揺蕩うⅡ

 ナズナは唐突に呟く。「私、血は繋がってないし戸籍こせき上も繋がってないけど、一応兄がいてさ」と頬をかきながら呟く。「なんか、頼りたいんだけどあんまり頼れなくてさ。嫌ってわけじゃなくて……一歩が踏み出せないんだ。みくりとひなの関係性を見てると、みくりが私みたいに見えてきて。あはは、何いってんだか」

 みくりはなるほど、と言った顔をする。似通っている点、頼りたい人に頼れないという点では確かに似通っているだろう。みくりはひなに縋るように生きてきて、それでいて頼ろうとするも重荷になるのが良くないと思いここ一年をずっと過ごしてきた。「私は――ひなを頼っていいのかな」とみくりがこぼすと、ナズナは笑いながら「もちろんだよ、それをひなも望んでるのはいつものやり取りを見ればわかるよ」とナズナは語りかける。みくりは呆気にとられた。この少女はどこまで観察眼が鋭いのだろうか、私達の関係は見破られていないだろうかと。

「もちろん」とナズナが一言起き「どのような関係だろうと、信頼できる人は信頼して頼るべきなんだと私は思う。って、私が実践じっせんできてないんだけどね」と。

 さて。みくりとナズナの共通点についてお互いがうっすらと気付いて来たあたりでようやくお互いのスマートフォンにメッセージが届いた。そのメッセージを読むと二人はそれぞれホッとした顔をし、その後顔を見合わせやれやれと言った表情を浮かべた。「モモのことが大切なんだね」とみくりが笑うと「やっぱりみくりもひなのことが相当大切なんだなって思ったよ」とナズナは返す。そうだとも、とみくりは思う。大切な恋人の事を心配しない人など居るものかと。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る