今週末、雨は降る

ラー油

消えない。

 しんと静まり返った部屋で、つけっぱなしのテレビだけが煌々としている。見る番組もなかったから、適当に付けたニュース番組は今週末は大雨が降るから気を付けください、そう言っているのを右から左へ流しながらトースターでカリカリに焼いて表面がきつね色になった食パンにバターを塗る。


 ソファに座って、洗い物が面倒臭いからという理由で食パンは皿にものせずに手に乗せて直で食べる。ポロポロと食パンのカスがグリーンのカーペットに落ちても気にすることなく食べ進める。腹もふくれたので、何かしようと思いたってソファから腰をあげようとしたが、見えない手に引っ張られてやる気をなくしてしまう。ぼーっとした頭でベランダの方を見ていると、鳩が一匹飛んでくる。灰色の鳩は幸いにも洗濯物を干していなかったベランダを我が物顔で闊歩している。


 鳩もこの都会で生きるのが疲れてしまったのだろうか。忙しくなく動いていく時間、抗うことが出来ない社会の宿命、労働という役目。今にも羽休めをしなければ、壊れてしまいそうな心は決壊寸前で形を保っている。あの鳩もそうなのだろうか。


 今、大雨が降って電車が動かなくなったならば会社へ行かなくて済む。けれど、空は太陽が昇っていて、嫌というほどに青で澄み渡っていて今週末まで待たないと雨は降ってくれない様子だ。


 消えないもやもやは頭の検索履歴のサジェストにずっと残っていて、これはバクとして心のどこかにずっと残っていくものなんだろうな。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

今週末、雨は降る ラー油 @ra-yu482

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ