聖女様は嫉妬する

第18話 2人の思い


 最近、後ろの席の小林朱莉さんと由良くんの仲がいい。


 由良くんが髪を切る前から彼女は由良くんとよく喋っていたけれど、最近は特に。



 この前は一緒に買い物に行った様だ。

 今後ろではその話で盛り上がっている。



 私には……私には人がいるところで喋らない様にしようとか言ったくせにっ。

 あんなに可愛い小林さんとは好き放題喋るんだっ?



 だめ…だめだよ……?小林さんっ……。


 由良くんに触れれば触れるほど好きになっちゃうんだから……。

 優しくて、カッコよくて、居心地が良くて……。

 そんなに仲良くしたら好きになっちゃうんだよ?









 由良くんにゴムの件がバレてしまった。


 一度友達に戻ろうって言われてもうエッチなことができなくってしまった。



 流石に私が悪いから何も言えなかった……。




 妊娠した時のことを真剣に考えてくれていて嬉しかったけど実は私は由良くんとセフレになってからピルを服用していた



 由良くんには服用していることを言ってない。

 一度ピルの話になった時それでもゴムは着けると頑なだったから、服用することは完全に私の楽しみのためだ。


 本当に妊娠したい!と言うわけではない。

 もしかしたら妊娠してしまうかも、そんな刺激が興奮してしまうって気づいた。

 由良くんも知らないうちに妊娠してしまうかもなんてえっちすぎて興奮が止まらなくなる……。

(いつから私こんな……)



 妊娠したとしてもピルを服用していたら大人は何も言えないよね?







 私はもう由良くんのことが大好きだから、付き合ってって言おうかと思ったけど、信用のなくなったこのタイミングで告白しても付き合ってくれるかわからなかった。

 私の事をすでに唯のセフレとしてしか思ってない可能性だってあったし。



 だから友達に戻ったけど……。

 私をこんなにエッチにした由良くんを絶対に手放したりしないから……覚悟しててね?





 〜〜〜


 放課後


「教室で喋りたい?」


「いいですよね?目立ちたくないって言うのが理由ならもう十分に目立ってますよ?髪切っちゃいましたし」


「美少女の小林さんとイチャイチャしてますしぃ?」




「わ、わかったよ……」



 日課となったハグを終えたところでそんな話をされる。

 これは嫉妬?なんだろうか?


 友達として?それとも……。



 あの日、セフレ解消と同時に告白をしたかった、本当は。

 もしかしたら両想いかも、と思えることもあったし。


 だけど、ここで付き合ってもし我慢できなくなって、妊娠なんてしてしまったら、と思うと我慢できた。

 彼女が冷静になるまで告白をせずに友達のままでいるというストッパーをかけたのだ。



 だが、ハグを毎日することで告白したい気持ちも強くなった


 あの日からもう2ヶ月くらい経っている

(そろそろ……いいよな?)





 近いうちに告白をしようと心に決めた俺だった。











 そんな想いを彼女が台無しにするとは露知らず……。







 〜〜〜〜〜



 新作

 元カノともう一度付き合いたいけど好きな人が居るみたいなので諦めようと思います〜諦める?そんなの絶対許さないからっ


 投稿したので良ければ読んで頂けると嬉しいです✨

  • Xで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る