったよね?

 死んだら極楽浄土へ行くんじゃないの?

 あっ、まず三途の川だっけか?


 しかし、目の前にはどーん!!


 ブロンドの巻き髪に、浅黒い肌。

 ド派手なメイクに、ド派手なおっピーい。

 なんか制服を着崩したギャルにしか見えない、自称――天使ちゃん。


 なに、こんなキュルンキュルンしたギャルみたいなヤツが俺の水先案内人なん?


 ねーねー。

 俺氏の魂、どこに逝くん?

 つか、連れてかれるん?


 まーまー。

 会社で人生経験を積んだ俺でも、すげーパニくっていると――。


「あーね。戸惑うのは無理ないかもです、はい。あなたは特例中の特例なんですよ〜」


 はい?

 そこ、詳しく。

 あと、ネイルを見ながら話すのやめよーね。


「あーしの女神様クソ上司があなた方の恋愛模様をモニタリングしてたんですよ。したら、突然泣き出して『うわぁぁぁぁん!!こんにゃの切なすぎるぅぅぅぅ。なんなん?こんにゃに見てられないとかあるんー?むっきぃぃぃぃー!!はあぁぁぁ、もどかし〜んだけどぉぉぉぉ。あとアタクシの礼奈推しが最後まで苦しんでるとか許せない。。ううん、聞かせて。というかクソボケの柏田が死んだし、アタクシと結婚してぇぇぇぇ!!幸せにするからぁぁぁぁ』と発狂したんすよねー。で、そんな訳にもいかないじゃないですかぁ女神が人間としかも同性と結婚とかねぇ?とりあえず、妥協案?てゆーんですかぁ?まるっと幸せになって貰いましょーと言う訳で、地球の神様に超絶交渉しまして確か大きな貸しあったよね?と脅して、柏田さんに今、流行りの異世界転移をして貰うことに決定しました〜」


 色々、沢山ツっこみたいけど……。

 まずね、そのてへぺろピースやめよーね。


「ちょーラッキーですよ、柏田さん!肉体も若返るみたいですし、便利なチート能力も付与されるらしいですよ。もう、アレですよ。アレ、俺Tueeeとかやっちゃってくださいよぉー」


 ねーねー。

 天使ちゃん、他人事すぎん?

 あと、逆てへぺろピースもやめよーね。

「この角度よくないですか?」とかどーでもいいから。

 

「あー、でも」


 どしたん?

 急に真剣な眼差しになる天使ちゃん。

 そんな顔も出来るのな。


「今度は後悔しないようにしてくださいね?それは、どこの世界に行っても――柏田さんの心次第ですから。応援してますよ、柏田さん。あーしも、まーまーあなた達を見てたんで」


 ニシシと笑う顔は、俺の知っている天使の姿からはほど遠いモノだったが――。


「ありがとう」と頭を下げる。


「あーしは何もしてないですよぉー。感謝するなら、あなたをずっとガチで想ってくれたお願いします。それじゃあ、立ち話もなんなんで、異世界へのゲートを開けます。行ってらっしゃい、柏田さん。良い人生を!」


 黒ギャルの天使ちゃんがブンブンと手を振る中、俺は異世界へと足を踏み入れたのだった。





 そして――。

 柏田の居なくなった空間で、天使は呟く。


「あー、ガチで想ってくれたへだったかなー」と。

  • Xで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る